Cubot Max レビュー!スペックは高くないが、驚くほど低価格!6インチの大画面Androidファブレットは意外と楽しめる!

0
540
Cubot Max レビュー!
Pocket

本日はTOMTOP様より、6インチの大画面にAndroid 6.0を搭載した「Cubot Max」を提供いただいたのでレビューしてみたいと思います。

この「Cubot Max」ですが、スペックはこんな感じ。
CPUはMTK6753 64bit/1.3GHz Octa Core、3GB RAM、32GBのストレージ、4100mAhのバッテリー容量、6インチディスプレイ(1280 x 720ピクセル)、バックカメラ8MP/フロントカメラ1.3MP、DSDS対応となっています。決して高スペックとは言えませんが、抑えるところは抑えたバランスの良いスペックだと思います。

当初スペック的にあまり期待はしていなかったのですが(失礼!)、実際に使ってみると思った以上に動作がサクサクで、文字などのジャギーなども目立たず、案外悪くないなという印象。
そしてなんと言っても価格が安い!のが凄いです。記事執筆時点で$135.99という価格を考えれば、コスパで考えれば十分実用的かと思いますよ。

- Advertisement -

「Cubot Max」セット内容一覧

「Cubot Max」セット内容一覧

「Cubot Max」のセット内容一覧は以下の通り。

  • 1 * Cubot Max Cell phone
  • 1 * Battery(本体に装着済み)
  • 1 * USB Cable
  • 1 * Charger 5V1A(中国仕様)
  • 1 * Protector Case(本体に装着済み)
  • 1 * User Manual (English)

※初期状態ではバッテリーに絶縁テープが貼られています。最初は裏面のカバーを外し、絶縁テープを剥がしてから使用しましょう。

 

「Cubot Max」スペック一覧

「Cubot Max」スペック一覧

「Cubot Max」のスペック一覧です。

Cubot Max スペック一覧
CPUMT6753A , 1.3GHz Octa-core
GPUMali - T720
SystemAndroid 6.0
RAM3 GB
ストレージ容量32 GB (Expansion Supported: 128GB)
ディスプレイ6.0 inch , IPS, HD 720X1280 pixels,
2.5D touchable display
カメラフロント:1.3MP (Interpolated 5.0MP)
リア:8.0MP (Interpolated 13.0MP)
バッテリー4100 mAh
Bluetooth4.0
センサーG-sensor, Proximity sensor, Ambient light senor
ネットワークFDD-LTE+WCDMA+GSM
2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
3G: WCDMA 900/2100MHz
4G: FDD-LTE 1800/2100/2600MHz
CardDual SIM dual standby,
Micro SIM card X 2, TF card X 1
TF card(microSD)最大128GB
WiFi802.11b/g/n
サイズHeight : 164.5 mm
Width : 83.5 mm
Thick : 8.95 mm
重さ221g ( with battery, 管理人実測値 )

※技適は通っていないのでご注意ください。

 

「Cubot Max」外観レビュー!

「Cubot Max」外観レビュー!

「Cubot Max」の外観をレビューしておきます。

まず外箱はこんな感じです。

「Cubot Max」外観レビュー!

 

開封した状態。

「Cubot Max」外観レビュー!

 

最初は保護シートが付いているので、これを剥がします。

「Cubot Max」外観レビュー!

 

初期状態から保護フィルムとTPUケースが付いています。TPUケースの品質はやや微妙(;´∀`)

「Cubot Max」外観レビュー!

 

裏面です。

「Cubot Max」外観レビュー!

 

ケースを外すとこんな感じに。

「Cubot Max」外観レビュー!

 

「Cubot Max」の右側面です。ちょっと見えにくいですが、ボリュームボタンとスリープボタンがあります。

「Cubot Max」外観レビュー!

 

ボリュームボタンとスリープボタン部分のアップ。ボタンの押し心地や反応などは問題なしです。

「Cubot Max」外観レビュー!

 

上部にはイヤホンジャックと、充電用のMicro USBポートがあります。充電ポートが上にあるのはちょっと珍しいですね。

「Cubot Max」外観レビュー!

 

左側面には特に何もありません。

「Cubot Max」外観レビュー!

 

下部にはスピーカー穴のみあります。

「Cubot Max」外観レビュー!

 

デザインはシンプルでそつない感じ。

「Cubot Max」外観レビュー!

 

裏面はプラスチック製ですが、案外悪くないです。カメラはありますが、指紋認証ボタンはありません。

「Cubot Max」外観レビュー!

 

背面アップ。

「Cubot Max」外観レビュー!

 

裏面カバーはこのように、隅にある窪みから外れる仕組みです。

「Cubot Max」外観レビュー!

 

開けるとこんな感じ。

「Cubot Max」外観レビュー!

 

まずはバッテリーの絶縁テープを剥がしましょう。

「Cubot Max」外観レビュー!

 

バッテリーは下部の窪みから簡単に外せます。

「Cubot Max」外観レビュー!

 

バッテリーが外れたら、絶縁テープを剥がして再度設置しましょう。

「Cubot Max」外観レビュー!

 

今回は検証用に「China Unicom」のSIMを使用しました。

「Cubot Max」外観レビュー!

