「Windows 10 2004 / 20H2」向けに不具合修正オプションパッチ「KB4586853」が配信開始。必要に応じてインストールを。

「Windows 10 2004 / 20H2」向けに不具合修正オプションパッチ「KB4586853」が配信開始。必要に応じてインストールを。Microsoft Tips

Microsoftが10月30日、「Windows 10 May 2020 Update version 2004」と「Windows 10 October 2020 Update Version 20H2」向けに、新機能追加や各種不具合が修正されたオプションパッチ「KB4586853」の配信を開始しました。

「KB4586853」はセキュリティ関係の修正は含まない品質改善の累積更新プログラムでオプションパッチとなっており、インストールは任意です。必要に応じて手動でインストール作業を行ってください。

「KB4586853」では、USB3.0ハブに接続されているデバイスが機能しなくなる問題や、日本語IMEを使用するときに編集コントロールの入力フォーカスがランダムに変更される不具合、ナレーターが応答を停止する問題、メールアプリでタッチキーボードが不安定になる問題などが修正されています。他にも様々な不具合が修正されているので、気になる方はパッチを適用しておきましょう。

スポンサーリンク

「KB4586853」のアップデート内容

「KB4586853」の更新には、セキュリティ以外の各種品質改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

※現時点で英語での解説しかないので、簡易的なGoogle翻訳とDeepL翻訳でのご紹介となります。ご了承ください。詳細は元ページでご確認を。

  • Internet Explorer の [バージョン情報] ダイアログを更新し、標準的な最新のダイアログを使用できるようにしました。
  • デバイスをロックする前にナレーターを使用していた場合、デバイスのロックを解除するとナレーターが応答しなくなる問題に対処しました。
  • 言語パックを展開した後でも、ローカライズされた言語でローカルアカウントグループを表示できない問題に対処しました。
  • Windowsデバイス上で特定のMicrosoft Xboxコンソールが見つからないという問題に対処しました。
  • Windows仮想デスクトップ(WVD)ユーザーがサインインしようとすると黒い画面が表示されるという問題に対処しました。
  • 特定のCOM APIでメモリリークが発生する問題に対処しました。
  • サポートされているモニターにMicrosoftXbox GameBarアプリのコントロールを表示できない問題に対処しました。この問題は、これらのモニターで可変リフレッシュレートを有効にして実行されている特定のMicrosoftDirectX®9.0(DX9)ゲームで発生します。
  • USB デバイスが接続されている場合に、Universal Windows Platform (UWP) アプリでタッチキーボードが開かないという問題に対処しました。
  • USB 3.0ハブの問題に対処しました。ハブに接続されているデバイスを休止状態に設定したり、デバイスを再起動したりすると、ハブに接続されているデバイスが動作しなくなることがあります。
  • 画面解像度が異なるデバイスでリモートデスクトップ接続を使用すると、タッチキーボードが切り取られるという問題に対処しました。
  • ファイルエクスプローラで[ファイルを開く]ダイアログボックスを使用して、[前のバージョン]機能が使用可能な共有フォルダを参照すると、ネットワークトラフィックが過剰になるという問題に対処しました。
  • 日本語版の Microsoft Input Method Editor (IME) を使用している場合、ImmGetCompositionString() 関数が半角のカタカナを返すのではなく、全角のひらがなを返すという問題に対処しました。
  • JumpList項目が機能しない問題に対処しました。MSIX形式でパッケージ化されたデスクトップアプリケーションのWindows Runtime(WinRT)のWindows.UI.StartScreen APIを使用して作成した場合に発生します。
  • 注音符号、倉頡輸入、またはクイック入力メソッドエディタ(IME)が使用されているときに、アプリケーションがShiftキーストロークイベントとCtrlキーストロークイベントを受信できないという問題が解決されました。
  • 日本語IMEまたは中国語の繁体字IMEを使用すると、編集コントロールの入力フォーカスがランダムに変更されるという問題に対処しました。
  • 特定のサーバーにサインインできない問題に対処しました。この問題は、コンピュータセッションの開始を対話型に強制するグループポリシーを有効にすると発生します。
  • ローカルの背景を単色に指定すると、GPOによって構成されたデスクトップの壁紙の設定に失敗するという問題に対処しました。
  • 特定のフレーズを入力すると、候補ペインが予期せず閉じられるMicrosoft PinyinIMEの問題に対処しました。
