2020年(令和2年/子年)の年賀状無料素材/イラスト/テンプレートまとめ!年賀状作成に役立つフリーソフトや無料アプリもご紹介!

2020年(令和2年/子年)の年賀状無料素材/イラスト/テンプレートまとめ!年賀状作成に役立つフリーソフトや無料アプリもご紹介!enjoypclife

いよいよ2020年(令和2年)子(ねずみ)の年賀状が郵便局から発売開始になりました!この年賀状発売イベントがあると、「年末が近づいてきたなあ」と毎年感じます。

という事で、こちらも毎年恒例ですが、2020年(令和2年)子(ねずみ)の年賀状無料テンプレート/素材/イラスト配布サイトをまとめてみました。これから年賀状を作成する際にぜひご利用ください。
特に郵便局の年賀状無料テンプレートはいつも通りなかなかハイクオリティで、様々な無料テンプレートが用意されています。これならわざわざ素材集を買わなくてもよさそう。

また、併せて年賀状作成に便利なパソコン用フリーソフトや、iPhone, iPad, Androidで使える年賀状作成アプリもまとめています。ぜひこちらもご活用ください。

ちなみに年賀状の配達受け付けは12月15日(日)からで、元日(1月1日)に年賀状を届けるためには2019年12月25日(水)までに投函すると良いそうです。それと、今年も経費削減で1月2日の年賀状配達は無いようです。

そして、みんな楽しみな年賀状当選番号の抽選・発表は、2020年1月19日(日)です。今年のお年玉商品は、特等が「東京2020オリンピック招待チケット」、1等が「現金30万円又は電子マネー31万円分」、2等が「ふるさと小包等」、3等が「お年玉切手シート」となっています。皆さん、貰った年賀状は大切に保管しておきましょう。お年玉商品を確認するページへのリンクも紹介していますので、良かったご利用くださいね。

スポンサーリンク

2020年(令和2年)子(ねずみ)の年賀状無料テンプレート/素材/イラスト配布サイトまとめ

2020年(令和2年)子(ねずみ)の年賀状無料テンプレート/素材/イラスト配布サイトまとめ

2020年(令和2年)子(ねずみ)の年賀状無料テンプレート/素材/イラスト配布サイトをまとめてみました。ぜひ自分好みの無料テンプレートを見つけてみてくださいね!

 

年賀状クイックサーチ 2020|郵便局

年賀状クイックサーチ 2020|郵便局

2020年子(ねずみ)の無料年賀状テンプレート/素材/イラスト配布サイトの筆頭と言えば、やはりなんといっても郵便局の“年賀状クイックサーチ”でしょう!豊富な無料テンプレート・素材があり、写真フレーム、干支、賀詞なし、筆文字といった定番素材・テンプレートなどが多数用意されています。

とりあえず、まずは“年賀状クイックサーチ”で無料素材を探してみるのがおすすめです。

 

年賀状特集2020|EPSON

年賀状特集2020|EPSON

EPSONの公式サイトでも、無料で人気作家が手がけたクリエイターズ年賀状をはじめ、和風年賀状、洋風年賀状、写真フレーム年賀状など様々な年賀状素材が用意されています。EPSONのプリンターをお持ちの方はぜひ活用してみてください。

フリー素材のダウンロードは以下のページから可能です。※MyEPSONへのログインが必要です。

 

2020年子年 年賀状特集|Canon

2020年子年 年賀状特集|Canon

Canonも同じく、2020年子年の年賀状無料テンプレート/素材を大量に配布してくれています。こちらは誰でも利用できるので、Canonプリンターをお持ちでない方もぜひ活用してみてくださいね。

人気作家の年賀状、定番の年賀状、おしゃれな年賀状、ビジネス向けの年賀状、しかけ年賀状、年賀スタンプなどなど、様々な年賀状無料素材があり、かなり気合が入った作りになっています。クラフト素材もあるので、子供さんと一緒に作ってみるのも良いかもしれませんね。

 

