Windows 11:オプションパッチ「KB5007262」が配信開始。アプリがクラッシュする不具合やプリンタの問題などに対処。BSoDは黒から青に変更。必要に応じてインストールを

スポンサーリンク
Windows 11:オプションパッチ「KB5007262」が配信開始。アプリがクラッシュする不具合やプリンタの問題などに対処。BSoDは黒から青に変更。必要に応じてインストールをMicrosoft Tips

Microsoftは、Windows 10 バージョン21H2、21H1、20H2、2004を実行しているPC向けに、追加のオプションパッチ(通称“C”パッチ)「KB5007262」の配信を開始しました。

今回のオプションパッチ「KB5007262」では、Windows11用の新しい絵文字の導入、タスクビュー/Alt-Tab/スナップアシストの問題の修正、メモリ管理の修正、MSIを利用した際にカスペルスキーなどのアプリがクラッシュする不具合やネットワークプリンタの問題などに対処されています。また、BSoDは黒から青に変更となりました。

なお、あくまでも「KB5007262」はセキュリティ修正を含まない定例外のオプションパッチであり、特に問題が発生していない場合は無理にインストールする必要はありません。必要に応じてインストール作業を行ってください。

スポンサーリンク

Windows 11:「KB5007262」のアップデート内容

Windows 11の「KB5007262」には、セキュリティ以外の各種品質改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

