iOS 12.1.3が配信開始!不具合と脆弱性の修正がメイン。現時点で大きな不具合報告は無し。

最終更新日: 水曜日, 1月 23, 2019
0
3705
iOS 12.1.3が配信開始!不具合と脆弱性の修正がメイン。現時点で大きな不具合報告は無し。
Pocket

本日Appleが「iOS 12.1.3」の配信を開始しました。

今回は「メッセージ」アプリの「詳細」表示で写真のスクロールに影響する可能性のある問題の修正や、「共有シート」から送信すると写真に縞模様が入る可能性のある問題への対処、iPad Pro(2018)で外部オーディオ入力デバイスを使用する時に、音声のゆがみが生じる可能性のある問題の修正、特定の「CarPlay」システムでiPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Maxとの接続解除を引き起こす可能性のある問題の解決、およびHomePodで発生していたバグの修正などが含まれています。

他にもCVE番号ベースで31件の脆弱性修正も行われているので、皆さん早めにアップデートを適応しておきましょう。

なお、現時点では大きな不具合報告は入ってきておりません。

- Advertisement -

iOS 12.1.3のアップデート内容

iOS 12.1.3のアップデート内容は以下の通り。


iOS 12.1.3には、iPhoneまたはiPadで発生していたバグの修正が含まれます。このアップデートの内容:

  • “メッセージ”の“詳細”表示で写真のスクロールに影響する可能性のある問題を修正
  • 共有シートから送信すると写真に縞模様が入る可能性のある問題に対処
  • iPad Pro(2018)で外部オーディオ入力デバイスを使用するときに、音声のゆがみが生じる可能性のある問題を修正
  • 特定のCarPlayシステムでiPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Maxとの接続解除を引き起こす可能性のある問題を解決

このリリースには、HomePodで発生していたバグの修正も含まれます。このアップデートの内容:

  • HomePodの再起動を引き起こす可能性のある問題を修正
  • Siriの聞き取りを妨げる可能性のある問題に対処

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、次のWebサイトをご覧ください:

https://support.apple.com/kb/HT201222


 

英語版ですが、より詳細なアップデート内容を知りたい方は下記をご参照くださいませ。

 

iOS 12.1.3アップデート前にはバックアップをお忘れなく!

「iOS 12.1.3」へアップデートする場合は、必ず事前にデータのバックアップを取っておきましょう。現時点では大きな不具合報告はありませんが、最悪文鎮化してしまうとデータの復旧が困難になる可能性もあります。アプリなどのデータは勿論ですが、写真や動画などのデータもしっかりパソコンなどに保存しておきましょう。

 

iOS 12.1.3へのアップデート方法

「iOS 12.1.3」配信開始後すぐに手動でアップデートしたい場合は、iTunesを介してアップデートする方法と、iPhone単体でOTAアップデートする方法があります。どちらでも大丈夫ですが、個人的にはiTunesを介してのアップデートの方が安全性が高くおすすめです。

iPhone単体でのOTAアップデート:設定>一般>ソフトウェア・アップデート

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket

- Advertisement -

質問やご感想があればお気軽にどうぞ。コメントは管理人の承認後に表示されます。※メアドは非公開です。