【レビュー】家でもアウトドアでも大活躍!「Omaker M4 防水Bluetoothスピーカー」は音質も良くていい感じ!

0
674
Omaker M4 防水Bluetoothスピーカー レビュー
Pocket

本日はOmaker様より、IPX4の防水性能がある「Omaker M4 防水Bluetoothスピーカー(ブラック)」を提供いただいたのでご紹介したいと思います。

この「Omaker M4 防水Bluetoothスピーカー」ですが、大きさも手ごろで、結構持つと軽いです。そしてIPX4の防水性能があるので、アウトドアでも多少の水濡れを気にせずガンガン使えるのが良いところ。
また、防水機能付きのスピーカーは、以前だと音がこもりがちでしたが、この「Omaker M4 防水Bluetoothスピーカー」はかなりしっかりと高音域も出ています。かつサイズの割には低音の迫力もあり、家で音楽を聴くのにも良いですし、アウトドア/キャンプなどで音楽を聴くのにも最適!
デザインもブラックで統一されており、引き締まっていてなかなか好印象。AUXポートもあるので、有線で音楽を聴くこともできます。

これなかなかいいですよ!

- Advertisement -

「Omaker M4 防水Bluetoothスピーカー」のセット内容

「Omaker M4 防水Bluetoothスピーカー」のセット内容

Omaker M4 防水Bluetoothスピーカー」のセット内容は以下の通り。

  • OmakerM4×1
  • USB充電ケーブル×1
  • AUXオーディオケーブル×1
  • ストラップ×1
  • 保障期間:18ヶ月

 

「Omaker M4 防水Bluetoothスピーカー」の特徴/仕様

「Omaker M4 防水Bluetoothスピーカー」の特徴/仕様

Omaker M4 防水Bluetoothスピーカー」の特徴/仕様は以下の通り。

特徴

  • 【迫力あるサウンド】手のひらサイズで約160gの軽量コンパクトなスピーカーです。そのため、気軽にアウトドアに持ち出すことが出来ます。3Wのフルレンジドライバを搭載しているので、迫力のあるサウンドを堪能できます。
  • 【12時間連続再生可能】大容量の1500mAHリチウムバッテリーを内蔵し、micro USBケーブルで約3時間フル充電で約12時間まで連続使用可能。iOSでは通知センター、及びステータスバーからスピーカーのバッテリー残量を確認できます。
  • 【防水仕様】IPX4の防水等級で、プールや川、お風呂場などの水撥ねにも安心して使用できます。(完全防水では無いので注意を。)
  • 【耐衝撃かつ安定なデザイン】1mの高さから落下しても大丈夫な耐衝撃テスト済み。自転車やキャンプなどのイベントで安心して使用できます。
  • 【マイク内蔵、NFC対応】マイクが内蔵されているので、スピーカーから電話に応対出来ます。NFC対応なのでワンタッチでペアリングも可能。またAUX端子も装備しているので、有線で音楽を聴くこともできます。

 

仕様

  • 重さ:160g
  • 重さ:160g
  • 寸法:81*81*45mm
  • バッテリー:リチウムバッテリー(3.7V/1500mAh)
  • 周波数:100Hz-20KHz
  • ひずみ率:160±20%Hz
  • SN比:≥50db
  • スピーカー仕様:4Ω3W
  • Bluetoothプロトコル:Bluetooth CSR4.0
  • 通信距離:最大10メートル(障碍物なし)
  • 充電時間:約3時間
  • 音楽再生時間:約12時間
  • 防水性能:IPX4
    ※IPX4:防沫形/あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がない。

 

「Omaker M4 防水Bluetoothスピーカー」の基本的な使い方/Bluetoothペアリング方法

「Omaker M4 防水Bluetoothスピーカー」の基本的な使い方/Bluetoothペアリング方法

Omaker M4 防水Bluetoothスピーカー」の基本的な使い方と、iPhoneとのBluetoothペアリング方法をご紹介しておきます。

 

