マイクロソフトがSurface Book、Surface Pro 4を発表!スペックや特徴、価格をまとめてみたよ!Bookマジで欲しい!

0
9738
マイクロソフトがSurface Book、Surface Pro 4を発表!
Pocket

Microsoftが新製品の発表会を行い、そこでSurface Pro 4と共に、なんと通常のノートパソコンのようなSurface Bookなる新製品を発表しました!これが個人的に思い描いていた理想的なWindows端末にかなり近く、非常に欲しくなっております。

という事で、本日はSurface BookとSurface Pro 4のスペックや特徴、価格などをまとめてみました。これからWindows 10パソコンやMac Book Pro、Mac Book Air、iPad Proの購入を検討している方は要注目の製品だと思いますよ!

- Advertisement -

Surface Bookの概要・スペック

Surface Book

まずは個人的に非常に惹かれている“Surface Book”の概要・スペックについて。

・Display
Screen: 13.5” PixelSense™ display, Resolution: 3000 x 2000 (267 PPI), Aspect ratio: 3:2, Touch: 10 point multi-touch

・SSD
128GB,256GB,512GB,1TB

・Processor
6th Gen Intel® Core™ i5 or i7

・Graphics
i5: Intel® HD graphics 520, i5/i7: NVIDIA GeForce Graphics Processor

・Memory
8GB or 16GB RAM

・Weight
1,516 grams(キーボード含む), タブレット部分のみだと約726g(Gizmode)とのこと。

・Wireless
802.11ac Wi-Fi wireless networking; IEEE, 802.11a/b/g/n compatible, Bluetooth 4.0 wireless technology

・Ports
Two full-size USB 3.0, Full-size SD™ card reader, SurfaceConnectTM, Headset jack, Mini DisplayPort,

・Cameras, video, and audio
5.0MP front-facing camera, 8.0MP rear-facing camera with autofocus, with 1080p HD video recording, Dual microphones, front and rear-facing, Front-facing stereo speakers with Dolby® audio

・Sensors
Ambient light sensor, Accelerometer, Gyroscope, Magnetometer,

・付属品
Surface Book,Surface Pen,Power supply,Quick start guide,Integrated keyboard,Safety and warranty documents

Surface Bookの特徴はこのビデオを見れば大体分かると思います。

個人的にSurface Proも気にはなっていたのですが、やはりキーボードが簡易的なのはいただけない。どうせならオプションでしっかりとした通常のキーボードが欲しいなあ。と常々思っていたので、今回のSurface Bookはまさに希望通り。
そしてガラス製の5点マルチタッチトラックパッド搭載!これもMac Bookみたいだけど素敵!

ちなみに、タブレットとキーボード部分、それぞれにバッテリーが搭載されており、通常使用でバッテリーが12時間、タブレット単体でも6時間の使用が可能とのこと。そしてSurface Pro 4と比べて、Surface Bookをタブレットのみで持つと、若干Surface Bookの方が軽いそうです。
通常使用時はキーボードセットのノートパソコンとして、プレゼン時や調べものなどの時はタブレットで使用。なんていうのが理想的かもしれません。ていうか、そういう使い方がしたい(*´ω`)

また、画面サイズも大きくなり、仕事場などで据え置きで使うにはやや物足りないかもしれないけど、持ち運んで仕事をする機会が多い人には、まさしく最適なノートパソコン/タブレットになるのではないでしょうか。

競合はやはりMac Book Proかと思いますが、通常のデスクワークにおいてはWindows OSがメインの会社も多いと思うので、このSurface Book、かなり売れるかもしれません。ちなみに、【マイクロソフトによると、Surface BookはMacBook Proの2倍高速で、「サイズの違いを考慮すれば」これまで作られたラップトップの中で最強】(Gizmodeさんより転載)だそうです。本当に?

それにしても、これほど完成度の高いWindowsノートパソコンをマイクロソフトが作っちゃうと、他のパソコンメーカーさんはかなり苦しくなるでしょうね。デザインも良いし、使い勝手もかなりの物。個人的にも結構欲しくなっています。VAIOめっちゃ競合してますけど、大丈夫かな。

Surface Bookの価格(アメリカ)

128GB / Core Intel i5 – 8GB $1,499.00(179,880円)

256GB / Core Intel i5 – 8GB $1,699.00(203,880円)

256GB / Core Intel i5 – 8GB / dGPU $1,899.00(227,880円)

256GB / Core Intel i7 – 8GB / dGPU $2,099.00(251,880円)

512GB / Core Intel i7 – 16GB / dGPU $2,699.00(323,880円)

価格:マイクロソフトストア
()内の価格は1ドル=120円で簡易的に計算したものです。

Surface Book公式ページ|Microsoft

Surface Pro 4の概要・スペック

Surface Pro 4

続いて、Surface Pro 4の概要とスペックをまとめておきます。

・Display
Screen: 12.3” PixelTouch display, Resolution: 2736 x 1824 (267 PPI), Aspect Ratio: 3:2, Touch: 10 point multi-touch, 

