Windows 11に初のオプションパッチ「KB5006746」が配信開始!AMD製CPUの性能低下やプリンター、メモリリークなど多数の不具合が改善!

スポンサーリンク
Windows 11に初のオプションパッチ「KB5006746」が配信開始!AMD製CPUの性能低下やプリンター、メモリリークなど多数の不具合が改善!Microsoft Tips

Microsoftが10月22日、Windows 11を実行しているPC向けに初のオプションパッチ(通称“Cパッチ”)「KB5006746」の配信を開始しました。

今回のオプションパッチ「KB5006746」では、AMD製のRyzen CPUで性能が低下するL3キャッシングの問題やプリンターの問題、ファイルエクスプローラーのパフォーマンス問題(メモリリーク)、日本語IMEの問題、Bluetoothマウスおよびキーボードで入力の遅延が発生する可能性がある問題など、多数の不具合が解消されています。

あくまでも「KB5006746」はセキュリティ修正を含まない定例外のオプションパッチであり、特に問題が発生していない場合は無理にインストールする必要はありませんが、Windows 11を利用しているユーザーは試してみる価値がありそうです。

なお、Ryzen CPUには上記の「L3キャッシング」の問題とは別に「UEFI CPPC2」のスケジューリング機能に関する問題がありましたが、こちらもAMDが最新のチップセットドライバーを公開し修正しています。Ryzen CPUをWindows 11で利用しているユーザーはこちらも併せて適用しておきましょう。

スポンサーリンク

「KB5006746」のアップデート内容

「KB5006746」の更新には、セキュリティ以外の各種品質改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

