Windows 10:オプションパッチ「KB5004296」が配信開始。IME入力やゲームに関する不具合などが多数修正。必要に応じてインストールを

スポンサーリンク
Windows 10:オプションパッチ「KB5004296」が配信開始。IME入力やゲームに関する不具合などが多数修正。必要に応じてインストールをMicrosoft Tips

Microsoftは、Windows 10 バージョン21H1、バージョン20H2、バージョン2004を実行しているPC向けに、追加のオプションパッチ「KB5004296」の配信を開始しました。

今回のオプションパッチ「KB5004296」では、IMEを使用してテキスト入力ができなくなる問題、電源プランとゲームモードが期待通りに機能しない問題(フレームレートに影響)、デスクトップユーザーがゲームサービスで特定のゲームを開けないという問題、印刷が停止したり、誤った出力が印刷されたりする問題、仮想プライベートネットワーク(VPN)に接続した後、インターネットに接続されていることを検出できない問題などが修正されています。

あくまでも「KB5004296」はセキュリティ修正を含まない定例外のオプションパッチであり、特に問題が発生していない場合は無理にインストールする必要はありません。必要に応じてインストール作業を行ってください。

スポンサーリンク

「KB5004296」のアップデート内容

「KB5004296」の更新には、セキュリティ以外の各種品質改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

