WWDC 2018 まとめ:iOS 12などの最新OSが発表。一方、新規ハードウェアの発表は無し。

0
1042
WWDC 2018 まとめ:iOS 12など、最新OSが発表。一方、新規デバイスの発表は無し。
Pocket

Appleファン大注目の開発者向け会議「WWDC 2018」が本日早朝より開催となりました。

事前情報では様々な新規ハードウェアや各種アップデートが噂されていましたが、蓋を開けてみると、iOS 12などの最新OSの発表がメインで、MacやiPad、噂のあったiPhone SE2など、ハードウェア関連の大きな発表はありませんでした。
個人的にも残念に思いますが、本来「WWDC」ではOSなど、ソフトウェアに関する発表がメインで、去年が例外的に発表が多かっただけなんですよね。

という事で、やや盛り上がりに欠ける印象もありますが、「WWDC 2018」基調講演で発表された内容のうち、個人的に気になる部分を簡単にまとめておきたいと思います。なお、新製品としては、AppleWatch用の「プライドエディションウーブンナイロン」が発表されました。期間限定での販売となっています。

- Advertisement -

iOS 12発表!AR定規アプリ「Measure」が便利そう!デバイスの脱落が無いのも朗報!

iOS 12発表!AR定規アプリ「Measure」が便利そう!デバイスの脱落が無いのも朗報!

今回のiOS 12ですが、これといった大掛かりなアップデートは無く、細かな部分のブラッシュアップがメインになっている印象。

朗報としては、現在iOS 11を使用しているデバイスは全てiOS 12にアップデートできることでしょう。そしてアプリの起動速度などが大幅に向上しているそうです。今回のデモで使用されたのがiPhone 6 Plusだったそうなので、Appleの気合の入り様が伺えますね。機種変更は減るかもしれませんが。
iPhone 6 PlusにてiOS 12にアップデートすると、アプリ起動が40%、キーボード表示が50%、カメラの起動速度が70%もアップしているそうです。これは嬉しいブラッシュアップですね。

iOS 12 スピードアップ

 

また、AR機能が大幅に強化されているのもiOS 12の大きな特徴となっています。まだAR自体がそれほど市民権を得ていない印象ですが、今後はますますメジャーな存在になるでしょうね。
最新のARKit 2では、ARゲームもさらに進化!対戦中でない人もiOS端末をかざせばARゲームを観戦できるようになるそうです。ちょっと遊んでみたい。

iOS 12 ARゲーム

 

そして個人的に一番嬉しかったのが、Apple公式のARメジャーアプリ「Measure」の発表。従来もサードパーティー製の同様のアプリはありましたが、Appleが公式アプリとして出してくれると安心感が違いますよね。また、ピクサーと共同開発したオープンフォーマットの「USDZ」形式を使えば、ARモデルの共有が簡単に出来そう。購入前の家具の事前配置確認など、用途によってはかなり重宝するかもしれません。

他にも、「写真」アプリも進化していますし、「Siri」もより便利に進化。特に「Siri」は、より積極的にアドバイスや通知が入るようなので、上手く機能すると便利そう。さらにショートカット機能も新搭載との事。こちらも要注目ですね。ITmediaさんの解説が分かりやすいかも。

Siriの新機能「Shortcut(ショートカット)」

Siriの「Shortcut」は、Google Homeの「ショートカット」に似た機能。あらかじめ決めておいたフレーズをSiriに言うと、目的の操作をさせることができる。フェデリギ氏はデモで「鍵をなくした」とSiriに言うことで位置追跡アプリ「Tile」を起動してみせた。

ユーザーはShortcutアプリのEditorを使ってオリジナルのショートカットを作れる。複数の操作をまとめておけるので、例えば「家に帰るよ」と言うと自宅の空調が起動し、家族に帰宅するとメッセージし、交通状況を知らせ、電車の中で聴くラジオの再生を開始する、などだ。

引用元:ITmedia NEWS

 

そして、Appleもスマホ中毒対策を強化してきています。アプリの利用時間などが視覚的に確認できる「Screen Time」、子供のアプリ利用時間に制限を加えることも可能な「App Limits」など。子供がスマホやタブレット中毒になるのを防いでくれるかもしれませんね。

iOS 12 App Limits

 