  • 起動時の初期段階で発生するレースコンディションにより、停止エラーが発生する可能性がある問題に対処しました。
  • レジストリで非ASCII文字を使用している一部のマシン構成で、停止エラー0x38が発生する可能性があるリグレッションに対処しました。
  • Windows 11(オリジナルリリース)にアップグレードした後、スタートメニューが動作せず、更新されたタスクバーのデザインが表示されないという、ごく一部のユーザーに発生している問題に対応しました。
  • Windows 11(オリジナルリリース)にアップグレードした後、AMD Ryzenプロセッサを搭載したデバイス上の一部のアプリケーションのパフォーマンスに影響を与える可能性のあるL3キャッシングの問題に対処しました。
  • 特定のプロセッサの割り込み処理に関する問題に対処し、デバイスが応答しなくなる可能性があります。
  • PowerShell で子ディレクトリが無限に作成される問題に対処しました。この問題は、PowerShell の Move-Item コマンドを使用してディレクトリをその子ディレクトリの 1 つに移動した場合に発生します。その結果、ボリュームがいっぱいになり、システムが応答しなくなるという問題があります。
  • Server Manager アプリケーションを使用して Hyper-V の機能を削除した後に、Server Manager アプリケーションが消えてしまう問題に対応しました。この問題は、リモートサーバー管理ツール(RSAT)を使用してWindows 11(オリジナルリリース)クライアントにServer Managerをインストールした場合に発生します。
  • 高負荷時にWindows Remote Management(WinRM)サービスが動作しなくなる原因となるスレッドの問題に対処しました。
  • Windows Management Instrumentation(WMI)プロバイダーのホストプロセスが動作しなくなる問題に対処しました。この問題は、DSC(Desired State Configuration)の使用時に発生する未処理のアクセス違反が原因で発生します。
  • グループポリシーの更新中にデバイスを強制的にシャットダウンすると、デバイスが応答しなくなるという問題に対応しました。
  • 異なるボリュームに保存されている分散ファイルシステム(DFS)パス間のファイル移行が失敗するという問題に対処しました。この問題は、Move-Itemコマンドを使用するPowerShellスクリプトを使用して移行を実装した場合に発生します。
  • メモリ不足の状態が発生した後に WMI リポジトリへの書き込みができなくなる問題に対処しました。
  • PowerShell ショートカット ファイルにハードコードされたフォントを使用すると、日本語、中国語、および韓国語のフォントが歪むという問題に対処しました。このアップデートでは、マシン上に新規に作成されたすべてのユーザーに対してこの問題に対処します。既存のユーザーは、C:\Users\Default\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Windows PowerShell\Windows PowerShell.lnkファイルを使用してPowerShellを開き、この問題に対処できます。また、既存のユーザーは、デスクトップにこのファイルのショートカットを作成し、そのショートカットを使って PowerShell を開くことができます。
  • ミリ秒が除外されている場合に、イベントで時間形式を解析する際の問題に対処しました。
  • 一部のEMF(Enhanced Metafile Format)ファイルのレンダリングが正しく行われないという問題に対処しました。この問題は、ExtCreatePen()およびExtCreateFontIndirect()を使用したサードパーティ製アプリケーションを使用してEMFファイルを構築した場合に発生します。
  • Microsoft EdgeのInternet Explorerモードで、HTMLダイアログのズームをデフォルトに戻すオプションを管理者に提供しました。
  • Internet Explorer 11からMicrosoft Edgeへのエンタープライズモードのサイトリストのリダイレクトに関する問題に対処しました。特定の状況下で、リダイレクトによって Microsoft Edge の複数のタブでサイトが開かれるという問題がありました。
  • IME(Input Method Editor)で特定の文字を入力すると、Internet Explorerが動作しなくなる問題に対処しました。
  • JScript9.dllのPropertyGetに関する問題に対処しました。
  • VBScript 内でネストしたクラスを使用したときに発生するメモリリークに対処しました。
  • 高速スタートアップの再起動後にNumLockの状態を維持できない問題に対処しました。
  • 特定のアプリケーションウィンドウの移動に関する問題に対処しました。ファイルエクスプローラーのウィンドウが画面に表示されている場合、これらのアプリケーションウィンドウの移動が異常に遅くなることがあります。
  • 「メール」アプリで、アドレス欄や件名欄へのキーボード入力が断続的に受け付けられなくなる問題に対応しました。
  • ファイルエクスプローラーのフォルダービューを使用したファイル名変更の UI に関する問題に対処しました。新しい日本語IMEを使用している場合、UIがインライン合成を適切に処理できないという問題があります。
  • App-Vを使用すると、資格情報ページでのサインイン時に黒い画面が断続的に表示される問題に対応しました。
  • インターネットプリントサーバーで、変更されたプリンタのプロパティをクライアントに送信する前に正しくパッケージ化できないという既知の問題に対処しました。.
  • 次のレジストリ値に対するグループポリシー設定を実装します。
    ■レジストリの場所 HKLMSoftware®Policies®Microsoft®Windows NT®Printers®PointAndPrint
    ■値の名前 RestrictDriverInstallationToAdministrators(リストリクトドライバーインストールトゥアドミニストレーターズ
    ■Value data: 1
    詳しくは、KB5005652をご覧ください。
  • Xbox Game Barの録画機能が使用できなくなる可能性がある問題に対処しました。
  • 音声アシスタントで録音した音声に歪みが生じる場合がある問題に対応しました。
  • pTokenPrivileges バッファが解放されないと lsass.exe でメモリリークが発生する問題に対処しました。
  • Kerberos.dllがLocal Security Authority Subsystem Service(LSASS)内で動作しなくなることがある問題に対処しました。この問題は、LSASSが同一クライアントユーザーに対するS4U(Service for User)のユーザー対ユーザー(U2U)リクエストを同時に処理すると発生します。
  • UxSFプールタグからのノンページドプール(NPP)のリークに関する問題に対処しました。このリークは、lsass.exeが非同期のセキュリティサポートプロバイダインタフェース(SSPI)呼び出しの処理を停止したときに発生します。
