【追記あり】最新バージョンを含むAdobe Flash Playerに再び脆弱性発覚!IPAが無効化推奨!これはもう削除しておいた方が良いかもしれんね。

0
2075
Adobe Flash Playerに再び脆弱性発覚!
Pocket

先日から度々Adobe Flash Playerに脆弱性が発見され、都度Adobeが修正したバージョンを配布していたのですが、なんと最新のAdobe Flash Playerがリリースされた直後にも関わらず、再び深刻な脆弱性が発見されたそうです。

IPA情報処理推進機構では、修正バージョンがリリースされるまでの間、Adobe Flash Playerのアンインストールや無効化を推奨するとの事。

これはもう、Adobe Flash Player自体をアンインストール/削除しておいた方がいいかもしれませんねえ。

【追記】7/15 Adobeが早速Flash Playerの修正版を提供開始しました。最新のバージョンは18.0.0.209になります。

- Advertisement -

最新バージョンを含むAdobe Flash Playerに再び脆弱性発覚!

最近ちょっとハッカーの標的にされすぎな感もある「Adobe Flash Player」ですが、先日最新の修正バージョンをリリースしたばかりなのに、再び深刻な脆弱性が発覚しました。

IPA情報処理推進機構では、修正バージョンがリリースされるまでの間、Adobe Flash Playerのアンインストールや無効化を推奨するとの事。

そしてなんともタイムリー?なことに、米Facebookの CSO(最高セキュリティ責任者)に就任したばかりのアレックス・スタモス氏が、「Adobe SystemsはFlashの終了日を宣言し、Webブラウザ企業にその日にFlashを無効化するよう依頼すべきだ」と7月11日の自身のTwitterアカウントでツイートしたそうです。
※記事参照元:ITmediaニュース

確かにニュースサイトやホームページ、Flashゲームなどで必要な方もいらっしゃるでしょうが、意外と「Adobe Flash Player」が無くても問題ない方も多いはず。
特に、セキュリティや最新バージョンへの更新をあまり気にしていない人などは、これを機に「Adobe Flash Player」をアンインストールしておいた方が無難かもしれません。

また、「Java」にも最新バージョンに脆弱性が発覚し、修正されるまでは無効化が推奨されています。

以上の観点から、管理人は現在「Adobe Flash Player」と「Java」はパソコンから削除しています。

【追記】
Adobeが速やかに脆弱性に対応し、7/15早速Flash Playerの修正版を提供開始しました。最新のバージョンは18.0.0.209になります。

ただし、今後もFlash Playerの脆弱性は出てくると思うので、不要であれば削除しておくことを推奨します。

 

参考記事:

Flash Playerに致命的な脆弱性、修正プログラムなくIPAは無効化を推奨|ITpro

Flash Playerにまた深刻な脆弱性、Adobeが修正を予告|ITmediaニュース

Javaに未修正の脆弱性報告 標的型攻撃に悪用か|ITmediaニュース

Adobe Flash PlayerとJavaのアンインストール方法

という事で、「Adobe Flash Player」と「Java」のアンインストール方法についての解説記事をご紹介しておきます。

Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSA15-04)(CVE-2015-5122等)|IPA情報処理推進機構

このIPAのページでは、「Adobe Flash Player」がインストールされているかどうかのチェック方法から、アンインストール方法、一時的に無効化する方法までしっかりと解説してくれています。

他にも、IPAにはセキュリティに関する様々な情報があるので、気になる方はぜひブックマークしておくと良いでしょう。

JAVAのアンインストールはこちらから。

WindowsコンピュータからJavaをアンインストールするにはどうすればよいですか。|JAVA

(Visited 16 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket

- Advertisement -

質問やご感想があればお気軽にどうぞ。コメントは管理人の承認後に表示されます。※メアドは非公開です。