Surface Pro 8の価格&スペック&おすすめモデル&購入先まとめ!安くお得に買う方法もご紹介!

スポンサーリンク
Surface Pro 8の価格&スペック&おすすめモデル&購入先まとめ!安くお得に買う方法もご紹介!Microsoft Tips

ついに発売となった「Surface Pro 8」、管理人も早速入手して現在初期セッティングなどを行っている状況です。感想等は改めてまとめますが、現時点では思っていた以上に使い勝手も良く、動作もキビキビしていて満足度は高め。ディスプレイも高精細で、良い意味でApple製品を購入した時のような感動を覚えています。デザイン刷新もいい感じ。価格さえ問題なければなかなかおすすめのWindows 11 PC/タブレットでしょう。

本日はSurface Pro 8の特徴と価格/スペック、管理人のおすすめモデル、および購入先情報や安くお得に買う方法をまとめておきますので、良かったら購入時の参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

「Surface Pro 8」の特徴:ベゼルが細くなり13インチにディスプレイが拡大、性能も順当アップで非常に魅力的

「Surface Pro 8」はベゼルが細くなり13インチにディスプレイが拡大、性能も順当アップで非常に魅力的

Windows 11を搭載した「Surface Pro 8」は、ノートPCのパワーとタブレットの柔軟性を併せ持ち、角度を自由に変えられる定番のキックスタンドと、スリム ペン収納部と充電器を組み込んだ取り外し可能なキーボード(別売り)の組み合わせが非常に便利。ディスプレイはベゼルが狭まったことによって13インチにサイズアップし、ディスプレイはタッチスクリーンで最大120Hzのリフレッシュ レートに対応。CPUはインテル Evo プラットフォームに準拠したIntel第11世代(Tiger Lake)Core i5/Core i7を搭載し、Thunderbolt 4ポート採用による高速接続も魅力的です。

「Surface Pro 8」は「Surface Pro 7」よりも2倍以上の速度となり、バッテリー持続時間は最大16時間、重さは889g。Windows Hello対応の5.0MP フロント カメラと10.0 MP オートフォーカス機能付きリア カメラも装備されています。

キーボードは脱着可能ですが別売り。キーボードには別売の「Surface Slim Pen 2」の収納スペース(兼充電)も用意されています。なお、タイプカバーキーボードは従来の「Surface Pro 4~Pro 7+」モデルとは刷新されており、互換性が無くなっている点には注意が必要。「Surface Pro X」シリーズのものは流用できるようです。

 

Surface Pro 8:主なスペック

「Surface Pro 8」の主なスペックは以下の通り。

  • ディスプレイ:13インチ(2880×1920ピクセル/267ppi、最大リフレッシュレート120Hz)
  • プロセッサ:Intel第11世代(Tiger Lake)Core i5/Core i7(企業向けにi3モデルもあり)
  • RAM:8GB/16GB/32GB
  • ストレージ:128GB/256GB/512GB/1TBのSSD
  • ポート:USB Type-CのThunderbolt 4×2、Surface Connect×1、3.5mmオーディオジャック×1
  • ワイヤレス機能:Wi-Fi 6: 802.11ax 対応、Bluetooth 5.1 ワイヤレス テクノロジー
  • Windows Hello対応カメラ搭載
  • カメラ:5.0MP フロント カメラ (1080p フル HD ビデオ)、10.0 MP オートフォーカス機能付きリア カメラ (1080p HD および 4k ビデオ)
  • サウンド:Dolby Atmos オーディオ搭載 2W ステレオ スピーカー
  • バッテリー持続時間:最大16時間
  • サイズ:287mm x 208mm x 9.3mm
  • 重さ:889g(Surface Pro Signature キーボードとSurface スリム ペン 2を含まない重量)
  • 価格:14万8280円から
  • 発売日:2021年11月1日

 

Surface Pro 8/タイプカバー/スリムペン2の価格/仕様まとめ

Surface Pro 8 各モデルの価格/仕様をまとめておきます。

Surface Pro 8価格(税込み)カラー
インテル Core i5
8 GB RAM
128 GB SSD
¥148,280プラチナ
インテル Core i5
8 GB RAM
256 GB SSD
¥153,780プラチナ/グラファイト
インテル Core i5
16 GB RAM
256 GB SSD
¥193,380プラチナ
インテル Core i5
8 GB RAM
512 GB SSD
¥193,380プラチナ
インテル Core i7
16 GB RAM
256 GB SSD
¥215,380プラチナ/グラファイト
インテル Core i7
16 GB RAM
512 GB SSD
¥247,280プラチナ
インテル Core i7
16 GB RAM
1 TB SSD
¥281,380プラチナ
インテル Core i7
32 GB RAM
1 TB SSD
¥325,380プラチナ

タイプカバーキーボードとスリムペン2の価格は以下の通り。

 価格(税込み)
Surface Pro Signature キーボード¥21,890
スリム ペン 2 付き Surface Pro Signature キーボード¥33,660
Surface スリム ペン 2¥15,950

 

Surface Pro 8対応のタイプカバーキーボード:7以前のモデルは流用できないのでご注意を

Surface Pro 8対応のタイプカバーキーボードは、従来のSurface Pro 7以前のものとは刷新されており流用できないようになっています。以前のSurface Pro 7以前から買い替える方はご注意ください。

なお、Surface Pro 8対応のタイプカバー「Surface Pro Signature キーボード」は上部に「スリム ペン2」の収納兼充電スペースが配置されているのが特徴的です。購入時は間違えないようご注意ください。

 

Surface Pro 8には「スリム ペン2」がおすすめ

Surface Pro 8は初代の「スリム ペン」も互換性がありますが、どうせ買うなら最新の「Surface スリム ペン 2」の購入がおすすめ。Surface Pro 8と組み合わせれば、内蔵の触覚モーターにより、紙にペンで書くのと同じ感覚で自然にメモを取ったり、スケッチしたり、操作したりできます。実際に使っていますが、書き心地は上々。かなり良い感じです。メモは勿論、絵を描くのにも便利ですよ。

 

Surface Pro 8のおすすめモデル/仕様は?

