熊本地震の震災支援で、通常2800円の「薬速 2016」が無料に。医療関係者の方、ぜひお役立てください。健康に関する若干のアドバイスもあります。

0
2409
熊本地震の震災支援で、通常2800円の「薬速 2016」が無料に。
Pocket

熊本地震、大変な状態になっていますね。先日「熊本地震:NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクが熊本県でWiFiを無料解放中。その他地震に関連する情報をまとめておきます。」という記事はアップ済みなのですが、それ以来気になっているのが、持病をお持ちの方の健康状態、特に薬が切れていないか、体調が悪化していないか、栄養は取れているのか、そういった部分です。これでも一応本職は薬剤師なもので。

そんな中、薬の識別コードや色合い、剤型などから、実際の薬名を検索できるiPhone/ iPad向けアプリ「薬速 2016」が、震災支援で期間限定無料で配信中です。また、現在はアップデート申請中ですが、【災害時限定機能】として、Web検索によって、PMDAのサイトより添付文書やインタビューフォームなどが閲覧できるようになるそうです。

ぜひ医療関係者の皆様、せっかくのご厚意です。災害現場での薬の確認などにご活用ください。

また、厳しい避難生活を余儀なくされている方で、もしも薬が手元に無い場合は、ぜひお近くのスタッフさんに相談してみてくださいね。ストレスが強くかかっている状態では、普段よりも血圧が高くなったりする可能性もあります。また糖尿病、心臓疾患、免疫抑制剤服用中の方など、継続治療が重要な病気の場合は、薬が数日切れるだけでも体調が大きく悪化する事もあります。いつもと違う病院でも構いません。とりあえず受診し、病状や薬について相談しましょう。

お薬手帳があれば、同じ薬、もしくは同等の薬を処方してもらえると思います。もしも手元に薬もお薬手帳も無い場合は、病院でどんな病気でどんな治療をしていたのかだけでも伝えてください。なるべく薬が切れないよう、十分お気を付けくださいね。

ご家族で避難されている方やお知り合いの方は、おじいちゃん、おばあちゃんなどに、普段飲んでいる薬は無いか?またもしも薬を飲んでいるなら、現在手元にあるのかどうか、確認してあげてくださいね。もしも薬が無いようなら、なんとか病院の受診を手配してもらえるとありがたいです。

また、厚労省が通達を出し、避難先で保険証が無くても、氏名や生年月日などを医療機関に伝えれば、保険適用で受診できるよう全国の都道府県や医療機関に通知しています。そして被災者の保険料について、市町村の判断で窓口負担を減免できることも都道府県などに周知しているようです。この辺りは各自治体で対処が変わるかもしれないので、最寄りの自治体に問い合わせてくださいね。

過酷な避難生活の中、おそらく不安といつもと違う環境で眠れない、不眠になる場合もあるかと思います。これについては、「眠れる時に眠る、手足温かく 避難生活での眠りのコツは|Yahoo!Japanニュース」という記事がありました。抜粋しておくとこんな感じ。

■被災直後の睡眠のポイント

◇不眠症状は「正常」な反応
 →多くは急性ストレスが原因。過度な心配は不要

◇眠れる時に眠る
 →夜寝にこだわらず、眠れたという体験を積み重ねる

◇体は温かくして就寝
 →靴下や手袋を着けるなど、手足を冷やさない

◇昼夜のメリハリをつける
 →日中は太陽光を浴びるなど、生活リズムを意識

(国立精神・神経医療研究センターの三島和夫医師、日本大学医学部の内山真教授への取材から)

また、車内で寝泊まりしている場合は、長時間同じ姿勢を取っていると、エコノミークラス症候群になる可能性もあります。予防策としては、【足のマッサージをする】【水分補給を心がける】という事が重要です。定期的に体を動かし、水分接種も怠らないよう、お気を付けくださいね。

旅行者血栓症(エコノミークラス症候群)の原因と予防方法|大塚製薬

- Advertisement -

通常2800円の「薬速 2016」が無料に。

通常2800円の「薬速 2016」が震災支援で無料になっています。医療関係者の方々、ぜひ有効にご活用ください。

以下、「薬速 2016」の説明ページより引用です。

※平成28年熊本地震支援のため期間限定無料で提供させていただいております。
誠に微力ではございますが、被災地での診療などの手助けになれば幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【災害時限定機能】※現在アップデート申請中です。

Web検索によって、PMDAのサイトより以下の情報を閲覧できるようになります。

・添付文書 PDF/HTML
・インタビューフォーム
・くすりのしおり(日本語/英語)
・患者向け医薬品ガイド(副作用チェック)
・重篤副作用疾患別対応マニュアル
・安全性情報(改訂情報、緊急安全性情報、DSU等)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※薬速は医療者専用のアプリです。

〈3つの特徴〉
・美しい写真で薬の識別コード確認が容易!!(約15,000件の医薬品画像搭載)
・色、形、識別コード等で絞り込み検索が可能!
・入力が簡単!(アプリが予測検索してくれる、「ソクチ入力」対応)

【アプリ購入時のご注意】
ダウンロードには、Wi-Fi環境が必要です。
※薬速のダウンロードには650MB程度の空き容量が必要であり、3GやLTE回線でのダウンロードはできません。(テザリング時は7GB制限等にご注意ください。)
※ダウンロード後は、アップデート時とWebサイト閲覧時以外の通信環境は不要となっております。

薬速 2016
カテゴリ: メディカル
iPhone/iPadの両方に対応
無料 ※価格は記事掲載時のものです。

アプリをダウンロードする


 

「薬速 2016」アプリはオフラインで利用可能ですが、データ量が650MB程度と大きいため、ダウンロードにはWi-Fi環境が必須です。しかしながら、現時点で災害用無料Wi-Fi 「00000JAPAN」 が利用可能な場合もあるかと思います。一度スマホやタブレットの【Wi-Fi】設定を確認してみてくださいね。

まだまだ余震が続いています。大変な状況が続きますが、なんとか皆さん、力を合わせて頑張りましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket

- Advertisement -

質問やご感想があればお気軽にどうぞ。コメントは管理人の承認後に表示されます。※メアドは非公開です。