「Windows 10 2004 / 20H2」向けに新機能追加や各種不具合が修正されたオプションパッチ「KB4580364」が配信開始。必要に応じてインストールを。

「Windows 10 2004 / 20H2」向けに各種不具合が修正されたオプションパッチ「KB4580364」が配信開始。必要に応じてインストールを。Microsoft Tips

Microsoftが10月30日、「Windows 10 May 2020 Update version 2004」と「Windows 10 October 2020 Update Version 20H2」向けに、新機能追加や各種不具合が修正されたオプションパッチ「KB4580364」の配信を開始しました。

「KB4580364」はセキュリティ関係の修正は含まない品質改善の累積更新プログラムでオプションパッチとなっており、インストールは任意です。必要に応じて手動でインストール作業を行ってください。

「KB4580364」では、Windows 10のタスクバーにSkypeのZoom風機能「Meet Now」が新たに導入されます。近日中に利用可能となるとのこと。「Meet Now」はサインアップやダウンロードが不要で手軽にビデオ通話が利用できるので、今後はZoomの良きライバルとなるかもしれません。他にも様々な不具合が修正されています。

スポンサーリンク

「KB4580364」のアップデート内容

この更新には、セキュリティ以外の各種品質改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

※現時点で英語での解説しかないので、簡易的なGoogle翻訳とDeepL翻訳でのご紹介となります。ご了承ください。詳細は元ページでご確認を。

  • Windows 10のタスクバーに「Meet Now」を導入
  • グループ ポリシー環境設定を使用して Internet Explorer でホームページを構成する際の問題に対処しました。
  • 管理者がグループポリシーを使用して、Microsoft Edge IEモードのユーザーに対して[名前を付けてターゲットを保存]を有効にすることができるようになります。
  • Microsoft EdgeでMicrosoft Defender Application Guardを利用した際に、Internet Explorer 11から信頼できないURLのナビゲーションが出る問題に対処しました。
  • Windows 10デバイスのMicrosoft Edge 開発者ツールを使ってリモートデバッグした際に発生する問題に対処しました。
  • リモートデスクトッププロトコル(RDP)セッション中に5分以上画面に何も表示されないという問題に対処しました。
  • 特定のWindows仮想デスクトップ(WVD)ユーザーがファイルエクスプローラーを使用してファイルを検索できない問題に対処しました。
  • ペンを数時間使用した後にデバイスが応答しなくなるという問題に対処しました。
  • ウィンドウのWindow.Topmostプロパティに影響を与える余分なz-order処理が原因となり、アプリケーションが一時的に応答を停止する問題に対処しました。
  • Dynamic Data Exchange(DDE)アプリケーションが動作しなくなる可能性がある問題に対処しました。
  • リモートデスクトップサービス(RDS)を使用してアカウントに初めてサインインしたとき、または既存のユーザーセッションのロックを解除したときに発生する問題に対処しました。不正なパスワードを入力すると、現在のキーボードレイアウトがシステムのデフォルトのキーボードレイアウトに予期せず変更されるという問題がありました。このキーボードレイアウトの変更により、アカウントロックアウトのしきい値が低いドメインでは、サインインの試行に失敗したり、アカウントロックアウトが発生したりすることがありました。
  • 特定のプロセッサのCPU周波数が正しく表示されないという問題に対処しました。
  • PowerShell がレジストリを読み込み ScriptBlockLogging レジストリ キーがレジストリにあるかどうかを確認するときに発生するパフォーマンスの問題に対処しました。
  • WMIC.exe OS Get localdatetime/値を取得するコマンドによって返される時間フォーマットの時間オフセットがランダムに変更される問題に対処しました。
  • Microsoft User Experience Virtualization(UE-V)がMicrosoftOutlook署名を割り当てるのを妨げる問題に対処しました。
  • デバイス名やWindowsのバージョンが変更されたときに、Hybrid Azure Active Directoryに参加しているデバイスがポータル情報を更新できないという問題に対処しました。
  • Smart Cards for Windowsサービスの起動を妨げる可能性がある問題に対処しました。
  • 「Microsoft-Anntimalwar-UacScan」という名前の新しいMicrosoft Event Tracing for Windows(ETW)プロバイダを追加しました。このETWプロバイダーは、ETWプロバイダーマニフェスト内の各ユーザーアカウント制御(UAC)要求のコンテキストの詳細を報告します。
  • 認証にセキュアパスワード(EAP-MSCHAP v2)を使用し、「Windowsログオンユーザー名とパスワードを自動的に使用する」プロパティを有効にしている仮想プライベートネットワーク(VPN)接続の問題に対処しました。このタイプのVPNに接続すると、認証ダイアログボックスで資格情報の入力を誤って求められます。
  • diskpart ユーティリティで回復パーティションを表示するようになりました。
  • msiscsi.sys の停止エラー 0xd1 の原因となる問題に対処しました。この問題は、あるクラスタノードから別のクラスタノードに特定のアレイを移動するときに発生します。
  • アクティブな更新がない場合に IAutomaticUpdatesResults::get_LastInstallationSuccessDate メソッドが 1601/01/01 を返す問題に対処しました。
  • Windows Defender Application Control (WDAC) のデータプロバイダを使用して SQL Server に接続する際の Transport Layer Security (TLS) 1.1 および 1.2 プロトコルのサポートが追加されました。
  • プロセス外でロードするようにLinked Serverプロバイダを構成した際、パフォーマンスに問題が発生する可能性があるSQL Serverの問題に対処しました。
  • サードパーティのソフトウェアが LanmanServer カスタムファイルシステムコントロール(FSCTL)を使用している場合、Windows のパフォーマンスを低下させ、LanmanServer サービスの起動を妨げる可能性がある問題に対処しました。
  • Resilient File System (ReFS) Cluster Shared Volumes (CSV)上で長い待ち時間を引き起こす重複排除の問題に対処しました。
  • 一部のアプリケーションが正しく動作しない可能性がある問題に対処しました。これは、RDSを使用してリモートアプリケーション統合ローカル(RAIL)アプリケーションとして公開し、AppBarウィンドウのドッキングを変更した場合に発生します。
  • オペレーティングシステムが動作を停止したり、応答を停止したりする、伝送制御プロトコル/インターネットプロトコル(TCPIP)ドライバーのデッドロックの問題に対処しました。
  • ルーティングおよびリモートアクセスサービス(RRAS)が新しい接続に対して応答しなくなるという問題に対処しました。ただし、既存の接続ではRRASは動作を継続します。
  • 管理タスクを実行しているときや起動時に、RRAS管理者のMicrosoft Management Console(MMC)がランダムに応答しなくなるという問題に対処しました。
  • KB4579311をインストールした後、ARM64デバイス上でWindows Subsystem for Linux 2(WSL2)を起動する際に発生する問題に対処しました。