Surface Pro 8のおすすめモデル/仕様は?

Surface Pro 8の個人的なおすすめモデルをご紹介しておきます。

一般論として、ある程度仕事でOffice(エクセルやワード)を使ったり、ネットを見たり、軽めのゲームや動画を見るなどの用途であれば、個人的にはCore i5モデルで十分かと思います。

Core i7はもちろん性能的には素晴らしいのですが、その分価格は高めとなります。普段少し重めのAdobe系の画像や動画編集を行う、より普段の作業を快適に行いたい方は、費用対効果で検討してみると良いでしょう。

メモリについては8GBあればそこそこ快適に動作します。ただし、多数のアプリやソフトを同時に起動する方や、Adobeなどの重い画像/編集ソフトを多用する場合は16GBモデル以上も検討を。

ストレージは128GBモデルでも使えなくはないですが、30GB程度はWindows 11 OSで使われますし、アプリやゲームをインストールしたり写真や動画を保存するのであれば256GB以上が無難でしょう。256GBで容量が足りなくなってきたら外付けSSDなどを購入するとコスパも良いかと思います。

 

以上をまとめると、個人的にはバランスの良い【Intel Core i5 / 8GB RAM / 256GB SSD:153,780円】あたりがおすすめ。自分はこのモデルを購入しました。これに【スリム ペン 2 付き Surface Pro Signature キーボード:33,660円】を足すと【187,440円】となります。

ただし、タイプカバーやスリムペン2を買うかどうかはあくまでも好み次第。安価なBluetoothキーボードなどで代用すれば価格はある程度抑えられるかと思います。また、いずれのモデルも「Office Home & Business 2021」が付属してくるので、Office付きでこの価格と性能ならそれほど割高ではないかもしれません。

 

Surface Pro 8の購入先:安くお得に買う方法もご紹介

Surface Pro 8の購入先:安くお得に買う方法もご紹介

最後にSurface Pro 8の購入先をまとめておきます。また、少しでもお得にSurface Pro 8を購入する方法もご紹介しておくので、良かったら参考にしてみてくださいね。

Microsoft Store
安定のマイクロソフト公式販売サイト。送料無料、60日間の返品無料や90日間の無償テクニカルサポートが受けられます。原則定価販売でポイントも付きませんが、Microsoft Store 限定で「Surface Pro 8 お得なまとめ買い」が用意されているのが要注目ポイント。Surface Pro 8 本体と同時購入で新登場の Surface Pro Signature キーボードなどの対象アクセサリが最大20%OFFになるお得なセットなので、現状家電量販店での割引が渋い状態では意外とバカに出来ない割引額になります。

>【Microsoft Store 限定】Surface Pro 8 お得なまとめ買い icon

また、幼稚園児以上の学生がご家庭にいらっしゃるなら学割が利用でき、10%引きで買えるのも魅力的。自分は色々計算しつつ他サイトもチェックした結果、学割で「Surface Pro 8」と「スリム ペン2付き Signature キーボード」を買いました。※上記の「Surface Pro 8 お得なまとめ買い」とは併用できません。

>Surface学生割引

※下記が「Surface Pro 8」の学割価格一覧となります。

Surface Pro 8:学割価格一覧

Microsoft Store:学生割引の利用条件
教育関係者への割引は、幼稚園、小中学校、高校、および高等教育機関に在籍する学生や教育関係者、親が利用できます。

楽天会員なら「Rebates(リーベイツ)」を経由してMicrosoft Storeで商品を買うと2%ポイントバックされるのでお得です。さらに30日以内に一回で3,000円以上(税抜・送料別・クーポン、ポイント利用別)の買い物をすると500ポイント(初回購入ボーナス)が貰えるキャンペーンも開催中なので、ぜひ楽天会員の方は利用してみましょう。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

 

その他では、現状Surface Pro 8本体は1%ポイント付与、キーボードやスリムペン2などは10%ポイント付与で大体統一されています。発売後しばらく時間が経てばセールなども開催されるかと思いますが、現状少しでも安く買いたいならAmazonのタイムセール祭りでのポイントアップキャンペーンを利用したり、楽天市場でポイントが多く付くセールや特価日を利用すると少しお得に購入できるでしょう。

2021年のAmazonブラックフライデーは、11月26日(金)~12月2日(木)の1週間開催となっています。Surface Pro 8がセール対象となるかは分かりませんが、ポイントアップキャンペーンは確実に開催されるので、これまで待ってみるのも良いかもしれません。

 

その他、Surface Pro 8は家電量販店やパソコンショップでも購入可能。ポイント付与率は同様ですが、各店舗独自のセール施策を併用できればかなりお得に買える場合もあるので、一度近くの店舗に足を運んでみても良いでしょう。
例:~万円以上購入でポイント付与など

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

コメント