  • PowerShell 7.1 以降での Appx PowerShell コマンドレットの機能に影響する問題に対処しました。
  • 一部のユーザーの起動時に予期しない「bad image」エラーメッセージダイアログが表示されるという問題に対処しました。
  • リモートデスクトップ環境でのマウント解除操作中にsearchindexer.exeが応答しなくなるという問題に対処しました。
  • SearchFilterHost.exeプロセスのオープンに影響する問題に対処しました。
  • 2021年のフィジー共和国のサマータイムの解除に対応しました。
  • 特定のプロセッサを搭載したデバイスが、ハイバネーションからの起動時に応答しなくなる問題に対処しました。
  • wslapi.dllのCOM初期化の問題に対処し、呼び出したプロセスが動作しなくなる可能性があります。
  • Hyper-V 仮想マシンバス(VMBus)の問題に対処しました。この問題により、Windows Subsystem for Linux(WSL)VM がディスクの接続時にタイムアウトすることがあります。この問題は、ユーティリティーの起動も妨げます。
  • ハイバネーション後のシステムメモリ管理ユニット(SMMU)の障害処理に影響する問題に対処しました。
  • Hyper-V を有効にした後にシステムが動作しなくなる問題に対処しました。
  • 特定のプロセッサを搭載したドメイン上のデバイスに対して、起動時またはバックグラウンドで自動的にマシングループポリシーオブジェクトを適用できないという問題に対応しました。
  • Server Manager コマンドレットが失敗を返す原因となる問題に対処しました。その結果、オプション機能のインストール時に多くの Software Defined Data Center (SDDC) の検証が失敗します。
  • インターフェイスに 576 バイト未満の IPv4 最大伝送単位(MTU)を設定するオプションを追加しました。
  • get-winevent が失敗し、エラーが InvalidOperationException となる問題に対応しました。
  • 一部の可変フォントが正しく表示されない問題に対応しました。
  • Meiryo UIフォントなどの縦書きフォントを使用すると、グリフの表示角度がおかしくなる問題に対応しました。これらのフォントは、日本や中国などのアジアの国々でよく使用されています。
  • 特定のブラウザ間のデータ転送を容易にする機能を追加しました。
  • Internet Explorerでダイアログを開いたときに発生する問題に対応しました。
  • Internet Explorer の COM オートメーションシナリオに関する問題に対応しました。詳細については、Internet Explorer 11 デスクトップアプリ廃止に関する FAQ を参照してください。
  • IME(Input Method Editor)を使用しているときにテキストをコピー&ペーストすると、Internet Explorer が動作しなくなる問題に対処しました。
  • 特定のアプリケーションが入力に反応しなくなる問題に対処しました。この問題は、タッチパッドを搭載したデバイスで発生します。
  • Windows UI Library 3.0 (WinUI 3)アプリケーションの WebView2 コントロールに影響するタッチキーボードの配置の問題に対処しました。
  • 異なる編集クライアント間で切り替えたときに発生する ctfmon.exe のメモリリークに対処しました。
  • Windows アクティベーションの電話番号が間違っているロケールのために、電話番号を更新しました。
  • Windowsプリントサーバーで共有されているリモートプリンタに接続すると、エラーコード0x000006e4、0x0000007c、または0x00000709が発生するという既知の問題に対処しました。
  • Internet Printing Protocol (IPP) Over USBをサポートするUSBプリントデバイスに発生する問題に対応しました。この問題は、これらのUSBプリントデバイスのインストールが完了しないというものです。
  • 特定の USB Print インストーラが、プリンタを接続しても検出されないと報告する問題に対処しました。
  • microsoft-edge: linksを起動したときに、OSの機能が不適切にリダイレクトされることがある問題に対応しました。
  • Windowsオーディオシステムの問題で、audiodg.exeプロセスが動作しなくなり、一時的に音声が聞こえなくなることがあるという問題に対処しました。
  • GRE(Generic Routing Encapsulation)VPNの帯域幅制限を設定したときに、SDN(Software-Defined Networking)仮想マシンが動作しないという問題に対処しました。
  • 一部の開発者向けのシナリオで、GetCommandLineA()の戻り値が小文字になることがあるという問題に対処しました。
  • VPN 接続がオフラインのときに VPN ユーザーが Windows Hello for Business を使用してサインインすると発生する、プライマリ リフレッシュ トークン(PRT)の更新問題に対処しました。Azure Active Directory-Conditional Accessでユーザーのサインイン頻度(SIF)が構成されているオンラインリソースに対して、ユーザーが予期しない認証プロンプトを受け取るという問題がありました。
  • 組織のポリシーがユーザーの位置情報のプライバシー設定を管理していることを示すメッセージを追加しました。このメッセージは、プライバシー設定が、[Windows 10およびWindows 11オペレーティングシステムコンポーネントからMicrosoftサービスへの接続を管理する]で説明されているグループポリシーによって制御されている場合に表示されます。
  • Fast Identity Online 2.0 (FIDO2)クレデンシャルプロバイダーに影響を与え、PIN入力ボックスが表示されない問題に対処しました。
  • Windows Defender Application Controlが2つのファイルのバージョン番号を誤って比較する問題に対処しました。
  • 「Microsoft Defender for Endpoint」のランサムウェアや高度な攻撃を識別・遮断する機能を強化しました。
  • ヘッドセットを装着したときにWindows Mixed Realityが起動してしまうことがある問題に対応しました。この問題は、「ヘッドセットのプレゼンスセンサーが装着を検出したときにMixed Reality Portalを開始する」というオプションをオフにしていても発生します。
  • Xbox OneおよびXboxシリーズのオーディオ周辺機器に影響するオーディオの歪みの問題に対処し、空間的なオーディオと一緒に使用した場合に発生する問題を解決しました。
  • リモートデスクトップクライアントが起動している場合や、RemoteAppが切断された場合に、AltGrキーが機能しなくなる問題に対応しました。
  • クイック設定の編集ボタンとバッテリーのアイコンが断続的に消える問題に対応しました。
  • 通知領域のフォーカスアシストボタンに影響を与える問題に対処し、このアップデートではスクリーンリーダー用のアクセス可能な名前を提供します。
