残念!「iOS 10」の「Raise to Wake」機能が使えるのは「iPhone 6s/6s Plus」と「iPhone SE」だけらしい。

0
2192
「iOS 10」の「Raise to Wake」機能が使えるのは「iPhone 6s/6s Plus」と「iPhone SE」だけ
Pocket

先日大々的に発表された「iOS 10」、その中でも興味深かったのが、iPhoneを手に取って持ち上げるだけでスリープが解除される「Raise to Wake」機能です。

次期「iOS 10」では、ロック画面の操作性が大幅にアップデートされることもあり、この「Raise to Wake」機能は重要な役割を果たすと思うのですが、残念ながら対応するのは「iPhone 6s/6s Plus」と「iPhone SE」のみで、iPhone 6世代は対応しないようなんです。もちろん、9月に発表されるであろう「iPhone 7」は対応するでしょうけど。

- Advertisement -

「iOS 10」の「Raise to Wake」機能が使えるのは「iPhone 6s/6s Plus」と「iPhone SE」だけ

ちょっと残念ではありますが、そう言われれば「Siri」が常時利用できるのも、A9チップが搭載されている、「iPhone 6s」以降なんですよね。これと関連しているかは不明ですが、とにかく「Raise to Wake」機能が使えるのは、「iPhone 6s/6s Plus」と「iPhone SE」のみということらしいです。

iPhone 6 Plusユーザーの管理人としては、せっかく期待していた「iOS 10」の新機能が使えないのはちょっと残念。3D Touchも未対応だし、そろそろ買い替えるべきなんでしょうかねえ。

現時点でiPhone 7はマイナーアップデートの噂が根強く、管理人もiPhone 7に買い替えて、さらに翌年iPhone 8に買い替えるべきなのか、それともこのままiPhone 6 Plusをもう一年使うべきなのか、やや悩んでいる状態です。

9月に発表されるであろうiPhone 7がとても魅力的な端末であればまったく問題ないんですが、果たしてどうなることやら。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket

- Advertisement -

質問やご感想があればお気軽にどうぞ。コメントは管理人の承認後に表示されます。※メアドは非公開です。