追記あり!【Windows Update】マイクロソフトが2018年2月の月例パッチをリリース。一部で不具合発生の報告あり。Adobe Flash Playerのアップデートもお忘れなく!

4
4259
【Windows Update】マイクロソフトが2018年2月の月例パッチをリリース。今のところ大きな不具合報告は無し。Adobe Flash Playerのアップデートもお忘れなく!
Pocket

2018年2月14日、マイクロソフトが2月の月例セキュリティパッチ/ Windows Update の配信を開始しました。なお、最近セキュリティ情報の提供方法が変更になりましたので、詳細についてはマイクロソフトの「セキュリティ更新プログラム ガイド」をご参照ください。

今月は、新規セキュリティ更新プログラムを公開すると共に、既存のセキュリティ アドバイザリ 1 件の更新が行われています。また、今月の「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」では、新たに対応を追加したファミリはありません。
なお、現時点では大きな不具合報告は特に入ってきておりません。

【追記】Windows 7でICカードリーダーが認識しなくなる不具合が発生している模様です。もしもこのような不具合で困っている場合は、「KB4074598」または「KB4057400」をアンインストールし、セキュリティ関連の更新のみを含んだ「KB4074587」だけを適用する回避策が推奨されているようです。Windows 7ユーザーはご注意ください。

こんにちは。Windows プラットフォームサポートの鈴木です。 今回は、更新プログラム適用後、IC カードリーダーが認識しなくなる事象について案内します。   “2018...

 

【追記2】新たに「Windows 10 Fall Creators Update(バージョン 1709)」向けの更新プログラム(KB4074588)を適用した環境で不具合が発生していることが判明しました。ユーザー環境によって、キーボードやマウスといったUSBデバイスが使用できなくなるようです。対処方法は以下のマイクロソフトの解説をご参照ください。

 

そしてAdobe関連のFlash Playerなどのアップデートも配信中です。こちらも緊急性の高い内容なので、使用中のユーザーは早急に対処しておきましょう。

- Advertisement -

2018年2月の「月例パッチ/Windows Update」が配信開始

2018年2月の「月例パッチ/Windows Update」が配信開始になりました。対象となるのは以下のソフトウェア。

  • Internet Explorer
  • Microsoft Edge
  • Microsoft Windows
  • Microsoft Office、Microsoft Office Servers および Web Apps
  • ChakraCore
  • Adobe Flash Player

対象:Windows 10 および Windows Server 2016 (Microsoft Edge を含む)
※緊急 リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:
Windows 10 1709: 4074588、Windows 10 1703: 4074592、Windows 10 1607: 4074590、Windows 10 RTM: 4074596、Windows Server 2016: 4074590

対象:Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2
※緊急 リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:
Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2: 4074597 (セキュリティのみの更新プログラム) と 4074594 (マンスリー ロールアップ)。

対象:Windows Server 2012
※緊急 リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:
Windows Server 2012: 4074589 (セキュリティのみの更新プログラム) と 4074593 (マンスリー ロールアップ)。

対象:Windows RT 8.1
※緊急 リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:
Windows RT 8.1: 4074594。注: Windows RT 8.1 の更新プログラムは Windows Update からのみ入手できます。

対象:Windows 7 および Windows Server 2008 R2
※緊急 リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:
Windows 7 および Windows Server 2008 R2: 4074587 (セキュリティのみの更新プログラム) と 4074598 (マンスリー ロールアップ)。

対象:Windows Server 2008
※緊急 リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:
Windows Server 2008 の更新プログラムは累計的な更新プログラムやロールアップとして提供されません。次の記事は Windows Server 2008 のバージョンを参照しています。405816540730794073080407460340748364074851

対象:Internet Explorer
※緊急 リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:
Internet Explorer 9: 4074736 (IE 累積的)、Internet Explorer 10: 4074736 (IE 累積的) と 4074593 (マンスリー ロールアップ)、Internet Explorer 11 (累積的): 4074736、Internet Explorer 11 (マンスリー ロールアップ): 40745944074598、Internet Explorer 11 (セキュリティ更新プログラム): 40745884074590407459140745924074596

対象:Microsoft Office 関連のソフトウェア
※緊急 リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:
マンスリー セキュリティ更新プログラムのリリースの Microsoft Office に関連するサポート技術情報の記事の数は、CVE の数、および影響を受けるコンポーネントの数によって変わります。次のサポート技術情報は Office または Office 関連のコンポーネントを参照しています。40116974011711401120040116824011690401168640117073172459401114331148744011703