  • Windows 絵文字のいくつかの側面を更新しました。反復的かつ継続的な作業の一環として、今回のリリースでは以下の改善を行いました。
    • すべての絵文字をSegoe UI EmojiフォントからFluent 2D絵文字スタイルに更新
    • Emoji 13.1のサポートを含む。
      • 絵文字辞書の更新
      • サポートされているすべての言語で、Emoji 13.1 を検索する機能が追加されました。
      • Emoji and moreパネルが更新され、アプリケーションで絵文字を入力できるようになりました。
  • 未読通知の数の表示に影響する問題に対処しました。通知領域の円の中心に一部の数字が表示されません。
  • 多数のアプリをインストールして画面解像度を変更した場合に、スタートメニューに影響を与える問題に対応しました。アプリの名前はスタートメニューに表示されますが、アプリのアイコンが表示されません。また、このアップデートにより、セカンダリモニターを使用して解像度が混在している場合に、[スタート]メニューの信頼性が向上する場合があります。
  • 高コントラストのテーマを適用した場合に、タスクバー上のアイコンにカーソルを置くとちらつきが発生する問題に対処しました。
  • 特定の条件下で、タスクビュー、Alt-Tab、またはスナップアシストを使用したときに、キーボードフォーカスの矩形が表示されないという問題に対応しました。
  • ファイルエクスプローラやデスクトップのコンテキストメニューにコンテキスト(ショートカット)メニュー項目を提供するアプリケーションに影響する問題に対処しました。この問題は、これらのアプリケーションが Directory または DirectoryBackground 登録を使用している場合に発生します。.
  • Windows の表示言語であるセルビア語(ラテン語)がデバイスから自動的に削除されるという問題に対処しました。
  • 通知領域の iFLY 簡体字中国語 IME アイコンの背景が正しく表示されない問題に対処しました。
  • Suggestion UIが展開されている状態でキーボードを閉じると、Touchキーボードの下部に空白が表示される問題に対応しました。
  • ファイルエクスプローラーやデスクトップのショートカットメニューが表示されないという信頼性の問題に対処しました。この問題は、シングルクリックでアイテムを開くことを選択した場合によく発生します。
  • Windowsの機能更新後、最初の1時間はフォーカスアシストを自動的にオンにするかどうかを選択するオプションを追加します。
  • タスクバー上のアイコンのアニメーションのパフォーマンスを改善しました。
  • Bluetooth オーディオデバイスに影響するボリュームコントロールの問題に対処しました。
  • ファイルエクスプローラのウィンドウを閉じた後、ファイルエクスプローラが動作しなくなる問題に対応しました。
  • 一部のビデオのクローズドキャプションの影が正しく表示されない問題に対応しました。
  • 64 ビット版の Windows 11 で 32 ビットアプリケーションを実行したときに発生する問題に対処しました。NetServerEnum()を呼び出すと、エラー87またはエラー1231が返されることがあります。
  • ライセンスのAPIコールが原因でデバイスが起動しなくなり、反応しなくなる問題に対応しました。
  • SDカードや特定のUSBドライブなどのフラッシュドライブが[ドライブの断片化と最適化]UIに表示されないという問題に対処しました。
  • USN(Update Sequence Number)ジャーナルを有効にすると、NTFSに影響する問題に対処しました。NTFSは書き込み操作を行うたびに不要なアクションを実行するため、I/Oパフォーマンスに影響を与えます。
  • Microsoft Edge の Internet Explorer モードでポップアップウィンドウを作成するための onunload イベントを有効にしました。
  • スタートメニューの Ease of Access フォルダの名前を “Accessibility” に更新し、Windows 11 (オリジナルリリース) 全体での命名基準に合わせました。
  • Microsoft Narrator のユーザーが「設定」で点字オプションを選択したときに発生する問題に対処しました。
  • 以前のバージョンのWindowsのように、デバイスが動作を停止したり、停止エラーが発生したりした場合に、画面の色を青に変更します。
  • 画面の解像度を変更した後、「スタート」の「すべてのアプリ」のリストにある一部のアプリのアイコンが下側に切れてしまう問題に対応しました。
  • ロック画面での信頼性の問題で、ネットワークステータスのテキストのレンダリングに影響する問題に対処しました。
  • 「設定」アプリの「Windows Update 更新履歴」ページで、アップデートがリストアップされているにもかかわらず、カテゴリごとのアップデート数がゼロというサマリーが表示される問題に対処しました。
  • Windowsネットワークファイルシステム(NFS)クライアントで、NFS共有をマウントした後にファイル名を変更できない場合があるという問題に対処しました。この問題は、ファイルエクスプローラーを使用してファイル名を変更した場合に発生しますが、コマンドラインを使用してファイル名を変更した場合には発生しません。
  • ボリュームを削除したときにvolmgr.sysで停止エラーが発生することがある問題に対応しました。
  • Microsoft Installer(MSI)を使用してアプリを修復または更新しようとしたときに、Kasperskyアプリなどのアプリが開けなくなることがあるという既知の問題に対処しました。

以前のアップデートをインストールした場合は、このパッケージに含まれる新しい修正プログラムのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

 

「KB5007262」の既知の不具合

「KB5007262」には現在のところ不具合は確認されていません。

 

Windows 11:「KB5007262」のインストール方法

Windows 11向けのオプションパッチ「KB5007262」のインストール方法は以下の通りです。
※あくまでも“オプションパッチ”のため、必要に応じてインストール作業を行ってください。

  • Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手
  • Microsoft Update Catalogから更新プログラムをダウンロード

 

Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手する場合は、以下の通り作業してください。

まずは「設定」アプリを開き、最下段の「Windows Update」を開きます。

表示されている「2021-11 x64 ベース システム用 Windows 11 の累積更新プログラム (KB5007262)」の横にある【ダウンロードしてインストール】をクリックします。表示されない場合は【更新プログラムのチェック】をクリックしてください。

Windows 11:「KB5007262」のインストール方法

コメント