AppleがWWDC 2018の開催を発表!iOS 12の発表や新型iPad Proのお披露目もあり!?

0
828
「iPhone SE 2」の発表は6月開催の「WWDC 2018」?
Pocket

毎年6月に開催されているAppleの開発者向け会議「WWDC」ですが、今年も2018年6月4日から6月8日までの5日間「WWDC 2018」が開催されることが正式にAppleより発表されました。

去年の「WWDC 2017」では、「iOS 11」をはじめとした最新OSのお披露目に、「10.5インチiPad Pro」「iMac Pro」「HomePod」などデバイスも紹介されています。

今年も噂の段階ですが、「WWDC 2018」では、新型の11インチiPad Proや、久しぶりにMacBook Airが更新されるのではないか?などの情報が飛び交っています。iOS 12などの最新OSの登場は間違いないと思われますが、色々とAppleファンは要注目のイベントとなりそうです。

- Advertisement -

「WWDC 2018」ではiOS 12の発表はほぼ間違いなし!新型iPad Proや廉価版デバイスの発表もあるかも?

という事で、本日Appleが「WWDC 2018」を2018年6月4日から6月8日まで、カリフォルニア州サンノゼのマッケンナリー・コンベンション・センターで開催することを正式に発表しました。

The Apple Worldwide Developers Conference (WWDC) 2017 takes place June 5-9 in San Jose, California.

「WWDC 2018」への参加は抽選方式なので、興味のある方で時間とお金がある方は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか? 3月23日午前2時(日本時間)まで申し込み可能で、抽選結果は3月24日午前9時(日本時間)までに通知されるそうです。

例年この「WWDC 2018」でのiOSなどの最新OS発表を皮切りに、Appleの新製品が順次投入されていくのが通例となっています。

今年の「WWDC 2018」では、例年通りiOS 12をはじめ、macOSやtvOS、watchOSなどの各種OSの最新バージョンのお披露目があるのは間違いないでしょう。今年のAppleはOSに新機能を追加するよりも、安定性を重視してくるとも噂されています。iOS 11ではいつものAppleらしくないミスが頻発していたので、それもしょうがない気がしますね。

次にデバイス関連について。まず噂になっているのが新型iPad Pro。今年は11インチクラスになるとも噂されています。最新のiPhone Xと同様に、Touch IDを排除して全面ディスプレイを採用。それに伴ってFace IDが搭載されるとの情報があります。個人的にはFace IDの使い勝手があまり良くないので、もしも現行のTouch ID搭載iPad Proが欲しいなら、あえて早めに購入しておくのもありかもしれません。まだ噂の段階なので詳細は不明ですけどね。

それ以外では、久しぶりにMacBook Airの新型が登場するとの情報もあります。安価で手ごろなMacBookが欲しい方は要注目かも。それ以外にも、先日お伝えしたように廉価版デバイスの噂も上がってきています。iPadやHomePod miniなどが発表される可能性もあるかもしれません。そしてiPhone SE 2も以前から根強く情報がありますが、こちらは出るとも出ないともなんともいえない状況です。小型でコンパクトなiPhoneのニーズは確実にあるので、こちらも発表になると嬉しいですけどね。

かねてより今年のiPhoneは、高機能で有機EL搭載のiPhone Xに大画面のiPhone X Plus、そして廉価版の液晶ディスプレイを搭載したモデルの3モデルになると噂されています...

いずれにしても、2018年6月4日から開催の「WWDC 2018」には、Appleファンは要注目です!当サイトでも続報が入り次第、お伝えしていきたいと思います!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket

- Advertisement -

質問やご感想があればお気軽にどうぞ。コメントは管理人の承認後に表示されます。※メアドは非公開です。