Windows 10 October 2018 Updateが配信開始!手動アップデートする方法&不具合報告&「ISO」ファイルのダウンロード方法解説!

4
1710
ユーザーファイルが削除される不具合に伴い「Windows 10 October 2018 Update」の提供が一時停止!
Pocket

本日より、Microsoftが最新バージョン「Windows 10 October 2018 Update」(Redstone5/RS5/1809)の配信を開始しました!

一般ユーザーの場合は順次アップデートが各PCに配信され、自動的にアップデート指示が出ますが、管理人のようにすぐに最新の「Windows 10 October 2018 Update」を使ってみたい!という方もいらっしゃることでしょう。

一応Microsoftは手動での「Windows 10 October 2018 Update」へのアップデート方法も用意してくれています。気になる方は自己責任の下、試してみましょう。ただし、こういった大きなOSアップデートの際には初期不良が付き物です。安定したバージョンを使いたい方や企業の場合は、自動配信を待つのがおすすめです。

なお、今回の「Windows 10 October 2018 Update」に含まれる新機能としては、検索機能の強化、Bluetoothデバイス向けのバッテリ残量表示、テキストサイズのみを大きくすることが可能に、新しいスクリーンショットツール「切り取り領域とスケッチ」ツールの追加、クリップボード機能が進化してデバイスをまたがってのコンテンツコピーが可能になるなど、多数あります。この辺りは後日改めてご紹介予定です。

という事で、本日は「Windows 10 April 2018 Update」適用済みのWindows 10 PCから、最新の「Windows 10 October 2018 Update」に【Windows 10 更新アシスタント】をダウンロードしてインストールし、手動にて強制アップデートする方法をご紹介しておきます。興味のある方は自己責任の下お試しください。くれぐれも会社のパソコンを勝手にアップデートすることはないようにご注意を。

なお、現時点では大きな不具合報告はありませんが、今後徐々に出てくると思います。その際にはこのページに追記していきたいと思いますので、良かったら参考にどうぞ。
【追記1】早速情報が入ってきています。一部重大な不具合も発生しております。ご注意ください。
【追記2】ユーザーファイルが削除される不具合に伴い、現在「Windows 10 October 2018 Update」の配布は中止されているようです。
【追記3】マイクロソフトが、ダウンロード済みISOファイルなどでの「Windows 10 October 2018 Update」へのアップデートは控えるよう通知しています。お気を付けください。また、ファイルが削除されたユーザーはPCの使用を最小限に控え、マイクロソフトに問い合わせてください。復旧を手伝ってくれるようです。参考:engadget
【追記4】zip圧縮解凍時の上書き確認ダイアログが表示されない不具合が判明しています。ご注意ください。

※このページを再訪問した際は、念のためにブラウザの【更新】ボタンをおしてください。ブラウザキャッシュの関係で、最新の情報が表示されない場合があります。

- Advertisement -

Windows 10 October 2018 Update:不具合情報まとめ

「Windows 10 October 2018 Update」の不具合情報は以下の通りです。今後不具合情報が増えた際も、こちらに追記してお伝えしていきたいと思います。

重要!
一部ユーザーから、「Windows 10 October 2018 Update」へアップデートした際に、警告無しにユーザーファイル(ドキュメントや画像、動画、音楽など)が削除されたとの報告が上がってきております。管理人の環境では問題ありませんでしたが、アップデートはもうしばらく待った方が良いかもしれません。もしもアップデートする際は、必ず事前にデータのバックアップをしっかり取ってから作業を行ってください。
参考:Bug in Windows 10’s Latest Update Might Be Deleting Files, Back Up Your Data Now|How-To Geek

■第6世代以降のIntel CPU搭載機の一部で、ディスプレイオーディオドライバの不具合に伴い、プロセッサが過度にバッテリを消耗してしまう状況が発生しています。そのため、該当する製品では「October 2018 Update」へのアップデートがブロックされています。手動でのアップデートにはご注意ください。ドライバをアップデートすると直るようです。
参考:一部第6世代以降のIntel CPU搭載機でOctober 2018 Updateのインストールがブロック|PC Watch

