Google Pixel 4a 発表!42,900円(税込み)/有機EL/ROM 128GB/RAM 6GB/FeliCa搭載で日本でも8月20日発売!iPhone SE 2020とスペックを比較検証!

Google Pixel 4a 発表!42,900円(税込み)/有機EL/ROM 128GB/RAM 6GB/FeliCa搭載で日本でも8月20日発売!iPhone SE 2020とスペックを比較検証!iphone

当初の予告通り、米Googleが8月3日(現地時間)、「Google Pixel 4a」の発売を正式に発表しました!日本でもソフトバンクとGoogleストアで8月14日(金)より受付開始、8月20日(木)に発売となります。

価格はなんと驚きの税込み42,900円!ディスプレイは有機ELで高精細とバッテリー持ちの良さが期待できますし、6GB RAM/128GB ROMにカメラは上位モデルのPixel 4と“同等”の性能、イヤホンジャック搭載、日本仕様はFeliCa搭載と、この価格帯では破格のスペック。iPhone SE 2020が、49,280円(税込み)で液晶ディスプレイ、64GB ROMと言う事を勘案すれば、OSにこだわらなければ「Google Pixel 4a」の方が随分お得に感じます。ただし、「Google Pixel 4a」はワイヤレス充電非対応な点は一応ご注意を。

良い意味で予想以上の価格と性能を備えて発表となった「Google Pixel 4a」、これはかなりGoogleも力を入れてきましたね!

スポンサーリンク

「Google Pixel 4a」と「iPhone SE 2020」との主要スペック/価格比較まとめ

「Google Pixel 4a」と「iPhone SE 2020」との主要スペック/価格比較まとめ

まずは「Google Pixel 4a」と「iPhone SE 2020」との主要スペック/価格比較をまとめておきます。購入時の参考にどうぞ。

 Google Pixel 4aiPhone SE 2020
価格(税込み)42,900円49,280円~
ディスプレイ5.81インチ 有機EL4.7インチ 液晶
解像度1080 x 2340、443ppi750 x 1334、326ppi
サイズ高さ 144mm、幅 69.4mm、奥行き 8.2mm高さ 138.4mm、幅 67.3mm、奥行き 7.3mm
重さ143g148g
プロセッサQualcomm Snapdragon 730A13 Bionic
RAM6GB3GB(非公称値)
ストレージ容量128GB64GB~
リアカメラ12.2MPデュアル ピクセル12MP広角
フロントカメラ8MP7MP
指紋認証背面フロントホームボタン
顔認証××
ワイヤレス充電×
バッテリー3,140mAh1,821mAh
防水性能×IP67
ポートUSB-Cライトニング
付属充電器18W急速充電器5W充電器
3.5mm オーディオジャック×
BluetoothBluetooth 5.1 + LE
コーデック:AptX、AptX HD、LDAC、AAC、SBC
Bluetooth 5.0
コーデック:SBC、AAC
FeliCa
Wi-FiWi-Fi 2.4GHz + 5GHz 802.11a/b/g/n/ac 2x2 MIMO2x2 MIMO対応802.11ax Wi‑Fi 6
SIMシングルナノSIM+eSIMシングルナノSIM+eSIM
カラーJust Blackブラック、ホワイト、Product Red
OSバージョンアップ最低3年間Apple次第
※初代「iPhone SE」はiOS 14にもアップデート可能

 

「Google Pixel 4a」と「iPhone SE 2020」はどちらを買うべき?個人的には「Google Pixel 4a」に魅力を感じる。

「Google Pixel 4a」と「iPhone SE 2020」はどちらを買うべき?個人的には「Google Pixel 4a」に魅力を感じる。

ついに発表されたGoogleのコスパ重視モデル「Pixel 4a」ですが、当初は64GBで399ドルからという情報もありました。これが途中から「iPhone SE 2020」対策で50ドル値下げになるかもという情報が入り、結果として128GBで42,900円(税込み)という、日本でも非常に魅力的な価格で発表となった次第です。

