KB5012170に追加の不具合報告。BitLocker回復画面の表示やディスク構成がRAIDからAHCIに変更されてブルースクリーン発生など

スポンサーリンク
KB5012170に追加の不具合報告。BitLocker回復画面の表示やブルースクリーン、ディスク構成がRAIDからAHCIに変更されるなどMicrosoft Tips

2022年8月9日に配信されたSecure Boot DBXのセキュリティ更新プログラム「KB5012170」のインストールに失敗し、0x800f0922エラーが表示される不具合以外に、新たな不具合報告が入ってきています。

BleepingComputerの記事によると、一部環境で「KB5012170」適用後にPCが正常に起動せず、「BitLocker回復」画面が表示されるとの事。一度【BitLocker回復キー】を入力すれば、以後は正常にPCが動作するようですが、もしも回復キーが不明な場合は、Microsoftアカウントに保存されている回復キーを参照する必要があります。詳細は以下のサポート文書を参照してください。

 

そして「BitLocker回復」の問題に加え、BleepingComputerの読者からは、PCの起動時間が遅くなったり、ファームウェア設定でディスク構成がRAIDからAHCIに変わりブルースクリーン(BSoD)が発生したとのコメントも寄せられているとの事。

ただ、これらの問題は一度だけ発生し、BitLocker回復キーを入力するか、ディスク構成を変更すると解消されるようです。

しかしながらこれらの問題を避けるため、BleepingComputerは「KB5012170」アップデートのインストール前にUEFIファームウェアが更新されているかどうか確認することを強く推奨しています。

なかなか厄介な今回の不具合、PCメーカー側の対処が重要なため、今後も尾を引きそうです。

コメント

  1. jan より:

    「KB5012170」を適用しようとした場合、アップデートのインストールに失敗するとともに、エラーコード「0x800f0922」が表示されることがある、ということですが、幸いなことに、インストールに失敗することはなかったし、エラーコード「0x800f0922」が表示されることもなかったのですが、「KB5012170」はちょっといろいろ問題がありそうですね。
    逆に、すんなりインストールして よかったのかなあ、と思っています。

    • よっしー より:

      お疲れさまでした!
      「KB5012170」はセキュリティ上は重要なアップデートなので、無事適用出来た方が安心ですし、特に問題は無いと思います。
      ただ、不具合に遭遇した場合は対応が大変なので、マイクロソフトにもなんとか対処してほしいものですね。