「Windows 10 2004 / 20H2」向けに不具合修正オプションパッチ「KB4601382」が配信開始。必要に応じてインストールを。

スポンサーリンク
「Windows 10 2004 / 20H2」向けに不具合修正オプションパッチ「KB4601382」が配信開始。必要に応じてインストールを。Microsoft Tips

Microsoftが2月24日、「Windows 10 May 2020 Update version 2004」と「Windows 10 October 2020 Update Version 20H2」向けに、新機能追加や各種不具合が修正されたオプションパッチ(通称“C”パッチ)「KB4601382」の配信を開始しました。

「KB4601382」はセキュリティ関係の修正は含まない品質改善の累積更新プログラムでオプションパッチとなっており、インストールは任意です。必要に応じて手動でインストール作業を行ってください。

「KB4601382」では、日本語IME入力モードをかなに設定した場合にホームキー、Ctrlキー、左矢印キーなど、一部のキーボードキーが機能しない場合がある、特定のハードウェア構成でゲームを開いた後の画面レンダリングの問題、特定の低遅延対応モニターでレンダリングするときにビデオ再生がちらつく可能性がある問題などが修正されています。他にも様々な不具合が修正されているので、気になる方はパッチを適用しておきましょう。

スポンサーリンク

「KB4601382」のアップデート内容

「KB4601382」の更新には、セキュリティ以外の各種品質改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

※現時点で英語での解説しかないので、簡易的なGoogle翻訳とDeepL翻訳でのご紹介となります。ご了承ください。詳細は元ページでご確認を。

 

