Windows 10次期アップデート「RS5」の名称は「Windows 10 October 2018 Update」に決定!現時点の気になる新機能まとめ!

0
2484
「Windows 10 October 2018 Update」(RS5)の新機能まとめ!(暫定版)
Pocket

現在Windows 10は、1年に2回(春と秋)大型アップデートを行う開発サイクルになっています。現行のWindows 10は2018年4月末にリリースされた「April 2018 Update(1803)」で、開発中には「Redstone 4(RS4)」と呼ばれていました。次期大型アップデート「Redstone 5(RS5、バージョン 1809)」も順調に開発が進んでいる様子。

そんな中、Microsoftがベルリンで行なわれているIFA 2018にて、次期大型アップデートの名称が「Windows 10 October 2018 Update」になることを正式に発表しました!

いつもあれこれ直前まで噂されるので、今回のようにしっかり明言してもらえると、こうして記事にする立場からするとありがたいものです。

という事で、現状判明している「Windows 10 October 2018 Update」(RS5)の個人的に気になる新機能を簡単にまとめておきたいと思います。それにしてもつい先日アップデートが入ったばかりな気がしますが、半年に1回だとあっという間ですね。

- Advertisement -

「Windows 10 October 2018 Update」(RS5)の新機能まとめ!(暫定版)

「Windows 10 October 2018 Update」(RS5)の新機能まとめ!(暫定版)

現時点で判明している「Windows 10 October 2018 Update」(RS5)の新機能をまとめておきますが、あくまでも開発段階の情報であり、今後削除されたり変更になる可能性もあります。場合によっては搭載が間に合わず、次々回のアップデートで採用になる機能もあるかもしれません。あくまでも暫定的なご紹介になることをご承知おきください。

■「File Explorer」のダークモードオプションの搭載。

■UNIX/Linuxの改行コードと「Macintosh」の改行コードに対応!「メモ帳」も大幅進化!

■複数のアプリを単一ウィンドウ上でタブ化できる「Sets」。(ただし、RS5に間に合うかは未定)

■新しいスクリーンショットツール「画面スケッチ(Screen snip/Screen Sketch)」
参考:「Snipping Tool」は廃止へ ~「Windows 10 RS5」でスクショの取り方はこうなる!|窓の杜

■クリップボード機能が進化!デバイスをまたがってコンテンツコピーが可能に。よく利用する項目のピン留めも可能。将来的にはAndroid, iPhone, iPadの「SwiftKey keyboard」アプリを介して端末間のデータ共有を目指しています。
参考:「Windows 10 Redstone 5」プレビューに新たなクリップボード機能|CNET

■タッチ操作向けのSwiftKeyキーボードへの対応。

■スマホと同期して写真や各種通知、SMSを共有する「Your Phone」機能の搭載。Androidではアプリが利用可能だが、iPhoneでは未定。

■スタートメニューでの検索時にプレビューが利用可能に。

■Windows Updateの再起動タイミングが賢くなる?PCの利用中は再起動を控え、離席などのPCを使用していない時に再起動を行う。
ただし、「アクティブ時間」も活用するのがおすすめ。指定した時間は再起動が行われなくなります。【設定>更新とセキュリティ>Windows Update>アクティブ時間を変更します】

■「ゲームバー」が機能強化。

■外付けGPUを安全に取り外す際の、新しい「安全な取り外し」通知機能が搭載。

■Microsoft Edgeの機能が多数追加。メディアの自動再生管理や、Windows Helloを使ってのWebサイトログイン(WebAuthn)など。

■HDRディスプレイのセットアップが簡単に。

■「Windows Defender セキュリティ センター」 の名称がシンプルに「Windows Security」へ変更。機能強化も図られる模様。

■テキストサイズのみを大きくすることが可能に。

■「Windows Mixed Reality」の改善。

■「タスクマネージャー」に新たに「Power usage」と「Power usage trend」の2項目が追加。よりCPU, GPU & Diskの電力消費量の確認が容易に。

■Fluent Designのアクリル素材(半透明)効果をUIの各所に採用。

■レジストリエディタの改良。

■Emoji 11(157の新しい絵文字)のサポート。

その他多数の変更点、改良があります。詳細な内容は以下のサイトも参考にどうぞ。

参考:
What’s New in Windows 10’s October 2018 Update|How-To Geek
Announcing Windows 10 Insider Preview Build 17704|Windows Blog
Windows 10次期大型アップデート「RS5」はどうなる? 開発中盤のまとめ|ITmedia

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket

- Advertisement -

質問やご感想があればお気軽にどうぞ。コメントは管理人の承認後に表示されます。※メアドは非公開です。