AppleがSafariなどでURLが開けない不具合を改善した「iOS 9.3.1」のリリースを開始!

iOS 9.3.1Apple Tips

本日、Appleが主にiPhone 6s/ 6s Plusユーザーにおいて、SafariなどのURLをタップしても開かない不具合を改善した「iOS 9.3.1」のリリースを開始しました。

不具合が気になっていたiPhoneユーザーは、ぜひ早急にアップデートしておきましょう!

スポンサーリンク

SafariなどでURLが開けない不具合を修正した「iOS 9.3.1」が配信開始!

先日から問題になっていた、SafariやメールアプリのURLをタップしても開けない、フリーズする不具合のあった「iOS 9.3」ですが、早速Appleが問題を修正した「iOS 9.3.1」のリリースを開始しました。

もちろん、こんな不具合はないのが一番良いですが、こうやって早急に対処してくれるのはありがたいですね。

iOS 9.3.1アップデート内容一覧

Safariやその他のAppでリンクをタップした後にAppが応答しなくなる問題が修正されます。このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください:

Apple セキュリティアップデート
Apple ソフトウェアのセキュリティアップデートをまとめて紹介します。

 

「iOS 9.3.1」へのアップデート方法

「iOS 9.3.1」へのアップデート方法は以下の通りです。

【設定→一般→ソフトウェアアップデート】

なお、もしもの不具合に備えて、一応バックアップは取ってからアップデート作業は行ってくださいね。

iPhoneのバックアップ方法はこちらを参考にどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました