楽天モバイルが4月8日より正式サービス開始。月額2,980円で通話もデータも使い放題&300万人1年間無料!ただし注意点も。

楽天モバイルが4月8日より正式サービスを開始。月額2,980円で通話もデータも使い放題&300万人1年間無料!ただし注意点も。news
スポンサーリンク

楽天モバイルが2020年4月8日より、MNOサービスを正式に開始することを発表しました。

料金プランも斬新で、なんと「Rakuten UN-LIMIT」1種のみ。※1
通話もデータ通信も使い放題で月額2,980円(税抜)というのはかなりインパクトのある料金設定だと思います。しかも300万人は1年間無料!

凄い!やったね楽天!すぐ乗り換えるわ!

と思った人はちょっと待った。実はこれには色々制約があり、現時点の情報を知れば知るほど「ちょっと契約するのはやめておこう、、、」と自分(愛媛在住)は感じてしまいました。

とりあえず現時点の“楽天モバイル”「Rakuten UN-LIMIT」に関する情報をまとめておくので、皆さんよーく検討して契約するかどうか考えてみてくださいね。

※1 楽天モバイルのMVNOで契約している方の場合のみ、契約時期や契約プランによって別のプランが選択できるようになるようです。詳細は以下のページでご確認ください。

※記事の内容は2020年3月4日、記事執筆時点のものです。楽天モバイルのサービスエリアや通信状況の最新の情報は、公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

楽天モバイル「UN-LIMIT」に関する料金やサービスに関する情報まとめ

【Rakuten UN-LIMIT】がアップデート!au回線の上限が5GBにアップ&超過後の通信速度も1Mbpsにアップ!

まずは楽天モバイル「UN-LIMIT」に関する料金やサービスに関する情報についてまとめておきます。

料金プランUN-LIMIT
月額2,980円(税抜き)
※300万名は1年間無料(人数は増減の可能性あり/先着順ではない)
※お1人様1回線1度のみ対象
※オプション料/通話料は別費用
契約事務手数料3300円(税込み)
※「Rakuten Link」アプリの利用を条件に「楽天スーパーポイント」にて3300ポイント還元
データ通信■国内/楽天回線エリア:完全データ使い放題(楽天基地局に接続時)
■国内/パートナーエリア:データ容量5GB
※5GB超過後は最大1Mbps、データ容量の追加は1GB500円(税抜き)
■海外:データ容量2GB
※2GB超過後は最大128Kbps、データ容量の追加は1GB500円(税抜き)
通話/SMS
※「Rakuten Link」アプリ利用時
■国内通話かけ放題
■海外→国内通話かけ放題
■国内/海外→海外通話:有料オプション980円/月(税抜き)でかけ放題
■SMS:国内・海外使い放題
通話/SMS
※アプリ未使用時
■国内通話:30秒/20円(※国際通話は従量課金)
■SMS:詳細は下記公式サイトでご確認を。
Rakuten UN-LIMIT(料金プラン) | 楽天モバイル
楽天モバイル料金プラン「Rakuten UN-LIMIT(ラクテンアンリミット)」。300万名様対象で月額2,980円が一年無料。楽天回線エリア完全使い放題、Rakuten Linkアプリで国内通話かけ放題。海外でもおトクに。※ラクテンアンリミテッドではありません。
楽天ユーザー向け特典楽天スーパーポイント(R SPU):+1倍

※パートナーエリアのデータ容量5GB/月は4月22日より。(それまでは2GB/月)
※パートナーエリアのデータ容量超過後の通信速度最大1Mbpsは4月8日より。

 

楽天モバイル「UN-LIMIT」は現時点で新規申し込みのみ受付中。以下のページ、もしくは店頭からどうぞ。

 

MPN、および現時点で楽天のMVNOを契約中の方は、2020年4月8日より申し込み開始。5G通信サービスは6月から開始予定だそうですが、料金プランなどは現時点で不明。

 

楽天モバイル「UN-LIMIT」のお得なポイント

楽天モバイル「UN-LIMIT」のお得なポイントは以下の通り。

楽天モバイル「UN-LIMIT」の特徴

300万名限定で、Rakuten Linkの利用で事務手数料3,300円相当を全額楽天ポイントで還元。実質事務手数料無料に。

※300万名は増減の可能性あり。
※開通日の翌月末までにRakuten Linkのアクティベート(SMS認証完了)した方が対象
※無料サポータープログラムからのプラン変更の方は対象外

 

オンラインからの申し込みなら、2020年6月30日まで楽天ポイントで3,000ポイントプレゼント。

※2020年3月3日~6月30日の期間内に、オンライン経由でRakuten UN-LIMITを申し込みされた方
※8月31日までに、Rakuten Linkのアクティベート(SMS認証完了)した方

 

Rakuten UN-LIMITは【SIMロックフリー】【最低利用期間無し】【契約解除料無し】となっています。

画像引用元:楽天モバイル

 

Rakuten Link とは?対応機種は?

Rakuten Link とは?対応機種は?

