WWDC 2019 まとめ!iOS 13はiPhone 5s, 6サポートせず!iPadOS爆誕!iPadがMacのサブディスプレイに!など気になる話題まとめ!

WWDC 2019 まとめ!iOS 13はiPhone 5s, 6サポートせず!iPadOS爆誕!iPadがMacのサブディスプレイに!など気になる話題まとめ! Apple Tips

日本時間6月4日(火)午前2時より、いよいよAppleファン待望の開発者向け会議「Worldwide Developers Conference 2019(WWDC19)」が開始となりました!

今年も昨年同様、各OSのアップデートがメインでしたが、新型「Mac Pro」や、噂の6K/32インチのApple純正ディスプレイ「Pro Display XDR」なども発表されました。

OSに関しては、iOS 13はついにiPhone 5s, iPhone 6がサポート対象外となりましたが、根強い人気のiPhone SEはiOS 13の対応機種に入っています。これにはホッとした人も多いのではないでしょうか。また、突如iPad専用のiPadOSが発表されたのには驚きましたし、iPadがMacのサブディスプレイ/液タブとして使えるようになるのは嬉しいアップデートだと思います。tvOS 13でPS4のコントローラーに対応したのも地味に嬉しい。

という事で、本日はサクッとWWDC 2019の気になるポイントと、iOS 13/ iPad OS/ macOS Catalina/ watchOS 6/ tvOS 13にアップデート可能な対応機種一覧をまとめておきます。良かったら参考にしてみてくださいね。

- Advertisement -
- Advertisement -

iOS 13発表!高速化やダークモードの搭載、「Sign in with Apple」機能など盛り沢山!ただしiPhone 5s, 6はサポート対象外に。

iOS 13発表!高速化やダークモードの搭載、「Sign in with Apple」機能など盛り沢山!ただしiPhone 5s, 6はサポート対象外に。

iPhoneユーザーなら非常に気になる、最新の「iOS 13」が発表されました!

まず、様々な最適化やアプリサイズの低減などにより、従来よりもアプリの起動スピードが2倍、FaceIDのアンロックが30%高速化、アプリのダウンロード速度も60%高速化されるそうです。日常のiPhone使用において、地味ですが非常に効果的な改良ポイントだと思います。

後はダークモードの搭載やプライバシー保護機能の強化、カメラアプリの強化(フォトスタジオのように光の当たる角度を調節可能な新オプションの搭載など)、Google IDのようにSNSでのサインインなどに使用できる、「Sign in with Apple」機能など、様々な機能追加や改良が行われています。

また、個人的に面白いなと思ったのが「プライベートリレー」という機能。実際に使っていないのでまだ詳細は分かりませんが、メールにランダムなアドレスを付与することで、各種サービスへ匿名のメールアドレスで登録できるようになるようです。不要になったら個別に無効化もできるよう。従来までもGmailで似たようなことはできましたが、OS側で自動的に処理してくれるなら非常に有益な機能となるかもしれません。

ただし、残念なお知らせも。前回の「iOS 12」では、サポート切れとなるデバイスはありませんでしたが、今回の「iOS 13」では、iPhone 5sとiPhone 6がサポート対象外となります。現在でも特にiPhone 6などは現役で使用している方も多いかと思うので、使用中のユーザーは買い替えなどを検討する必要があるかもしれませんね。

※参考:どうして古いiOSを使っている人がいるの?問題ないの?-いまさら聞けないiPhoneのなぜ|マイナビニュース

 

iOS 13にアップデート可能な対応機種一覧

iOS 13にアップデート可能な対応機種一覧

iOS 13にアップデート可能な対応機種一覧は以下の通りです。

  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE
  • iPod touch (7th generation)

引用元:iOS 13 Preview

 

iPadOS爆誕!よりPCライクな操作が可能に!

iPadOS爆誕!よりPCライクな操作が可能に!

個人的に驚いたのが、iPad専用OS「iPadOS」の誕生でした。

従来までもiPhoneとは徐々に機能面で差別化されていましたが、ついにここに来てiPhoneやiPod Touch向けのiOS 13と、iPad専用のiPadOSに実質分かれることに。勿論ベースはiOS 13なのですが、よりPCライクな操作が可能になるなど、使いやすさが大幅にアップしてきてかなり便利そうです。
例えば、「Split View」が進化して同じアプリを2つ並べることが可能になったり、USBメモリやSDカード等の外部ストレージのデータ読み込みが「ファイル」アプリで可能になったり、ウィジェットがホーム画面上に表示されるなど、これはなかなか便利そう!
今後は簡単な作業なら、ノートパソコンが無くてもiPadだけで十分代用できそうな感じもしますね。

 

iPadOSにアップデート可能な対応機種一覧

iPadOSにアップデート可能な対応機種一覧

iPadOSにアップデート可能な対応機種一覧は以下の通りです。

  • 12.9-inch iPad Pro
  • 11-inch iPad Pro
  • 10.5-inch iPad Pro
  • 9.7-inch iPad Pro
  • iPad (6th generation)
  • iPad (5th generation)
  • iPad mini (5th generation)
  • iPad mini 4
  • iPad Air (3rd generation)
  • iPad Air 2

