「Windows 10 2004」向けに各種不具合が修正されたオプションパッチ「KB4577063」が配信開始。必要に応じてインストールを。

「Windows 10 2004」向けに各種不具合が修正されたオプションパッチ「KB4577063」が配信開始。必要に応じてインストールを。Microsoft Tips

Microsoftが10月1日、「Windows 10 May 2020 Update version 2004」向けに、各種不具合が修正されたオプションパッチ「KB4577063」の配信を開始しました。

「KB4577063」はセキュリティ関係の修正は含まない品質改善の累積更新プログラムでオプションパッチとなっており、インストールは任意です。必要に応じて手動でインストール作業を行ってください。

「KB4577063」には、2020年12月にAdobeFlashのサポートが終了することをユーザーに通知する通知をInternetExplorer 11に追加したり、空間オーディオを使用するゲームが機能しなくなる問題の修正、
Windows Mixed Realityヘッドマウントディスプレイ(HMD)の歪みと収差の低減、スリープまたは休止状態から復帰した後、通知領域にインターネット接続が表示されない可能性がある特定のWWANLTEモデムの問題などが含まれています。

スポンサーリンク

「KB4577063」のアップデート内容

このセキュリティ以外の更新には、品質の改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

※現時点で英語での解説しかないので、簡易的なGoogle翻訳とMicrosoft翻訳でのご紹介となります。ご了承ください。詳細は元ページでご確認を。

  • 2020年12月にAdobeFlashのサポートが終了したことをユーザーに通知する通知をInternetExplorer 11に追加します。詳細については、KB4581051を参照してください。
  • MicrosoftEdgeでInternetExplorerモードの拡張ハング検出の構成を有効にしたときに発生するMicrosoftEdgeIEモードの問題に対処します。
  • ユーザーが新しいセッションにサインインしたときに言語バーが表示されない問題に対処します。これは、言語バーが正しく構成されている場合でも発生します。
  • Microsoft Foundation Class Library(MFC)DataGridに入力された最初の東アジア言語の文字を認識できない問題に対処します。
  • 以前に閉じられたセッションが回復不能な状態にある場合、そのセッションに再接続できないという問題に対処します。
  • 空間オーディオを使用するゲームが機能しなくなる問題に対処します。
  • オペレーティングシステムをアップグレードした後、CleanupProfiles GPOを構成すると、未使用のユーザープロファイルの削除に失敗しする、CleanupProfilesグループポリシーオブジェクト(GPO)の問題に対処します。
  • Windows Hello forBusinessのオンプレミス展開で[設定]> [アカウント]> [サインインオプション]から[ PINを忘れた]を選択すると失敗する問題に対処します。
  • フィジーの2021年のタイムゾーン情報を更新します。
  • 顧客のワークロードを監視するMicrosoftのSystemCenter Operations Manager(SCOM)機能に影響する問題に対処します。
  • PowerShellコンソールのエラー出力をリダイレクトするときにランダムな改行が発生する問題に対処します。
  • tracerptを使用してHTMLレポートを作成する際の問題に対処します。
  • DeviceHealthMonitoringクラウドサービスプラン(CSP)をWindows 10BusinessおよびWindows10Proエディションで実行できるようにします。
  • Windows機能の更新中にHKLM \ Software \ Cryptographyの下のコンテンツが引き継がれない問題に対処します。
  • 状況によって、runasコマンドを使用してプロセスを開始したときにlsass.exeでアクセス違反が発生する問題に対処します。
  • Windows Defender ApplicationControlが監査のみである必要があるパッケージファミリ名ルールを適用する問題に対処します。
  • PINの変更が成功したにもかかわらず、スマートカードのPINの変更が成功しなかったことを示すエラーを表示する問題に対処します。
  • ドメインパーティション内のAuthenticatedおよびInteractiveユーザーに対して重複するForeignSecurityPrincipalディレクトリオブジェクトを作成する可能性がある問題に対処します。その結果、元のディレクトリオブジェクトの名前に「CNF」が追加され、マングルされます。この問題は、CriticalReplicationOnlyフラグを使用して新しいドメインコントローラーをプロモートするときに発生します。
  • Windows Hello顔認識の構成を更新して、940nmの波長のカメラで適切に機能するようにします。
  • Windows Mixed Realityヘッドマウントディスプレイ(HMD)の歪みと収差を低減します。
  • 新しいWindowsMixed Reality HMDが最小仕様要件を満たし、デフォルトで90Hzのリフレッシュレートになっていることを確認します。
  • 仮想マシン(VM)が特定のSmall Computer System Interface(SCSI)コマンドを発行したときに、Hyper-Vホストで停止エラーが発生する問題に対処します。
  • ソケットを共有ソケットにバインドしようとして失敗する可能性がある問題に対処します。
  • アプリケーションがWindowsAPIを使用してインターネット接続をチェックし、ネットワークアイコンが通知領域に「インターネットアクセスなし」と誤って表示する場合に、アプリケーションが開かない、またはその他のエラーが発生する可能性がある問題に対処します。この問題は、グループポリシーまたはローカルネットワーク構成を使用して、ネットワーク接続ステータスインジケーター(NCSI)のアクティブプローブを無効にした場合に発生します。これは、アクティブプローブがプロキシの使用に失敗し、パッシブプローブがインターネット接続の検出に失敗した場合にも発生します。
