DOOGEE BL5000 レビュー!安価なのにFHD&デュアルカメラ搭載&大容量バッテリー搭載でなかなかお買い得!

0
339
DOOGEE BL5000 レビュー!安価なのにFHD&デュアルカメラ搭載&大容量バッテリー搭載でなかなかお買い得!
Pocket

本日はいつもお世話になっているhommee-jp様より、Android 7.0搭載スマートフォン「DOOGEE BL5000」を提供いただいたのでご紹介したいと思います。

この「DOOGEE BL5000」ですが、OSはAndroid 7.0、CPUはMTK6750T オクタコア 1.5GHz、ディスプレイは5.5インチFHD(1920 x 1080)で4GB RAMに64GB ROMと、基本的なスペックは日常使用なら問題ないレベル。特にストレージが安価な割に64GB搭載なのは嬉しいポイントですね。

そして最大の売りはカメラ性能!なんとリアはデュアルカメラ(13MP+13MP)で、フロントも8MPとなかなか高性能!バッテリーも5050mAhと大容量搭載で、スタミナもなかなかです。デザインもラウンド加工が綺麗で、良い意味で少し前のGalaxyぽい感じ。外観も安っぽくないのは良いと思います。

流石にヘビーなゲームユーザーにはおすすめしませんが、普段ネットしたりSNSで写真をアップする機会が多い方にはなかなかコスパに優れたAndroidスマホかと思いますよ。

※メーカー様より、10月31日まで使用可能な15%オフクーポンを頂きました!意外と大きい割引です(∩´∀`)∩ 最後に紹介しているので、興味のある方はぜひご活用くださいね!

- Advertisement -

「DOOGEE BL5000」のセット内容一覧

「DOOGEE BL5000」のセット内容一覧

DOOGEE BL5000」のセット内容一覧は以下の通り。

  • 1 *DOOGEE BL5000
  • 1 *充電器(海外用「C」タイププラグ)
  • 1 *micro USBケーブル
  • 1 *スクリーンプロテクター
  • 1 *ユーザーマニュアル(日本語無し)
  • 1 *スマホケース

 

「DOOGEE BL5000」のセット内容一覧

これに、hommee-jpさんの特典として、以下の3点が追加になります。これによって充電アダプタは実質2個使えることになりますね。

  • 1 *KKmoonスタンド
  • 1 *日本国内用充電アダプタ
  • 1 *日本国内用変換アダプタ

 

「DOOGEE BL5000」の特徴

「DOOGEE BL5000」の特徴

DOOGEE BL5000」の特徴は以下の通り。

  • 【高品質スクリーン】5.5インチフルHD/IPS液晶を搭載。1920 x 1080Pの高解像度スクリーンです。
  • 【高い性能】最大1.5GHz MediaTek6750T 8コアプロセッサを搭載し、メモリは4GB、ストレージは64GB、そして128GBまでのTFカードをサポートしています。
  • 【デュアルカメラ搭載&DSDS対応】13MP + 13MP 2リアカメラと8MPフロントカメラを搭載し、HDR&フェイス美化モードで、様々なシーンを高品質に残すことができます。デュアルSIMデュアルスタンバイに対応しています。
  • 【高速な指紋認証】0.19秒の高速指紋識別/IDタッチで快適に使用できます。
  • 【大容量バッテリー&日本語対応】5050mAhの大容量バッテリーを搭載し、12V/2Aの高速充電に対応しています。OSはAndroid 7.0で、日本語にも対応。国内用アダプタ、Kmoonスタンドも付いてきます。

 

