Apple「WWDC 2017」内容まとめ!「iOS 11」をはじめ、「10.5インチiPad Pro」「iMac Pro」「HomePod」などデバイスも大量発表!

0
334
Apple「WWDC 2017」内容まとめ!「iOS 11」をはじめ、「10.5インチiPad Pro」「iMac Pro」「HomePod」などデバイスも大量発表!
Pocket

本日Appleが「WWDC 2017」を開催し、毎年「WWDC」で発表されている最新の各種OSをはじめ、新型10.5インチ「iPad Pro」、新型「iMac」、そして以前から噂になっていた「Amazon Echo」対抗のスマートスピーカー「HomePod」、さらに最強のMacとも呼べる「iMac Pro」を発表しました!

ここ数年、「WWDC」において新規デバイスの発表がほとんど無かったことを考慮すれば、今年は極めて異例の発表だったとも言えますが、ユーザーとしては新しいデバイスが発表されるのはやはり嬉しいものです。

という事で、本日はサクッと「WWDC 2017」での気になる発表内容をまとめてみたいと思います。

- Advertisement -

WWDC 2017:各種OSについて

WWDC 2017:各種OSについて

まずは毎年恒例の最新OSについて簡単にまとめておきます。

 

iOS 11 新機能まとめ!

iOS 11:新機能まとめ

まずはみんな気になるiPhone/ iPad用OS「iOS 11」について。

今回の「iOS 11」ですが、どちらかというと小規模なマイナーアップデートの印象。もちろん、現時点でもかなり完成された使いやすいOSなので特に不満は無いのですが、ちょとワクワク感は少ないかも。

それでも、ついにApple公式のファイル管理アプリ「Files」が登場したり、「コントロールセンター」のカスタマイズが可能になったり、「Siri」が賢くなったり、「マップ」や「Apple Music」、「App Store」アプリの刷新などなど、いろいろ新しくはなります。

iOS 11:新機能まとめ

 

ただ、「App Store」の大幅な刷新は、従来のユーザーの反応がどうなるのか、ちょっと心配。プレビューではランキングなどのタブが無くなっており、その辺りがどう変更されているのか気になります。

iOS 11:新機能まとめ「App Store」

 

ちなみに、iPad用の機能は大幅に強化されています。公式サイトでもiPad向けの解説が先に出てくるので、今回の「iOS 11」の真骨頂は“iPad”にあるのかもしれません。

例えば、先ほどの「Files」アプリでファイル管理が行いやすくなったり、ついにiPadにMacのような「Dock」が搭載されたり、「ドラッグ&ドロップ」が可能になるなど、「macOS」に近い仕上がりになってきています。それならいっそこのと「macOS」を搭載してくれれば、、、なんて思いますが、それはAppleとしてはしない方針のようですね。パソコン並みの処理能力があるだけに、この辺りはいつも勿体ないなあと感じる管理人です。

iOS 11:新機能まとめ「ipad Dock」

また、地味に「Quicktype Keyboard」のフリック入力は便利そう。QWERTYでの入力スピードが格段に向上しそうです。

そしてApple Payが「メッセージ」アプリを介して個人間の送金に対応したのは新しいトピックでしょう。日本では「LINE」が人気なので微妙な機能になるかもしれませんが。他にも、「カメラ」アプリで撮影した写真はHEIF形式となり、従来に比べて2倍圧縮されることにより、ファイルサイズは半分になるそうです。これはありがたいかも。

それと、「iOS 11」の純正「カメラ」アプリではQRコードの読み取りが可能になるようです。すでに「Chrome」アプリの「3D Touch」でも利用できますが、何気に便利になりますね。今後「QRコード」読み取りアプリは不要になるかも?

なお、「iOS 11」からは32bitアプリのサポートが終了します。お気に入りアプリが問題ないかチェックし、使用不可なアプリがあれば早目に代替アプリを探しておきましょう。

設定>一般>情報>App>App互換性

からチェックできますよ。

>iOS 11|Apple

 

macOS High Sierra 新機能まとめ!

macOS High Sierraの新機能まとめ!

macの最新OSは、「macOS High Sierra」と言うそうです。各種ファイルシステムなどが刷新され、高速化やデータの効率化が期待できそう。移行時に不具合が起きないといいな。