Windows 10、バージョン2004

この非セキュリティアップデートには、品質の向上が含まれています。主な変更点は以下のとおりです。

  • Internet Explorer 11 で中国語言語パックを使用すると発生するメモリリークの問題に対処しました。
  • 特定のアプリケーションでデッドロックが発生する特定のCOM+コールアウトポリシーの問題に対処しました。
  • runasコマンドを使用すると、特定のWin32アプリケーションを別のユーザーとして開くことができないという問題に対処しました。
  • Windows Out of Box Experience(OOBE)中に予期しない画面が表示されるという問題に対処しました。
  • COMサーバーが複数のサブスクライバに並行してイベントを配信するとデッドロックが発生する可能性があるという問題に対処しました。
  • ディスプレイの詳細設定で、ハイダイナミックレンジ(HDR)ディスプレイで使用可能なリフレッシュレートが正しく表示されない問題に対処しました。
  • 特定のCADアプリケーションがOpenGLに依存している場合に、特定のCADアプリケーションを開くことができなくなる可能性があるという問題に対処しました。
  • 特定の低レイテンシーのモニタでレンダリングすると、ビデオ再生がちらつくことがあるという問題に対処しました。
  • 入力メソッド エディタ(IME)への文字列入力ができなくなることがある問題に対処しました。
  • リモートデスクトップセッションでDesktop Windows Manager(DWM)がハンドルと仮想メモリをリークするため、リソースを消耗するという問題がありました。
  • 起動時に停止エラーが発生するという問題に対処しました。
  • [設定] > [アカウント] > [サインインオプション]ページを開いたときに、Windows Hello for Business (WHfB)証明書信頼の展開が遅れることがあるという問題に対処しました。
  • ホームキー、Ctrlキー、左矢印キーなどの一部のキーボードキーが動作しないことがあるという問題に対処しました。この問題は、日本語IMEの入力モードを「かな」に設定した場合に発生します。
  • ユーザーアカウントのプロフィールから、以前に使用した写真の履歴を削除します。
  • システムロケールを変更した後にコンソールにサインインすると、誤った言語が表示されるという問題がありました。
  • PowerShell プラグインからのメッセージをフォーマットすると、Windows リモート管理(WinRM)のホストプロセスが動作しなくなるという問題がありました。
  • Windows Management Instrumentation (WMI) サービスで、セキュリティ設定が WMI 名前空間権限に適用されるたびにヒープリークが発生するという問題に対処しました。
  • 特定のハードウェア構成でゲームを開いた後の画面レンダリングの問題に対処しました。
  • User Experience Virtualization (UE-V) をオンにしたときに、ローミング設定があるアプリケーションの起動時間が改善されました。
  • 信頼されたMITレルムのプリンシパルがActive Directoryドメインコントローラ(DC)からのKerberosサービスチケットの取得に失敗する問題に対処しました。この問題は、CVE-2020-17049保護を含むWindowsアップデートをインストールし、PerfromTicketSignatureを1以上に構成したデバイスで発生します。これらの更新プログラムは、2020年11月10日から2020年12月8日の間にリリースされました。また、発呼者がUSER_NO_AUTH_DATA_REQUIREDフラグを提供せずにPACレスのチケット付与チケット(TGT)をエビデンスチケットとして提出すると、チケット取得にエラー「KRB_GENERIC_ERROR」が発生し、チケット取得に失敗します。
  • Microsoft Defender for EndpointのメモリとCPU使用率の高さに対処します。
  • Microsoft 365エンドポイントのデータ損失防止およびインサイダーリスク管理ソリューションの機能を強化します。
  • Microsoft Edgeを使用して信頼できないWebページを開こうとしたり、信頼できないMicrosoft Officeドキュメントを開こうとしたときに、エラーが表示される問題に対処します。エラーは、「WDAGレポート-コンテナ:エラー:0x80070003、拡張エラー:0x00000001」です。この問題は、.NETアップデートKB4565627をインストールした後に発生します。
  • wevtutil が XML ファイルを解析できないという問題に対処します。
  • 楕円曲線デジタル署名アルゴリズム(ECDSA)が165バイトではなく163バイトの無効な鍵を生成すると、エラーの報告に失敗する問題に対処しました。
  • 新しいChromiumベースのMicrosoftEdgeを割り当てられたアクセスシングルキオスクアプリとして使用するためのサポートを追加します。これで、単一のアプリキオスクのブレークアウトキーシーケンスをカスタマイズすることもできます。詳細については、「MicrosoftEdgeキオスクモードの構成」を参照してください。
  • 最大送信単位(MTU)よりも大きいUDP(User Datagram Protocol)ブロードキャストパケットに関する問題に対処しました。このようなパケットを受信したデバイスでは、チェックサムが有効ではないため、このようなパケットが破棄されます。
  • WinHTTP AutoProxy サービスが Proxy Auto-Configuration (PAC) ファイルの最大 Time To Live (TTL) に設定された値に準拠しないという問題に対処しました。これにより、キャッシュされたファイルが動的に更新されなくなります。
  • ユニバーサルプリントキューの選択可能な出力用紙タイプとして、適切なエンベロープメディアタイプを表示します。
  • Microsoft Internet Printing Protocol (IPP) クラスドライバを使用している場合に、プリンタのランダムな用紙サイズの表示を終了します。
  • Windows が更新されたプリンタ機能を取得して、ユーザーが選択可能な印刷オプションの適切なセットを持っていることを確認できるようにしました。
  • 特定のプリンタで、長辺の最初の給紙方向が長い印刷ジョブの穴あけパンチとステープルの位置のサポートが更新されました。
  • IKEEXT サービスが断続的に動作しなくなる可能性のある問題に対処しました。
  • 不揮発性メモリエクスプレス(NVMe)デバイスが適切な電源状態に入るのを妨げる可能性のある問題に対処します。
  • ネットワークファイルシステム(NFS)サービスを実行しているサーバー上のnfssvr.sysで停止エラー7Eが発生する可能性があるという問題に対処しました。
  • ユーザープロファイルサービスが遅いリンクまたは速いリンクを確実に検出できないという問題がありました。
  • 作業フォルダを使用しているときにメタデータロックの競合が発生する問題に対処しました。
  • 以下のように、新しいdfslogkeyを追加しました。
    ■キーパス:HKEY_LOCAL_MACHINE/SOFTWARE/MICROSOFT/dfslog
    ■RootShareAcquireSuccessEvent フィールドには、以下の可能な値があります。
    ・既定値 = 1; ログを有効にします。
    ・1 以外の値を指定すると、ログは無効になります。
    このキーが存在しない場合は、自動的に作成されます。レジストリの dfslog/RootShareAcquireSuccessEvent には、DFSN サービスの再起動が必要です。
  • クライアントからサーバーへの要求にチェックイン理由を追加することで、Open Mobile Alliance (OMA) デバイス管理 (DM) 同期プロトコルを更新します。チェックイン理由により、モバイルデバイス管理(MDM)サービスが同期セッションについてより適切な判断を下すことができるようになります。この変更により、OMA-DMサービスは、Windows OMA-DMクライアントとプロトコルバージョン4.0をネゴシエートする必要があります。
  • Windows Internet (WinINet) でのトークンバインディングをデフォルトでオフにします。
  • IPv6 クラスターのみを持つ環境でのフェイルオーバーの問題に対処します。フェイルオーバークラスタが 24 日以上実行されている場合、フェイルオーバーの試行が成功しなかったり、遅延したりする可能性があります。

以前のアップデートをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

 