  • 仮想プライベートネットワークバージョン2(VPNv2)構成サービスプロバイダー(CSP)を使用するデバイスでMicrosoftIntuneが同期できない問題に対処します。
  • VPN接続が検出されると、ピアからのアップロードとダウンロードを一時停止します。
  • IISマネージャーなどのMicrosoftインターネットインフォメーションサービス(IIS)管理ツールがweb.configでSameSiteCookie設定を構成したASP.NETアプリケーションを管理できない問題に対処します。
  • ActiveDirectoryデータベースファイルの移動を妨げるntdsutil.exeの問題に対処します。エラーは、「ファイルの移動がソース<original_full_db_path>で失敗し、宛先<new_full_db_path>がエラー5で失敗しました(アクセスが拒否されました)」です。
  • イベントID2889でライトウェイトディレクトリアクセスプロトコル(LDAP)セッションが安全でないことを誤って報告する問題に対処します。これは、LDAPセッションがSimple Authentication and Security Layer(SASL)メソッドで認証および封印された場合に発生します。
  • マシン証明書を使用するときに、CredentialGuardを有効にするWindows10デバイスが認証要求を失敗させる可能性がある問題に対処します。
  • msDS-parentdistnameのActiveDirectoryおよびActiveDirectoryライトウェイトディレクトリサービス(AD LDS)で構築された属性を復元します。
  • Ntds.ditの大きなキーに対するクエリが「MAPI_E_NOT_ENOUGH_RESOURCES」というエラーで失敗する問題に対処します。この問題により、Exchangeメッセージングアプリケーションプログラミングインターフェイス(MAPI)が会議出席依頼に追加のメモリを割り当てることができないため、ユーザーは会議室の可用性が制限される可能性があります。
  • 要求がOCSPレスポンダーサービスに送信されたことを示すために、オンライン証明書ステータスプロトコル(OSCP)レスポンダー監査イベント(5125)を断続的に生成する問題に対処します。ただし、リクエストの発行者のシリアル番号またはドメイン名(DN)への参照はありません。
  • コンソールコマンドからの出力で、日、月、年のフィールドの前に奇妙な文字が表示される問題に対処します。
  • lsass.exeが機能を停止し、システムの再起動をトリガーする問題に対処します。この問題は、重要ではないページ検索コントロールを使用して無効な再起動データが送信された場合に発生します。
  • 特定のシナリオでのドメイン-ローカルグループメンバーシップの変更に関するイベント4732および4733のログに失敗する問題に対処します。これは、
    「PermissiveModify」コントロールを使用すると発生します。たとえば、Active Directory(AD)PowerShellモジュールはこのコントロールを使用します。
  • SQLServerファイルストリームデータへのWin32APIアクセスを妨げるMicrosoftクラスター共有ボリュームファイルシステム(CSVFS)ドライバーの問題に対処します。これは、AzureVM上にあるSQLServerフェールオーバークラスターインスタンスのクラスター共有ボリュームにデータが保存されている場合に発生します。 
  • オフラインファイルが有効になっているときにデッドロックが発生する問題に対処します。その結果、CscEnpDereferenceEntryInternalは親と子のロックを保持します。
  • HsmpRecallFreeCachedExtents()を呼び出すと、重複排除ジョブが停止エラー0x50で失敗する問題に対処します。
  • Microsoftのリモートデスクトップ共有APIを使用するとアプリケーションが機能しなくなる問題に対処します。ブレークポイントの例外コードは0x80000003です。
  • リモートデスクトップゲートウェイを使用するときに、リモートデスクトップクライアント(mstsc.exe)がサインアウト時に行うwww.microsoft.comへのHTTP呼び出しを削除します。
  • Windowsエコシステムの互換性ステータスの評価に関する問題に対処し、Windowsのすべての更新プログラムに対するアプリケーションとデバイスの互換性を確保します。
  • 特定の新しいWindowsMixedRealityモーションコントローラーのサポートを追加します。
  • 動的データ交換(DDE)を使用するアプリが、アプリを閉じようとしたときに応答を停止する問題に対処します。
  • 各WUスキャンの一部としてWindowsUpdate(WU)に送信されるAzure Active Directory(AAD)デバイストークンを追加します。WUはこのトークンを使用して、AADデバイスIDを持つグループのメンバーシップを照会できます。
  • リモートデスクトッププロトコル(RDP)クライアントで「資格情報の委任を制限する」モードで「リモートサーバーへの資格情報の委任を制限する」グループポリシーを設定する際の問題に対処します。その結果、ターミナルサーバーサービスは最初に「リモート資格情報ガードが必要」モードを使用しようとし、サーバーが「リモート資格情報ガードが必要」をサポートしていない場合にのみ「制限付き管理者が必要」を使用します。
  • WSLを起動しようとすると「要素が見つかりません」エラーを生成するLinux用Windowsサブシステム(WSL)の問題に対処します。
  • スリープまたは休止状態から復帰した後、通知領域にインターネット接続が表示されない可能性がある特定のWWANLTEモデムの問題に対処します。さらに、これらのモデムはインターネットに接続できない場合があります。

