torrentファイルを開くために必須!人気クライアントソフト「uTorrent」の使い方/日本語化/設定方法解説!

トレントクライアントソフト「uTorrent」の使い方/日本語化/設定方法解説おすすめソフト

torrentファイルを開くために必須のトレントクライアントソフトですが、その中でも人気のクライアントソフト「uTorrent」の使い方や日本語化方法、おすすめ設定などを解説します。以前に比べるとUIもまとまり、日本語化も簡単になっていますね。ただし、広告が入るようになったのは微妙な印象ですが。

なお、お約束ですが、くれぐれも著作権のある違法ファイルは共有しないように。Torrentはそもそも通信が暗号化されておらず、IPアドレス(インターネット上の住所のようなもの)は丸見えです。

※2019/08/22 記事がかなり古くなっております。現在最新版に沿った記事に修正中です。
※2019/08/22 「uTorrent」の日本語化部分まで修正済みです。

スポンサーリンク

BT:BitTorrent(ビットトレント)とは?Torrentファイルダウンロードの仕組み解説。

まずは「BT:BitTorrent(ビットトレント)」の仕組みについて簡単に解説しておきます。

BitTorrent(ビットトレント)は、2001年にブラム・コーエン(Bram Cohen)という方が開発したファイル共有ソフト(P2Pソフト)で、“Bit”(情報の単位)と“torrent”(激流)、つまり情報を高速にダウンロードできるという意味がこめられた造語です。

ダウンロードの仕方は少し特殊で、まずはダウンロードしたいファイルの情報を含む「.torrent」ファイルをダウンロードします。このファイルにはトラッカーへのリンクが含まれており、専用のクライアントソフトで読み込むことで、クライアントはトラッカーと接続し、ピアの情報を受取り、ファイルのダウンロードが開始されます。

トレントの仕組みとしては、人気のファイルほどダウンロードが早くなるのが最大の特徴。逆に人気が衰えると共有する人が少なくなり、結果としてダウンロード速度が遅くなったり、ダウンロードが完了しなくなる場合もあります。最近は大容量ファイルを配布するために、企業などでもトレントファイルを配布しているところもあります。

なお、今回紹介するクライアントソフト「uTorrent」ですが、元々リソースの消費を抑えた軽量なクライアントとして開発されました。そして2006年12月7日に本家BitTorrentに買収され、現在はクライアントソフトの中でもメジャーなソフトとなっています。「uTorrent」ではトレントファイルを開き、複数のファイルの中からダウンロードするファイルを任意で選択することも可能となっています。

 

「uTorrent」の使い方/日本語化/設定方法

それではここから、「uTorrent」の使い方/日本語化/設定方法について順次解説していきます。

 

「uTorrent」のダウンロード

まずは【uTorrent】をダウンロードしましょう。個人的には「µTorrent Web」ではなく、インストールするタイプの「µTorrent Classic」がおすすめです。

下記のリンクをクリックしてください。

uTorrentのダウンロード

 

次の画面が表示されるので、画面を下部にスクロールします。

「uTorrent」のダウンロード

 

以下の画面が表示されたら【ダウンロード μTorrent Classic】の部分をクリックします。

「uTorrent」のダウンロード

 

任意のバージョンを選択しましょう。通常は無料の【BASIC】で十分だと思います。【ダウンロード中】となっていますが、ここをクリック。

「uTorrent」のダウンロード

 

後は【uTorrent.exe】をデスクトップ等、任意の場所に保存しましょう。

「uTorrent」のダウンロード

 

「uTorrent」のインストール

続いて「uTorrent」のインストールについて解説していきます。

先程ダウンロードして保存した【uTorrent.exe】をダブルクリックして起動します。

「uTorrent」のインストール

 

ユーザーアカウントの制御が表示されたら【はい】で許可してください。

「uTorrent」のインストール

 

「uTorrent」のインストールウィザードが開始されます。【Next】をクリック。

「uTorrent」のインストール

 

公式サイト以外から「uTorrent」をダウンロードすると、マルウェアなどが混入されている場合があるのでご注意ください。というような注意事項が表示されます。【Next】をクリック。

「uTorrent」のインストール

 

ライセンス認証とプライバシーポリシーが表示されます。問題なければ【Agree】をクリック。

「uTorrent」のインストール

 

追加のソフトウェアのインストールを促す画面です。これは不要なので【Decline】(拒否)を選択しましょう。

「uTorrent」のインストール

 

同じくAvastのインストールを促されますが、これも不要です。【Decline】をクリック。

「uTorrent」のインストール

 

続いてインストールオプションの画面になります。ここはお好みで選択を。選択できたら【Next】をクリック。

「uTorrent」のインストール

■Create Start menu entry:スタートメニューに項目を作成します。これは作成しておくのがおすすめ。
■Create Quick Launch icon:タスクバーに表示される「クイックランチアイコン」を作成するかどうか。
■Create Desktop icon:「デスクトップアイコン」を作成するかどうか。

