猶予は10日!Windows 10 May 2020 Update(2004)を以前のバージョン/ビルドに戻す方法

猶予は10日!Windows 10 May 2020 Update(2004)をアンインストールして以前のバージョンに戻す方法Windows 10

2020年5月28日、Microsoftが年に2回行うWindows 10大型アップデートのうちの一つ、「Windows 10 May 2020 Update」(version 2004)の配信を開始しました。昨年11月に配信された「Windows 10 November 2019 Update」に続く半期に一度の大型アップデートとなります。

現時点ではドライバ関係を中心に不具合報告が上がってきていますが、場合によってはアプリとの相性問題など、意図した通りにPCが動作しない場合もあるでしょう。

勿論、不具合や相性問題は随時改善されていくと思いますが、早急に対処しないといけない場合は、一旦「Windows 10 May 2020 Update verison 2004」をアンインストールし、以前のバージョン(ビルド)である「Windows 10 November 2019 Update verison 1909」に戻してみると良いでしょう。

ただし、以前のバージョンに戻すことが出来るのは、アップデート後、原則10日間となっています。お気を付けください。

スポンサーリンク

Windows 10 May 2020 Update(2004)をアンインストールして以前のバージョンに戻す方法

Windows 10 May 2020 Update(2004)をアンインストールして以前のバージョンに戻す方法を解説しておきます。

なお、作業前に以下のポイントはご注意を。

■個人用ファイルは保持されます。
■アップグレード後にインストールしたアプリやドライバーと、設定に加えた変更はすべて削除されます。
■以前のバージョンに戻すことができる期間は原則アップデート後10日間です。
■作業中はPCを電源に接続してください。バッテリー動作では元のバージョンに戻すことはできません。
■管理者としてのログインが必要です。

 

また、以前のバージョンに戻すには次の条件を満たしている必要があります。

■アップグレード後、windows.old フォルダーと $windows.~bt フォルダーの内容がすべて保持されていること。
■アップグレード後に追加したユーザー アカウントを削除していること。
■Windows 7 または Windows 8.1 へのサインインにパスワードを使っていた場合は、そのパスワードを知っていること。
■Windows 10 へのアップグレードにUSBドライブを使った場合は、そのUSBドライブがあること。

※読者の方より、より古いバージョンのWindows ISOデータをダウンロードしたい場合は「Rufus」というアプリを使うと便利という情報を頂きました。ありがとうございます。

 

それではここから、Windows 10 May 2020 Update(2004)をアンインストールして以前のバージョンに戻す方法を解説していきます。なお、事前に起動中のアプリはなるべく終了させ、データのバックアップもしっかり取っておきましょう。

まずは左下「スタート」ボタンをクリックし、「設定」をクリックします。

「Windows 10 November 2019 Update」へのアップデート方法

 

続いて「更新とセキュリティ」をクリック。

Windows 10 May 2020 Update(2004)をアンインストールして以前のバージョンに戻す方法

 

左側メニューの「回復」をクリックし、【前のバージョンのWindows 10に戻す】セクションにある「開始する」をクリック。

Windows 10 May 2020 Update(2004)をアンインストールして以前のバージョンに戻す方法

 

もしもPCが電源に接続されていない場合は接続してからやり直してください。

Windows 10 May 2020 Update(2004)をアンインストールして以前のバージョンに戻す方法

 

以前のバージョンに戻す理由を選択します。✔を入れたら「次へ」をクリック。

Windows 10 May 2020 Update(2004)をアンインストールして以前のバージョンに戻す方法

 

最新のアップデートを適用すると不具合が直る場合もあります。試す場合は「アップデートの確認」をクリックしてください。このままWindows 10 May 2020 Update(2004)のアンインストール作業を続行する場合は「行わない」をクリック。

Windows 10 May 2020 Update(2004)をアンインストールして以前のバージョンに戻す方法

 