以前のアップデートをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

 

「KB4577063」の既知の不具合

「KB4577063」には以下の既知の不具合があります。

症状:
日本語または中国語のMicrosoft入力方式エディター(IME)のユーザーは、さまざまなタスクを実行しようとすると問題が発生する可能性があります。入力に問題がある、予期しない結果を受け取る、またはテキストを入力できない可能性があります。

回避策:
問題、回避策の手順、および現在解決されている問題の詳細については、KB4564002を参照してください。

 

Windows 10 2004:「KB4577063」の適用方法

Windows 10 2004向けのオプションパッチ「KB4577063」の適用方法は以下の通りです。
※あくまでも“オプションパッチ”のため、必要に応じてインストール作業を行ってください。

  • Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手
  • Microsoft Update Catalogからファイルをダウンロード

 

Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手する場合は、以下の通り作業してください。

まずは「設定」アプリを開き「更新とセキュリティ」を開きます。その後「Windows Update」を開いて【オプションの更新プログラムを表示】をクリックします。

Windows 10 2004:「KB4577063」の適用方法

 

【オプションの更新プログラム】が開いたら【①】の矢印をクリックして展開し、そこに表示される【②2020-09×64ベース システム用 Windows 10 Version 2004 の累積更新プログラム(KB4577063)】にチェックを入れます。その後【③ダウンロードしてインストール】をクリックすればOKです。

Windows 10 2004:「KB4577063」の適用方法

コメント

  1. jan より:

    「オプションの更新プログラム」の中にあった「KB4577063」をインストールしました。
    今のところ、不具合はありません。
    オプションでもう一つ「ドライバー更新プログラム」というのがあったので、インストールしました。

    ELAN – Keyboard – 1/2/2018 12:00:00 AM – 1.0.0.1
    ドライバの更新プログラムです。

    ところが、電源オンすると、ブルースクリーンが出てきて、
    「デバイスに問題があり・・・・・・・・、再起動する必要があります。」と出ます。
    停止コードも出ています。SYSTEM_THREAD・・・・・・・。
    再起動すると、いつもの画面になります。
    あくる日、電源オンするとまたブルースクリーンです。
    不具合か、それとも別の何かが起きたのか、とGoogleで調べてみたら、
    ——————————————————————————————————————————–
    デバイスマネージャーでエラーになっているデバイスをいったん削除
    (デバイスのアンインストール)し、再起動してデバイスを再認識させる方法が考えられます。
    ——————————————————————————————————————————–
    デバイスマネージャーを見てもエラーとは出てませんが、上のことをやってみることにしました。
    デバイスマネージャーで「マウスとそのほかのポインティングデバイス」の中の、
    ELAN pointing device、これのドライバーをアンストールしてから再起動すると、
    Windowsで自動でドライバーがインストールされました。
    その後、電源オフしてから、再び電源オンすると、ブルースクリーンは出なくなりました。
    今日までブルースクリーンは出てません。
    これでよかったんですね。やれやれです。

    • よっしー より:

      大変でしたね。お疲れ様です。
      その状況から判断すると、やはりドライバーの不具合ぽいですね。
      ご自身でしっかり対処されたとの事で、流石です。
      また何かあればご連絡ください。