 

続いて簡易の設定画面になります。これらは後からでも変更可能です。基本的には初期設定のままで良いでしょう。【Next】をクリック。

「uTorrent」のインストール

■Add an exception for μTorrent in Windows Firewall:ウィンドウズのファイアウォールからμTorrentを除外する。これをオフにすると通信ができなくなる場合もあります。
■Start μTorrent when Windows starts up:ウィンドウズ起動時に「uTorrent」が自動的に起動します。不要な場合はオフに。
■.torrent (BitTorrent files):トレントファイルとの関連付けです。オン推奨。
■Magnet URIs:マグネットリンクとの関連付けです。オン推奨。
■.btsearch (BitTorrent Serach Engine files):BitTorrentサーチエンジンとの関連付けです。オン推奨。

 

以上で「uTorrent」のインストール作業は完了です。【Finish】をクリックすれば画面が閉じ、「uTorrent」が起動します。

「uTorrent」のインストール

 

初回起動時はこのように「uTorrent」をデフォルトのトレントアプリケーションとして設定するか確認画面が表示されます。ここは【はい】をクリックしておきましょう。

「uTorrent」のインストール

 

「uTorrent」の起動時の画面です。自動的に日本語化も完了した状態で起動します。

「uTorrent」のインストール

 

「uTorrent」の日本語化について

「uTorrent」は通常自動的に日本語化されるので、別途日本語化作業などは現時点では不要です。ただし、何らかの原因で英語などになっている場合は、以下の手順で日本語化が可能です。

まずは上部の【Options】をクリックし【Preferences】をクリック。

「uTorrent」の日本語化について

 

【General】タブが開くので、Languageの部分の【English】をクリックします。続いて下部にある【Japanese】をクリック。

「uTorrent」の日本語化について

 

以下のように設定できたら、右下の【OK】をクリックします。

「uTorrent」の日本語化について

 

【OK】をクリック。

「uTorrent」の日本語化について

 

タスクバーに表示されている【uTorrent】アイコンを右クリックし、【Exit】をクリック。

「uTorrent」の日本語化について

後は「uTorrent」を再起動すれば日本語化作業は完了です。

 

uTorrent:設定ガイドの使い方~帯域幅の自動最適化~

基本的にインストール作業が完了すれば、このまま「uTorrent」を使ってトレントファイルをダウンロードすることは可能です。しかしながら、より細かな設定をしっかり行っておけば、より便利に、快適に「uTorrent」を使用することができるでしょう。

まず初めに、「uTorrent」の「設定ガイド」を使って帯域幅を自動的に最適化しておきましょう。

uTorrentの上部メニューから、【オプション】→【設定ガイド】と進みましょう。
この設定ガイドを利用することで、大体のuTorrentのアップロードやダウンロード速度を、ご自身の利用環境に合わせて自動的に最適化してくれます。


特にいじる必要はないと思います。
テストを実行をクリック


ここでポート開放など、不具合があるとお知らせが出ると思います。
その際は、ルータのuPnPの設定や、【EnjoyPCLife】のポート開放等に関する記事を参考にしてみてください。
緑のチェックマークが2つ出れば、基本的にuTorrentの使用は問題ありません。

 

この設定ガイドを実行すると、uTorrentが自動で、アップロードやダウンロード速度、トレントファイルのダウンロード数など、ご自身の利用回線速度・状況に最適な設定を決定してくれます。
もちろん、後からオプションで手動変更も可能なので、初心者の方は、まずはこの「設定ガイド」を利用することをおすすめします。

以上で最低限のuTorrentの設定は終了です。
後はそのまま使うことも可能ですが、できればもう少しオプション設定を行なっておくと、より快適にuTorrentを使用できますよ。

 

uTorrentのオプション設定

続いてuTorrentのオプション設定です。
上部メニューの【オプション】→【設定】と進んでください。

一般~uTorrentの設定~


uTorrentの一般に関する設定です。
ここでは、「未完了ファイルに.!utを追加」を選択しておくのをおすすめします。
こうすることで、未完了ファイルの区別がつき、不要なファイルの削除も簡単になります。

ディレクトリ~uTorrentの設定~


続いて、uTorrentのディレクトリ設定。
ここは個人的には重要だと思います。
デフォルトでも使えますが、トレントファイルというのは、常時ファイルの細切れをHDDにダウンロードして一つのファイルに完成させます。
そのため、HDDに対する負荷も大きくなるので、個人的には、Cドライブ(OSのインストールされているドライブ)以外のドライブを利用することをおすすめします。(確実にHDDの寿命が短くなるので)
例えば、HDDを増設したり、USB接続タイプの外付けハードディスクを用意するなど、何らかの対策をとっておくのがベターでしょう。
もちろん、uTorrentを使ったからすぐにHDDが壊れるというわけではないので、その辺の判断は自己責任で。