年賀状特集2020|brother

年賀状特集2020|brother

brotherのホームページでも、2020年の年賀状無料テンプレート素材が配布されています。こちらではベーシック年賀状、カジュアル年賀状、フォトフレーム年賀状、年賀スタンプが用意されており、なかなかテンプレートの数も多いです。ぜひ一度ご覧ください。brotherのプリンターも良いですよね。

 

2020年 年賀状作成・印刷に役立つおすすめフリーソフト・アプリまとめ

2020年 年賀状作成・印刷に役立つおすすめフリーソフト・アプリまとめ

2020年(令和2年)子(ねずみ)の年賀状作成・印刷に役立つおすすめフリーソフト・アプリをまとめてみました。

 

はがきデザインキット2020|郵便局

はがきデザインキット2020|郵便局

“はがきデザインキット2020”は、郵便局が配布している無料の年賀状作成ソフト・アプリです。

今年は以下の3タイプが用意されています。

ウェブ版:オンラインでデザイン、印刷・投かんしたい方向け
インストール版:パソコンを使用し、あて名面含め、ご自宅で印刷したい方向け
スマホアプリ版:スマホから手軽に印刷・投かんしたい方向け

“はがきデザインキット2020”の使い方は、下記の公式ページを参考にどうぞ。

 

はがきデザインキット2020 年賀状や宛名をかんたん印刷
カテゴリ: ライフスタイル, ユーティリティ
iPhone/iPadの両方に対応
無料 ※価格は記事掲載時のものです。

アプリをダウンロードする

はがきデザインキット2017|年賀状、ポストカードを簡単印刷

 

スマホでカラリオ年賀2020|EPSON

EPSONのプリンタを持ちの方で、スマホで年賀状を作成するなら、こちらの無料アプリをお試しください。

スマホでカラリオ年賀
カテゴリ: ライフスタイル, 写真/ビデオ
iPhone/iPadの両方に対応
無料 ※価格は記事掲載時のものです。

アプリをダウンロードする

Google Play Store ダウンロード

 

gimp2

gimp

こちらは年賀状作成ソフトではありませんが、高機能な画像編集ソフトです。よりオリジナリティーあふれる年賀状を作成したいという方は、ぜひ挑戦してみてくださいね。使いこなせばプロ並みの画像が作れると思いますよ。

ダウンロード方法などは過去記事で解説しています。

 

有料で良ければ年賀状作成ソフトは“筆王”がおすすめ!

有料で良ければ年賀状作成ソフトは“筆王”がおすすめ!

個人的に年賀状作成で愛用しているのが、この定番年賀状作成ソフト“筆王”です。

やはり年賀状専用ソフトという事もあり、操作性に優れ、収録されている文字/フォント・イラスト・テンプレートなどが豊富です。住所録の管理ソフトとしてもおすすめ。より本格的な凝った年賀状を作成したい方におすすめです。一旦購入しておけば、素材(家族写真など)さえ用意できれば毎年買い替えなくても大丈夫ですよ。

 

お年玉商品の内容&年賀状当選番号確認ページの紹介

2020年(令和2年)の年賀状お年玉商品の内容と、年賀状当選番号確認ページをご紹介しておきます。

等級商品名当選の割合
特等東京2020オリンピックご招待
(開会式又は閉会式ペアチケット)
4本
(開会式・閉会式各2本)
東京2020オリンピックご招待
(競技観戦ペアチケット)
1,000万本に1本
1等(下6けた)現金30万円又は
電子マネー31万円分
100万本に1本
2等(下4けた)ふるさと小包等1万本に1本
3等(下2けた)お年玉切手シート100本に3本

ちなみに年賀状当選番号の抽選・発表は2020年1月19日(日)です。届いた年賀状は、忘れずに確認しておきましょう。

 

我が家の家族写真入り年賀状の作成方法:SNS(LINEなど)やメールで年賀状を送る際にも便利!

我が家の家族写真入り年賀状の作成方法:SNS(LINEなど)やメールで年賀状を送る際にも便利!

