WWDC 2016:iOS 10, macOS, watchOS 3, tvOS 3の気になる新機能まとめ!

0
1653
Pocket

全世界のAppleファン待望の開発者向けカンファレンス「WWDC 2016」が開催され、多数の新情報が発表されました!
中でもiOS 10, macOS, watchOS 3, tvOS 3など、各OSの新バージョンが大々的に発表され、かつ素晴らしい新機能も目白押し!iOS 10もより使いやすくなる機能が多く、Mac OS-Xも新たにmacOSと名称変更、watchOSは最大7倍高速化!そしてtvOSも大掛かりなアップデートと、なかなか充実した内容だったと思います。

一方で、期待された新型MacBook ProやAirの発表は無く、iMessageのAndroid版の発表などもありませんでした。このあたりは少し肩透かしを食らった印象の方も多いかもしれませんね。

とりあえず、今回の「WWDC 2016」で気になった各OSの新機能などをサクッとまとめてみたいと思います。

- Advertisement -

iOS 10の気になる新機能まとめ!

iOS 10の気になる新機能ですが、今回もなかなか盛り沢山の内容でした。

 

1.スリープ解除やロック画面からの操作が簡単に

1.スリープ解除やロック画面からの操作が簡単に

まずはiPhoneのスリープ解除が簡単になります。なんと持ち上げるだけで、iPhoneに触ることなくスリープが解除されるように。これは便利!
そしてロック画面の操作性も大幅に向上!3D Touchで通知全クリアが行えたり、ロック画面からカメラへのアクセスやウィジェットへのアクセスもスワイプ操作で簡単に行えます。
また、ウィジェットの表示もよりリッチになり、個人的にはやっとAndroidのウィジェットに少し追いついてきたかな~という印象です。

こういった基本的なUIの使いやすさが向上するのは、毎日使用するだけに、恩恵は非常に大きいでしょうね。

 

2.Siriがサードパーティアプリに開放!

2.Siriがサードパーティアプリに開放!

「Siri」が開発者に開放され、サードパーティアプリでも使用可能に!
これによって、メッセージ、フィットネス、モバイル決済など、様々なアプリで「Siri」が利用可能になるでしょう。
そして「Siri」の知能もより向上。場所を聞けばマップ上にタグを付けてくれたり、会話内にある日時からスケジュールを確認、記入も可能。パーソナルアシスタントとしてより一層活躍してくれそうです!

 

3.QuickTypeのテキスト入力が進化!

3.QuickTypeのテキスト入力が進化!

「Siri」によってテキスト入力が補完されたり、メッセージの内容に沿ってスケジュール設定が行えたりするようです。日本語でどこまで使い物になるのかはまだ不明。

 

4.「写真」アプリも進化!

4.写真アプリも進化!

「写真」アプリも進化しています!最近トレンドの顔認識技術を搭載したり、写真に写っている場所やシーンも認識してくれます。デモでは「乗馬」というシーンを認識してカテゴリ分けしていました。

4.写真アプリも進化!

他にも自動でスライドショーを作成し、BGMをつけてくれる機能も。大体すでに「Googleフォト」で出来まs、、、おっと誰か来たようだ。

 

5.「マップ」アプリもアップデート!

5.マップアプリもアップデート!

「マップ」アプリも大幅にアップデートされます!操作性が改善される他、検索結果をフィルタリングし、例えばシーフードレストランだけを表示するなんて事も可能に。ナビ機能も進化して、リアルタイムの交通状況を確認可能。渋滞箇所や交差点に近づくと自動的にズームする機能もあるようですよ。無料でしっかり使えるなら本当にありがたいんだけどなあ。

ちなみに「マップ」も開発者向けに拡張機能用APIの提供が発表されたので、今後は「マップ」と連携した便利なアプリの機能も出てくると思われます。

 

6. 「ミュージック」アプリも大幅に刷新!

6. ミュージックアプリも大幅に刷新!

「ミュージック」アプリもついに大幅に手が入り、より使いやすく進化しました!ライブラリ内のアルバムやプレイリストなどが簡単に見られるようになり、待望の歌詞表示機能も追加!これは嬉しい!
「For You」も進化し、自分だけのデイリープレイリストを作ってくれるそうです。こりゃ通勤・通学時にハマりそう。

 

7.「ニュース」アプリがリニューアル

7.「ニュース」アプリがリニューアル

まだ日本版はリリースもされていない「ニュース」アプリのデザインがリニューアルされるそうです。こればかりは「ふ~ん」としか言いようがありませんな。

 

8.「Home」アプリが追加

8.「Home」アプリが追加

以前から情報は出ている「Home」アプリが、ついにiOSにも追加されます。
照明や鍵、カーテンの開閉など、様々なものと連携可能。シーンに応じてボタンをタップすれば、一気に電灯が点いたり、設定した機器が起動するみたい!他にも自宅に人が来たら、インターホンのカメラ映像がiPhoneのロック画面に表示されるなんてデモも!これは凄い!
まだ日本では色々と規制もあって難しいかもしれませんが、ゆくゆくはこの「Home」アプリも当たり前のように使われる時代が来るのかもしれませんね。

 

9.「電話」アプリも久しぶりに大掛かりなアップデートが!