引用元:iPadOS Preview

 

macOS 10.15のOSネームは「Catalina」に。iPadをサブディスプレイ化できる「Sidecar」が便利そう!iTunesは3分割。

macOS 10.15のOSネームは「Catalina」に。iPadをサブディスプレイ化できる「Sidecar」が便利そう!iTunesは3分割。

macOSの最新バージョンも公開されました。OSネームは「Catalina」です。

まず大きな話題としては、「iTunes」が「ミュージック」「Podcast」「Apple TV」の3つに分離されることでしょう。ついにiTunesの終焉か、とネットでは話題になっていますが、Windowsでは引き続きiTunesが提供されるようです。

そして気になる新機能としては、iPadをサブディスプレイ化できる「Sidecar」が挙げられます。iPadをワイヤレスでMacと接続でき、Apple Pencilを使ったお絵描きなども勿論可能。これならわざわざ液タブを買い足す必要もなくなりますね。従来までもサードパーティアプリはリリースされていましたが、Appleが公式に無料で提供するというのは、非常に大きな意味があると思います。これは素直に嬉しい。

他にも、体が不自由な人向けに音声コントロール機能が強化されたり、セキュリティ機能の強化、アプリの使用時間の統計などが簡単に確認できる「スクリーンタイム」機能の搭載、「Project Catalyst」によってiPadアプリをMacへ簡単に移植が可能に、など、多数の話題があります。Macユーザーは楽しみですね!

 

macOS Catalinaにアップデート可能な対応機種一覧

macOS Catalinaにアップデート可能な対応機種一覧

macOS Catalinaにアップデート可能な対応機種一覧は以下の通りです。

  • MacBook 2015 and later
  • MacBook Air 2012 and later
  • MacBook Pro 2012 and later
  • Mac mini 2012 and later
  • iMac 2012 and later
  • iMac Pro 2017 and later
  • Mac Pro 2013 and later

引用元:macOS Preview

 

watchOS 6:新しいウォッチフェイスやApple Watch向けのApp Storeの登場など。

watchOS 6:新しいウォッチフェイスやApple Watch向けのApp Storeの登場など。

Apple Watch向けの「watchOS 6」も順当にアップデートされています。

今回は様々な新しいウォッチフェイスが搭載されたり、新たに独立したApple Watch向けの「App Store」が登場したのは大きな意味があるかも。また、女性向けに生理周期を管理できる「サイクルトラッキング」アプリも大々的に紹介されています。

watchOS 6:生理周期トラッカー

個人的には「計算機」アプリは意外と便利そう。他にも騒音レベルを測定する機能もあり、ウォッチフェイスへの追加も可能なようです。どんどん便利に進化していますね。

watchOS 6:計算機アプリ

 

watchOS 6にアップデート可能な対応するApple Watch一覧

watchOS 6にアップデート可能な対応するApple Watch一覧

watchOS 6にアップデート可能な対応するApple Watch一覧は以下の通りです。ただし、watchOS 6を使うには、iOS 13以上にアップデート可能なiPhone 6s以降が必須となります。

  • Apple Watch Series 1
  • Apple Watch Series 2
  • Apple Watch Series 3
  • Apple Watch Series 4

引用元:watchOS 6

 

tvOS 13:マルチユーザーサポートやPS4のコントローラーに対応など

tvOS 13:マルチユーザーサポートやPS4のコントローラーに対応など

続いては「tvOS 13」について。こちらはそれほど目立った機能追加はないものの、「Control Center」でマルチユーザーをサポート。家族ごとによりパーソナライズされたコンテンツを手軽に楽しめるようになります。

個人的な注目ポイントは、tvOS 13でXbox One SとPlayStation DualShock 4のコントローラーに対応したことが挙げられます。秋にスタート予定の、ゲームの定額サブスク「Apple Arcade」にも対応しているそうなので、これでやっとまともにApple TVでもゲームが快適に遊べるようになるかもしれません。

 

tvOS 13にアップデート可能な対応機種一覧

tvOS 13にアップデート可能な対応機種一覧は以下の通りです。

  • Apple TV 4K
  • Apple TV HD

引用元:tvOS 13 powers the most personal cinematic experience ever

 

「WWDC19」で発表されたハードウェアまとめ!新型「Mac Pro」発表!6K/32インチのApple純正ディスプレイ「Pro Display XDR」も!

「WWDC19」で発表されたハードウェアまとめ!新型「Mac Pro」発表!6K/32インチのApple純正ディスプレイ「Pro Display XDR」も!

最後に、「WWDC19」で発表されたハードウェアについてまとめておきます。

まずは新型「Mac Pro」、お値段なんと5,999ドルから!最低価格でこれなので、完全にプロユースですね。うーん、凄すぎます。ちなみに28 Coreモデルの場合、【56 threads/2.5GHz base/4.4GHz turbo boost/66.5MB cache】となっていました。

Mac Pro 2019年モデル

 

そして、以前から噂されていた久しぶりのApple純正ディスプレイも発表されました。6K/32インチのApple純正ディスプレイ「Pro Display XDR」です。性能は凄いしデザインも素晴らしいのですが、お値段もこれまた凄くて、標準ガラスモデルが4,999ドル、ナノテクスチャガラスモデルが5,999ドル、どちらもVESAマウントアダプター(199ドル)とプロスタンド(999ドル)は別売となっています。

Pro Display XDR

引用元:Apple unveils powerful,all-new Mac Pro and groundbreaking Pro Display XDR

他にも、Apple Watchの新色バンドやiPhone XS、XS Max用のシリコーンケースも追加されているようです。

以上、「WWDC 2019」のまとめでした!

参考サイト:GIZMODO

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

タイトルとURLをコピーしました