【レビュー】クリアな音が心地よい!「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」は防水機能付き&2台ペアリングしてステレオサウンドを楽しむことも可能!

0
2418
【レビュー】クリアな音が心地よい!「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」は防水機能付き&2台ペアリングしてステレオサウンドを楽しむことも可能!
Pocket

本日はOmaker様から、最新の「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」を提供いただいたのでご紹介したいと思います。

この「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」ですが、Omakerで人気の「M4」に比べるとやや大きくなりますが、デュアルドライバー搭載でより音質も強化されており、クリアで迫力あるサウンドが楽しめるようになっています。また、IPX5の防水性能もあるので、多少の雨やお風呂場などでも手軽に使用可能!
さらに、2台の「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」をペアリングしてステレオサウンドが楽しめる「TWS(True Wireless Stereo)」機能が搭載されたり、Bluetoothの通信距離が20mに伸びるなど、様々な点で性能が進化しているのも見逃せません。

音質的には、特に中音域が豊かで、ボーカルやギターの音が全面に出てくる印象。高音域もしっかり出ており、クリアで澄んだ音が楽しめます。低音域に関してもなかなかサイズの割には迫力のある低音を感じることができます。

室内で手軽に音楽を聴きたい方はもちろん、お風呂場やアウトドアなどでも手軽に使える便利なBluetoothスピーカーです。気に入ったら2台揃えてステレオサウンドを楽しむのも良いでしょうね。その際は10%引きになるお得な割引コード(6ADDSWKO)もありますよ。

なお、初回ロットには上部にシールが貼られていましたが、これが剥がした際に糊が残り、不評だったようです。一応剥がしたシールをぺたぺた糊にくっ付けると綺麗に剥がれますが、現在はシールが貼られないように改良されたとのこと。もしもシールが貼ってあったら、剥がしたシールで糊を取り除きましょう。

- Advertisement -

「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」のセット内容

「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」のセット内容

Omaker M6 Bluetoothスピーカー」のセット内容は以下の通り。

  • M6スピーカー本体*1
  • USB充電ケーブル*1
  • 3.5mmAUXケーブル*1
  • ストラップ*1
  • カナビラ*1
  • 説明書*1
  • 保証書*1(18ヶ月間の保障付き)

 

「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」の特徴/仕様

「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」の特徴/仕様

Omaker M6 Bluetoothスピーカー」の特徴/仕様は以下の通り。

特徴

  • 【臨場感溢れる高音質サウンド】デュアルドライバー(3.5W*2 計7W)により、臨場感あふれる本格サウンドを味わえます。女性ボーカリストが歌う高音、中音が豊かなサウンドはクリアで伸びやかに出る一方、ロックなど重量感のある低音もしっかり再生できます。
  • 【20m通信距離】一般的なBluetoothスピーカーの通信距離は10m以内ですが、M6ブルートゥース スピーカーは20m以内のBluetooth機器と接続可能。動作も安定していて、音の途切れや音割れなどのストレスから解放でき、自由に様々な場所で音楽を楽しめます。最後に使用した機器を記憶し、次回はその機器のBluetooth機能が“オン”になっていれば、自動的に再接続します。
  • 【12時間連続再生】1度フル充電すると12時間/200曲連続再生可能。毎日1-2時間の使用なら、一週間近く音楽を充電無しで楽しめます。iOS搭載機器なら電池残量をiPhoneの画面で確認できます。
  • 【防水仕様】IPX5の防水等級があるので、水に触れても気にせず使うことができます。プール、キャンプ、山登り、お釣りなどのアウトドアスポーツやお風呂など、さまざまなシーンで大活躍。
  • 【AUXにも対応】Bluetoothだけでなく、AUX/オーディオジャックでの再生にも対応しています。
  • 【TWS機能対応】TWS(True Wireless Stereo)機能を搭載しており、2台のM6ポータブルスピーカーを同時にペアリングしてステレオサウンドを楽しむことができます。バーベキューやパーティーなど友人との集まりなどで楽しい雰囲気を盛り上げます。
  • 【技適認証済】認証番号:204-720011。日本国内でも安心して使用できます。

 

仕様

  • 外部端子:MicroUSBポート、AUXジャック
  • サイズ:W142×D70×H46(mm)
  • 重量:395g(内蔵バッテリー含む)
  • ドライバー:3W×2+低周波ラジエーター
  • Bluetooth仕様:Bluetooth 4.0
  • バッテリー:1900mAhリチウムポリマーバッテリー
  • 出力:3.5W×2 THD=10%
  • 周波数:68Hz~20KHz
  • ひずみ率:RMS=3.5W THD=10%
  • SN比:72db
  • ドライバーサイズ:1.5 inch, 4ohm
  • 動作温度:-5~40℃
  • 貯蔵温度:-30~70℃
  • 湿度:25%~75%
  • Bluetoothプロファイル:A2DP, HFP, HSP, AVRCP
  • 充電時間:約4-5時間(DC5V/1A)
  • 再生時間:約10-12時間

 

「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」の使い方/Bluetoothペアリング方法/TWSのセットアップについて

「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」の使い方/Bluetoothペアリング方法/TWSのセットアップについて

Omaker M6 Bluetoothスピーカー」の基本的な使い方/操作方法と、iPhoneとのBluetoothペアリング方法、及びTWSのセットアップについて簡単に解説しておきます。

