Windows 10 November 2021 Update 21H2が配信開始!手動でダウンロードしてインストールする方法まとめ!

スポンサーリンク
Windows 10 November 2021 Update 21H2が配信開始!手動でダウンロードしてインストールする方法まとめ!Microsoft Tips

Windows 10 November 2021 バージョン21H2がいよいよ登場し、段階的にロールアウトが開始されています。ロールアウトには一般的に数週間かかるとされていますが、もしも待ちきれない場合は、今すぐNovember 2021 Updateをダウンロードしてインストールする方法が3つあります。

Windows 10の2021年2回目の大型機能アップデートは、軽微な変更と品質の向上が中心となっています。とはいえ、今回のリリースはWindows 10の最新版であり、Windows 10 2004が来月サポート終了を迎えることから、ユーザーはこの新機能アップデートをインストールすることが推奨されます。

Windows 10バージョン21H2のポイントとしては、「WPA3 H2E」規格のサポートが有効になるのと、GPUコンピューティング機能がLinux用のWindows SubsystemとLinuxおよびWindows用のAzure IoT Edgeに搭載されること、「Windows Hello for Business」が改良され、パスワードレスの導入モデルがサポートされたことなどがあげられます。

Windows 10バージョン21H2は現在、「シーカー」と呼ばれる、手動でアップデートを求める人向けに提供されています。例えば、「設定」アプリを開き、「更新プログラムを確認」ボタンをクリックし、「今すぐダウンロードしてインストール」をクリックして手動でダウンロードを開始した場合、あなたは「シーカー」となります。

本日は使用中のWindows 10デバイスにNovember 2021 Update(バージョン21H2)を手動でダウンロードしてインストールする手順を3つご紹介しておきますので、手早くアップデートを適用したい方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Windows 10 November 2021 Update 21H2の主な新機能

Windows 10 November 2021 Update 21H2の主な新機能は以下の通り。

  • WPA3のH2E(Hash-to-Element)プロトコルのサポートを追加し、サイドチャネル攻撃に対する保護を強化しました。
  • GPUコンピューティング機能がLinux用のWindows SubsystemとLinuxおよびWindows用のAzure IoT Edgeに搭載されました。なお、GPUコンピューティング機能を使用するには、Hyper-VとWSL2がインストールされている必要があります。
  • 「Windows Hello for Business」が改良され、パスワードレスの導入モデルがサポートされました。これによって事前に定義されたセキュリティポリシーに基づき、新しいマシンを簡単に導入できるようになりました。

 

【推奨】Windows Updateを使って、Windows 10 November 2021 Updateをダウンロードしてインストールする方法

【推奨】Windows Updateを使って、Windows 10 November 2021 Updateをダウンロードしてインストールする方法

前述のとおり「Windows 10 November 2021 Update」は順次ロールアウトしている段階であり、現段階ではほとんどのユーザーはタスクバーにアップデートの通知が表示されません。しかしながら「設定」アプリを利用することで、手動でNovember 2021 Updateアップデートをダウンロードし、インストールすることができます。

使用中のデバイスがロールアウトの最初の配信フェーズにあたる場合は、Windows Updateのページを開いて「更新プログラムのチェック」を押し、「ダウンロードしてインストール」をクリックするだけです。

「設定」アプリを使用してWindows 10バージョン21H2にアップグレードするには、以下の手順に従います。

  1. Windowsの「設定」を開く(「スタート」または「検索」から)。
  2. 「更新とセキュリティ」オプションをクリックします。
  3. 「Windows Update」を選択します。
  4. 「更新プログラムのチェック」をクリックします。
  5. 「更新プログラムのチェック」が完了するのを待ちます。
  6. 「Windows 10、バージョン 21H2の機能更新プログラム」が表示されたら、「ダウンロードしてインストール」をクリックします。
  7. ダウンロードが完了すると「設定」ページが更新されます。
  8. 「今すぐ再起動する」をクリックすると、更新プログラムが適用されます。

「Windows 10、バージョン 21H2の機能更新プログラム」が表示されない場合は、お使いのPCではまだ更新プログラムへの準備ができていないことを意味します。このアップデートは、マイクロソフト社のクラウドベースの段階的な展開の一部であり、最初は限られた数のユーザーに提供されるように設計されています。

マイクロソフトは、何十億ものデバイスにアップデートを適用する前に不要なバグに対処したいと考えているため、数カ月以内にはより広範なロールアウトが行われる予定です。アップデートに大きなバグがなければ、同社はすぐにロールアウトを完了する予定です。

基本的に「Windows Update」をチェックし、まだ「Windows 10、バージョン 21H1の機能更新プログラム」が表示されない場合は、無理に適用するとドライバの相性問題などPCに不具合が発生する可能性が高いです。よほどの理由がない限り、「Windows Update」経由でアップデートを適用するのがおすすめです。

 

更新アシスタントを使用してWindows 10 November 2021 Updateをダウンロードしてインストールする方法

【推奨】Windows Updateを使って、Windows 10 November 2021 Updateをダウンロードしてインストールする方法

設定アプリでアップデートのダウンロードができない場合、2つ目の解決策として「更新アシスタント」を使う方法があります。マイクロソフトは上級ユーザー向けに、Windows 10 November 2021 Updateをすぐにインストールできる「更新アシスタント」を提供しています。