・SSD
128GB, 256GB, 512GB, or 1TB

・Processor
6th Gen Intel® Core™ m3, i5, or i7

・Graphics
m3: Intel® HD graphics 515, i5: Intel® HD graphics 520, i7: Intel® Iris™ graphics,

・Memory
4GB, 8GB, or 16GB RAM

・Weight
m3: 766 grams, i5: 786 grams, i7: 786 grams

・Wireless
802.11ac Wi-Fi wireless networking; IEEE, 802.11a/b/g/n compatible, Bluetooth 4.0 wireless technology

・Ports
Full-size USB 3.0, microSD™ card reader, Headset jack, Mini DisplayPort, Cover port, SurfaceConnect™

・Cameras, video, and audio 
5.0 MP front-facing HD camera, 8.0 MP rear-facing autofocus camera, with 1080p HD video recording, Stereo microphones, Stereo speakers with Dolby® audio

・Sensors
Ambient light sensor, Accelerometer, Gyroscope

・付属品
Surface Pro 4, Surface Pen, Power supply, Quick Start Guide, Safety and warranty documents

 

 

こちらのSurface Pro 4もかなり気合入っています!性能的にも大幅アップで【Surface Pro 3よりパフォーマンスが30%アップしたほか、なんと「Macbook Air」よりも50%高速】(Gizmodeさんより転載)との事。

Surface Pro 3とSurface Pro 4を比べると、その進化の凄さが分かってきます。

まず画面サイズ。全体の大きさはそのままに、ベゼル幅の最適化でディスプレイが12インチ→12.3インチと大型化。そして薄さは9.1mm→8.4mmとさらに薄くなりました。スタイラスペンも進化し、キーボードカバーもより使いやすく改良されているようです。キーストロークも深くなり、指紋認証機能も付いているようです。

Surface Bookはどちらかというと仕事などで使う人におすすめですが、家でライトに使うなら、価格的にもSurface Pro 4が良いかもしれません。何より、キーボードカバーの進化が気になります。iPad買い替えの際に、ちょっと高いけどこのSurface Pro 4を検討してみても良いかもしれませんね。

Surface Pro 4の価格一覧(アメリカ)

128GB / Intel Core m3 – 4GB RAM $899.00(107,880円)

256GB / Intel Core i5 – 8GB RAM $1,299.00(155,880円)

256GB / Intel Core i5 – 16GB RAM $1,499.00(179,880円)

256GB / Intel Core i7 – 8GB RAM $1,599.00(191,880円)

以上デフォルト設定。以下管理人が適当にCustomizeしたもの。

512GB / Intel Core i7 – 16GB RAM  $2,199.00(263,880円)

1TB / Intel Core i7 – 16GB $2,699.00(323,880円)

価格:マイクロソフトストア
()内の価格は1ドル=120円で簡易的に計算したものです。

Surface Pro 4公式ページ|Microsoft

 

まとめ

正直言ってそんなにマイクロソフトの発表会に期待していなかったのですが、Surface Bookの登場でかなりテンションが上がっております!端々にMac Bookが登場してきていることからも、マイクロソフトがかなり本気でハードウェアの開発に取り組みだしていることがうかがえますね。

特にSurface Bookはデザインもスペックもかなりの物。個人的に思い描いていた“理想のWindows 10端末”の形に限りなく近く、これは本気で欲しくなってきました。

またSurface Pro 4も順当に進化していると思います。これで発熱等問題なければ、正直言ってiPad Proと比べても十分アドバンテージがあるんじゃないかと思います。やっぱりWindowsとiOSでは、出来ることに差があると思いますので。
もしもiPad ProがMac OSとiOSのデュアルOSだったら、もっと面白いことになっていたのになあ、なんてちょっと思います。もちろん、実際にiPad Proが発売されてレビューが出てこないと、具体的に比べることは出来ませんけどね。

Windows 10は個人的になかなか良い出来栄えだと思います。特にアプリがデスクトップ上で使用可能になり、かつ複数開くことができるようになったのは、やっとWindows 8時代にマイクロソフトがやりたかったことが結実してきた印象です。デスクトップ上で自由に複数のソフトやアプリを配置できるというのは、非常に大きな意義があると思います。

この流れがうまくいけば、ひょっとするとスマホでもマイクロソフトの勢いが増してくるかもしれませんね。

以上、Surface Book 256GB / Core Intel i7 – 8GB / dGPU $2,099.00(251,880円)が欲しい管理人でした!でも高い!

(Visited 26 times, 2 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket

- Advertisement -

質問やご感想があればお気軽にどうぞ。コメントは管理人の承認後に表示されます。※メアドは非公開です。