■「Windows 10 October 2018 Update」でEdgeやストアアプリがネットに接続できなくなる問題が一部で発生しています。これは“IPv6”プロトコルが無効になっている事が原因のようで、これを有効化することで解決するようです。
参考:Windows 10 October 2018 Update に更新後、Edge や Windows ストア アプリでネットワークに接続できない【Ver1809】|Microsoft Answers

■Windows標準のZIPファイル圧縮解凍機能を利用した際、圧縮/解凍先に同じファイルが存在した場合、通常は上書きするかどうか確認ダイアログが表示されますが、これが表示されないという不具合が判明しました。サードパーティー製の解凍アプリを使えば問題ないようですが、念のために「Windows 10 October Update 1809」を使用中のユーザーはご注意くださいね。
リンク:Windows 10 October Update 1809に新たな不具合発覚!zip圧縮解凍時の上書き確認ダイアログが表示されない!

なお、管理人がアップデートした際の不具合としては、高解像度モニター(4K/3840*2160)を使用中に、一部のソフトウェアで表示スケール(150%)が上手く反映されない事例がありました。一応テキストサイズは【設定>簡単操作>ディスプレイ】から変更できるようになっていますが、こちらでも対処は出来ませんでした。アプリ側の対応待ちかもしれません。

 

「Windows 10 October 2018 Update」アップデート前の注意点

まず「Windows 10 October 2018 Update」にアップデートする前の注意点について。

今回のアップデートはマイクロソフトが年に2回行っている大掛かりなアップデートの一つになります。そのため、予期せぬ不具合などがパソコンに生じる可能性もないとは言えません。

事前に重要なファイル(写真や動画、オフィスなどのデータ、IEのお気に入り、メールのバックアップ)のバックアップはしっかりと外付けHDDUSBメモリなどに取っておくことをお忘れなく。

また、会社のパソコンの場合は、必ず会社の指示があるまでは勝手に更新作業を行うことはしないようにしましょう。

そして、以下で解説しているアップデート方法のご利用に関しては、いつもの事ですが自己責任の下でお願いします。もしも不具合が生じても責任は負えませんのでご了承くださいませ。

※意外とセキュリティ対策ソフトでの不具合報告が多いです。急がないのであれば、利用中のセキュリティ対策ソフトが「Windows 10 October 2018 Update」にきちんと対応しているか確認してから、アップデート処理を行うのがおすすめです。

 

「Windows 10 October 2018 Update」アップデート前の事前準備

以下に管理人が「Windows 10 October 2018 Update」アップデート前に行った事前準備をご紹介しておきます。参考にしてみてください。

  • PCに自動ログイン設定してある場合は解除しておく。参考:Windows 10で自動ログイン/サインインを設定する方法~パスワードの入力を省略~
  • Cドライブに十分な空き容量を確保。最低でも20‐30GB程度は空けておきましょう。
  • 作業中のファイルがあれば保存してアプリを終了しておく。
  • 重要なデータ、例えば家族写真や動画、仕事のオフィスファイルなど、無くなって困るものは外部媒体(外付けHDDUSBメモリなど)に保存しておく。
  • 不要なアプリ/ソフトがあれば削除/アンインストールしておく。
  • PC構成は極力シンプルに。USBメモリやHDD外付けドライブなどは外しておく。
  • セキュリティソフトは一旦停止。ただしアップデートの直前に行いましょう。場合によっては一旦アンインストールも検討を。その他起動していなくて良いアプリは一旦終了させておきましょう。
  • 以前のアップデートでは、「MacType」や「UxStyle」「UltraUXThemePatcher」などのカスタマイズ系のパッチを使用している場合、不具合が多かったです。一旦アンインストールしておくことを推奨しておきます。

 

Windows 10 October 2018 Updateへ手動でアップデートする方法

Windows 10 October 2018 Updateへ手動でアップデートする方法

通常「Windows 10 October 2018 Update」は、自動的に配信が行われるので、急がないのであれば特別な操作は不要です。以前に比べれば随分速やかに配信されるようになっています。

それでもすぐに「Windows 10 October 2018 Update」を使ってみたい!という方は、以下の方法で手動にてアップデートすることが可能です。

 

1. Windows Updateを手動で確認してみる。

一番簡単な方法がこちら。「Windows Update」を手動で更新チェックし、「Windows 10 October 2018 Update」の配信が無いかを確認する方法です。まずはこれを試してみましょう。