Windows 10、バージョン2004

このセキュリティ以外のアップデートには、品質の向上が含まれています。主な変更点は以下のとおりです。

  • searchindexer の問題を修正しました。searchindexerは、サインアウトした後も、ユーザーごとの検索データベースのハンドルをプロファイルパス「C:Users\AppData\Roaming\MicrosoftSearch\Data\Applications\<SID>」に保持し続けます。その結果、searchindexerが動作しなくなり、プロファイル名が重複して作成されます。
  • デスクトップユーザーがゲームサービスで特定のゲームを開けないという問題に対応しました。
  • IME(Input Method Editor)を使用してテキストを入力できないという問題がありました。例えば、電源オプションでノートPCの蓋を閉めてシャットダウンするように設定している場合、起動後にこの問題が発生することがあります。
  • 新しいアクティビティを「タイムライン」にアップロードする機能を変更しました。Microsoftアカウント(MSA)を使ってデバイス間でアクティビティの履歴を同期している場合は、新しいアクティビティをTimelineにアップロードすることはできません。この場合でも、Timelineを使用して、ローカルデバイスのアクティビティ履歴(最近使ったアプリ、Webサイト、ファイルの情報)を見ることができます。これはAzure Active Directory(AAD)アカウントには影響しません。Web履歴を表示するには、Microsoft Edgeなどのブラウザーに最近のWeb活動を表示するオプションがあります。また、Microsoft OneDriveやMicrosoft Officeを使用して最近使用したファイルを表示することもできます。
  • ネットワークドライブをマッピングしているときに、ファイルエクスプローラーのウィンドウのフォーカスが失われることがあるという問題に対処しました。
  • マップされたネットワーク・ドライブ上の多数のファイルを削除する際に、99%の完了後にファイル・エクスプローラが停止する問題に対処しました。
  • Group Policy Registry Telemetryのタイミングの問題により、Group Policy extensionの処理が失敗する問題に対処しました。
  • Windows Filtering Platform(WFP)のフィルターを繰り返し再構築する問題に対処しました。この問題は、デバイスがモバイルデバイス管理(MDM)サービスに登録されていて、「MDMWinsOverGP」が設定されている場合に発生します。
  • MDMサービスで、特定の迷惑メールルールが正しく適用されないという問題に対処しました。
  • MDMサービスへの登録時に、デバイスのアップデートビルドリビジョン(UBR)が常にゼロと報告される問題に対処しました。
  • ECDSA(Elliptic Curve Digital Signature Algorithm)証明書の登録に失敗し、「0x80090027 NTE_INVALID_PARAMETER」というエラーが発生するという問題がありました。この問題は、TPM(Trusted Platform Module)プロバイダー(Microsoft Software Key Storage Provider)が鍵を保存するときに発生します。
  • 表示言語がオランダ語の場合に、監査イベント4624および5142が誤ったイベントテンプレートを表示するという問題に対処しました。
  • System Integrityがメモリをリークする問題に対処しました。
  • ゲームコントローラのトリガーボタンを押したときに、ゲーム内で何かを選択したときの音が大きく再生される問題に対応しました。
  • パワープランやゲームモードが期待通りに動作しない問題に対応しました。これにより、ゲーム中のフレームレートが低下し、パフォーマンスが低下します。
  • 特定のドメインからインターネットにアクセスするシステムにおいて、タスクバーのネットワークアイコンに「ネットワーク内部アクセス」と表示される問題に対応しました。
  • 仮想プライベートネットワーク(VPN)に接続した後、ネットワーク接続ステータスインジケータ(NCSI)がインターネット接続の検出に失敗する問題に対応しました。
  • 印刷が停止したり、誤った出力が印刷されたりする問題に対応しました。この問題は、Windows 10、バージョン2004以降にアップデートした後、USB接続で印刷すると発生します。
  • Gdiplus.dll!GdipMeasureStringをタイトループで呼び出し、呼び出しのたびに新しいフォントを使用するアプリケーションでパフォーマンスが低下する可能性がある、まれな問題に対処します。この問題は、2021年2月以降にリリースされたWindowsアップデートをインストールすると発生します。
  • 特定の固定チャンネルレイアウトを使用してストリーミングを行うと、一部のオーディオチャンネルが正しくルーティングされないという問題に対処しました。
  • RemoteFX USBがリダイレクトするデバイスが、実際のデバイス名ではなく「Remote Desktop Generic USB Device」として常に表示される問題に対処しました。
  • Set-RDSessionCollectionConfigurationでcameroredirect:s:valueカスタムプロパティが設定されないという問題に対処しました。
  • Privileged Access Management(PAM)の導入時に報告されるLocal Security Authority Subsystem Service(LSASS)ドメインコントローラのメモリリークに対処しました。
  • Distributed File System(DFS)のルートにマッピングされたネットワークドライブに、サインアウト後にアクセスできないという問題に対処しました。
  • サインイン後にマップされたネットワークドライブに再接続できず、アクセス拒否エラーが表示されるという問題がありました。この問題は、net use /deepオプションを使用して、同じ暗号化されたファイル共有上の異なるパスに複数のドライブマッピングを作成した場合に発生します。
  • ABE(Access Enabled Enumeration)を有効にすると、SMB(Server Message Block)共有上のファイルにアクセスできなくなるという問題がありました。
  • SrvCommentが128文字以上の場合に、Windows Serverサービスが起動しないという問題に対処しました。
  • Windowsネットワークファイルシステム(NFS)クライアントで、NFS共有をマウントした後にファイル名を変更できない場合があるという問題に対処しました。この問題は、ファイルエクスプローラーを使用してファイル名を変更した場合に発生しますが、コマンドラインを使用してファイル名を変更した場合には発生しません。
  • ファイルを開くダイアログの重大な例外が処理されないという問題に対処しました。その結果、Microsoft Foundation Class (MFC) アプリケーションが異常終了することがありました。
  • IoT Enterprise エディションに対して、汎用的な文字列を作成し、「Windows」や「PC」などのブランド固有の用語を削除する新しいポリシーを追加しました。例えば、「コンピュータ」を「デバイス」に変更しました。また、「Getting Windows ready」ではなく、「Getting things ready」に変更するなどしました。これらの一般的な文字列は、アップデートが進行中の場合、ユーザーの画面に表示されます。
  • 「設定」の「ストレージセンサー」ページで、GUID Partition Table(GPT)を使用している一部のストレージデバイスのサイズが正しく報告されない場合がある問題に対応しました。この問題が発生したデバイスでは、「ストレージセンサー」において、ファイルエクスプローラーで報告されたサイズの2倍のサイズが誤って報告されます。
    ※この問題は、マスターブートレコード(MBR)を使用するストレージデバイスには影響しません。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれる新しい修正プログラムのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

 

Windows 10、バージョン20H2

このセキュリティ以外の更新プログラムには、品質の改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

  • このビルドには、Windows 10, バージョン 2004 からのすべての改善が含まれています。
  • このリリースについて追加の問題は記録されていません。

 

Windows 10、バージョン21H1

このセキュリティ以外の更新プログラムには、品質の改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

  • このビルドには、Windows 10, バージョン 2004 からのすべての改善が含まれています。
  • このリリースについて追加の問題は記録されていません。

 