と言う事で、今日は現在メインスマホとして実際に使っている「iPhone SE 2020 64GB」モデルの使用感も踏まえながら、「Google Pixel 4a」と「iPhone SE 2020」の特徴を考察してみたいと思います。

参考情報:
■Pixel 4a 128GB:42,900円(税込み)
■iPhone SE 2020 64GB:49,280円(税込み)

 

「Google Pixel 4a」と「iPhone SE 2020」を比べると、それぞれ一長一短あります。

まずディスプレイは「Google Pixel 4a」が有機EL、「iPhone SE 2020」が液晶となっており、解像度に関しては「Pixel 4a」が上回っています。

■Pixel 4a:5.81インチ 有機EL、1080 x 2340、443ppi
■iPhone SE 2020:4.7インチ 液晶、750 x 1334、326ppi

有機ELは“黒”の表現に優れ、かつ省電力という特徴があります。そしてスマホ自体のサイズや重さは同等ながら、ディスプレイサイズが大きく異なる点は要注意。「Pixel 4a」が5.81インチ、「iPhone SE 2020」が4.7インチで、横幅は同等ながら縦の長さが随分違います。これによって、例えばスマホのゲームでは表示される情報が異なったり(最近は縦長ディスプレイに特化して情報が表示されるゲームも多い)、ブラウザのスクロール頻度も変わってくるでしょう。個人的には一番の差別化ポイントだと思います。

Pixel 4a:5.81インチ 有機EL、1080 x 2340、443ppi

iPhone SE 2020:4.7インチ 液晶、750 x 1334、326ppi

また、「Pixel 4a」はバッテリー容量も「iPhone SE 2020」より大幅に多く搭載されており、バッテリーの持ちやディスプレイの高精細さでは「Pixel 4a」の方が良さそうです。個人的に「iPhone SE 2020」では、バッテリーの持ちに不満があるので、“有機EL+大容量バッテリー”の「Pixel 4a」は魅力的に感じますね。

次にストレージ容量とRAM、プロセッサについて。

「Pixel 4a」はミドルレンジの「Qualcomm Snapdragon 730」採用でそこそこの性能。ストレージは128GBのみですが、この価格で128GBは十分なストレージ容量。そしてRAMはなんと6GB!手持ちのPixel 3 XLが4GBだったことを考えれば、かなり羨ましい潤沢なメモリ量だと思います。日常使用なら十分なスペックでしょう。

一方の「iPhone SE 2020」ですが、プロセッサは「iPhone 11」と同じ最新の「A13 Bionic」を搭載。これは現時点で最強のスマホ用プロセッサの一つであり、処理能力では「Qualcomm Snapdragon 730」を大きく上回っています。これは「iPhone SE 2020」の大きな特徴です。一方、ストレージは一番安価なモデルで64GBとなり、「Pixel 4a」に比べると割高な印象。RAMは非公式ながら3GBとされていますが、これはiOS(ソフト)とiPhone(ハード)の最適化具合を考慮すると、一概に比較は難しいかもしれません。

そもそもこの価格帯のスマホにハイスペックを求める方は少ないと思うので、価格と性能のバランスを鑑みれば、個人的には「Pixel 4a」の方がコスパは良いように思います。

続いてカメラ性能。この比較は実機を用いないと難しいので、引用元の公式サイトのカメラに関する情報や記事を参考にされると良いでしょう。スペック上は「Google Pixel 4a」と「iPhone SE 2020」共に、フロント/リア共にシングルカメラ構成となっています。個人的に「iPhone 11 Pro Max」から「iPhone SE 2020」に買い替えた印象としては、超広角がないのは不便に感じる場合もありますね。日常使用なら十分ですが。

 

後は細かなポイントをまとめておきます。

まずWi-Fiに関して。「iPhone SE 2020」は最新の「Wi-Fi 6(802.11ax)」が採用されていますが、「Pixel 4a」は「Wi-Fi 5(802.11a/b/g/n/ac)」となります。マニアックなポイントかもしれませんが、一応ご注意を。

そしてBluetoothは「Pixel 4a」が5.1+LE、「iPhone SE 2020」が5.0となります。詳細については以下の記事が詳しいので参考にどうぞ。

 

