Windows 10のVPN接続に不具合発生中。インターネット接続が出来ない場合も。

Windows 10のVPN接続に不具合発生中。インターネット接続が出来ない場合も。Windows 10
スポンサーリンク

Microsoftが3月26日、プロキシ/VPNを使用している一部Windows 10環境において、インターネット接続が制限されたり、全く接続できなくなる問題が発生していることを明らかにしました。

影響を受けるのは、2月27日にリリースされた「KB4535996」以降を適用済みのWindows 10やWindows Serverで、現時点では「PCを再起動」することで影響を軽減することが出来るとされています。

マイクロソフトも急遽定例外での修正アップデートを4月上旬に「Microsoft Update Catalog」でのみ提供予定としています。それまでは面倒ですが、PCの再起動でしのぎましょう。

【追記】Microsoftが急遽修正パッチを前倒しでリリースしました。詳細は以下の記事からご確認ください。

スポンサーリンク

不具合の内容:プロキシを使用しているデバイスで、インターネット接続の状態が制限されるか、または全く表示されない場合がある。

手動または自動設定のプロキシを使用しているデバイス、特に仮想プライベートネットワーク(VPN)を使用しているデバイスにおいて、VPN に接続または切断されたとき、または VPN 間で状態を変更した後に、通知領域のネットワーク接続状態表示インジケーター(NCSI)のインターネット接続状態が“制限付きアクセス”または“インターネットなし”となる不具合が発生しているようです。

この問題が発生するデバイスでは、WinHTTP または WinInet を使用するアプリケーションを使用してインターネット接続する際に問題が発生する可能性があります。

この状態のデバイスで影響を受ける可能性のあるアプリの例としては、Microsoft Teams、Microsoft Office、Office365、Outlook、Internet Explorer 11、および一部のバージョンのMicrosoft Edgeが挙げられますが、これらに限定はされず、他のアプリへの影響も想定されます。

 

不具合の原因とされる更新プログラム

※Microsoft公式ページでは「KB4535996」のみ表示されていますが、その後の3つの累積的な更新プログラムのいずれかが原因の可能性もあるようです。

 

不具合の影響を受けるプラットフォーム

  • Client:
    Windows 10, version 1909
    Windows 10, version 1903
    Windows 10, version 1809
    Windows 10 Enterprise LTSC 2019
    Windows 10, version 1803
    Windows 10, version 1709
  • Server:
    Windows Server, version 1909
    Windows Server, version 1903
    Windows Server, version 1809
    Windows Server 2019
    Windows Server, version 1803
    Windows Server, version 1709

 

不具合の修正予定

現時点では、4月上旬に「Microsoft Update Catalog」でのみ提供予定となっています。

【追記】Microsoftが急遽修正パッチを前倒しでリリースしました。詳細は以下の記事からご確認ください。

コメント