「KB5004296」の既知の不具合

「KB5004296」には以下の既知の不具合があります。

日本語入力方式エディター(IME)を使用した際に正しいふりがなが入力できない場合がある

■症状:
Microsoft日本語入力方式エディター(IME)を使用して、ふりがな文字の入力を自動的に許可するアプリに漢字を入力すると、正しいふりがな文字が得られない場合があります。ふりがな文字を手動で入力する必要がある場合があります。
※影響を受けるアプリはImmGetCompositionString() 関数を使用してい ます。
■対処状況:
現在、解決に取り組んでおり、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

 

カスタムオフラインメディア等でインストールされたデバイスでは新しいMicrosoft Edgeに自動的に置き換えられない場合がある

■症状:
カスタムオフラインメディアまたはカスタムISOイメージから作成されたWindowsデバイスでは、このアップデートによってMicrosoft Edge Legacyが削除されても、新しいMicrosoft Edgeに自動的に置き換えられない場合があります。この問題は、カスタムオフラインメディアまたはISOイメージが、2021年3月29日以降にリリースされたスタンドアロンのサービススタック更新プログラム(SSU)を最初にインストールせずに、この更新プログラムをイメージにスリップストリームして作成された場合にのみ発生します。

※注意:Windows Updateに直接接続して更新プログラムを受信するデバイスは影響を受けません。これには、Windows Update for Businessを使用しているデバイスも含まれます。Windows Updateに接続しているデバイスは、追加の手順を踏まなくても常に最新版のSSUおよび最新の累積的な更新プログラム(LCU)を受け取ることができます。

■回避策:
この問題を回避するには、まず2021年3月29日以降にリリースされたSSUをカスタムオフラインメディアまたはISOイメージにスリップストリームしてから、LCUをスリップストリームするようにしてください。現在、Windows 10, version 20H2およびWindows 10, version 2004で使用されているSSUとLCUの統合パッケージでこれを行うには、統合パッケージからSSUを抽出する必要があります。以下の手順でSSUを抽出してください。

  1. Windows10.0-KB5000842-x64.msu /f:Windows10.0-KB5000842-x64.cab <保存先パス>を展開します。
  2. 次のコマンドラインを使用して、先に抽出したcabからSSUを抽出します:expand Windows10.0-KB5000842-x64.cab /f:* <destination path>
  3. この例では、SSU-19041.903-x64.cabという名前のSSU cabが作成されます。このファイルを最初にオフラインイメージにスリップストリームし、次にLCUにスリップストリームします。

影響を受けたカスタムメディアを使用してOSをインストールした際に既にこの問題が発生している場合は、新しいMicrosoft Edgeを直接インストールすることで、この問題を軽減することができます。新しいMicrosoft Edge for businessを広範囲に展開する必要がある場合は、「Microsoft Edge for businessのダウンロードと展開」を参照してください。

 

KB5003690インストール後、2021年7月6日以降のアップデートをインストールできないデバイスがある

■症状:
2021年6月21日(KB5003690)のアップデートをインストールした後、2021年7月6日(KB5004945)以降のアップデートなど、新しいアップデートをインストールできないデバイスがあります。その場合、「PSFX_E_MATCHING_BINARY_MISSING」というエラーメッセージが表示されます。

回避策:
詳細および回避策については、KB5005322を参照してください。

 

Windows 10 2004 / 20H2 / 21H1:「KB5004296」の適用方法

Windows 10 2004 / 20H2 / 21H1向けのオプションパッチ「KB5004296」の適用方法は以下の通りです。
※あくまでも“オプションパッチ”のため、必要に応じてインストール作業を行ってください。

  • Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手
  • Microsoft Update Catalogから更新プログラムをダウンロード

 

Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手する場合は、以下の通り作業してください。

まずは「設定」アプリを開き「更新とセキュリティ」を開きます。

その後「Windows Update」を開き、【オプションの更新プログラムを表示があります】の項目にある「2021-07×64 ベース システム用 Windows 10 Version 21H1 の累積更新プログラム (KB5004296)」の下部にある【ダウンロードしてインストール】をクリックします。表示されない場合は【更新プログラムのチェック】をクリックしてください。

Windows 10 2004 / 20H2 / 21H1:「KB5004296」の適用方法

コメント

  1. jan より:

    オプションですが「KB5004296」をインストールしてみました。「IMEを使用してテキスト入力ができなくなる問題」とありますが、今までは何ともなかったのに、インストールしたあとで、一瞬でしたが、入力ができなくなりましたが、すぐ直りました。あとは、不具合はありません。