「DOOGEE BL5000」スペック一覧/Antutuスコア

「DOOGEE BL5000」スペック一覧

DOOGEE BL5000」のスペック一覧は以下の通りです。

DOOGEE BL5000 スペック一覧
OSAndroid 7.0
CPUMTK6750T Octa Core 1.5GHz
RAM4GB
ROM(ストレージ)64GB
ディスプレイ5.5 inch FHD(1920 x 1080)
バッテリー5050mAh 12V2A fast charge
カメラBack-camera: 13.0MP + 13.0MP
Front camera: 8.0MP
BandNetwork type: FDD-LTE,GSM,WCDMA
2G: GSM 1800MHz,GSM 1900MHz,GSM 850MHz,GSM 900MHz
3G: WCDMA B1 2100MHz,WCDMA B8 900MHz
4G LTE: FDD B1 2100MHz,FDD B20 800MHz,FDD B3 1800MHz,FDD B7 2600MHz,FDD B8 900MHz
Sim CardSIM Card Slot: Dual SIM,Dual Standby
SIM Card Type: Nano SIM Card
WiFi
802.11b/g/n
BluetoothV4.0
SensorsAmbient Light Sensor,Gravity Sensor,Proximity Sensor
GPSGPSA / GPS
Card ExtendTF card up to 128GB
USBmicroUSB
サイズ75.85 x 155.2 x 10.3mm
重さ210g

やや対応バンドが狭いので、その点は事前に使用予定Simのメーカーページで確認を。

続いてベンチマークアプリの結果もご紹介しておきます。まずは定番Antutuスコア。「43735」と決して高くはありませんが、日常使用においてはメモリも多く、なかなか快適です。

 

続いてGeekbench 4でのスコア。「シングルスコア:611、マルチスコア:2282」でした。

「DOOGEE BL5000」スペック一覧/GeekBench 4スコア

 

CPU-Zでのデータもご紹介しておきます。

「DOOGEE BL5000」スペック一覧

 

「DOOGEE BL5000」外観レビュー

「DOOGEE BL5000」外観レビュー

DOOGEE BL5000」の外観をレビューしておきます。

まずは裏面。ラウンド加工されており、光沢もあって仕上がりはなかなかいい感じ。ちょっと厚みはあるけど、バッテリーが大容量なのを考えればしょうがないですね。

「DOOGEE BL5000」外観レビュー

 

表面。こちらもガラスの端はラウンド加工されており、なかなか高品質です。付属に液晶保護フィルムが付いていますが、カバー面は小さいです。自分は剥がしちゃいました(;´∀`)

「DOOGEE BL5000」外観レビュー

 

上から見るとこんな感じ。ホームボタンは指紋認証機能も搭載されており、フロントのカメラは8MPとなかなか高画質です。

「DOOGEE BL5000」外観レビュー

 

このホームボタン、指紋認証機能がなかなか優秀で、軽くタッチするだけで素早くロックが解除されます。安価なモデルですが精度は高いです。また、1回押すとホーム画面に、長押しでマルチタスク画面が表示されます。iPhoneユーザーの自分としては、非常に使いやすいと感じました。

「DOOGEE BL5000」外観レビュー

 

底面にはスピーカーと充電用のmicroUSBポートがあります。スピーカーはモノラルぽいですね。

「DOOGEE BL5000」外観レビュー

 

右側面には電源ボタンと音量調節ボタンがあります。

「DOOGEE BL5000」外観レビュー

 

アップにするとこんな感じ。

「DOOGEE BL5000」外観レビュー

 

上部にはイヤホンジャックがあります。最近はイヤホンジャックレスなスマホも多いので、意外と嬉しい方も多いのでは?

「DOOGEE BL5000」外観レビュー

 

左側面にはSimカードスロットがあります。DSDS対応です。

「DOOGEE BL5000」外観レビュー

 

表面のアップ。ラウンド加工が綺麗です。

「DOOGEE BL5000」外観レビュー

 

裏面。デュアルカメラ搭載で、12MP+12MPと非常に高画質です。

「DOOGEE BL5000」外観レビュー

 

裏面はラウンド加工のおかげか、光沢が綺麗に出てきます。見る角度によって様々に変化するのは一見の価値ありです。

「DOOGEE BL5000」外観レビュー

「DOOGEE BL5000」外観レビュー

 

