【レビュー】安いけどバカに出来ない音質!「SoundPEATS カナル型イヤホン B20」はドンシャリサウンドが好きならなかなか楽しめますよ!

0
749
【レビュー】安いけどバカに出来ない音質!「SoundPEATS カナル型イヤホン B20」はドンシャリサウンドが好きならなかなか楽しめますよ!
Pocket

本日は、いつも当サイトでお世話になっているSoundPeats様より、「SoundPEATS カナル型イヤホン B20」を提供いただいたのでご紹介したいと思います。

この「SoundPEATS カナル型イヤホン B20」ですが、価格的には記事執筆時点で1,795円と非常に安価。本体には音量や再生/一時停止が出来るコントローラーなどもなく、非常にシンプルな有線タイプのカナル型イヤホンとなっています。

そのため当初は、音質面などあまり期待せず、正直「安かろう悪かろう」なイメージで手に取りました。

しかし!一聴して驚きました!これだけ安価でシンプルなイヤホンなのに、音が意外と悪くない!もちろん、価格帯的に超高音質とは言えませんが、高音域がかなりしっかり出ており、かつ低音の迫力もそこそこあります。中音はやや抑え気味ですが、音の奥行きも感じられるなど、一昔前の安価なイヤホンとは比べ物にならないレベルの音質でした!

いやはや、これだけ低価格でもそれなりの音が楽しめるとは、SoundPeatsさんやりますねえ。

- Advertisement -

「SoundPEATS カナル型イヤホン B20」のセット内容

「SoundPEATS カナル型イヤホン B20」のセット内容

SoundPEATS カナル型イヤホン B20」のセット内容は以下の通り。

  • B20ヘッドセット本体
  • 交換用イヤーピース「S/M(標準装着)/L」

※1年保証付き

 

「SoundPEATS カナル型イヤホン B20」の特徴/仕様

「SoundPEATS カナル型イヤホン B20」の特徴/仕様

SoundPEATS カナル型イヤホン B20」の特徴/仕様は以下の通り。

特徴

  • 【高級感がある花梨木製ハウジング】良質の花梨木製を採用して工程ごとに工夫して綺麗な模様のハウジングを作り出します。音声拡散を効果的に防止し、騒音遮断の機能も付いて高音質再生が可能。美しい音楽の世界が楽しむことができます。小型で、自然に親しむようなスタイルから仕上げられたので、装着感は軽く、使用感も快適です。
  • 【OFCケーブルを使用】イヤホンのコードにはOFC(無酸素銅)を採用し、不純物を除去した99.99%以上の高純度銅を使用したケーブルとなっています。通常のケーブルと比べ、信号の伝送ロスや歪みを抑えることができるため、解像度が高く切れのよい音質を実現。カナル型で遮音性が高く、またソフトな丸型ケーブル(約1.2m)を使っており、使用中にケーブルがこすれる際に響いてくるタッチノイズもかなり低減されています。遮音性と音漏れ防止に優れているので電車やエレベーターなど公共の場所で使用しても心配はいりません。
  • 【こだわりの金メッキ仕上げ】オーディオジャックは金メッキ加工されており、純音信号の高速伝送を確保すると同時に、高耐久性と高級感も両立しています。
  • 【3種のイヤーピースが付属】3種類のイヤピースが付属しており、自分の耳に合うイヤピースを見つけて装着し、快適に使用可能です。

 

仕様

  • ドライバー口径:9.8mm
  • 再生周波数帯域:20hz-20KHz
  • 感度:82dB
  • インピーダンス:16Ω
  • 最大入力:20mW
  • ケーブル長:120cm
  • 入力プラグ:3.5mm

 

「SoundPEATS カナル型イヤホン B20」レビューまとめ!

「SoundPEATS カナル型イヤホン B20」レビューまとめ!

それではここから、「SoundPEATS カナル型イヤホン B20」のレビューをまとめていきたいと思います。

この「SoundPEATS カナル型イヤホン B20」ですが、まず価格を頭に入れておくと良いでしょう。記事執筆時点のAmazonにおいて、1,795円となっており、非常に安価なカナル型イヤホンです。

外観はシンプルな作りで、操作ボタンなどはなく、純粋な有線イヤホンとなっています。

しかしながら、細部にはこだわりが感じられます。まずイヤホン部分は木製のハウジングを採用。これにより、伸びやかな高音を実現しています。

「SoundPEATS カナル型イヤホン B20」レビューまとめ!

「SoundPEATS カナル型イヤホン B20」レビューまとめ!

 

 

そしてコードもOFC(無酸素銅)ケーブルを採用し、オーディオジャックにはしっかりと金メッキ処理が施されています。この辺り、とても安価なイヤホンとは思えないこだわりだと思います。

「SoundPEATS カナル型イヤホン B20」レビューまとめ!

ちなみにコードはやや細身ですが、絡みにくく、タッチノイズもほとんど気になりませんでした。

 

そして肝心の音質について。

これはもちろん、ある程度価格相応な部分もあるので、超高音質とは言いませんが、それでも2,000円程度の安価なイヤホンであることを考えれば、なかなか良い音を出していると思います。

まず高音域。これは非常に伸びやかに出ています。木製ハウジングの影響もあるのでしょうか、輪郭のハッキリしたきらびやかな音です。ただ、人によってはややうるさく感じる場合もあるかも。その場合はイコライザーで調節すると良いでしょう。個人的にはデフォルトで問題ないです。

次に中音域。ここは若干抑え気味。それでもギターの音色など、悪くないです。

最後に低音域。大迫力とは言えませんが、十分低音の厚みを感じることが出来ます。ヘビメタなどもそれなりの迫力で楽しむことが出来ました。

という事で、傾向的にはややドンシャリ寄りなサウンドに仕上がっている印象です。ノリの良い音楽には良く合う音質ですね。

また、これだけ安価にも関わらず、意外と解像度が高く、音の奥行きも感じられました。この辺りは流石SoundPEATS製品といったところでしょうか。

 

総じて値段を考えれば、個人的には良く出来たカナル型イヤホンだと思います。有線タイプなので、同じ価格帯のBluetoothイヤホンよりは明らかに音質は良いですね。iPhone 7では、別途変換コネクタを使う必要があるのでやや面倒ですが、オーディオジャックがあるスマホを使用中なら、手軽に楽しめる有線イヤホンとして、一考の価値はある製品だと思います。

以上、「SoundPEATS カナル型イヤホン B20」のレビューでした!提供いただいたSoundPEATS様、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket

- Advertisement -

質問やご感想があればお気軽にどうぞ。コメントは管理人の承認後に表示されます。※メアドは非公開です。