LINE対抗?「+メッセージ」をNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの3社が共同で発表!スタンプも使える無料メッセージアプリ!

0
1644
「+メッセージ」は、会社の連絡用や、LINEを使っていない「キャリアメールが主な連絡手段」という人におすすめ!
Pocket

正直言って「今更?」という感じがしてなりませんが、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの大手キャリア3社が共同で、LINE対抗ともいえる無料のメッセージアプリ「+メッセージ」を発表しました。現時点では2018年5月9日サービス開始予定となっています。

基本的にLINEと同様、メッセージや絵文字、スタンプ、動画などの送受信が可能。そしてLINEとの一番の違いは「電話番号」だけでメッセージの送受信が可能になるというもの。ただし、この「電話番号」だけでメッセージを送受信できるというのは、ある意味“諸刃の剣”な気もします。

Android端末の場合、2018年5月以降に発売する端末には「+メッセージ」アプリがプリインストールされるそうですが、iPhoneユーザーは別途ダウロードが必要。古いAndroid端末を使用中のユーザーは、ドコモは別途アプリのダウンロードが必要。auのAndroid端末は「SMS(Cメール)」アプリを、ソフトバンクのAndroid端末は「SoftBankメール」アプリをバージョンアップすれば「+メッセージ」が使用可能になるそうです。

ぶっちゃけ現状SMSを使っていないユーザーがほとんどだと思うので、LINEのユーザーを今から取り込むのは難しいと思います。しかしながら会社の連絡用など、より厳密にセキュアなメッセージアプリを使いたい場合は良いかもしれません。

という事で、本日は「+メッセージ」で出来ること。出来ないこと。SMSとの違い。通信費などの詳細についてまとめてみたいと思います。

- Advertisement -

「+メッセージ」で出来ること。出来ないこと。SMSとの違いについて。

「+メッセージ」で出来ること。出来ないこと。SMSとの違いについて。

「+メッセージ」で出来ること。出来ないこと。SMSとの違いについて、現状分かっている情報を簡単にまとめておきます。

  SMS +メッセージ
テキスト・絵文字(他社携帯電話宛て) 最大全角70文字 最大全角2,730文字
写真・動画 ×
専用スタンプ ×
グループメッセージ ×
音声メッセージ ×
地図情報 ×

 

「+メッセージ」で出来ること。

「+メッセージ」で出来ること。

携帯電話番号だけで「かんたん」「あんしん」にメッセージが送れる!
アプリのダウンロード後は、会員登録などの複雑な手続きなしで「かんたん」に利用開始でき、プロフィール情報は電話帳に登録している人のみへの公開となるため「あんしん」とのこと。

写真や動画、スタンプの送受信ができる!
テキストや絵文字だけでなく、写真や動画、スタンプなど、コミュニケーションを豊かにするコンテンツの送受信が可能。サービス開始時は500点のスタンプを無料で提供し、今後追加の配信も予定されているそうです。

グループでのコミュニケーションもできる!既読機能あり!
複数人で同時にメッセージをやりとりすることが可能。メッセージを相手が読んだことがわかるので、家族など大事な方とのやりとりや、急ぎの業務連絡などに便利。

パケット通信料でやりとりできる!
「+メッセージ」サービス利用者同士なら、パケット通信料でメッセージのやりとりをすることができます。送信相手が「+メッセージ」サービス利用者かどうかは、連絡先一覧に表示されます。利用中でなかった場合は、メールやSMS(ショートメッセージサービス)を使って招待することができます。

 

「+メッセージ」で出来ないこと。

LINE電話のようなIP電話機能は無し。
解説ページを見ても書いていないので、おそらくできないのでしょう。電話会社が出すのだから、そりゃ自分の会社の利益を圧迫するようなアプリは出さないですよね。

サービス開始当初はMVNOのSIMカードでは「+メッセージ」は使えない。
現状、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの3社間でしか使えない仕様。MVNOへの開放も今後考えるとの事ですが、なんともちぐはぐな仕様だと思います。楽天は?