「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」の基本的な使い方/操作方法は以下の通り。

-ボタン:音量ダウン
+ボタン:音量アップ
再生/一時停止ボタン:音楽再生/一時停止
Bluetoothボタン:
長押しでBluetoothオフになり、その後Bluetoothペアリングモードに。TWS使用時は長押しでペアリング。
着信時/短く押すと通話開始、長押しで着信拒否、通話中に短く押すと通話終了。
電源ボタン:2秒長押しで電源オン/オフ、短く押すとBluetoothモード/AUXモードの切り替え。

 

「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」と「iPhone」のBluetooth接続/ペアリング方法

「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」と「iPhone」のBluetooth接続/ペアリング方法を解説しておきます。

  1. 「iPhone」の「設定アプリ>Bluetooth」と進み、“Bluetooth:オン”になっていることを確認。
  2. 「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」の電源ボタンを長押しする。自動的にBluetoothペアリングモードになります。
  3. 再度「iPhone」の「設定アプリ>Bluetooth」と進み、最下部に表示されている【Omaker M6】をタップすればペアリング完了です。

 

「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」のTWS(True Wireless Stereo)設定方法

「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」2台を同時に使用してステレオサウンドを楽しめるTWS(True Wireless Stereo)の設定方法ですが、まずはそれぞれ電源をオンにし、その後片方の「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」の“Bluetoothボタン”を長押しすればペアリングできます。
解除するには“Bluetoothボタン”を長押しします。

 

「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」レビューまとめ!

「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」レビューまとめ!

それではここから、「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」のレビューをまとめていきたいと思います。

まず外観ですが、人気の「M4」に比べるとやや大きくはなるものの、比較的コンパクト、かつ持ち運びしやすいサイズになっています。デザインもスッキリしており、ボタンも随分押しやすく改良されているのは良いですね。ただし、ボリュームのアップ/ダウンボタンで曲のスキップ操作が出来ないのは注意が必要です。

なお、初期ロットではこのように上面にシールが貼られていますが、これを剥がすと糊が残ってしまいます。

「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」レビューまとめ!

 

こんな感じに。

「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」レビューまとめ!

 

しかし、剥がしたシールでペタペタすると綺麗に剥がせますのでご安心を。なお、最新の販売ロットではこのシールは貼られないように改良されているそうです。
ボタンについてはM4に比べて非常に押しやすくなっていますね。

「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」レビューまとめ!

 

「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」の正面はこんな感じ。シンプルでスッキリしたデザインに仕上がっています。

「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」レビューまとめ!

 

裏面。

「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」レビューまとめ!

 

底面にはこのように滑り止めが配置されています。

「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」レビューまとめ!

 

側面にはこのようにカバーがあります。

「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」レビューまとめ!

 

外すとAUXとMicroUSB充電ポート、そしてリセットスイッチがあります。

「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」レビューまとめ!

 

スイッチは適度な間隔があり、とても押しやすいですね。ただし曲のスキップが操作できないので、その点はちょっと注意が必要です。

「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」レビューまとめ!

 

音質については、中音域が豊かに出ており、高音域もしっかり出ています。ボーカルやギターの音が前面に出てくる印象です。ポップスやボーカル主体の曲、ロック、ジャズなどとの相性が良さそう。ハイハットの音も綺麗に出ていますよ。
低音域も迫力を十分感じられますが、野太い低音ではありません。そのため、低音の迫力を重視するならやや物足りないかも。それでも音量を上げれば音圧のある低音サウンドが楽しめます。サイズを考えれば十分頑張っていると思います。全体的にクリアで聴きやすい音質ですね。

また、IPX5の防水性能があるので、水に落としたりはダメですが、多少の雨や水濡れ程度なら気にせず使えます。カラビナやストラップも付属しているので、アウトドアでも手軽に使えるのは便利でいい感じです。

そして2台の「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」を用意すれば、ペアリングしてステレオサウンドが楽しめるTWS(True Wireless Stereo)にも対応しています。今回は残念ながら1台のみでの視聴のため、実際にTWSを試すことは出来ませんでしたが、音質が気に入るなら2台購入するのもアリかもしれませんね。なお、同時に購入する際は、10%引きになるお得な割引コード(6ADDSWKO)もあります。

ちなみにBluetoothでの接続ですが、待機時のノイズなども無く、接続も安定していましたよ。

 

という事で、コンパクトなサイズながらなかなかクリアで良い音質が楽しめる、Omaker渾身のBluetoothスピーカーだと思います。着実に操作面、音質など、様々な面が進化していると感じられる出来になっています。
IPX5の防水性能もあるので、アウトドアはもちろん、お風呂場など、場所を選ばず気軽に使えるのもありがたいですね。大学時代なら、バンド仲間とライブで演奏する曲を決める際などに、この曲どう?これいいね!みたいな感じで大活躍しただろうなとふと感慨にふけってしまいました(;´∀`)
現在は通勤バッグに入れて、昼休みにちょっと音楽(ヘビメタ)を聴くのに愛用させてもらっています。手ごろなサイズ感と持ち運びしやすい重さ、傷つきにくい外観で結構お気に入りになっていますよ。

以上、「Omaker M6 Bluetoothスピーカー」のレビューでした!提供いただいたOmaker様、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket

- Advertisement -

質問やご感想があればお気軽にどうぞ。コメントは管理人の承認後に表示されます。※メアドは非公開です。