個人的には「Pixel 4a」のコーデックが気になるところ。「Pixel 4a」ではAptX、AptX HD、LDAC、AAC、SBCに対応しており、購入予定の「WH-1000XM4」との親和性を考えると「Pixel 4a」の方が良いのかなと感じています。「iPhone SE 2020」のAACでも大差はないのかもしれませんが。また、「Pixel 4a」には3.5㎜オーディオジャックが搭載されており、音楽好きには大いに魅力的なポイントかもしれません。

 

地味ながら付属する充電器の違いもあります。「Pixel 4a」はUSB-Cポート採用で18Wの急速充電器が付属。対する「iPhone SE 2020」はライトニングポートで5Wの充電器が付属します。すでにサードパーティー製の充電器をお持ちならあまり比べる必要がないかもしれませんが、USB-Cの汎用性の高さと充電時間の短さでは、「Pixel 4a」の方に軍配が上がるでしょう。
※「iPhone SE 2020」も高速充電には対応しています。別売りの18W以上のアダプタを使用すれば30分で最大50%充電可能です。

一方、「Pixel 4a」はワイヤレス充電には非対応、「iPhone SE 2020」は対応しています。普段ワイヤレス充電を良く使っている方は、「Pixel 4a」を購入する際には十分ご注意ください。

認証方式は「Pixel 4a」「iPhone SE 2020」共に指紋認証のみ。昨今マスクを付ける機会が多いことを考えれば、逆に指紋認証で十分かもしれません。なお、Android OSには「Smart Lock」機能があるので、GPS連動やスマートウォッチとの連携をしておけば、普段のスマホのロック解除頻度はかなり減らすことが出来ますよ。

防水性能については「Pixel 4a」はコスト削減のために省かれています。「iPhone SE 2020」はIP67相当となっているので、気になる方は「iPhone SE 2020」の方が良いかもしれません。一部メディアでは耐久性に支障が出る可能性も指摘されているので、長く使いたい場合は少し気を付けたいポイントかも。

なお、「Google Pixel 4a」ではAndroid OSの最低3年間アップデート保証があります。一方、Appleの「iPhone SE 2020」に明確なアップデート保証はありませんが、「iPhone SE(第一世代/2016年発売)」が2020年のiOS 14にアップデート可能なので、「iPhone SE 2020」も数年は最新のiOSが利用可能となるでしょう。

 

総合的に考えると、iOSにこだわりがないのであれば、個人的に「Pixel 4a」の方がコスパも良く魅力的に感じます。ディスプレイが有機ELでバッテリー容量も多く、ディスプレイサイズが大きいのは便利そう。ストレージ容量も128GBとそこそこあり、それでいて「iPhone SE 2020 64GB」モデルより6,000円以上安いのですから、大いに検討の価値ありだと思います。何気に3.5㎜オーディオジャック搭載も音楽好きとしては魅力的に感じますね。もしも「iPhone SE 2020」と同時に発売されていたら「Pixel 4a」の方を買っていたかもしれません。

ただし、スマホを長く使い続けたいなら、防水性能が高く最新の「A13 Bionic」を搭載した「iPhone SE 2020」の方が良いかもしれません。

なお、秋には「Pixel 5」と同時に5G対応の「Pixel 4a 5G」が60,500円で発売予定となっています。ただ、現状新型コロナウイルスの影響もあるのかもしれませんが、5Gの基地局整備はなかなか進んでいない状況。特に地方であれば、5Gの恩恵を受けられるのは数年先の可能性もあります。

となると、とりあえず安価な4G対応の「Pixel 4a」を購入し、数年経って5Gが充実してきた際に、改めて価格も下がるであろう「Pixel ?a 5G」を買う方が色々お得かもしれません。

残念ながら「Pixel 4a」を取り扱うのはソフトバンクとGoogleストアのみとなっていますが、格安SIMを提供するMVNOや楽天モバイルあたりが取り扱えば、一気に人気が増す気もします。いずれにしても安価でコスパに優れたスマホが欲しいなら、今回の「Pixel 4a」は大いに検討の価値はあるかと思いますよ。

コメント