「更新アシスタント(Update Assistant)」ツールを使用してWindows 10バージョン21H1をインストールするには、以下の手順に従います。

更新アシスタントを使用してWindows 10 November 2021 Updateをダウンロードしてインストールする方法

  1. MicrosoftのWindows 10ダウンロードセンターを表示します。
  2. 「Windows 10 November 2021 Update」が表示されるまでページを更新します。
  3. マイクロソフト社のウェブサイトで「今すぐアップデート」をクリックします。
  4. 「Windows10Upgrade.exe」がダウンロードされます。
  5. Windows10Upgrade実行ファイルを開きます。
  6. 「更新アシスタント」ツールで、「今すぐ更新」をクリックします。
  7. 利用規約を読んで問題なければ「同意する」をクリックしてください。
  8. 「次へ」をクリックします。
  9. 「更新アシスタント」ツールがアップデートのチェックを開始します。
  10. 更新プログラムの準備が進み、ダウンロードが開始されます。
  11. ダウンロードが完了すると、インストール画面が表示されます。
  12. 指示に従い「今すぐ再起動」ボタンをクリックしてください。

Microsoft社の「更新アシスタント」ツールは、Windows Updateとは異なり、段階的なロールアウトプロセスを回避するように設計されています。

「更新アシスタント」ツールは、更新プログラムのダウンロードとデバイスへのインストールを自動的に行い特別な操作は必要ありません。最終的には、Windows Updateの設定プロセスと同じですが、常に正常に動作するわけではありません。不具合が発生する場合もあるので、出来れば上記の「Windows Update」経由で配信されるのを待つのがおすすめです。

なお、「更新アシスタント」に更新プログラムが表示されない場合や、いくつかのポイントでしばらく止まってしまう場合は、プロセスをキャンセルして3つ目の方法を試してみてください。

 

「メディア作成ツール」を使ってWindows 10 November 2021 Updateをダウンロードする方法

「メディア作成ツール」を使ってWindows 10 November 2021 Updateをダウンロードする方法

上記の2つを試してもうまくいかない場合は、「メディア作成ツール(Media Creation Tool)」を使ってWindows 10 バージョン21H2をダウンロードしてアップグレードすることができます。このツールは2015年にリリースされたものですが、今でも問題なくアップデートをインストールすることができます。また、個人的なファイルやアプリを削除することなく、他のデバイスをアップデートするのにも使用できます。

「メディア作成ツール」を使用してWindows 10バージョン21H2をインストールするには、以下の手順に従います。

「メディア作成ツール」を使ってWindows 10 November 2021 Updateをダウンロードする方法

  1. MicrosoftのWindows 10ダウンロードセンターを表示します。
  2. 「ツールを今すぐダウンロード」をクリックします。
  3. これによりMediaCreationTool21H2.exeがダウンロードされます。
  4. Media Creation Toolの実行ファイルを開きます。
  5. 「ユーザーアカウント制御(UAC)」が表示されたら「許可」します。
  6. 利用規約を読み、問題なければ「同意する」を選択します。
  7. 「このPCを今すぐアップグレードする」を選択して「次へ」をクリックします。
  8. 「Windows 10 のメディアを作成しています」と表示が出るのでそのまま待ちます。
  9. 利用規約を読んで問題なければ「同意する」をクリックしてください。
  10. 「更新プログラム」のダウンロードが開始されるのでそのまま待ちます。
  11. インストール準備が完了したら「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」にチェックが入っていることを確認し、「インストール」をクリックします。
  12. PCが再起動すれば更新作業は完了です。

個人的に「メディア作成ツール」を利用すると、アップグレードが成功する確率はかなり高い印象ですが、その分アップグレード後に不具合が発生する可能性も高まります。よほどの理由がないかぎりは上記の「Windows Update」経由でアップグレードするのがおすすめです。

 

Windows 10 November 2021 Update 21H2にアップグレードすべきか?

Windows 10 November 2021 Update 21H2にアップグレードすべきか?

基本的に今回のWindows 10 November 2021 Update 21H2には大きな変更は含まれておらず、「Windows Update」以外の方法を使ってまで積極的にアップグレードを適用する必要はないでしょう。

Windows 10 November 2021 Update 21H2はMay 2020 Update(バージョン 2004)以降とOSコアが共通となっており、「イネーブルメント パッケージ」と呼ばれる小さなパッチを適用するだけで「November 2021 Update」の独自機能が有効化される仕組みになっています。そのため大きな不具合も少ないとは予想されますが、ドライバとの相性問題が発生する可能性もあるので、出来るだけ「Windows Update」にて配信が開始されるまで待つのが無難だと思います。

ちなみにWindows 10の年2回行われている大型機能アップデートですが、今後はWindows 11に合わせた年次機能更新(年1回)に移行するようです。そのため、Windows 10の次回大型機能アップデートは2022年の後半にリリースされる予定です。

そしてWindows 10のサポート期間ですが、マイクロソフトは少なくとも1つのバージョンのWindows 10が2025年10月14日までサポートされるとしています。まだ4年程度はWindows 10 PCを使い続けることが出来るようですね。

当サイトでもWindows 10 November 2021 Update 21H2の不具合情報を今後まとめていきますので、気になる方は参考にしてみてください。

コメント