Microsoftが「Windows 10 October 2018 Update」の提供を再開!不具合が改善されて今度は大丈夫そう。

1
231
Microsoftが「Windows 10 October 2018 Update」の提供を再開!不具合が改善されて今度は大丈夫そう。
Pocket

Octoberではなくなっちゃったけどね、、、

やっとMicrosoftが、ユーザーデータが消失されたり、Zipの中身が消えたり、移動ユーザー プロファイルに不具合があるなどの問題の修正/検証を完了し、正式に「Windows 10 October 2018 Update」の一般ユーザーへの提供を再開しました!

自分はすでに最初のリリース時から適用済みで、Zipの不具合以外は特に問題なく使用できています。あまり大きな機能追加がなく、代わり映えはしない感じですが、通知関係は少し便利になっている気もします。

なお、不具合が修正されたとはいえ油断は出来ません。必ず普段から、重要なデータ(家族写真やホームビデオ、Officeファイルなどなど)はしっかり外部媒体へバックアップする癖を付けておきましょう。

- Advertisement -

Microsoftが「Windows 10 October 2018 Update」の提供を再開!手動でもアップデート可能!

Microsoftが「Windows 10 October 2018 Update」の提供を再開!手動でもアップデート可能!

配信が再開された「Windows 10 October 2018 Update」ですが、通常は特別な操作は不要で、対象となるデバイスに自動的に更新通知が届きます。

ただ、少しでも早く「Windows 10 October 2018 Update」を使用したい場合は、手動でのインストール作業も可能です。

一番簡単な方法は、「Windows Update」を手動で更新チェックしする方法。「Windows 10 October 2018 Update」の配信があれば、ここからアップデートを適用できます。まずはこれを試してみましょう。

左下スタートボタン>設定>更新とセキュリティ>Windows Update

 

そして「Windows Update」で表示されない場合は、以下のリンク先から「Windows 10 更新アシスタント」を使ってアップデートする方法もあります。

この辺りは以前の記事で詳しく解説していますので、良かったら参考にどうぞ。

本日より、Microsoftが最新バージョン「Windows 10 October 2018 Update」(Redstone5/RS5/1809)の配信を開始しました!一般ユーザーの場合は順次アップデートが各PCに...

いずれにしても、しっかり検証されたとはいえ、100%問題ないとも言い切れません。何度も言いますが、「Windows 10 October 2018 Update」アップデート前には、必ずデータのバックアップをしっかり取ってから作業を行ってくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket

- Advertisement -

1コメント

  1. 昨日(13日)Windows Updateをやりました。先回いろいろ問題のあったUpdateですが、はじめは何事もなかったのですが、11月8日に突然ブルースクリーンが出ました。恐怖じゃなかったです(笑い)。何か変なものを入れたのかと思ったのですが、そうではなくて、これが不具合だったようです。音は普通に出ています。それからずっと昨日(13日)まで一日に1回ブルースクリーンが出ます。今日はどうか、またご報告します。

質問やご感想があればお気軽にどうぞ。コメントは管理人の承認後に表示されます。※メアドは非公開です。