対象:SharePoint Enterprise Server 2016 および Project Server 2013
※重要 特権の昇格
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:
Microsoft SharePoint Server 2016: 4011680。Microsoft Project Server 2013: 4011701

対象:ChakraCore
※緊急 リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:
ChakraCore は Chakra のコア部分であり、HTML/CSS/JS で記述された Microsoft Edge と Windows アプリケーションを強化する高パフォーマンスの JavaScript エンジンです。詳細については、https://github.com/Microsoft/Cha​kraCore/wiki を参照してください。

データ引用元:2018 年 2 月のセキュリティ更新プログラム (月例)|日本のセキュリティチーム

詳細なアップデート内容については、マイクロソフトの公式サイトでご確認ください。

なお、Windows 10の初期バージョン「1507」は、2017年5月9日(米国時間)にサポートが終了となりました。今後セキュリティや品質の更新プログラムが提供されなくなるので、できるだけ早期に最新バージョンのWindows 10に更新しておきましょう。そして「Windows 10 November Update(1511)」に対するセキュリティ更新プログラムの提供も2017年10月10日で打ち切られました。該当するバージョンをお使いのユーザーは、早目にアップデートしておきましょう。

また、Office 2007のサポートも2017年10月10日で終了しました。該当バージョンを使用中のユーザーは、速やかに最新バージョンに更新しましょう。

本日2017年10月10日 (火) をもって、「Office 2007」の延長サポートが終了し、以後脆弱性が発見されても基本的に修正などは行われなくなります。そのため、本日以降、ネ...

 

そして日ごろスリープをメインにパソコンを運用している場合は、今日だけでも必ず更新を確認し、指示に従ってPCを再起動してください。スリープのままではきちんと更新が適用されない場合もあるのでご注意を。

Windows 10の場合は、再起動等が必要な場合は以下のような指示がポップアップで出ます。速やかに再起動させましょう。

Windows 10:Windows Update後の再起動指示

 

また、【スタートボタン>電源】と進み、以下のような【更新してシャットダウン】【更新して再起動】の指示が出ている場合も、速やかに指示通り再起動などを行うようにしましょう。

更新して再起動、更新してシャットダウン

 

そして「Windows Update」によるアップデートが複数回溜まっている場合は、1回更新してもまだ残っている場合があります。

左下スタートボタン>設定>更新とセキュリティ>Windows Update>更新プログラムのチェック

を押して、このように更新状態が「お使いのデバイスは最新の状態です。」と表示されるまでは、しっかり更新処理を行っておきましょう。

Windows Update:更新プログラムのチェック

 

Adobe Flash Playerなどのアップデートもお忘れなく!

その他、Adobe Flash Playerの更新プログラムなども提供されています。今回は緊急性の高い修正が入っているので、こちらもきちんと更新しておきましょう。

また、Javaやブラウザ等も適時更新しておくことは非常に重要です。ぜひ「MyJVN バージョンチェッカ」などを活用し、更新状況を確認しておきましょう。

起動するとこのようにチェックされます。Windows Updateでの更新作業が完了したら、セットで確認作業を行うことを強く推奨します。

MyJVN バージョンチェッカ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket

- Advertisement -

4 コメント

  1. Windows Updateしたら不具合がある、このことですが、プリンター(エプソン)でありました。いつもではなく時々だったので、あまり不具合とは思わなかったんです。「印刷データの送信に失敗しました」と出るんですが、印刷はされるんです。もう一つはパソコンを再起動しないと印刷できません。プリンターはUSBケーブルでつないでいます。無線でもいいのですが、パソコンのそばにあるのでUSBケーブルでつないでいます。USBケーブルを買い替えてみたんですが、同じことが起こります。「更新プログラム(KB4074588)を適用したら、USBデバイスが使用できなくなる」というものですね。マウスも有線で使っていますが、マウスはなんともありません。いろいろ調べてみたら、KB4074588 の修正ファイルとして、KB4090913 が提供されたのですが、うちのパソコンを調べてみたら、ちゃんとインストールされています。そこで、Epson Web Installerを使って、基本ソフトをインストールすることにしました。インストールし直しですね。結果、「送信に失敗しました」は出なくなり、すんなり印刷できます。やっと解決しました。疲れました(笑)。

    • お疲れさまでした!
      今回のWindows Updateは久しぶりに不具合が多発している状況ですね。
      こちらの環境では特に問題はなかったのですが、いざ不具合に遭遇すると意外と手間暇がかかって面倒ですよね。。。
      とりあえず無事動作されたようで何よりです(=゚ω゚)ノ

質問やご感想があればお気軽にどうぞ。コメントは管理人の承認後に表示されます。※メアドは非公開です。