Windows 10 Anniversary Update 対応:USBメモリ取り外しに必須の「ハードウェアの安全な取り外し」をタスクバーに常時表示する方法

0
2521
Windows 10 Anniversary Update 対応:USBメモリ取り外しに必須の「ハードウェアの安全な取り外し」を常時表示する方法~タスクバーに表示するシステムアイコンをカスタマイズ~
Pocket

以前Windows 10向けに、USBメモリを安全に取り外す際に便利な「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンを常時タスクバーに表示する方法について解説していましたが、先日リリースされた「Windows 10 Anniversary Update (1607)」から微妙に設定の内容が変更になっており、解説通りでは出来なくなっています。

一部コメントでもお問い合わせがあったので、今日は「Windows 10 Anniversary Update (1607)」に対応した、「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンを常時タスクバーに表示する方法について解説しておきたいと思います。それ以外にも、普段常用しているアプリ/ソフトでタスクバーにアイコンを常時表示しておきたいものがある方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

個人的にはセキュリティ対策ソフトなども表示しておいた方が、エラーが出た際などにアイコンの表示で気付きやすくなるため、おすすめですよ。

- Advertisement -

Windows 10 Anniversary Update (1607)対応:「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンを常時タスクバーに表示する方法

それではサクッと、「Windows 10 Anniversary Update (1607)」に対応した、「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンを常時タスクバーに表示する方法について解説していきたいと思います。

 

まずは右下のタスクバー上の【^】アイコン上でマウスを右クリックします。

Windows 10 Anniversary Update(1607)対応:「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンを常時タスクバーに表示する方法

 

以下の画面が表示されるので、【設定】をクリック。

Windows 10 Anniversary Update(1607)対応:「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンを常時タスクバーに表示する方法

 

続いて以下の設定画面が表示されるので、画面を下にスクロールします。ちなみに以下の画面は、【設定>個人用設定>タスクバー】からも開くことが出来ます。

Windows 10 Anniversary Update(1607)対応:「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンを常時タスクバーに表示する方法

 

下部にスクロールすると、【通知領域】の部分に【タスクバーに表示するアイコンを選択してください】の文字があるので、これをクリックします。

Windows 10 Anniversary Update(1607)対応:「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンを常時タスクバーに表示する方法

 

後はタスクバーに表示したいアイコンをクリックし、【オン】に設定してください。今回の「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンは、【エクスプローラー/ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す】を“オン”にすればOKです。逆に不要なものは“オフ”にしておけば、タスクバーの表示がスッキリすると思いますよ。
ちなみに設定完了後は、そのまま右上の【×】ボタンで画面を閉じればOKです。

Windows 10 Anniversary Update(1607)対応:「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンを常時タスクバーに表示する方法

 

なお、USBメモリの取り外しエラーが出た場合の対処方法などは以前の記事で解説しています。お暇があればこちらもご一読くださいね。

Windows 10でUSBメモリ取り外しに必須の「ハードウェアの安全な取り外し」を常時表示する方法~タスクバーに表示するシステムアイコンをカスタマイズ~
Windows 7や8では簡単にタスクバーに常時表示するシステムアイコンのカスタマイズ/設定変更できたのですが、Windows 10からはやや面倒になっています。自分はUSBメモリ...
(Visited 462 times, 7 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket

- Advertisement -

質問やご感想があればお気軽にどうぞ。コメントは管理人の承認後に表示されます。※メアドは非公開です。