「Omaker M4 防水Bluetoothスピーカー」の基本的な使い方/Bluetoothペアリング方法

まずは「Omaker M4 防水Bluetoothスピーカー」の基本的な使い方について。

①:電源ボタン
長押しで電源オン/オフ
電源オフの状態から長押しでBluetoothペアリングモードに。

②電話応答/再生・一時停止
曲の再生中に短く押すと再生/一時停止を切り替えできます。
電話の着信時に短く押すと通話開始、再度押すと電話を切ることが出来ます。着信時に長押しで着信拒否です。

③音量アップ/次の曲
短く押すと次の曲へ。長押しで音量アップ。

④音量ダウン/前の曲
短く押すと前の曲へ。長押しで音量ダウン。

 

「Omaker M4 防水Bluetoothスピーカー」の基本的な使い方/Bluetoothペアリング方法

⑤Micro USBポート
ここに付属のMicro USBケーブルを挿して充電を行います。

⑥AUXオーディオ入力ポート
3.5mmオーディオケーブルを挿し込めば、スピーカーは自動的にAUXモードになります。

⑦リセットボタン
動作不良時にお試しください。

 

「Omaker M4 防水Bluetoothスピーカー」と「iPhone」のBluetoothペアリング方法

「Omaker M4 防水Bluetoothスピーカー」と「iPhone」のBluetoothペアリング方法を簡単に解説しておきます。

1.iPhoneの【設定→Bluetooth】と進み、“Bluetooth:オン”になっていることを確認。

2.「Omaker M4 防水Bluetoothスピーカー」の電源ボタンを長押しし、Bluetoothペアリングモードにする。この際はライトが点滅します。

3.iPhoneの【設定→Bluetooth】と進み、最下部に表示された「OMAKER-M4」をタップ。

これでiPhoneとのペアリングが完了です。以後はスピーカーの電源をオンにすると、自動的にiPhoneと接続されます。

 

「Omaker M4 防水Bluetoothスピーカー」レビュー!

「Omaker M4 防水Bluetoothスピーカー」レビュー!

それではここから、「Omaker M4 防水Bluetoothスピーカー」のレビューをまとめていきたいと思います。

まずは外観。ブラックを基調としたデザインはなかなか引き締まった印象でカッコいいです。ボタンの押し具合もしっかりしており、AUXや充電ポートは、ゴムでしっかり閉じることが出来ます。Omakerさんはかなり防水機能のある製品を得意としており、この辺りの品質はさすがです。メーカーによってはゴムがしっかり閉まらない事もあるので(;´∀`)

外観はこんな感じです。

「Omaker M4 防水Bluetoothスピーカー」レビュー!

「Omaker M4 防水Bluetoothスピーカー」レビュー!

「Omaker M4 防水Bluetoothスピーカー」レビュー!

 

音質については、もちろん価格相応な部分もありますが、それでも普通に音楽を楽しむには十分な印象。総じて防水スピーカーは高音域が弱いものが多かったですが、この「Omaker M4 防水Bluetoothスピーカー」はしっかりと高音域も出ています。低音の迫力もそれなりにあるので、家でも屋外でも、手軽に音楽を楽しめます。
中音域に関してはやや控えめな感じ。極端ではありませんが、若干ドンシャリ気味なサウンドかと思います。音のバランスとしては悪く無いです。

音量も十分大きい音が出るので、アウトドアでの使用時も十分でしょう。防水性能と耐衝撃テストも行っているとの事なので、神経質にならずにスピーカーを扱えるのは嬉しいですよね。塗装が黒色ですが、色が剥げたりしても味が出るかも。

Bluetoothでの接続に関しては、特に音飛びなどもなく、ホワイトノイズも気になりません。バッテリーも1500mAhとなかなかの容量なので、屋外でも安心して楽しめますね。

という事で、この「Omaker M4 防水Bluetoothスピーカー」ですが、室内で音楽を楽しむのも良いけど、個人的にはアウトドアでガンガン使いたいBluetoothスピーカーです。価格の割には音質も悪くないので、なかなかおすすめの製品ですよ。

以上、「Omaker M4 防水Bluetoothスピーカー」のレビューでした!提供いただいたOmaker様、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket

- Advertisement -

質問やご感想があればお気軽にどうぞ。コメントは管理人の承認後に表示されます。※メアドは非公開です。