 

SimはMicro Sim×2と別途MicroSDカードが使用できます。共用でないのは良いですね。

「Cubot Max」外観レビュー!

 

起動するとCUBOTのロゴが出てきます。

「Cubot Max」外観レビュー!

 

ちなみに、「Cubot Max」は6インチという事もあって、なかなか大きいです。iPhone 7 Plusと比較すると、まるでiPhone 7とiPhone 7 Plusを比べているような感じになります。重さも実測で221gと結構ずっしりした重さですね。

「Cubot Max」外観レビュー!

 

「Cubot Max」の日本語化/初期容量/Antutuスコアなどまとめ!

続いて「Cubot Max」の日本語化/初期容量/Antutuスコアなどをまとめておきます。

まず「Cubot Max」の日本語化ですが、これは最初の初期設定画面で「日本語」を選ぶだけでOK。非常に簡単に日本語化が行えます。一部英語の表示も残りますが、基本的な使用には問題ないレベルです。

「Cubot Max」の日本語化/初期容量/Antutuスコアなどまとめ!

「Cubot Max」の日本語化/初期容量/Antutuスコアなどまとめ!

「Cubot Max」の日本語化/初期容量/Antutuスコアなどまとめ!

 

日付と時刻(タイムゾーン)は「日本標準時 GMT+09:00」に設定しておきましょう。

「Cubot Max」の日本語化/初期容量/Antutuスコアなどまとめ!

「Cubot Max」の日本語化/初期容量/Antutuスコアなどまとめ!

「Cubot Max」の日本語化/初期容量/Antutuスコアなどまとめ!

 

初期状態のアプリは非常にシンプル。ほぼGoogleデフォルトのアプリのみで、不要なアプリは入っていません。またUIもシンプルなので、Androidを使ったことがあるならばすぐに使いこなせるでしょう。

「Cubot Max」の日本語化/初期容量/Antutuスコアなどまとめ! 「Cubot Max」の日本語化/初期容量/Antutuスコアなどまとめ!

「Cubot Max」の日本語化/初期容量/Antutuスコアなどまとめ!

 

初期状態での内部ストレージ空き容量はこんな感じ。

「Cubot Max」の日本語化/初期容量/Antutuスコアなどまとめ!

 

メモリも十分な余裕があります。

「Cubot Max」の日本語化/初期容量/Antutuスコアなどまとめ!

 

「Cubot Max」のAntutu / Geekbench4スコア

「Cubot Max」のAntutu / Geekbench4スコアをご紹介しておきます。

「Cubot Max」のAntutuスコア

cubot-max-antutu-score

 

「Cubot Max」のGeekbench4スコア

「Cubot Max」のGeekbench4スコア

 

「Cubot Max」レビューまとめ!

cubot-max-review-3

ということで、この「Cubot Max」、スペック的には決して高スペックとはいえませんし、ディスプレイもHD画質なので特別高精細というわけでもありません。
しかしながら実際に使ってみると、思っていたよりも動作がサクサクしており、RAMも3GB搭載されていることもあって、ブラウジングや動画の視聴は意外と快適でした。画面が6インチと大きいのも良いですね。

そして個人的に6インチにHD(1280*720)って画面粗くないの?と気になっていましたが、使っていると文字のジャギーなどもほとんど気にならず、こちらも思っていたよりも悪くないなというのが率直な印象です。
バッテリー容量が4,100mAhとなかなか大容量なので、バッテリーのもちが良いのもいいですね。

ただし、外観やカメラ性能に関しては価格相応といったところ。特に外観はプラスチック製なので、どうしても安っぽい印象は受けてしまいます。また、最初からTPUケースも付属していますが、こちらも品質はやや微妙。多少傷付いても良いならば、素の状態で使ったほうが使いやすいかなと思います。

カメラに関しては、ちょっと色合いは微妙な感じでしたね。

「Cubot Max」のカメラ性能

 

それでも実売100ドルちょっとで購入可能というのは凄いです。手軽に使えるスマホ/ファブレットと割り切れば、サブ機としてはもちろん、スペックにこだわらないならメイン機としても“アリ”かもしれません。画面が大きいので、動画や写真閲覧用などに持っておくのも良いかもしれませんね。

実際にホームビデオ(FHD画質)をコピーして視聴してみましたが、特にもたつきなどもなく、スムーズに視聴できました。

という事で、この「Cubot Max」、使用用途を見極めれば、なかなか楽しめる大画面スマホ/ファブレットだと思います。案外基本的な動作面はサクサクしているので、使用感は悪くないです。安価で手軽に使えるファブレットをお探しなら、一考の価値はあるかと思いますよ。

以上、「Cubot Max」のレビューでした!提供いただいたTOMTOP様、ありがとうございました!

Cubot Max TOMTOPで購入

※価格は2017/1/12現在のものです。

>Cubot Max の詳細を TOMTOP で見る。

>TOMTOPトップページへ

>Cubot Max | CUBOT公式ページへ

Pocket

- Advertisement -

NO COMMENTS

質問やご感想があればお気軽にどうぞ。コメントは管理人の承認後に表示されます。※メアドは非公開です。