以前のアップデートをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

 

「KB4580364」の既知の不具合

「KB4580364」には以下の既知の不具合があります。

■症状:
日本語または中国語の「MicrosoftIME」のユーザーは、タスクを実行しようとすると問題が発生する可能性があります。例えば、入力に問題が発生する、予期しない結果が表示される、テキストを入力できない場合などがあります。

■対処方法:
問題、回避策の手順、および現在解決されている問題の詳細については、KB4564002を参照してください。

 

■症状:
Windows 10、バージョン 1809 以降の Windows 10 からそれ以降のバージョンの Windows 10 にデバイスをアップデートすると、システム証明書およびユーザー証明書が失われる可能性があります。デバイスが影響を受けるのは、2020年9月16日以降にリリースされた最新の累積更新プログラム (LCU) をすでにインストールしていて、2020年10月13日以降にリリースされた LCU が統合されていないメディアまたはインストール ソースから、それ以降のバージョンの Windows 10 への更新を進めた場合に限られます。これは主に、Windows Server Update Services (WSUS) や Microsoft Endpoint Configuration Manager などの更新管理ツールを使用して、管理対象のデバイスが古いバンドルやメディアを使用して更新された場合に発生します。また、最新の更新プログラムが統合されていない古い物理メディアやISOイメージを使用している場合にも発生する可能性があります。
※注意:Windows Update for Business を使用しているデバイスや Windows Update に直接接続しているデバイスは影響を受けません。

■対処方法:
デバイスでこの問題がすでに発生している場合は、こちらの手順を使用して以前のバージョンのWindowsに戻すことにより、この問題を軽減できます。以前のバージョンのWindowsに戻す場合、環境の構成と更新するバージョンによりますが、更新後10日、または30日の制限があります。ご使用の環境で問題が解決した後、Windows 10の新しいバージョンに更新してください。
※注意:アンインストールウィンドウ内で、DISMコマンド/ Set-OSUninstallWindowを使用して、以前のバージョンのWindows 10に戻す日数を増やすことができます。デフォルトのアンインストールウィンドウの日数が経過する前にこの変更を行う必要があります。詳細については、DISMオペレーティングシステムのアンインストールコマンドラインオプションを参照してください。

Microsoftは現在この問題解決に取り組んでおり、今後数週間で更新されたバンドルと更新されたメディアを提供する予定になっています。

 

Windows 10 2004 / 20H2:「KB4580364」の適用方法

Windows 10 2004 / 20H2向けのオプションパッチ「KB4580364」の適用方法は以下の通りです。
※あくまでも“オプションパッチ”のため、必要に応じてインストール作業を行ってください。

  • Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手
  • Microsoft Update Catalogからファイルをダウンロード

 

Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手する場合は、以下の通り作業してください。

まずは「設定」アプリを開き「更新とセキュリティ」を開きます。

その後「Windows Update」を開き、【オプションの更新プログラムを表示があります】の項目にある「2020-09×64ベース システム用 Windows 10 Version 2004 の累積更新プログラム(KB4580364)」の下部にある【ダウンロードしてインストール】をクリックします。表示されない場合は【更新プログラムのチェック】をクリックしてください。

Windows 10 2004 / 20H2:「KB4580364」の適用方法

コメント

  1. jan より:

    あれ?書いたのが消えていますね。

    「Windows 10 October 2020 Update(20H2)」をしたときは、
    パソコンの動作が不安定だったのですが、オプションの「KB4580364」を入れたら、
    動作が安定しました。
    MicrosoftIMEでこの文章を書いていますが、今のところは不具合はありません。

    • よっしー より:

      申し訳ございません!こちらの手違いで非表示となっていたので、修正させていただきました!