  • APFS:「iOS 10.3」から採用されたAPFS(Apple File System)がmacのデフォルトシステムとなります。高速化やバックアップ機能の充実など、恩恵も多そうです。
  • HEVC(High Efficiency Video Coding、別名H.265):従来のH.264形式から、HEVC(H.265)形式が標準となります。最大40パーセント高い効率でビデオを圧縮できるので、4K動画などでの容量削減に期待が出来そう。
  • Metal 2:グラフィックスAPIの「Metal」もアップデート。これにより、GPUのパワーをよりしっかりと活用できるようになります。外付けGPUもサポート。
  • バーチャルリアリティ(VR):デベロッパがインタラクティブなバーチャルリアリティ体験をMac上で作り出せるようになります。AppleもVRにいよいよ本腰を入れ始めたみたいですね。これから盛り上がってくるのかな?
  • 写真編集機能の強化:写真の編集や管理機能が大幅に強化されます。他社製アプリとの連携も強化。
  • 二言語入力が便利に:日本語と英語など、二言語入力が便利になります。言語を切り替える必要なく、自動的に判断してサジェストしてくれます。これは便利そう!
  • Safariが大幅に機能強化:Safariが色々と機能強化されるようです。JavaScript実行速度はChromeと比べ80%高速化、閲覧履歴の追跡防止機能(クロスサイトトラッキングデータの削除)、そして音声付きビデオの自動再生の停止機能など。Gizmodoさんの「(エロ)動画自動再生にさようなら」という見出しはなかなか衝撃的でしたw

>macOS High Sierra|Apple

 

watchOS 4

watchOS 4

「watchOS 4」では、【「Siri」の文字盤】が追加され、利用状況に応じた通知をスクロール形式で表示する仕様に。また、新たに「トイ・ストーリー」のキャラクターの文字盤が追加になるようです。でももっと色々増えて欲しいな。サードパーティー製文字盤は今回も無し。
他にも「ミュージック」アプリの刷新、ワークアウトやフィットネス関連機能の強化、Bluetoothでのスポーツ関連機器との連携強化など。
より使いやすく進化するようですよ。

>watchOS 4|Apple

 

tvOS

「tvOS」最大のトピックは、なんといってもAmazonの「Prime Video」アプリがリリースされることでしょう!現在もiPhoneのAirPlayを使って無理やりApple TVで「Prime Video」を楽しむことは出来ますが、専用のアプリがリリースされることで利便性は大幅に高まりそうです。個人的にも非常に嬉しい発表でした!やっとApple TVが活用できそう。。。

 

WWDC 2017:各種デバイス/ハードウェアについて

WWDC 2017:iMac Pro

ここ数年「WWDC」において、新規デバイス/ハードウェアの発表はほとんどありませんでしたが、今年は打って変わって大量のデバイスが発表されました!

 

10.5インチ新型「iPad Pro」発表!買いました!

10.5インチ新型「iPad Pro」発表!

まずは以前から噂のあった、狭額縁仕様の10.5インチ新型「iPad Pro」について。これはすでに量産が開始されているとの情報も出回っており、発表は確実と思われていましたが、事前予想通り発表となりました。

ディスプレイは10.5インチと大きくなりますが、狭額縁仕様のおかげで全体的なサイズはそれ程変わらない様子。重さは469g(Wi-Fiモデル)で、先代モデルの437gよりは少し重いみたい。新しい「A10X Fusion」チップは、6コアのCPUを搭載。3コア高性能、3コアが高効率という仕様。GPUは12コア!これによって、「A9X」チップと比べて、CPUのパフォーマンスが最大30%、GPUが最大40%高速になりました。それでいて省電力性も実現しているようです。
さらにリフレッシュレート120Hz(従来は60Hz)のTrue Toneディスプレイを搭載。より滑らかな表現が期待できます。Apple Pencilのレスポンスも向上しているそうです。

また、カバー兼用の「Smart Keyboard」に、待望のJIS配列モデルが追加に!現時点で「Apple Store」にはまだ登場していませんが、間もなく登場するでしょう。「Smart Keyboard」が欲しい方は要注目です!

なお、管理人は現在2012年発売の通称“iPad 3”を使用しています。今でもきちんと動くし、5年間も不具合無く動き続けていることには本当に満足していますが、さすがに最新のiOSも使用できなくなり、今回新型「iPad」が発表されたら買い替える事を決意していました。
そのため、本日早速10.5インチ新型「iPad Pro」の予約が開始されたこともあり、即効で予約しました。購入したのは【10.5インチ新型「iPad Pro」256GB/Wi-Fiモデル】です。併せて【Apple Pencil】も購入。届いたら改めてレビューをまとめたいと思います。

>iPad Pro|Apple

 

Macファン歓喜!「iMac」が大幅改良!最強の「iMac Pro」も発表!「MacBook Pro」のCPUもアップデート!

Macファン歓喜!「iMac」が大幅改良!最強の「iMac Pro」も発表!「MacBook Pro」のCPUもアップデート!

これはMacファンには嬉しい発表だったことでしょう!