機種変更時は手動でデータ保存が必要
今後の仕様で変更になる可能性もありますが、現状「+メッセージ」はメールサーバーにデータを保存していないので、機種変更時は手動でデータを保存して、microSD経由などで新しい端末に移さないといけない仕様との事。確かにセキュリティ上は安心ですが、せめてデータのオンラインバックアップに対応してくれないと使えませんね。スマホが壊れたらデータ無くなるの?ここはまだハッキリしない部分もあるので、実際にリリースされたら検証してみます。流石にiCloudなどでのバックアップには対応していると思いたい。

フィーチャーフォンでは使えない
いわゆる“ガラケー”では、「+メッセージ」は使えません。Adnroidベースのフィーチャーフォンでは使えるように検討中との事。

 

「+メッセージ」の通信費は?

「SMS」では、原則送信時に文字数に応じて費用が掛かります。docomoであれば、1回あたり3~30円が必要です。受信は無料。

対して「+メッセージ」は、原則パケット通信料のみ。アプリ自体は無料なので、LINEと同様の扱いとなります。ただし、ガラケーや「+メッセージ」非対応ユーザーへSMS(Cメール)送信する場合は、別途SMS(Cメール)送信料が必要との事。

 

「+メッセージ」は、会社の連絡用や、LINEを使っていない「キャリアメールが主な連絡手段」という人におすすめ!

「+メッセージ」は、会社の連絡用や、LINEを使っていない「キャリアメールが主な連絡手段」という人におすすめ!

という事で、この「+メッセージ」、一般的にLINEを常用しているユーザーが乗り換える必要があるか?というと、まずその必要性は感じません。

この「+メッセージ」、電話番号を知っていてお互いに「+メッセージ」が利用できる環境なら、すぐに使用開始できるメリットはあります。しかしながら、現在LINEを使っている方の中には、LINEのIDだけを交換して連絡を取っており、相手の電話番号は知らない方も意外と多いかと思います。

そのため、この「+メッセージ」をメインで使うとすると、電話番号を知らない場合は改めて電話番号を相手から教えてもらう必要がありますし、そもそも現状電話番号を知らない程度の薄い関係性の人に、この「+メッセージ」を使うためにわざわざ電話番号を聞くか?と言われれば、自分は聞かないと思います。例えば何か揉め事が発生した際に、LINEだけであればブロックすれば終わりですが、電話番号を知られていると後々面倒ですからね。ただし、この辺りの仕様はまだ詳細が分からないので、実際に使ってみるとまた違った印象があるのかもしれませんが。

しかしながら逆に考えれば、すでに電話番号をお互いに交換済みの相手の場合、手軽にスタンプなども交えて連絡が取れるというのは便利だとも思いますし、大手キャリアのアプリなのでセキュリティ面や今後のアップデートもしっかり行ってくれそうな気はします。そのため、例えば家族や親しい友人との連絡用、もしくはLINEやFacebookでの連絡や使用を禁止している企業での連絡用途などであれば、有益な部分もあるかもしれません。

いずれにしても、Androidではデフォルトのプリインストールアプリとして半強制的に浸透していく気はしますが、後はiOSユーザーをどれだけ取り込めるかというのは課題かと思います。

せっかく国際標準規格の「RCS(Rich Communication Services)」に準拠したサービスとなっているので、ぜひ大手3キャリア内だけの内輪なアプリにせず、MVNOなどの格安SIMユーザーも気軽に使えるオープンなアプリになっていくと良いと思いますし、どうせなら海外の大手キャリアとも連携して大々的に展開できれば、色々新たな展望が開けるかもしれません。

まずは後発のメッセージアプリなので、他社と比べて無料スタンプの充実や、~月までは通信費無料などの大々的なサービスを展開してくれれば、多少利用ユーザーも増えるかもしれません。

とりあえずAndroidユーザーは2018年5月9日から使えるみたいなので、気になる方は早速試してみてはいかがでしょうか。純粋な国内でのメッセージサービスなので、上手く浸透していけばよいですね。

参考サイト一覧:
+メッセージ(プラスメッセージ) | サービス・機能 | NTTドコモ
+メッセージ(プラスメッセージ) | サービス・機能 | au
+メッセージ | サービス | モバイル | ソフトバンク
「+メッセージ」はLINEユーザーにどこまで響くのか|ITMedia
「+メッセージ」がLINE対抗だけじゃない理由|ASCII.jp
「+メッセージ」はLINEを超えられるか? iPhoneユーザーも普及の“障害”に|SankeiBiz

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket

- Advertisement -

質問やご感想があればお気軽にどうぞ。コメントは管理人の承認後に表示されます。※メアドは非公開です。