「Rakuten Link」とは、国内通話/国際通話/国内SMS/国際SMS/メッセージ/グループチャット/連絡先の登録・管理が可能なスーパーコミュニケーションアプリです。

現時点ではiPhoneとAndroidの一部端末のみ対応しています。詳細アプリの内容や対応機種については以下の楽天モバイル公式ページでご確認ください。

 

「Rakuten Link」アプリのダウンロードページはこちら。

Rakuten Link 1.0(無料)
カテゴリ: ユーティリティ
販売元: Rakuten, Inc. – Rakuten, Inc.(サイズ: 152.8 MB)
無料 ※価格は記事掲載時のものです。

App Store 

 

楽天モバイル「UN-LIMIT」のメリット/デメリットまとめ

現時点での楽天モバイル「UN-LIMIT」のメリット/デメリットをまとめておきます。通信状況に関してはネットでの情報を元にしており、使用する端末やサービス時期で異なる場合もあるかと思います。あくまでも参考程度にどうぞ。

楽天モバイル「UN-LIMIT」のメリット
■プランが原則1種だけなので契約時に困らない。(海外通話定額などの別途オプションはあり)
■制限はあるものの、月額2,980円(税抜)でのデータ無制限使い放題/通話し放題は魅力的。
■300万名1年間無料に当選すればかなりお得。
楽天モバイル「UN-LIMIT」のデメリット
■通信品質にやや不安あり。「無料サポータープログラム」の際には通信障害も数回発生しており、総務省から行政指導も受けている。
(参考リンク:楽天モバイルで再び通信障害 約2時間で復旧、原因は調査中|ITmedia NEWS
■楽天回線エリアが現時点では非常に狭い。(東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都のユーザーなら良いかも)
■パートナー回線(au)エリアだと実質5GB/通話し放題(「Rakuten Link」アプリ使用)で2,980円となり、MVNOで契約したほうがお得な場合も。例えばUQモバイルだと、通話かけ放題ではありませんが、3GBで1,980円、10GBで2,980円のプランがあります。
■楽天回線エリア内でも地下鉄や屋内などではパートナーエリアに切り替わる場合も。
■楽天回線/パートナー回線の利用状況は「my 楽天モバイル」を利用しないと現時点では判別不能。「パートナー回線にはつながない」などの設定も現時点では不可。そのため、データ使い放題と安心していると通信制限が掛かる可能性も。
■「Rakuten Link」アプリ未対応のスマホはデメリットが多すぎるため、実質的にスマホ買い替えの必要あり?
■iPhoneでも「Rakuten Link」が利用可能となったが、緊急地震速報が届かないなど、一部機能に制限がある。
■300万名1年間無料に当選するかどうかが良く分からない。

参考サイト:EngadgetYahoo!

 

楽天モバイルの通信サービスエリア

楽天モバイルの通信サービスエリア

現時点の楽天モバイルの通信サービスエリアは、以下の楽天モバイル公式ページでご確認ください。
ちなみに濃いピンクが2020年3月4日時点での楽天モバイルのサービスエリアです。全国展開にはまだまだ時間が掛かりそうですね、、、

 

楽天モバイルの「UN-LIMIT」は魅力的だが、サービスエリアなどはよく確認を。

楽天モバイルの「UN-LIMIT」は魅力的だが、サービスエリアなどはよく確認を。

という事で、楽天モバイルのMNOサービスの「UN-LIMIT」プランについて、現状判明している点や現時点での楽天モバイルのサービス状況での問題点などをまとめてみました。

「UN-LIMIT」は確かにインパクトのあるサービスプランではありますが、都市部以外のauローミングでのサービス提供地域(パートナー回線)では、格安SIM(MVNOサービス)を契約したほうが料金的にはお得になる場合もあるかと思います。

また、まだまだ通信品質に不安が残るのも個人的には気になるところ。無料サポータープログラム(人数制限有り)時には大規模な通信障害も発生しており、果たして正式サービス開始後、大幅に増えるであろうユーザーに楽天モバイルの通信回線が耐えられるのかという不安もあります。

そして、300万名が1年間無料というのも個人的には引っ掛かるポイント。いきなり有料でサービスを開始して不具合が発生すると大きな不満が出ると思いますが、無料であれば「まあ無料だし、しょうがないか、、、」と思うユーザーも多いかもしれません。これは楽天側の自信の無さの裏返しのような気もしています。勘ぐりすぎかもしれませんが。

勿論、今後楽天回線エリアはどんどん増強されるでしょうし、サービスも安定度は増していくでしょう。それでもしばらくは様子を見た方が無難かなと個人的には感じています。サブのスマホ回線として利用するには良いでしょうが、メイン回線で利用するには現時点ではリスクが大きい気も。緊急時に通信障害が発生していて電話も通信も出来ないなんて恐ろしすぎますからね。

という事で、情報をまとめたらちょっとネガティブな記事になってしまいましたが、以下の条件に当てはまるならおすすめです。

■楽天回線のサービスエリア内で使用することが殆ど。
■多少通信障害が発生したとしても気にしない。
■データ通信を無制限に使いたい。(楽天回線のサービスエリア内)
■通話の使い放題に魅力を感じる。(「Rakuten Link」アプリを使用)
■月額2,980円に魅力を感じる。
■あわよくば1年間無料で使えるかも。

 

とりあえず、一番重要なのは楽天回線の提供エリアかどうかという点だと思います。エリアによってはUQモバイルなどのMVNO/格安SIMを契約した方がお得な場合もあるかと思うので、良く検討してみてくださいね。

コメント