Appleが「iPhone 6s/ 6s Plus」のリコールを発表。コンポーネントの故障で電源が入らなくなる場合も。ユーザーはシリアル番号でチェックを。

Appleが「iPhone 6s/ 6s Plus」のリコールを発表。コンポーネントの故障で電源が入らなくなる場合も。ユーザーはシリアル番号でチェックを。iphone

本日Appleが、「iPhone 6s や iPhone 6s Plus の電源が入らない問題に対する修理プログラム」を開始することを発表しました。

この問題は、一部のコンポーネントの故障により、特定の「iPhone 6s」や「iPhone 6s Plus」の電源が入らなくなる可能性があるというもの。この問題の影響が確認されているのは、2018年10月から2019年8月までの間に製造され、シリアル番号が特定の範囲内にある「iPhone 6s/ 6s Plus」のみです。

Appleのサイトでシリアル番号を入力すれば簡単にリコール対象端末かどうか判定できるので、現在「iPhone 6s/ 6s Plus」を使用中のユーザーさんは、一度確認しておきましょう。

スポンサーリンク

「iPhone 6s や iPhone 6s Plus の電源が入らない問題に対する修理プログラム」に該当するか確認する方法

Appleが開始した「iPhone 6s や iPhone 6s Plus の電源が入らない問題に対する修理プログラム」ですが、これに該当する端末かどうかは、Apple公式サイトでiPhoneのシリアル番号を入力すれば簡単に調べることが出来ます。

まずは使用中のiPhoneのシリアル番号を確認しておきましょう。

iPhone:シリアル番号の確認方法
■設定>一般>情報>シリアル番号

※シリアル番号上で長押しすると【コピー】が可能です。コピーして検索窓に張り付けると簡単に調べられるので、ぜひお試しあれ。

もしも電源が入らないなど、iPhone自体でシリアル番号が調べられない場合は、以下の方法で調べることも可能です。

  • 製品が入っていたパッケージがある場合は、バーコードを調べればシリアル番号がわかります。
  • iTunesの環境設定の「デバイス」タブでシリアル番号を確認できます。
  • 製品購入時の領収書 (レシート) や請求書の原本でもシリアル番号を調べることができます。

 

続いて以下のリンクをクリックし、「iPhone 6s や iPhone 6s Plus の電源が入らない問題に対する修理プログラム」ページを開いてください。

 

ページが開いたら「検索ボックス」にシリアル番号を入力(コピペ可)し、【送信】を押してください。

「iPhone 6s や iPhone 6s Plus の電源が入らない問題に対する修理プログラム」に該当するか確認する方法

 

「iPhone 6s や iPhone 6s Plus の電源が入らない問題に対する修理プログラム」の対象となる場合は、修理手続きを行いましょう。

 

修理手続きについて

使用中の「iPhone 6s」や「iPhone 6s Plus」を修理するには、下記のいずれかの方法で手続きをしてください。なお、修理開始前にAppleにて実機検査を行い、本プログラムの適用対象かどうかを検証するとの事です。

  • Apple 正規サービスプロバイダ:こちらから正規サービスプロバイダを検索できます。
  • Apple Store 直営店:あらかじめこちらからご予約を。

不明な点がある場合やサポートが必要な場合は、Appleサポートへお問い合わせください。

修理に出す前に、iTunes または iCloud にiPhoneをバックアップしておきましょう。また、iPhoneを修理に出す際にはいくつか注意事項もあります。特に郵送する場合はシムカードを抜いておく、スマホケースは外しておくなど、十分ご注意ください。

 

画面のひび割れなど、修理に支障をきたす損傷がある場合は、そちらを先に修理する必要があります。場合によっては別途修理料金がかかることがありますのでご注意を。意外とこの規定でトラブルになる場合もあるようです。

 

その他の情報

修理を受けられるのは製品の最初のご購入国/地域のみとなる場合があります。なお、本プログラムの対象になると思われる「iPhone 6s」や「iPhone 6s Plus」をすでに有償で修理された方には返金されるようです。詳細についてこちらからお問い合わせください。

この全世界共通のプログラムは「iPhone 6s」や「iPhone 6s Plus」の通常の製品保証期間を延長するものではありません。また、本プログラムは対象となる「iPhone 6s」や「iPhone 6s Plus」に対し、その最初の小売販売日から2年間適用されます。

引用元:iPhone 6s や iPhone 6s Plus の電源が入らない問題に対する修理プログラム|Apple

コメント

タイトルとURLをコピーしました