  • シンリープロビジョニングされた仮想マシン(VM)でBitLockerを有効にできないという問題に対処しました。エラーは「システムに接続されているデバイスが機能していません」で、システムログには「STATUS_UNSUCCESSFUL」が記録されます。
  • 大量の帯域幅を必要とするUDP(User Datagram Protocol)アプリケーションがある環境でのMsSense.exeのパフォーマンスが向上しました。
  • Windows Defender Exploit Protectionで、特定のプロセッサを搭載したマシン上で一部のMicrosoft Officeアプリケーションが動作しないという問題に対処しました。
  • クイックアシストで、Azure Active Directory (Azure AD) Active Directory Federation Services (ADFS)ユーザの認証情報を有効にします。
  • クイックアシストのユーザがリモートアシスタンスセッションを開始した後に全画面表示を使用できない場合があるという問題に対処しました。
  • Set-RDSessionCollectionConfigurationでcamerastoredirect:s:valueカスタムプロパティが設定されないという問題に対応しました。
  • RemoteAppシナリオでのIMEモードの不安定さに対処します。このアップデートは、Remote DesktopサーバーおよびRemote Desktopクライアントにインストールする必要があります。
  • RemoteAppを終了してもIMEツールバーが表示される問題に対処しました。
  • explorer.exeで発生するVirtual Desktop IDのレジストリキーのページングプールメモリーリークに対処しました。
  • 砂漠のテーマを使用しているときにハイパーリンクにカーソルを置いたときに、ハイパーリンクがより明確になるようにするなど、コントラストテーマの色を若干調整しました。
  • 特定のケースでスタートメニューが開いているときに、Narratorやその他のスクリーンリーダーがアナウンスできない問題に対処しました。
  • 検索インデックスが特定の方法で破損した場合に、タスクバーやファイルエクスプローラーを使用して検索しようとすると失敗するという問題に対処しました。
  • セカンダリモニターに検索ウィンドウが表示されないという問題に対応しました。
  • ネットワークドライブをマッピングしたときに、ファイルエクスプローラーのウィンドウのフォーカスが失われることがあるという問題に対処しました。
  • スライドショーを設定した場合に、ロック画面が黒く表示されることがある問題に対応しました。
  • LogonUI.exeの信頼性の問題に対処しました。この問題は、資格情報画面のネットワークステータステキストのレンダリングに影響します。
  • Shiftキーを押しながらタスクバーのアプリのアイコンをクリックすると、そのアプリの複数のインスタンスを開くことができないという問題に対処しました。
  • タスクバーのチャットアイコンのビジュアルデザインとアニメーションを更新しました。
  • 他のユーザがサインインしていない状態でシャットダウンまたは再起動すると、他のユーザの保存されていない作業が失われるという警告を削除しました。
  • ポリシー「システム再起動時に指定日数より古いユーザープロファイルを削除する」を設定した場合に発生する可能性がある問題に対処しました。ポリシーで指定された日数よりも長くユーザーがサインインしている場合、デバイスの起動時にプロファイルが予期せず削除されることがあります。
  • 特定の状況下で、RDP(Remote Desktop Protocol)サービスへの接続を確立できなかったり、RDP接続が直ちに切断されたりする問題に対処しました。
  • 特定のBluetoothマウスおよびキーボードで入力の遅延が発生する可能性がある問題に対処しました。
  • ビデオドライバーのアップグレード後にスタートメニューが開かなくなるという問題に対処しました。
  • ダウンタイムの推定値が少なくとも2分以上である場合の精度を改善しました。
  • Privileged Access Management(PAM)導入時に報告されたLocal Security Authority Subsystem Service(LSASS)ドメインコントローラのメモリリークに対処しました。
  • LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)のバインドキャッシュがいっぱいになり、LDAPクライアントライブラリが参照を受け取ったときに発生する問題に対処しました。
  • Adamsync.exeで、大規模なActive Directoryサブツリーの同期に影響する問題に対処しました。
  • オフラインファイルが有効な場合にデッドロックが発生する問題に対処しました。その結果、CscEnpDereferenceEntryInternalは親ロックと子ロックを保持します。
  • 次のグループポリシー設定で、ピリオドまたはドット(.)で区切られたIPアドレスを、完全修飾されたホスト名と入れ替えて構成する機能が追加されました。
    パッケージ ポイント&プリント – 承認されたサーバー
    ポイント&プリントの制限
  • デバイスが初めてネットワーク プリンターに接続しようとするときに、デバイスがプリンター ドライバーをダウンロードしてインストールできない可能性がある既知の問題に対処しました。この問題は、HTTP接続を使用するプリントサーバーを使用してプリンターにアクセスする機器で確認されています。
  • IPP(Internet Printing Protocol)を使用するプリンターのインストールが正常に行われないことがあるという既知の問題に対処しました。
  • 印刷時に管理者権限の入力を求められることがあるという既知の問題に対応しました。この問題は、プリントサーバーとプリントクライアントが異なるタイムゾーンにある環境で発生します。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれる新しい修正プログラムのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

 

Windows 11:「KB5006746」の既知の不具合

現時点では、Windows 11の「KB5006746」に関する問題は特に発生しておりません。

今後不具合情報があれば追記していきます。

 

Windows 11:「KB5006746」のインストール方法

Windows 11向けのオプションパッチ「KB5006746」のインストール方法は以下の通りです。
※あくまでも“オプションパッチ”のため、必要に応じてインストール作業を行ってください。

  • Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手
  • Microsoft Update Catalogから更新プログラムをダウンロード

Windows Update経由の場合は以下の手順でインストールしてください。

  1. 「Windows設定」>「Windows Update」を開きます。
  2. 必要に応じて「更新プログラムのチェック」をクリックして確認してください。
  3. 「KB5006746」の表示が確認出来たら「ダウンロードしてインストール」ボタンをクリックして、オプションのパッチをインストールしましょう。
  4. 必要に応じて再起動してください。

コメント