Windows 10を以前のビルドに復元するにあたっての注意事項が表示されます。問題なければ「次へ」をクリック。

Windows 10 May 2020 Update(2004)をアンインストールして以前のバージョンに戻す方法

 

パスワードに関する注意事項が表示されます。問題なければ「次へ」をクリック。

Windows 10 May 2020 Update(2004)をアンインストールして以前のバージョンに戻す方法

 

最後にこの画面が表示されます。「以前のビルドに復元する」をクリックすると、PCが再起動して復元作業が始まります。作業中はPCの電源を切らないようご注意ください。

Windows 10 May 2020 Update(2004)をアンインストールして以前のバージョンに戻す方法

 

PCが再起動したら、以下の手順でバージョンを確認しておきましょう。

「スタート」ボタン>設定>システム>バージョン情報>Windowsの仕様>バージョン情報

一つ前のバージョンは【1909】となります。

なお、Windowsのバージョンは、検索ボックスで「winver」と入力してコマンドを実行することでも確認可能です。

 

以上で「Windows 10 May 2020 Update」(version 2004)を以前のバージョンに戻す作業は終了です。お疲れさまでした。

コメント

  1. M.Ueda より:

    過去のバージョンをどうしても入手したいなら、パソブルの情報の中に、過去バージョンの入手方法がありますので、それも併せて知っておくと便利かと

    情報元 https://www.pasoble.jp/windows/10/download-past-version.html

    • よっしー より:

      情報提供ありがとうございます!
      Microsoftの公式サービスではないようなので、概要を追記しておきますね!

  2. M.Ueda より:

    2004にアップデートしたところ、突如MS‐IMEの変換機能が使用不能!
    今までの10のアップデートの中でも致命的「ちなみにわが自作機は、CPU+B450Mマザーボード+RX560(2G)グラボで、全てAMD規格パーツで構成、マザーボードとグラボはASRock製」では?

    2004にして以後、WiFiもその反動か、1909に戻しても断線を繰り返すようになり、調べてみると親機、中継機「両方ともにBuffalo製」ともに5Gと2Gともに設定がチャンネル固定の上、速度が機器で設定する最低速にされており、アップデートの悪影響か?今回はかなり泣かされました。

    注:電子レンジ対策で2Gチャンネルは固定する可能性はあるが、5Gは必要性なしなので、本来的には特に必要がなければチャンネル、速度ともに自動でもOKと思う!!

  3. jan より:

    やってみました。無事にversion 2004になりました。予備のパソコンのときより、2倍ほど時間がかかりました。画面が出たら、タスクバーが真っ白です。「色」のところをあれこれ変えて、やっと元に戻りました。バージョンアップしたときは、だいたいなにか変わっていますね。元のままにしておいてくれればいいのに。不具合は、今のところはありません。

    • よっしー より:

      お疲れさまでした!
      なんとか無事動作されているようで良かったです!
      確かに細かな設定が毎回初期化されたりするのはちょっと困りますよね。
      自分も毎回チェックポイントをまとめておいて、後からチェックするようにしています。

  4. jan より:

    よっしーさんがメインのパソコンにアップデートされたのなら、私もやってみようと思います。困ったことが起きたら、教えてください。アップデートが終わったら、こちらで報告させていただきます。

  5. jan より:

    「Windows 10 May 2020 Update」(version 2004)がなかなか配信されませんね。「設定」で「更新プログラム」をクリックしても、配信されません。修正が多いのでしょうか。「Windows 10 のダウンロード」のページに行ってやってもいいのですが、我慢しています。予備のパソコンに入れた
    version 2004は、そのままです。

    • よっしー より:

      現状ドライバの相性問題も多いようなので、しばらく時間はかかるかもしれません。
      自分もしびれを切らしてメインPCには「Windows 10 更新アシスタントツール」を使い、アップデートしてみました。
      現状は特に問題なく動作していますが、出来ればWindows Update経由での配信を待つ方が良いでしょうね。