  • 日本語IMEを使用しているときに、Shiftキーアップイベントをアプリケーションに送信できないという問題が解決されました。
  • 絵文字パネルで「Kaomoji」が正しく表示されないという問題が解決されました。
  • メールアプリでタッチキーボードが不安定になる問題を修正しました。
  • IMEがかな入力モードのときにパスワードを入力すると、半角カタカナなどの予期せぬ文字が入力される問題を修正しました。
  • Bluetooth Low Energy (LE)を使用して接続する一部のMIDI機器でペアリングに失敗することがある問題に対処しました。
  • WindowProc()に重複したウィンドウメッセージが送信されると、Visual Basic 6.0 (VB6)が動作しなくなるランタイムエラーが発生する問題に対処しました。
  • イベント転送サブスクリプションを更新するためにwecutil ss /c:コマンドを使用すると0x57エラーが発生する問題に対処しました。
  • アプリケーションが LookupAccountSid() API を呼び出すときに失敗する問題に対処しました。これは、アカウント名が以前のドメイン名よりも短い新しいドメインにアカウントを移行した後に発生します。
  • コード整合性ポリシーをロードすると、PowerShell が大量のメモリをリークするという問題に対処しました。
  • 起動時にシステムが動作しなくなる問題に対処しました。この問題は、CrashOnAuditFailポリシーが1に設定されていて、コマンドライン引数監査がオンになっている場合に発生します。
  • グループポリシーのセキュリティ設定を編集しているときに、Microsoft管理コンソール(MMC)グループポリシーアプリケーションが動作しなくなるという問題に対処しました。エラーメッセージは「MMCはスナップインを初期化できません。」です。
  • システムの非ページプールの解放に失敗し、システムの再起動が必要になるという問題に対処しました。この問題は、連邦情報処理標準(FIPS)モードを有効にして32ビットアプリケーションを実行している場合に発生します。
  • 更新プログラムのインストールが妨げられ、”E_UNEXPECTED “エラーが発生する可能性がある問題に対処しました。
  • ロック画面の「PINを忘れた」機能が失敗する問題に対処しました。この問題は、ユーザーがユーザー名とパスワードを使用してサインインし、DontDisplayLastUserNameまたはHideFastUserSwitchingポリシー設定が有効になっている場合に発生します。
  • 条件付きアクセスポリシーのエラーにより、Google Chrome ブラウザを使用して Azure Active Directory (AD) にアクセスできなくなる問題に対処しました。
  • 低解像度モードで動作する Windows Mixed Reality ヘッドセットの視覚品質が改善されました。
  • Microsoft Defender for Endpointのサポートを新しい地域にまで拡張しました。
  • サポートされているハードウェア上でシャドウスタックと呼ばれる新しいハードウェア強化スタック保護機能を有効にします。この更新により、アプリケーションがユーザーモードのシャドウスタック保護を選択できるようになります。これにより、バックワードエッジの制御フローの整合性が強化され、リターン指向のプログラミングベースの攻撃が防止されます。 
  • Microsoft Remote Procedure Call (RPC) ランタイムで、分散ファイルシステムレプリケーション(DFSR)サービスが応答しなくなるという問題に対処しました。この問題は、DFSレプリケーション(5014)、RPC(1726)、および再接続なし(5004)のログイベントを、レプリケーションなしで24時間のデフォルトタイムアウトのために生成します。
  • 許可されたアプリリストにタッチキーボードを追加し、マルチアプリに割り当てられたアクセスモードで動作するようになりました。
  • PDF24アプリ(バージョン9.1.1.1)が.txtファイルを開けないという問題に対処しました。
  • 一部のシナリオで、非ページプールメモリリークを引き起こす可能性がある問題に対処しました。
  • ファイルのハイドレーティングがブロックされているアプリが、場合によってはファイルのハイドレーティングを継続できるようになる問題に対処しました。
  • コンテナシナリオでファイルをコピーするときに bindflt.sys でメモリリークが発生する可能性がある問題に対処しました。
  • Active Directory証明書サービス (AD CS) が有効になっている場合に、証明書の透明性 (CT) ログの提出に失敗するという問題に対処しました。
  • クラスター検証が、クラスター使用および再通信用ではない内部スイッチをテストするという問題に対処しました。
  • ドメイン内にあるデバイスの資格情報を使用して、ドメイン内にないデバイスにサインインしようとすると、停止エラー0x27が発生する問題に対処しました。