9.「電話」アプリも久しぶりに大掛かりなアップデートが!

最近あまり変わり映えのしなかった「電話」アプリも、今回のiOS 10ではかなり気合が入った強化が施されています。例えば留守電の内容をSiriがテキスト化してくれたり、迷惑電話にも対応し、連絡先に入っていない番号でも、どこからの電話か情報を併せて通知してくれるようになります。
日本でもすぐに対応してくれるかは分かりませんが、これはぜひすぐに使いたい!特に迷惑電話というか、知らない番号からの電話の情報が表示されるのは、非常にありがたいアップデートだと思います。

 

10.「iMessage」がLINEみたいに!?

10.「iMessage」がLINEみたいに!?

iMessageもより進化します。URLを送るとサイトの名前と画像を表示する「リッチリンク」機能やYouTubeの動画URLが送られてきた場合は、iMessageアプリ内で動画を再生可能に。

そして、カメラアイコンをタップすれば、メッセージ作成画面で写真を撮影することが可能。絵文字は従来よりも3倍大きく表示可能になり、「Bubble effects」で吹き出しに特殊効果を付けたりすることもできます。「invisible ink」は、画像にモヤがかかったような見えない状態から、指でこすると画像が見えるようになる仕掛け。ちょっとしたサプライズなどにおすすめですな。真面目なサプライズにも使えるし、ふざけて遊ぶことも出来そう。

そしてiMessageにスタンプ販売用のApp Storeが用意され、デベロッパーはスタンプの販売などが行えるようになるようです。この報道でLINE関連企業の株が下落したとか。。。

まあ、iMessageがより便利になるのは嬉しい事ですよね。

 

iOS10:その他の気になるポイント

その他の気になるポイントを簡単にまとめておくと、

  • 「Game Center」アプリが削除される予定
  • 一部のApple純正アプリが削除可能に。

などがあります。「Game Center」は使っていないので別に構いませんし、純正アプリが削除可能になるのも、使用していない人からすると朗報でしょうね。

 

macOS Sierraの気になる新機能まとめ!

これは以前からの噂通り。ついにMacのOSが「OS-X」から「macOS」に変更になります。そして従来のように最後に個別の名称が付き、バージョンの区別ができるようです。今回は「Sierra」です。

「macOS Sierra」に搭載される新機能としては、なんといってもついにMacにも「Siri」が搭載されること。Windows 10には「Cortana」さんがいるので目新しくはないですが、便利になるのは間違いないでしょう。
他にもすべてのデバイスで、コピーした内容を共有できる「ユニバーサルクリップボード」機能や「オートアンロック」機能、Apple Payにも対応、動画を常に前面に出せるようになるなどの変更点がありました。

個人的にはちょっと地味な印象ですが、着実に進化しているのは間違いないでしょうね。

 

watchOS 3の気になる新機能まとめ!

個人的に今回の発表の中で地味に嬉しかったのが、この「watchOS 3」の新機能です。
アプリの起動速度が「watchOS 2」に比べて大幅に改善され、なんでも最大7倍!高速化されるそう。またナビゲーションも改善されるとの事。やっと情報のバッググラウンドアップデートにも対応。

ほぼ発売以来毎日使用しているApple Watchですが、アプリを起動して延々更新マークが表示され、ついには情報の取得に失敗とかされるとかなりげんなりしていたので、このアプリ起動時間の高速化とバックグランドのアップデート対応は本当に嬉しいです。というか、これは最初からこのレベルでリリースして欲しかったですけどね。これが嫌で使用を止めた方も多いようなので、本当にアップデートでここまで使いやすくなるなら、ちょっと使用を止めた人も戻ってくるかも?

watchOS 3の気になる新機能まとめ!

watchOS 3の気になる新機能まとめ!

