日本語が入っていない海外Android端末を「MoreLocale 2」で日本語化する方法

0
5639
Xiaomi Redmi Note 4
Pocket

最近の海外Android端末は、意外と最初から日本語に対応している場合が増えています。もちろん、独自の機能部分では英語だったりしますが、ほとんどのUIが日本語化されているのは非常に便利。良い時代になったものです。
しかしながら、Xiaomiの「Redmi Note 4」のように、一部の海外端末、特にオリジナルのカスタムROMを搭載している場合は、日本語が入っていない場合もあります。

英語で使い続けるのも良いのですが、どうせなら出来るだけ日本語化したいですよね。

そんな時に便利なのが、「MoreLocale 2」という無料アプリ。これを使えば、完全ではありませんが、日本語非対応のAndroid端末を、無理やり日本語化することが出来るんです!
ただし、adbコマンドを使ってパーミッションを与えるなど、ちょっと面倒な作業になります。「出来るだけ日本語化したい!」という気概のある方はぜひ挑戦してみて下さいね。なお、作業をするにはパソコンが必須です。

- Advertisement -

Android端末を「MoreLocale 2」で日本語化する事前準備

Android端末を「MoreLocale 2」で日本語化するには、事前にいくつかの準備が必要です。必要となるのは以下の通り。

  • PC
  • JDK(Java Development Kit)
  • Android SDK
  • MoreLocale 2

今回はWindows 10 PCでの使用方法を例に、順を追って説明していきます。

 

JDK(Java Development Kit)のインストール

まずはJDK(Java Development Kit)をパソコンにインストールしましょう。
以下のページにアクセスし、該当する箇所をクリックしてダウンロードを開始します。

 

【Accept License Agreement】にチェックを入れ、使用中のPCの該当するバージョンを選択します。今回は【Windows 10 64bit】なので、赤枠で囲った部分をクリックしてダウンロードしました。

JDK(Java Development Kit)のインストール

もしも使用中のWindows PCが32bitか64bitか分からない場合は、以下の過去記事を参考に確認してみてくださいね。

使用中のWindows 10が32ビットか64ビットか確認する方法
現在使用中のWindows 10が32ビットか64ビットか確認する方法を解説しておきます。最近のWindows 10パソコンなら、ほとんどの場合は64ビットだと思いますが、気になる方...

 

ダウンロードが完了したら、インストール作業を行います。ダウンロードしたexeをダブルクリック等で開きます。今回の作業で必要なのは「開発ツール」だけですので、その他はチェックを外しておきましょう。
「次へ」をクリックすればJDKのインストール作業は完了です。「閉じる」で閉じればOK。

JDK(Java Development Kit)のインストール

 

Android SDK/Android Studioのインストール

JDKのインストールが完了したら、次にAndroid SDKのインストール作業を行います。
まずは以下のページにアクセスし、「Android Studio」をダウンロードします。

Android Studio と SDK ツールをダウンロードする | Android Studio
Download the official Android IDE and developer tools to build apps for Android phones, tablets, wearables, TVs, and more.

 

ダウンロードが完了したらインストール作業を開始します。「Next」をクリック。

Android SDK/Android Studioのインストール

 

【Android SDK】は必須です。【Android Virtual Device】は不要ならチェックを外しましょう。「Next」をクリック。

Android SDK/Android Studioのインストール

 

ライセンス承認画面です。問題なければ「I Agree」をクリック。

Android SDK/Android Studioのインストール

 

ここ重要!
以下の【Install Locations(インストール先の選択)】の画面になったら一旦作業を停止しましょう。
この【Android SDK Installation Location】のインストールアドレスが後々必要になります。コピペしてメモ帳にでも保存するか、手書きでメモしておきましょう。「Next」をクリック。

Android SDK/Android Studioのインストール

 

スタートメニューフォルダの選択画面ですが、デフォルトのままで良いでしょう。「Install」をクリック。

Android SDK/Android Studioのインストール

 

「Next」をクリック。

Android SDK/Android Studioのインストール

 

以上でAndroid Studioのインストールが完了です。【Start Android Studio】にチェックを入れたまま「Finish」をクリックし、起動しましょう。

Android SDK/Android Studioのインストール

 

Android Studioが起動したら、「Next」をクリック。

Android SDK/Android Studioのインストール

 

インストールタイプの選択ですが、ここは「Standard」で良いでしょう。「Next」をクリック。

Android SDK/Android Studioのインストール

 

セットアップが完了するので「Finish」をクリック。

Android SDK/Android Studioのインストール

 

処理が終了したら「Finish」をクリック。

Android SDK/Android Studioのインストール

 

Android Studioが起動するので、右下の【Configure】をクリックし、【SDK Manager】をクリック。

Android SDK/Android Studioのインストール

 

以下の画面が表示されるので、【SDK Tools】をクリックし、【Google USB Driver】にチェックを入れて【OK】をクリック。

Android SDK/Android Studioのインストール

 

「OK」をクリック。

Android SDK/Android Studioのインストール

 

ライセンス承認画面になるので、問題なければ「Accept」をクリックし、「Next」をクリック。

Android SDK/Android Studioのインストール

 