まずは、最近ほとんど見捨てられたような印象だった「iMac」シリーズが、突如最新スペックに大幅リニューアルされて登場!Intelの第7世代「Kaby Lake」のCore i5/i7を搭載し、GPU機能も大幅に強化!21.5/27インチのRetinaモデルには大容量のFusion Driveを搭載!Retinaディスプレイも先代モデルと比べて43%明るくなり、10億色に対応しています。Thunderbolt 3ポートも2つ追加され、必要十分な機能を有しました。

価格は、21.5インチ/フルHDモデルが12万800円から、21.5インチ/4Kモデルが14万2800円から、27インチ/5Kモデルが19万8800円からとなっています。あら、意外と買えそう。

>iMac|Apple

 

iMac Pro 2017

そして、誰も予想していなかった驚きの新機種、「iMac Pro」も颯爽と登場!“Pro”と銘打つだけあって、スペックが物凄いことになっています。価格も凄いけど。

  • 8、10、18コアXeonプロセッサ
  • 最大4.5GHzのTurbo Boost
  • 最大42MBのキャッシュ
  • Radeon Pro Vega
  • 11テラフロップスの単精度
  • 22テラフロップスの半精度
  • 8GBまたは16GBの高帯域幅メモリ
  • 400GB/sメモリ帯域幅
  • メモリ:最大128GB
  • 2,666MHz DDR4 ECC
  • 最大4TBのSSD
  • 3GB/sのスループット
  • Thunderbolt 3(USB-C)ポート x 4
  • 最大4,400万ピクセル
  • 10Gb Ethernet Nbase-T|業界標準の1Gb、2.5Gb、5Gbのリンク速度にも対応。

 粒子シミュレーションも、さらっとこなすそうです。MAXスペックで注文するとおいくら万円なんでしょうかね(;´∀`)

詳細はiMac Proの公式ページでどうぞ!

>iMac Pro|Apple

 

他にも、「MacBook Pro」シリーズのCPUが、第7世代のIntel「Kaby Lake」にリニューアルされたり、MacBook 12インチモデル、MacBook AirもCPUがリニューアルされたようです。

>Macの各モデル比較一覧ページへ|Apple

 

噂の「HomePod」が正式発表!意外と欲しいぞ!

噂の「HomePod」が正式発表!意外と欲しいぞ

最後に、ここ最近噂になっていたAppleのスマートスピーカー「HomePod」がついに正式発表となりました!

すでに「Amazon Echo」が人気を博し、「Google Home」が発表された後なので、当初あまり期待していなかったのですが、名称からも分かるようにAppleは音楽性能/スピーカーで差別化してきたようです。

個人的にはこの方向性が予想外で、当初は全く興味がなかったのに、今は意外と今回の発表の中で一番気になる存在になっています。というのも、家にはBluetoothスピーカーやApple TVがありますが、Apple Musicを聴くとなると、例えばiPhoneは音楽再生専用になるし、Apple TVだとテレビをつける必要があります。(つけなくても操作はできるけど) しかし、「HomePod」だと手軽にそれなりに良い音で音楽が楽しめそう。これはかなり気になります。

まずは北米、イギリス、オーストラリアで年末に349ドルで発売予定。日本でも発売されたら買っちゃうかも。

>HomePod|Apple

 

WWDC 2017 まとめ

Apple「WWDC 2017」内容まとめ!「iOS 11」をはじめ、「10.5インチiPad Pro」「iMac Pro」「HomePod」などデバイスも大量発表!

以上、駆け足でしたが、個人的に「WWDC 2017」で気になったポイントをまとめてみました。

iOS 11やmacOS High Sierra、watchOS 4やtvOSなど、例年通りの発表とともに、今年は大量のデバイス/ハードウェアの発表があったのが印象的でした。

ただ、ほぼ事前のリーク通りで大きな驚きが無かったのは残念ですが、リークが多いという事は、それだけAppleの情報に興味のある方が多いという事なのでしょう。

OS関係、特にiOS 11に関しては、今回あまり大きなインパクトはありませんでした。どちらかというとiPad向けの機能強化が多かった印象です。新型10.5インチ「iPad Pro」を購入した管理人としては嬉しいですがね。Apple Pencilの書き心地など、今から興味津々です。

デバイス関連では、意外と「HomePod」に興味が出てきています。日本語への対応は難しい部分も多いでしょうけど、ぜひ早めに日本でもリリースしてほしいものです。Amazon Echoもそろそろ日本で発売されるといいんですけどね。
iMacも順当にアップデートされ、27インチでも20万(税抜き)を切っているのは、意外とお買い得感がある気もします。家でじっくりパソコンを使うなら、結構おすすめかもですね。

以上、「WWDC 2017」の内容まとめでした!

(Visited 20 times, 3 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket

- Advertisement -

質問やご感想があればお気軽にどうぞ。コメントは管理人の承認後に表示されます。※メアドは非公開です。