以前のアップデートをインストールした場合、このパッケージに含まれる新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

 

「KB4586853」の既知の不具合

「KB4586853」には以下の既知の不具合があります。

■症状:
日本語や中国語のMicrosoft Input Method Editor (IME)を使用していると、さまざまな作業を行う際に問題が発生することがあります。入力に問題が発生したり、予期しない結果が表示されたり、テキストを入力できなかったりすることがあります。
■回避策:
問題、回避方法、および現在解決されている問題の詳細については、KB4564002を参照してください。

■症状:
Windows 10、バージョン 1809 以降の Windows 10 からそれ以降のバージョンの Windows 10 にデバイスをアップデートすると、システム証明書およびユーザー証明書が失われる可能性があります。デバイスが影響を受けるのは、2020 年 9 月 16 日以降にリリースされた最新の累積更新プログラム (LCU) をすでにインストールしており、その後、2020 年 10 月 13 日以降にリリースされた LCU が統合されていないメディアまたはインストール ソースから、それ以降のバージョンの Windows 10 への更新を進めた場合のみです。これは主に、Windows Server Update Services (WSUS) や Microsoft Endpoint Configuration Manager などの更新管理ツールを使用して、管理対象のデバイスが古いバンドルやメディアを使用して更新された場合に発生します。また、最新の更新プログラムが統合されていない古い物理メディアやISOイメージを使用している場合にも発生する可能性があります。
注意:Windows Update for Business を使用しているデバイスや Windows Update に直接接続しているデバイスは影響を受けません。Windows Update に接続しているデバイスは、余分な手順を踏まずに、最新の LCU を含む最新バージョンの機能アップデートを常に受信している必要があります。
■回避策:
すでにお使いのデバイスでこの問題が発生している場合は、こちらの手順を使用して以前のバージョンの Windows に戻ることで、アンインストール ウィンドウ内でこの問題を緩和することができます。アンインストールウィンドウは、お使いの環境の設定やアップデート先のバージョンによっては、10日または30日の日数制限がかかる場合があります。問題が解決した後は、Windows 10のバージョンにアップデートする必要があります。注意 アンインストールウィンドウ内で、DISMコマンド/Set-OSUninstallWindowを使用して、以前のバージョンのWindows 10に戻る必要がある日数を増やすことができます。この変更は、デフォルトのアンインストールウィンドウが終了する前に行う必要があります。詳細については、DISM オペレーティング システムのアンインストール コマンドライン オプションを参照してください。
■修正状況:
解決に向けて作業を進めており、近日中に更新されたバンドルとリフレッシュされたメディアを提供する予定です。

 

Windows 10 2004 / 20H2:「KB4586853」の適用方法

Windows 10 2004 / 20H2向けのオプションパッチ「「KB4586853」の適用方法は以下の通りです。
※あくまでも“オプションパッチ”のため、必要に応じてインストール作業を行ってください。

  • Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手
  • Microsoft Update Catalogからファイルをダウンロード

 

Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手する場合は、以下の通り作業してください。

まずは「設定」アプリを開き「更新とセキュリティ」を開きます。

その後「Windows Update」を開き、【オプションの更新プログラムを表示があります】の項目にある「2020-09×64ベース システム用 Windows 10 Version 2004 の累積更新プログラム(KB4586853)」の下部にある【ダウンロードしてインストール】をクリックします。表示されない場合は【更新プログラムのチェック】をクリックしてください。

Windows 10 2004 / 20H2:「KB4586853」の適用方法

※上記は古い更新画像のため、最新版とは数値が異なります。

コメント

  1. jan より:

    今日(2日)になって、急に入力と日本語変換が不安定になりました。なかなか変換ができない、止まってしまう。パソコンの動作がなにか不安定です。そこで、早速オプションの「KB4586853」を入れました。今のところ、入力も変換もスムースにできます。パソコンの動きも安定しています。

    • よっしー より:

      お返事遅くなり申し訳ないです!
      自分も同様に日本語変換が不安定になりましたが、こちらのパッチを適用したら直りました。
      思わぬ不具合が発生するものなんですね。ちょっと驚きました。