Appleが「タッチ病」を発症したiPhone 6 Plusの有償修理「Multi-Touch 修理プログラム」を開始!該当ユーザーは検討を!

0
630
Appleが「タッチ病」を発症したiPhone 6 Plusの有償修理「Multi-Touch 修理プログラム」を開始!該当ユーザーは検討を!
Pocket

一部のiPhone 6 Plusにおいて、画面の一部がチカチカ明滅したり、マルチタッチが反応しなくなる、通称「タッチ病」が以前から話題になっています。
原因は、iPhone 6 Plusを落としたり、何らかの衝撃や圧力が外部から加わった場合などに発症するといわれており、あくまでもiPhone 6 Plus自体の不具合ではなく、外部要因による不具合とされています。

ただ、症状が出ている人数が多いため、アメリカやカナダでは集団訴訟が起きたりしていましたが、これに対するAppleからの公式回答が、今回の有償修理「Multi-Touch 修理プログラム」だと思われます。
あくまでも“有償修理”ですが、価格は14,800円と比較的良心的。また、以前にこの問題で修理を行い、かつ価格がこれを上回っていた場合は、返金対応してくれるそうです。該当ユーザーは修理を検討してみて下さいね。

- Advertisement -

AppleがiPhone 6 Plusの「Multi-Touch 修理プログラム」を開始!

AppleがiPhone 6 Plusの「Multi-Touch 修理プログラム」を開始!

Appleが、通称「タッチ病」を発症したiPhone 6 Plusの有償修理「Multi-Touch 修理プログラム」を開始しました。該当するのは以下の場合です。

  • 対象は“iPhone 6 Plus”のみ。
  • 画面の一部がチカチカ明滅する、及びMulti-Touchが反応しなくなるなどの症状がある。
  • 画面にヒビが入ったり、割れていない場合のみ。(割れたりしている場合は別途料金が発生)

 

修理に関しては有償修理となりますが、通常の修理よりは価格は抑えられている模様。また、すでにこの症状で修理済み、かつ価格が14,800円を上回る場合は、Appleが差額分を返金してくれるそうです。

  • 有償修理。価格は14,800円。
  • すでにこの症状で修理済みの場合で、金額が14,800円を上回っていた場合は、Appleから連絡が入り、差額分を返金してくれる。Appleから連絡が無い場合は直接連絡を。

 

詳細については、Appleの「Multi-Touch 修理プログラム」ページを参照してください。なお、修理に出す際は、iPhoneのデータが初期化される場合があります。事前にデータのバックアップはお忘れなく。また、送付する場合は、事前にSimカードも抜いておいたほうが無難かと思います。この辺りはAppleの指示に従ってくださいね。

 

また、以前にiPhone 6 PlusのiSightカメラに関する不具合での無償修理も発表されています。期間が購入後3年なので、もしもカメラがぼやけるなど不具合があるようなら、こちらも早めに対応しておきましょう。該当するかどうかはリンク先ページにiPhone 6 Plusのシリアル番号を入力すれば確認できますよ。

Pocket

- Advertisement -

NO COMMENTS

質問やご感想があればお気軽にどうぞ。コメントは管理人の承認後に表示されます。※メアドは非公開です。