左下スタートボタン>設定>更新とセキュリティ>Windows Update

と進みます。ここで以下のように「お使いのデバイスは最新の状態です。」と表示があれば、「更新プログラムのチェック」をクリックしてみましょう。

Windows Update:更新プログラムのチェック

 

すると、管理人の環境ではこのように「Windows 10 バージョン 1809(Windows 10 October 2018 Update)」への更新プログラムが配信されていました。後は少し待てば自動的にインストール作業が行われます。

Windows 10 October 2018 UpdateへWindows Updateにてアップデートする方法

 

作業が完了すると、以下のポップアップが表示されます。「時刻を選択」して後からインストールも可能ですし、とりあえず「再通知」させる方法、もしくは「今すぐ再起動」で「Windows 10 October 2018 Update」へのアップデートを開始する方法があります。

Windows 10 October 2018 UpdateへWindows Updateにてアップデートする方法

 

「時刻を選択」をクリックすると、以下のような「再起動のオプション」画面が表示されます。お好みの時刻に設定すると良いでしょう。

Windows 10 October 2018 UpdateへWindows Updateにてアップデートする方法

 

2. 「Windows 10 更新アシスタント」にて「Windows 10 October 2018 Update」へ手動アップデートする方法

Windows 10 October 2018 Update:「Windows 10 更新アシスタント」にて手動アップデートする方法

続いては、「Windows 10 更新アシスタント」にて手動でアップデートする方法です。「Windows Update」経由でアップデートできない場合に試してみましょう。

まずは「Windows 10 October 2018 Update」にアップデートするために、マイクロソフトの公式ページから「Windows 10 更新アシスタント」をダウンロードしましょう。

以下のリンク先の【①今すぐアップデート】をクリックすることでダウンロード可能です。

ちなみに、【②ツールを今すぐダウンロード】をクリックすると、「MediaCreationTool」がダウンロードできます。こちらを利用してもアップデート可能ですが、上記の【今すぐアップデート】からの「Windows 10 更新アシスタント」を利用する方が簡単です。

ただし「Windows 10 更新アシスタント」でアップデートに失敗する場合や、「Windows 10 October 2018 Update」のISOファイルなどが欲しい方は、こちらの「MediaCreationTool」を利用すると良いでしょう。以前「Windows 10 更新アシスタント」では非対応と出たパソコンも、「MediaCreationTool」を経由するとアップデート出来た事例がありましたので。
なお、ドライバの不具合等で意図的に不適合と判断されている場合もあります。事前に不具合情報を確認するなど、自己責任でご利用くださいね。

 

「Windows 10 更新アシスタント」のダウンロードが完了したら、早速「Windows 10 October 2018 Update」にアップデートしていきます。

まずは、起動中のソフトなどは極力終了させ、データの保存作業も行っておきましょう。外付けHDDやUSBメモリなど、外部媒体はできるだけすべて外しておきましょう。

また、更新作業には約1時間半程度かかりました。(Core i5、メモリ8GB、SSD環境のノートパソコン)
場合によってはさらに多くの時間がかかる可能性もあります。時間に余裕がある際に、じっくり行うことをおすすめします。ノートパソコンの場合はバッテリー切れにならないように、必ずコンセントにアダプターを挿して作業を行ってください。

さて、準備が完了したら、先ほどのリンク先から「Windows 10 更新アシスタント」をダウンロードします。適当な場所に保存しましょう。

Windows 10 October 2018 Update:「Windows 10 更新アシスタント」にて手動アップデートする方法

 

「Windows 10 更新アシスタント」のダウンロードが完了したら、クリックしてインストール作業を開始します。

Windows 10 October 2018 Update:「Windows 10 更新アシスタント」にて手動アップデートする方法

 

ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリック。

Windows 10 October 2018 Update:「Windows 10 更新アシスタント」にて手動アップデートする方法

 

これで「Windows 10 更新アシスタント」が起動し、「Windows 10 October 2018 Update が利用可能になりました」と表示されます。この画面で【今すぐアップデート】をクリックすれば更新作業が開始されます。

Windows 10 October 2018 Update:「Windows 10 更新アシスタント」にて手動アップデートする方法

 