上記の画面は、管理人が適当に作成した使用例です。
一応Cドライブ以外を指定し、またダウンロード中のファイルと完了後のファイル、そして.torrentファイルもフォルダを分けて設定してみました。
フォルダ名とかも適当なので、あくまでも参考程度に。

転送量上限~uTorrentの設定~


uTorrentの転送量上限設定です。
ヘビーに使う人は、ここで転送量の上限を設定しておくと、プロバイダに睨まれにくくなるかもしれません(;´∀`)
以前はプロバイダによっては、P2Pに対する規制がある。といった話も出ていましたが、最近はあまり聞かなくなりましたね。

リモート~uTorrentの設定~


uTorrentのリモート設定。
管理人は使用していないので、詳細は分かりかねますが、文面から判断すると、uTorrentを起動して、パソコンの電源を入れっぱなしにしておき、さらにリモート設定をすれば、ブラウザを介してコントロールできるっぽいですね。

高度な設定~uTorrentの設定~


最後は、uTorrentの高度な設定について。
ここでは、プログラムの実行部分の「トレント完了時にプログラムを実行」がおすすめ。
ここでセキュリティソフトのアドレスを入れておけば、トレントファイルのダウンロード→完了→セキュリティソフトでウイルスチェックの流れが自動化できます。

セキュリティソフトのアドレスの確認方法

今回は、管理人の使用しているノートンインターネットセキュリティを例にご紹介します。

uTorrentのセキュリティ対策
デスクトップ上のノートンインターネットセキュリティのアイコン上でマウスを右クリック
プロパティを選択
ここで表示されるリンク先をコピー。

そして、それをそのままuTorrentの「トレント完了時にプログラムを実行」部分にペースト
これでuTorrentでファイルダウンロード完了後に、自動的にノートンインターネットセキュリティ起動し、ウイルスチェックが行われるようになります。

uTorrentの使い方/P2Pの今後について思う所。

以上で基本的なuTorrentの設定等は終わりです。

よりトレントファイルの高速化にチャレンジしたい方は、環境設定を色々いじってみてください。
ただし、元ファイルの流通量が多いほど、基本的にダウンロードは高速化し、逆に不人気なファイル、古いトレントファイルなどはいくら回線速度が早くてもスピードは上がりません。
トレントファイルの検索は、uTorrentの検索窓や、トラッカーサイトなどから検索を行うのが通例ですが、自分でトレントファイルを作成し、友人と共有する。などといった使い方も可能です。

最近はP2Pというと悪いイメージしかありませんが、このトレントの仕組みは素晴らしいと思います。
特に、大容量ファイルの多数への配布などは、元のサーバーの速度に関係なくダウンロード可能になるなど、正しい使い方をすればもっともっとネット生活が快適になるのにな~なんて思います。
トレントのシステムに関しては、まだまだ進化しているようですし、(マグネットリンクという仕組みも新しく追加になった)ヨーロッパなどでは著作権フリーのソフトの配布など、真面目な使い方も行われています。

例:Ubuntuの日本語公式サイトのデータ配布にもトレントが使われています。

個人的には、そのようなP2Pに関する明るい話題が増えていけば嬉しいなと思います。

コメント

  1. まーくん より:

    テストをして2つ緑のチェックが付きました。しかしピア接続中と何も動きません。シードも100以上あります。プロバイダーが問題でしょうか?BIGLOBEです。

    • よっしー より:

      原因の特定は一つずつ探っていくしかないですね。チェックで問題なければ、通信は大丈夫だとは思うのですが。
      また、Torrentのソフトを変えてみるのも一つの手段です。

  2. ro-ninn より:

    接続テストをすると、緑のチェックマークのうち上のほうがバツになります 
    どうしたらよいでしょうか?

    • よっしー より:

      帯域幅でしたら、純粋に現在使用中の接続環境が悪いのかもしれません。ルーターなどが影響している可能性もありますが、特定するのはこちらからは難しいですね。現在使用中の回線は光回線ですか?

  3. 染谷 より:

    Windows7のノートPCを使っています。最近ファイルをDLしようとしたら、「指定されたパスは見つかりません」と表示が出てきたので、対処としてアンインストールしてインストールしなおそうとしたら、このサイトのインストール説明にあるような感じで表示されません。全部英語で言語を選択する表示も出てきません。しかたなく、そのままインストールしようとすると「書き込みができません」などといった表示が出てインストールできません。いろいろ調べて応急的にBitCometなんて物をインストールしてみたんですが、あまりにDL速度が遅くて即アンインストールしました。
    以前のようにuTorrentを使えるようにしたいです。
    参考程度でもかまいません。解決策を教えていただけると幸いです。

    • よっしー より:

      管理者権限でのインストールは行えているでしょうか?utorrent.exeをマウスで右クリックし、管理者として実行で試してみてください。また、最近ならqbittorrentというソフトも人気のようです。こちらも試してみてはどうでしょうか?

  4. 通りすがりのもの より:

    こういう助けてくれる人達に日々感謝します

  5. haradakanji より:

    ありがとう

タイトルとURLをコピーしました