他にも、iOSのような下から上にスワイプで「コントロールセンター」が表示されたり、サイドボタンを押すとアプリがカード状に表示される「ドック」機能が搭載に。これも地味に便利な改良です。
そしてメッセージの手書き返信にも対応。手書きをテキストに変換する「Scribble」機能が追加されました(当初は英語、中国語にのみ対応)。
ウォッチフェイスにはミニーなど複数が新たに追加。そして以前のように長押しからの画面切り替えでなく、スワイプですぐに入れ替えができるようになります。これも地味に嬉しい。

さらに長押しからアクセスできる「緊急電話機能(SOS発信機能)」が搭載に。警察などの緊急通報先に発信できるほか、あらかじめ登録した家族の連絡先などに自動で連絡と位置情報を通知できます。緊急時に手元の時計でサッと通知できるのはありがたいですね。使わないに越したことはありませんが。

watchOS 3の気になる新機能まとめ!
他にも新標準アプリ「Breath」の追加など、エクササイズや健康関連の機能も多数追加されるようです。

 

tvOS 3の気になる新機能まとめ!

tvOS 3の気になる新機能まとめ!

実は購入以来あまり起動していないApple TV。ちょっともったいないなとは思いつつ、現時点でじっくりTVに向かう時間が持てないんですよね。ゲームもまだ本格的なものがなく、結局Apple TVでゲームするならPS4起動する感じです。Youtube見たり音楽聴いたりは便利なんですけどね。

さてさて、今回発表された「tvOS 3」の気になる新機能ですが、まずはiOSとの連携強化が嬉しいところ。iOS向けの「Apple TVリモート」アプリがより進化し、Siriやキーボード入力、ジャイロ入力に対応するようです。
そしてSiriも進化!検索機能が大幅にアップデートされ、YouTubeなど多数のサービスから一気にSiriで検索可能になるようです。これは文字入力が面倒なApple TVにとっては非常にありがたいアップデートだと思います。

そして非常に期待できる新機能「シングルサインオン」が新たに搭載!これはiOSでログインしていれば、Apple TVで対応するサービスの場合、いちいちアカウントやパスワードを入力せずにアプリが利用可能になる機能。これは何気ない地味めな機能ですが、煩わしいログイン作業から開放されるのであれば、個人的には非常に嬉しい期待の新機能だと思います。
他にも「ダークモード」が追加されるとの事。部屋を暗くして映画や動画を見る際には、より目に優しくなるでしょうね。

 

WWDC 2016 まとめ

とりあえずザッとですが、WWDC 2016の個人的に気になるポイントをまとめてみました。
世間的にはイノベーションに欠けるとか、Appleも終わりか。なんて声もあるようですが(これは毎回ですね)、個人的には結構嬉しいアップデートが多数ありました。

特にiOS 10は、思っていたよりもUIの改革が進み、より便利に使えそうで期待が持てます。そしてもう一つ嬉しかったのは、なんといってもwatchOS 3のスピードアップ。現時点で一番嫌なのが、アプリの起動が遅い点と、情報取得に時間がかかる点です。これがもしもアップデートだけで改善するなら、非常に嬉しい限りですね。

その他macOSもSiriが搭載されるなど、順当なアップデート内容。tvOS 3もやっとちゃんとしたリモートアプリがリリースされるようで期待しています。

そしてもう一つ気になったのが、「Swift Playgrounds」について。これは子どもや初学者向けのコーディング教育アプリなんですけど、丁度自分もSwiftの勉強をしようと「本気ではじめるiPhoneアプリ作り Xcode 7.x+Swift 2.x対応 黒帯エンジニアがしっかり教える基本テクニック (ヤフー黒帯シリーズ)」なんて本を購入してみたところなんです。これがまあ、さっぱり分かりません(;´∀`)

Swift Playgrounds

そんなタイミングでのこの「Swift Playgrounds」の発表。個人的にはぜひ使ってみたいと思います。こうやって自然とコーディングを勉強できるとなると、将来プログラミングに興味を示す子供も増えるでしょうね。とても素晴らしい取り組みだと思います。

ただ、一つ気になることがあります。それは以前話題になったティム・クックCEOの「iPhone 7にはこれなしでは生活できないと感じさせる革新的機能を搭載する」という発言。これはiOS 10とは関係ないんでしょうか?今回の発表の中に隠されているの?それとも単に防水機能とか?うーん、気になります。

という事で、個人的にはまあまあ満足したWWDC 2016でした。次は9月のiPhone 7を含む新機種の発表会が山場ですかね。
巷では今回の「iPhone 7」はマイナーアップデートで大掛かりな変更は無し。来年2017年リリース予定の「iPhone 8」がiPhone 10周年記念で大掛かりなアップデートが施される。なんて噂がまことしやかに囁かれています。

さてさて、一体どうなることやら。また何か情報が入れば、当サイトでもお伝えしていきたいと思います。

参考サイト:
engadgetgigazinegori.me

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket

- Advertisement -

質問やご感想があればお気軽にどうぞ。コメントは管理人の承認後に表示されます。※メアドは非公開です。