続いて以下の画面が表示されます。アップデートの準備が完了したら、【今すぐ更新】をクリックしましょう。ここをクリックする前に、事前に各種データのバックアップや不要な常駐ソフトの終了、特にセキュリティ対策ソフトなどは一旦終了させておきましょう。まだ更新しない場合は、左下の【今はまだ更新しない】をクリックすればOKです。

Windows 10 October 2018 Update:「Windows 10 更新アシスタント」にて手動アップデートする方法

 

右下のタスクトレイに常駐ソフトが表示されています。ここで一つずつ終了させておきましょう。∧矢印もクリックして確認するのもお忘れなく。

Windows 10 October 2018 Update:「Windows 10 更新アシスタント」にて手動アップデートする方法

 

続いて最新の「Windows 10 October 2018 Update」とPCとの互換性チェックが行われます。このように「このPCはWindows 10と互換性があります」と表示されればOKです。【次へ】をクリック。互換性が無いと診断された場合は、購入したメーカーのホームページなどで対応状況をチェックしてみましょう。

Windows 10 October 2018 Update:「Windows 10 更新アシスタント」にて手動アップデートする方法

 

更新プログラムの準備が始まります。少々待ちます。ノーとパソコンの場合は、バッテリー切れのないように電源に接続しておくのをお忘れなく。

Windows 10 October 2018 Update:「Windows 10 更新アシスタント」にて手動アップデートする方法

 

「Windows 10 October 2018 Update」更新プログラムの準備が完了したら以下の画面になります。【今すぐ再起動】をクリックすれば更新作業が開始されます。改めてここをクリックする前に、事前に各種データのバックアップが済んでいるか、また不要な常駐ソフトの終了、特にセキュリティ対策ソフトが終了出来ているか確認を。放っておくと30分で再起動されるので十分ご注意を。
左下の【後で再起動】を選べば再起動タイミングをずらすことが可能です

Windows 10 October 2018 Update:「Windows 10 更新アシスタント」にて手動アップデートする方法

【今すぐ再起動】をクリックすると、自動的にサインアウトされます。この後PCは自動的に再起動を繰り返します。時間はダウンロードから更新準備、再起動を含めて自分の環境では1時間強でした。時間に余裕のある時、特に不具合が発生した際に問い合わせが出来る昼間などが、アップデート作業を行う際にはおすすめです。

 

「Windows 10 October 2018 Update」適用後の画面

「Windows 10 October 2018 Update」適用後の画面

「Windows 10 October 2018 Update」が無事適用され、アップデートが終了すると、通常のログイン画面が表示されます。その後ログインすると以下の「Welcome to the October Update」の画面が表示されます。なお、2つのPCでアップデートしてみましたが、何故か両方とも英語表記になっていました。一応それぞれのリンクをクリックすると新機能が簡単に確認できるので、興味のある方はどうぞ。

また、併せて以下の画面も表示されます。

「Windows 10 October 2018 Update」適用後の画面

 

また、管理人の環境では、以下のように「カスペルスキー」の対応完了表示も出ました。

「Windows 10 October 2018 Update」適用後の画面

後は存分に「Windows 10 October 2018 Update」を試してみましょう!お疲れ様でした!

 

「Windows 10 October 2018 Update」ISOファイル入手方法

「Windows 10 October 2018 Update」ISOファイル入手方法をご紹介しておきます。USBメモリにインストールファイルを導入することも出来るので、お好みで選択ください。

最初と同様に以下のリンク先へ行き、【②ツールを今すぐダウンロード】をクリックします。

「Windows 10 October 2018 Update」ISOファイル入手方法

 

適当な場所に「MediaCreationTool」をダウンロードします。

「Windows 10 October 2018 Update」ISOファイル入手方法

 

ダウンロードが完了したら、ダブルクリック等で「MediaCreationTool」を起動します。

「Windows 10 October 2018 Update」ISOファイル入手方法

 

ユーザーアカウント制御が表示されたら許可してください。「はい」を選択。

「Windows 10 October 2018 Update」ISOファイル入手方法

 

「MediaCreationTool」が起動し、セットアップ作業が開始されます。準備が始まるので少々待ちます。

「Windows 10 October 2018 Update」ISOファイル入手方法

 

「マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項」が表示されます。内容を読んで問題なければ「同意する」をクリック。

「Windows 10 October 2018 Update」ISOファイル入手方法

 

準備が始まるので少々待ちます。

「Windows 10 October 2018 Update」ISOファイル入手方法

 