インストール作業が完了したら「Finish」をクリック。

Android SDK/Android Studioのインストール

以上で「Android SDK」のインストール作業は完了です。

 

adbコマンドを使用可能にするために“パス”を通す。

後は最後の仕上げです。adbコマンドを使用可能にするには、“パスを通す”作業が必須です。
ちょっと面倒ですが頑張りましょう。ここで先ほどの【Android SDK Installation Location】のインストールアドレスが必要になります。

まずは左下の【スタートボタン】を右クリックし、【システム】をクリックします。

adbコマンドを使用可能にするために“パス”を通す。

 

続いて左メニューから【システムの詳細設定】をクリック。

adbコマンドを使用可能にするために“パス”を通す。

 

以下の画面が表示されるので、【環境変数】をクリックします。

adbコマンドを使用可能にするために“パス”を通す。

 

【システム環境変数】の【Path】をクリックし、【編集】をクリック。

adbコマンドを使用可能にするために“パス”を通す。

 

【新規】をクリック。

adbコマンドを使用可能にするために“パス”を通す。

 

先ほどコピーしておいた【インストールアドレス】の末尾に【\platform-tools】を付け足して入力します。完了したら【OK】をクリック。

、先ほどの【インストールアドレス】の末尾に【\platform-tools】を付け足して入力します。完了したら【OK】をクリック。

入力が完了したら、一度パソコンを再起動してください。

以上で「adbを使用可能にするために“パス”を通す。」作業は完了です。PCが再起動したら、ためしにコマンドプロンプトを立ち上げ、「adb」と打ってみましょう。以下のような画面が表示されれば、正常に動作しています。

、先ほどの【インストールアドレス】の末尾に【\platform-tools】を付け足して入力します。完了したら【OK】をクリック。

 

コマンドプロンプトはWindows10なら検索窓に「cmd」と入力してエンターを押せば出てくると思います。もしくはキーボードの「Windowsマーク+R」で出てくる検索窓に「cmd」と入力し、エンターでもOKです。

、先ほどの【インストールアドレス】の末尾に【\platform-tools】を付け足して入力します。完了したら【OK】をクリック。

 

Xiaomi Redmi Note 4の「USBデバッグモードをオン」にする。

続いて、PCから「Redmi Note 4」に対してadbコマンドを使用可能にするために、USBデバッグモードを“オン”にしましょう。

まずは「Redmi Note 4」の場合は、【Settings > About phone > MIUI version】を複数回タップします。すると「Developer」モードが解放されます。

Xiaomi Redmi Note 4の「USBデバッグモードをオン」にする。

 

一度前の画面に戻り、今度は【Settings > Additional settings > Developer options】と進み、【USB debugging:オン】にします。

Xiaomi Redmi Note 4の「USBデバッグモードをオン」にする。

後はいよいよ、「MoreLocale 2」で「Xiaomi Redmi Note 4」を日本語化していきます。

 

Xiaomi Redmi Note 4を「MoreLocale 2」で日本語化!

さあ、ここまで来たらあと少しで、「Xiaomi Redmi Note 4」を「MoreLocale 2」で日本語化するのが完了します!頑張りましょう!

まずは「Xiaomi Redmi Note 4」で「MoreLocale 2」を起動してみましょう。まだインストールしていない方はこちらからどうぞ。

 

試しに【Japanese】を選択すると、このように「パーミッションが拒否された」とエラーが表示されます。

Xiaomi Redmi Note 4を「MoreLocale 2」で日本語化!

 

という事で、ここからがadbコマンドの出番です!まずは「Xiaomi Redmi Note 4」をパソコンにUSBケーブルで接続します。

次に「cmd」を起動し、以下のコマンドをコピペしてエンターを押してください。

 

通常はこれで処理が完了するんですけど、なぜか自分の環境では以下のようなエラーが表示されました(;´∀`)

もしもエラーが出なかった際は、そのまま先ほどの「MoreLocale 2」で【Japanese】をタップすれば「Xiaomi Redmi Note 4」の日本語化は完了します。

自分と同様にエラーが出た場合は、まずは【C:\Users\(ユーザー名)\.android】にある【adbkey.pub】を削除してください。(PCを再起動した方が良いかも)

Xiaomi Redmi Note 4を「MoreLocale 2」で日本語化!

 

ここで再度先ほどのコマンドを「cmd」に打ち込みます。すると、再びエラー表示が出ますが、「Xiaomi Redmi Note 4」に許可ダイアログが出るので、これをタップして許可します。

Xiaomi Redmi Note 4を「MoreLocale 2」で日本語化!

再度以下のコマンドを「cmd」に打ち込めば、↑のように無事コマンドが通ります。

 

後は「Xiaomi Redmi Note 4」で「MoreLocale 2」を起動し、【Japanese】をタップすれば、念願の日本語化が完了です!

Xiaomi Redmi Note 4を「MoreLocale 2」で日本語化!

 

このように見慣れた日本語が。ちょっと感動。

Xiaomi Redmi Note 4を「MoreLocale 2」で日本語化!

という事で、本日は日本語非対応のAndroid端末「Xiaomi Redmi Note 4」を「MoreLocale 2」で日本語化する方法を解説してみました。面倒なら英語のまま使うのも一つの手段ですが、少しでも日本語化したい場合は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

あー、疲れた(;´∀`)

Pocket

- Advertisement -

NO COMMENTS

質問やご感想があればお気軽にどうぞ。コメントは管理人の承認後に表示されます。※メアドは非公開です。