「DOOGEE BL5000」の初期設定~日本語化の流れ~

「DOOGEE BL5000」外観レビュー

DOOGEE BL5000」の初期設定、および日本語化について簡単に解説しておきます。といっても、この「DOOGEE BL5000」は最初から日本語に対応しているので、指示に従って操作していくだけとなので簡単です。

「DOOGEE BL5000」が起動すると以下の画面になるので、【ENGLISH(UNITED STATES】をタップします。

「DOOGEE BL5000」の初期設定~日本語化の流れ~

 

言語選択画面になるので、下部にスクロールし【日本語】を選択します。

「DOOGEE BL5000」の初期設定~日本語化の流れ~

 

これで日本語化は完了。メーカー独自の仕様は英語のままですが、基本部分は日本語化されるので、だいぶ操作は楽になると思います。【始める】をタップ。

「DOOGEE BL5000」の初期設定~日本語化の流れ~

 

SIMカードを挿入します。設定は各SIMメーカーの説明を参考に。

「DOOGEE BL5000」の初期設定~日本語化の流れ~

 

「DOOGEE BL5000」のセットアップ画面です。新規としてセットアップするか、他端末から復元するかを選択できます。一般的には上の復元の方が多いかな。

「DOOGEE BL5000」の初期設定~日本語化の流れ~

 

復元を選択するとこの画面になります。iPhoneからデータを引き継ぐ選択もありますね。今回は【Google アカウント】を選択しました。ここは各自ご自由にどうぞ。

「DOOGEE BL5000」の初期設定~日本語化の流れ~

 

インターネット接続の画面です。

「DOOGEE BL5000」の初期設定~日本語化の流れ~

 

Googleアカウントを追加します。

「DOOGEE BL5000」の初期設定~日本語化の流れ~

 

Google サービスが表示されるので、それぞれ最適な設定を選びましょう。設定出来たら右下の【次へ】をタップ。

「DOOGEE BL5000」の初期設定~日本語化の流れ~

 

データを復元する端末を選択します。

「DOOGEE BL5000」の初期設定~日本語化の流れ~

 

問題なければ【復元】をタップ。

「DOOGEE BL5000」の初期設定~日本語化の流れ~

 

指紋認証を追加できます。「DOOGEE BL5000」の指紋認証はなかなか優秀なので、ぜひ登録しておきましょう。

「DOOGEE BL5000」の初期設定~日本語化の流れ~

 

画面ロックを選択します。個人的には【指紋 + PIN】がおすすめです。

「DOOGEE BL5000」の初期設定~日本語化の流れ~

 

起動時の保護画面。ここは面倒でも【端末を起動するにはPINが必須とする】を選択するのがおすすめです。

「DOOGEE BL5000」の初期設定~日本語化の流れ~

 

Google によるサポートの説明です。【続行】をタップ。

「DOOGEE BL5000」の初期設定~日本語化の流れ~

 

権限の有効化について。好みで選択しましょう。

「DOOGEE BL5000」の初期設定~日本語化の流れ~

 

その他の設定画面です。ここは後からでも設定できます。面倒なら【後でセットアップ】をタップしましょう。

「DOOGEE BL5000」の初期設定~日本語化の流れ~

 

DOOGEEへの権限の許可について。自分は【許可】にしました。

「DOOGEE BL5000」の初期設定~日本語化の流れ~「DOOGEE BL5000」の初期設定~日本語化の流れ~

 

以上で基本設定は完了です。Welcome画面が表示されるので【LET’S GO】をタップ。

「DOOGEE BL5000」の初期設定~日本語化の流れ~

 

以上で「DOOGEE BL5000」のホーム画面が表示されます。基本的な部分はしっかりと日本語化されており問題ありません。「Play ストア」アプリもデフォルトでインストール済み。このまますぐに使う事が出来ます。

「DOOGEE BL5000」の初期設定~日本語化の流れ~

 

「DOOGEE BL5000」レビューまとめ!

「DOOGEE BL5000」レビューまとめ!