今回はインストールメディアを作成するので、下の「別のPCのインストールメディアを作成する(USBフラッシュドライブ、DVD、またはISOファイル)」を選択して「次へ」をクリック。
なお、先ほど紹介した「Windows 10 更新アシスタント」で「Windows 10 October 2018 Update」へのアップデートに失敗する場合は、この「MediaCreationTool」の「このPCを今すぐアップグレードする」から操作すると成功する場合もありますが、くれぐれも自己責任の下、ご利用くださいませ。

「Windows 10 October 2018 Update」ISOファイル入手方法

 

Windows 10の言語、アーキテクチャ、エディションの選択画面になります。通常は「このPCにおすすめのオプションを使う」にチェックを入れておけば、最適な内容を選択してくれます。設定出来たら「次へ」をクリック。

「Windows 10 October 2018 Update」ISOファイル入手方法

 

使用するメディアを選択します。今回は「ISOファイル」を作成します。USBメモリにインストールファイルを導入したい場合は「USBフラッシュ」を選択してください。設定出来たら「次へ」をクリック。

「Windows 10 October 2018 Update」ISOファイル入手方法

 

適当な場所に「Windows 10 October 2018 Update」のISOファイルを保存します。

「Windows 10 October 2018 Update」ISOファイル入手方法

 

「Windows 10 October 2018 Update」のISOファイルのダウンロードが始まります。少々待ちます。

「Windows 10 October 2018 Update」ISOファイル入手方法

 

ダウンロードが完了したらメディアの作成が始まります。

「Windows 10 October 2018 Update」ISOファイル入手方法

 

この画面になればISOファイルの作成は完了です。後は適当なISO焼きソフトでDVD等に焼きましょう。

「Windows 10 October 2018 Update」ISOファイル入手方法

 

最後にクリーンアップ作業があります。

「Windows 10 October 2018 Update」ISOファイル入手方法

ちなみに、現時点の「Windows 10 October 2018 Update」のISOファイルの容量は3.61GBでした。

 

Windows 10 October 2018 Update:アップデート後の感想など

Windows 10 October 2018 Update:アップデート後の感想など

今回の「Windows 10 October 2018 Update」ですが、現状動作は安定している気がします。

ただし、こういった大きなアップデートの際には様々な不具合が付き物です。お急ぎでなければ自然とWindows Updateで「Windows 10 October 2018 Update」が配信されるのを待つか、数日はネットの様子を観察して不具合をチェックしてから更新した方が安全だと思います。不具合情報は判明次第、このページに追記していきます。

「Windows 10 October 2018 Update」の新機能についてはマイクロソフトが詳しく紹介しています。当サイトでも改めてご紹介しますが、とりあえずは以下のページをご参照くださいね。

新機能及びWindows 10の様子を詳しく見ましょう! 生産性向上ツール、BluetoothとWiFiファイル転送、PC で続行アプリ、Windows 10の新しいアップデートと機能を詳しく見...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket

- Advertisement -

4 コメント

  1. 今日になって(10日)、ノートンエラーが出ました。エラーコード 3048,3。これはノートン製品が正常に動作していないことを示すエラーのようですが、何やらいろいろ修正をやって、修正できたようです。これは不具合といえるかもしれません。ノートンは、以前のことですが「ノートン製品がありません」と出て(実際にはあるんですが)あわてて入れ直したことがあります。

    • ご報告ありがとうございます!案外Windows 10の大型アップデートの際には、セキュリティ関連のソフトに不具合が生じることが多いですね。
      いずれは「Windows Defender」だけで対処できるようになれば嬉しいのですが。
      とりあえず無事復帰されたようで何よりです!

  2. 1のやりかたでやりました。相変わらず時間がかかります。ノートンセキュリティを停止にしておくのを忘れたのですが、正常に終了しました。前回プリンターの動きがおかしかったのですが、今回は何もないようです。今のところは特に不具合はありません。

    • お疲れさまでした!毎度のことですが、こういった大きなアップデートの際には、PCが起動するかどうかいつも不安になります(;´∀`)
      そちらは不具合が特に無いようで何よりです!ご報告ありがとうございました!

質問やご感想があればお気軽にどうぞ。コメントは管理人の承認後に表示されます。※メアドは非公開です。