アニ文字も進化しています。興味のある方には朗報かな。今回は自分そっくりなアバター「Memoji」が自作できるようになっています。 「FaceTime」が32人までの同時通話に対応しましたが、顔を出したくない時はこの「Memoji」を使用することもできるそうですよ。女性陣には嬉しい機能かも?

iOS 12 Memoji

 

通知も地味に改良。通知機能をカテゴリーごとにグループ化できるようになりました。無駄な通知が減るので、これは便利!

iOS 12 通知機能のカテゴリー化

 

という事で、iOS 12の配信開始は今秋!動作がより軽快になると嬉しいな。楽しみですね!

 

新macOSの名称は「macOS Mojave」!ダークモードが人気!

新macOSの名称は「macOS Mojave」!ダークモードが人気!

続いては、macファン待望の新OS「macOS Mojave」について。名称は「モハベ/モハーヴェ」と呼ぶようです。

今回の「macOS Mojave」発表に当たり、俄然注目されているのが「ダークモード」の搭載。Apple的には目に優しく、写真が際立つと言っていますが、コーディングがしやすくなると開発者からも人気のようですね。

他にも、ファイルを種類や作成日付、タグなどで自動的にグループ化してまとめてくれる「Stacks」は便利そう。「Finder」にはギャラリービューとクイックアクションボタンが追加され、スクリーンショット機能も強化。動画のスクリーンショットも改善されたようです。

macOS mojave Stacks

 

「Continuity」機能では、iPhoneのカメラがシームレスにMacで使えるように。ますますiPhoneとMac間の連携が便利になりますね。スキャナ的な使い方も出来るようですよ。FaceTimeも進化していますね。

macOS mojave Facetime

 

そして、iOSから派生した新アプリ「株価」「ニュース」「ボイスメモ」「ホーム」がMacのアプリとして追加されました。これはありがたい。ちなみに「App Store」のデザインもリニューアルされるようです。

macOS mojave App Storeがリニューアル

ただし、残念ながらiOSとmacOSの統合は無し!とハッキリ断言されました。無念!

 

「watchOS 5」は初代Apple Watchに非対応!トランシーバー機能が気になる!

「watchOS 5」は初代Apple Watchに非対応!トランシーバー機能が気になる!

続いてApple Watchの「watchOS 5」について。

個人的に注目なのは、Apple Watch同士で音声通話ができる新機能「Walkie-Talkie」。押している間だけ通話が可能で、まるで「トランシーバー」のようだと話題になっています。これはセルラー回線とWi-Fiで利用可能。個人的にはサバゲーの時に使ってみたい!セルラーモデルのApple Watchが売れるかも?

他にも、心拍数の増加に合わせて自動的にワークアウトを検出する機能や、別のApple Watchユーザーを誘って7日間のアクティビティ競争に挑めるようにもなります。また、アメリカ限定ですが、「学生用IDカード」となる機能も追加となります。日本でも使えるようになると良いですね。

そしてAppleは本日、「プライド」の新しい文字盤もリリースしています。Apple Watchユーザーは、Apple Watchアプリケーションの文字盤ギャラリーからダウンロードできます。興味のある方はどうぞ。そして、今回の「WWDC 2018」唯一の新製品「プライドエディションウーブンナイロン」バンドはすでに発売済みです。こちらも興味のある方はチェックしておきましょう。限定発売のようですよ。

なお、今回の「watchOS 5」から、初代Apple Watchが非対応となります。管理人も使用中ですが、そろそろ買い替えも検討しないといけませんね。

 

「tvOS 12」はDolby Atmosサポート!

「tvOS 12」はDolby Atmosサポート!