それではここから、「DOOGEE BL5000」のレビューをまとめていきたいと思います。

まずは外観。安価な価格帯ではありますが、意外と外観はしっかり作り込まれています。表も裏もラウンド加工が施されており、ディスプレイも滑らかですし、裏面も光沢が出てなかなかいい感じ。ホームボタンもGalaxyぽい仕上がりですね。

そしてこのホームボタンが意外と使いやすいです。物理式ではなく、iPhone 7のような振動で押した感じが返ってくる仕様。そして指紋認証機能も高速ですし、ワンタップでホーム画面が表示される仕様も使いやすいと思います。

また、ディスプレイ上部には近接センサーが搭載されており、設定アプリの【Smart somatosensory】から設定することで、様々な操作が行えるようになります。例えば【Camera】をオンにすれば、カメラアプリを起動した状態で近接センサーに手をかざすと写真が撮れます。意外と面白い機能ですね。

「DOOGEE BL5000」レビューまとめ!

 

次に性能面について。Antutuスコアが「43735」と決して高い数値ではないので、ヘビーなゲームユーザーにはおすすめできません。しかしながら、8コア搭載で4GBメモリにストレージは64GB、ディスプレイはFHDと、価格を考えればなかなか良いスペックです。日常使用、例えばネットや動画、YouTube視聴程度であればもたつきなどを感じることはほぼありません。普通に使うには十分なスペックで快適ですよ。

そしてこの「DOOGEE BL5000」のおすすめポイントとして2点あげられます。

まずは“カメラ”性能。リアは12MP+12MPのデュアルカメラ仕様。フロントも8MPとなかなか高性能です。実際に写真を撮ってみましたが、色合いも悪くなく、リアカメラで写真を撮ればボケ風味も出すことが出来ます。SNSへの写真アップ機会が多い方にはなかなかおすすめです。「FaceBeauty」モードなんかもあっていい感じですよ。

「DOOGEE BL5000」レビューまとめ!

「DOOGEE BL5000」レビューまとめ!

 

まずは我が家のアクアリウム写真から。色合いはなかなかいい感じに出ています。

「DOOGEE BL5000」レビューまとめ!「DOOGEE BL5000」レビューまとめ!「DOOGEE BL5000」レビューまとめ!

 

次に植物の写真を何点か。特別な操作をしなくても、被写体をタップしてあげれば簡単にボケ風味を出すことが出来ます。写真好きな方には楽しい端末だと思いますよ。

「DOOGEE BL5000」レビューまとめ! 「DOOGEE BL5000」レビューまとめ! 「DOOGEE BL5000」レビューまとめ!

 

そしてもう一点。この「DOOGEE BL5000」は、5050mAhという大容量バッテリーが搭載されています。そのため、一般的なスマホに比べてスタミナが長いです。これは嬉しいポイントですよね。ただしバッテリー容量が多い分、やや重く(210g)、少し厚みは増します。ここはしょうがないですね。

 

という事で、ヘビーなゲームユーザーにはややスペックが物足りないかもしれませんが、ライトユーザーには必要十分なスペックだと思います。ディスプレイもFHDでなかなか綺麗ですし、なんといってもカメラ性能が高いのは非常におすすめ!SNSで写真をアップする機会が多い方などには良いかも。

価格も安価ですし、SIMのバンドがうまく合うようなら、ぜひ検討してみてくださいね!

以上、「DOOGEE BL5000」のレビューでした!提供いただいたhommee-jp様、ありがとうございました!

※メーカー様より、Amazonにて10月31日まで使用可能な15%オフクーポンを頂きました!意外と大きい割引です(∩´∀`)∩

割引率:15%オフ
有効期間:2017年10月31日まで
割引クーポンコード:FZIDMRGT
販売元:hommee-jp

なお、割引クーポン利用時は、必ず割引が入ったことを確認してから購入決定処理を行ってください。また、メーカー様の都合により、早期にクーポンの配布が終了する場合もあります。ご利用はお早めに。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket

- Advertisement -

質問やご感想があればお気軽にどうぞ。コメントは管理人の承認後に表示されます。※メアドは非公開です。