Windows 10、バージョン20H2

この非セキュリティアップデートには、品質の改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

  • このビルドには、Windows 10, バージョン 2004 からのすべての改善が含まれています。
  • Dynamic Host Configuration Protocol (DHCP) サーバが返す無効な Web Proxy Auto-Discovery Protocol (WPAD) URL を無視する WinHTTP Web Proxy Auto-Discovery Service の機能が改善されました。

 

「KB4601382」の既知の不具合

「KB4601382」には以下の既知の不具合があります。

■症状:
Microsoft日本語入力方式エディター(IME)を使用して、ふりがな文字の入力を自動的に許可するアプリに漢字を入力すると、正しいふりがな文字が得られない場合があります。ふりがな文字を手動で入力する必要がある場合があります。
※影響を受けるアプリはImmGetCompositionString() 関数を使用してい ます。
■回避策:
現在、解決に取り組んでおり、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

■症状:
Windows 10、バージョン 1809 以降の Windows 10 からそれ以降のバージョンの Windows 10 にデバイスをアップデートすると、システム証明書およびユーザー証明書が失われる可能性があります。デバイスが影響を受けるのは、2020 年 9 月 16 日以降にリリースされた最新の累積更新プログラム (LCU) をすでにインストールしており、その後、2020 年 10 月 13 日以降にリリースされた LCU が統合されていないメディアまたはインストール ソースから、それ以降のバージョンの Windows 10 への更新を進めた場合のみです。これは主に、Windows Server Update Services (WSUS) や Microsoft Endpoint Configuration Manager などの更新管理ツールを使用して、管理対象のデバイスが古いバンドルやメディアを使用して更新された場合に発生します。また、最新の更新プログラムが統合されていない古い物理メディアやISOイメージを使用している場合にも発生する可能性があります。
注意:Windows Update for Business を使用しているデバイスや Windows Update に直接接続しているデバイスは影響を受けません。Windows Update に接続しているデバイスは、余分な手順を踏まずに、最新の LCU を含む最新バージョンの機能アップデートを常に受信している必要があります。
■回避策:
すでにお使いのデバイスでこの問題が発生している場合は、こちらの手順を使用して以前のバージョンの Windows に戻ることで、アンインストール ウィンドウ内でこの問題を緩和することができます。アンインストールウィンドウは、お使いの環境の設定やアップデート先のバージョンによっては、10日または30日の日数制限がかかる場合があります。問題が解決した後は、Windows 10のバージョンにアップデートする必要があります。注意 アンインストールウィンドウ内で、DISMコマンド/Set-OSUninstallWindowを使用して、以前のバージョンのWindows 10に戻る必要がある日数を増やすことができます。この変更は、デフォルトのアンインストールウィンドウが終了する前に行う必要があります。詳細については、DISM オペレーティング システムのアンインストール コマンドライン オプションを参照してください。
■修正状況:
解決に向けて作業を進めており、近日中に更新されたバンドルとリフレッシュされたメディアを提供する予定です。

 

Windows 10 2004 / 20H2:「KB4601382」の適用方法

Windows 10 2004 / 20H2向けのオプションパッチ「「KB4601382」の適用方法は以下の通りです。
※あくまでも“オプションパッチ”のため、必要に応じてインストール作業を行ってください。

 

Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手する場合は、以下の通り作業してください。

まずは「設定」アプリを開き「更新とセキュリティ」を開きます。

その後「Windows Update」を開き、【オプションの更新プログラムを表示があります】の項目にある「2020-09×64ベース システム用 Windows 10 Version 2004 の累積更新プログラム(KB4601382)」の下部にある【ダウンロードしてインストール】をクリックします。表示されない場合は【更新プログラムのチェック】をクリックしてください。

Windows 10 2004 / 20H2:「KB4601382」の適用方法

※上記は古い更新画像のため、最新版とは数値が異なります。

コメント

  1. jan より:

    オプションの「KB4601382」をインストールしました。あくる日電源オンしたら、ブルースクリーンです「デバイスに問題があり、なんとかかんとか」。これは「KB4601382」を入れたからかなと思って、アンインストールしようとしましたが、時間がかかるので「キャンセル」しました。ところが、システムにエラーが出ました。途中でキャンセルしたからかと思いました。あとでわかりましたが、もともとシステムが不安定にになっていたから、のようです。どうせ修理に出すから、ということで修復をいろいろ試みました。最後にこれでだめなら諦めよう、ということでやった修復で、劇的に直りました。あれほど困ったのに、あっけなく解決して、きつねにつままれたような気分です。とにかく、直ってよかったです。「KB4601382」はそのまま入れてあります。

    • よっしー より:

      お疲れさまでした!
      ブルースクリーン発生は焦りますよね💦 その後は無事復旧されたようで何よりです。
      また不具合などあればご報告いただければ幸いです😊