やっぱりWindows 10にアップグレードできるのはWindows 7/ 8.1からのみとマイクロソフトが正式に発表。

0
2157
Windows 10
Pocket

ですよねー。

ここ数日マイクロソフト公式ブログの内容で色々と物議を醸していた【Windows 10アップグレード問題】ですが、マイクロソフトが公式に声明を発表。

やはりWindows 10正規版にアップグレード可能なのはWindows 7及びWindows 8.1からのみであると明言しました。

ただし、プレビュー版はしばらく使用継続できるようです。

- Advertisement -

Windows 10正規版にアップグレード可能なのはWindows 7及びWindows 8.1からのみ

これは当初のマイクロソフトの説明通りで、先日のオウル氏の微妙なニュアンスが混乱をもたらしただけ。なんとも困ったものです。

オウル氏はまず、「7月29日に (Windows 7/8.1から)アップグレードしようが、Windows Insider Programのプレビュー版からアップグレードしようが、Windows 10は正規版のWindowsを搭載した端末にインストールされるようになっている」とし、正規版のWindows 7/8.1以外の端末(VM)からは正規版にアップグレードできないことを間接的に説明した。

新たな説明では、「もしあなたのシステムが正規版のWindows 7/8.1からアップグレードされたものであれば、(7月29日に正規版アップグレードにオプトインすれば)システムはライセンス承認されたままだが、そ うでなければ以前のOSのバージョンにロールバックするか、新しいWindows 10のライセンスを購入することが必要になる」となっている。

IT media ニュース

これだけ騒がれるのも、やっぱりみんなWindows 10が気になっているからこそ。いよいよ正式リリースも来月と近付いてきました。

後はパソコンのバックアップなどを取り、万全の態勢で発売を待ちたいものですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket

- Advertisement -

質問やご感想があればお気軽にどうぞ。コメントは管理人の承認後に表示されます。※メアドは非公開です。