「tvOS 12」も各種アップデートが入ります。「tvOS 12」では、Dolby Atmosへの対応、お気に入りの番組や映画に簡単にアクセスできる便利な新機能、宇宙から撮影した息をのむほど美しい空撮映像で、「Apple TV 4K」が提供する映画体験を新しい次元に引き上げるとのこと。

中でも「Apple TV 4K」が「Dolby Atmos」に対応するのは大きなポイント。購入済みのコンテンツも、無料でDolby Atmos版にアップグレードできるそうです。大型の4K TVとホームシアターをセッティングすれば、至高の映画空間が出来上がりそうですね。

Apple TVユーザーお気に入りの空撮スクリーンセーバーが、「tvOS 12」で新次元に到達します。Appleは、国際宇宙ステーション米国国立研究所とCASIS(Center for Advancement of Science in Space)の協力を得て、NASAの宇宙飛行士が宇宙から撮影した新しい空撮映像を公開。これにより、Apple TVユーザは、4K HDRで撮影された、これまで以上に目を奪われる空撮シーンを楽しめるようになります。空撮スクリーンセーバーはよりインタラクティブになり、その位置情報を見たり、美しい空撮映像をスワイプで次々に切り替えたりすることが可能との事。これは単なるスクリーンセーバーの域を超え過ぎな気もしますね。

他にも、「iOS 12」の登場で、iPhoneやiPadからApple TVにパスワードをセキュアに自動入力できるようになり、Apple TVアプリケーションへのサインインが簡単になるとのこと。これは地味に有難い。

「tvOS 12」も今秋リリース予定です。

 

WWDC 2018 感想まとめ!

という事で、個人的に気になった「WWDC 2018」基調講演の内容を簡単にまとめてみました。ハードウェア関連の発表が無かったのは残念ですが、その分9月の発表に期待しましょう!

そして各OSのアップデートですが、見た目の大きな変化はないものの、より使い勝手を重視した堅実なアップデートという印象ですね。

iOS 12に関して一番評価したいのは、なんといってもiOS 11を使用中のデバイスがそのまま全てiOS 12にアップデート出来るという点。昨今デバイスの切り捨てが多かったので、これは嬉しいポイントです。そしてアプリなどの動作が高速化するというのも、古い機種を使用中のユーザーにとって喜ばしい進化ポイントなのではないでしょうか。

なお、今年はバッテリー劣化によるCPU速度抑制問題から、バッテリー交換がお得な価格(3,200円/対象機種のみ)で行えます。iPhone 6などのユーザーさんは要注目ですね。→Appleの公式ページへ

他に、AR関係が大きく進化している印象。まだまだ使っている人は少ないですが、今後は確実に浸透していきそうです。「Measure」アプリなどは便利そうなので、ぜひ使ってみたいと思います。

そしてmacOS Mojaveは、ダークモードが話題になっていますね。ファイルをグループ化してまとめてくれる「Stacks」なども便利そう。iOSアプリの移植も期待です。徐々に作業が行われていくそうですが、iPhoneで慣れ親しんだアプリがMacでも使えるのは嬉しいです。ただし、macOSとiOSの統合は“ない”そうなので、これは悲報ですかね。

次にwatchOS 5ですが、なんといっても「Walkie-Talkie」(トランシーバー機能)が興味津々!W-Fiだけでなく、セルラーでも使用可能との事なので、登山などのアウトドアやサバゲーなど、いろんな用途が考えられます。ただし、初代Apple Watchがついに非対応となったのは悲報。管理人もそろそろ買い替えを検討せねばなりませんね。

最後にtvOS 12ですが、こちらは4KモデルがDolby Atmosに対応するのは、一部ユーザーには朗報でしょう。そしてサインインが簡単になるのもありがたい。「Amazon Prime Video」アプリが来てから非常に稼働率が上がっている我が家の「Apple TV」ですが、後はApple Musicのミュージックビデオが充実することを祈っています。

以上、「WWDC 2018」基調講演の気になるポイントまとめでした!
ハードウェアの発表は残念ながらありませんでしたが、その分今後に期待が持てるとも言えます。9月の新型iPhone発表に向け、今後もますます期待が高まりますね!当サイトでも引き続き、気になる情報が入り次第、お伝えしていきたいと思います。

参考サイト:
新iPhoneを先取る「iOS12」知っておくべき10の新機能:WWDC2018|lifehacker
WWDC2018盛り上がった瞬間ベスト10|engadget
WWDC 2018まとめ:発表された12のコト|GIZMODO

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket

- Advertisement -

質問やご感想があればお気軽にどうぞ。コメントは管理人の承認後に表示されます。※メアドは非公開です。