我が家では毎年、子供の写真を中心に年賀状を作成しています。最近はプリンターの性能も上がっていますが、インク代や仕上がりを考え、我が家ではいつも写真データを「gimp2」で作成し、それを「カメラのキタムラ」の「自分でデザインする年賀状」でプリントしてもらっています。年賀状を買う手間もないし、基本料金も安くておすすめです!

また、一度印刷用のデータを作れば、これをLINEやメール、SNSなどで送付することも可能です。ぜひ皆さん挑戦してみてくださいね!

基本的な使い方はこんな感じ。

  1. 使う写真(家族写真など)を選別
  2. 年賀状作成ソフトを起動。我が家では「筆王」を使用していますが、「ペイント」や「GIMP」などでも問題ありません。
  3. 写真を開き、適正なサイズに合わせる。(下記参照/必要に応じてトリミング)
  4. 文字などを装飾。場合によっては無料の年賀状素材を活用しても良いでしょう。
  5. 保存

という流れでオリジナル年賀状を作っています。後は作成した写真データを「カメラのキタムラ」に送信して申し込むだけ。慣れれば非常に簡単です。

また、この作成した年賀状データをLINEやメールで送れば、簡易の年賀状としても喜ばれると思いますよ。

最適なサイズと受付できる画像形式/画像データ作成上の注意
■画像形式:JPEG
■解像度:300dpi
■カラーモード:RGB
タテ型の場合 ヨコ 1,228×タテ 1,748ピクセル
ヨコ型の場合 ヨコ 1,748×タテ 1,228ピクセル
■画像や文字がカットされないことが保証されるエリアは、中心部より1,098x1,666ピクセル
■文章で使う文字サイズは10ポイントがおすすめ
【自分でデザインする年賀状】の概略
■基本料金:1,000円(税込1,100円)
■12/6まで早割で10%オフ!
プリント料金:46円/枚(税込50円)
※通常50円(税込55円)
※はがき代(63円)は別途必要
■宛名プリント料金:30円/枚(税込33円)※宛名同時印刷を希望する場合のみ必要
■仕上がり 約7日
■送料:無料(通常440円)

簡単に計算すれば、例えば30枚の年賀状を作る(宛名プリント無し)となると【1,100円+50円×30+63円×30=4,490円】となります。仕上がりは光沢があり、なかなか良い感じ。家庭用プリンターでの印刷代金と比較し、ご自身の環境に応じて検討してみてくださいね。

なお、申し込みの際には必要枚数+αで若干多めに注文しておくのがおすすめ。思わぬ人から年賀状が届いた際などに余裕があると便利ですよ。勿論、必要枚数きっちり申し込み、追加分は家にあるプリンターで印刷でも良いと思います。

 

年賀状作成はお早めに!

年賀状作成はお早めに!

管理人は毎年「まだ時間があるから明日でいいや」の繰り返しで、いつも年賀状の投函がギリギリになりがちです。

そしていざ年賀状作りを始めてみると、去年使っていた年賀状作成ソフトの使い方が分からなくなっていたり、素材集めに苦労したり、住所の訂正や確認に手間取ったりと、意外と時間も手間もかかるものです。

という事で、皆さん早めに年賀状を作成し、余裕を持って年末を過ごしましょう。今回の記事が少しでもお役に立てば光栄です。

コメント

  1. jan より:

    いろいろ紹介してくださって、ありがとうございます。私は年賀状はパソコンで作って、印刷しています。私も「筆王」を使っています。バージョンは、買ったときはVer.19のものです。今はVer.20になっています。多少古くてもいいんです。デザインは、郵便局の「はがきデザインキット2020」を参考にしたいと思います。早めに始めないと、またギリギリになってから、あわてて作ることになってしまいます。今年こそは、早く(笑)。

    • よっしー より:

      同じく古いバージョンの「筆王」をそのまま使っていますね。やはり文字や住所録など、年賀状専用ソフトだけあって使いやすい印象です。
      自分も今年こそは余裕を持って年賀状作成できるよう頑張ってみます💦

タイトルとURLをコピーしました