Windows 10 Proで非アクティベートされて再度ライセンス認証を求められる不具合が発生中。放置しておけば直るらしい。

0
236
windows-10-pro-deactivated-error-repair-2018
Pocket

朝の出勤前に自作のWindows 10 PCを起動したところ、右下に「Windowsのライセンス認証」を求めるウォーターマーク(透かし)が表示されていました。この時点で詳細を知らず、昨日の何らかのパソコン操作が悪影響を及ぼしたのかと思い、トラブルシューティングから再度認証処理を行って無事認証されました。

しかし、これは世界的に起こっている不具合のようで、どうもWindows 7 ProやWindows 8 ProからWindows 10 Proにアップグレードしたユーザーに発生しているようです。情報によると、Windowsの「アクティベーションサーバー」で一時的なエラーが発生し、アップグレードしたWindows 10 Proを不正なOSと判断してしまったことが原因のようです。

いやはや、突然こんな通知が出ると焦ります。

- Advertisement -

Windows 10 Proが非アクティベートされて再度ライセンス認証を求められる不具合、放置しておけば直るらしい。

で、今回のWindows 10 Proが非アクティベートされて再度ライセンス認証を求められる不具合ですが、基本的にはこのまま放置しておけば、24時間以内に自動でライセンスの確認作業が行われ、自動的に直るらしいです。

ただし、気になる方は手動で直すことも可能。

「設定」アプリ>更新とセキュリティ>ライセンス認証>トラブルシューティング

と進むことで、自分で直すことが可能です。

Windows 10:ライセンス認証

びっくりするので、こういった不具合はやめて欲しいものです(;´Д`)

参考:
Windows 10 Proのライセンス認証問題は修正済み ~Microsoftが手動での解決法を案内|窓の杜
Microsoft Confirms It Accidentally Deactivated Some Windows 10 PCs|How-To Geek

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket

- Advertisement -

質問やご感想があればお気軽にどうぞ。コメントは管理人の承認後に表示されます。※メアドは非公開です。