Windows 10のOutlook検索問題がKIRにて修正。ユーザーは別途作業の必要はなし

Windows 10のOutlook検索問題がKIRにて修正。ユーザーは別途作業の必要はなしMicrosoft Tips

2021年12月のWindows Updateで配信されたWindows 10 バージョン 21H2/21H1/20H2/ 2004向けの月例セキュリティ更新プログラム「KB5008212」を適用すると、Microsoft 365のOutlookで検索に関する不具合が発生していましたが、この問題はKIR(Known Issue Rollback)と呼ばれるロールバックシステムで解決されたようです。

通常は24時間以内に自動でロールバックが適用されるため、ユーザーは別途捜査の必要はありません。もしも自動による適用を待てない場合や少しでも早く適用したい場合は、OSの再起動を試してみてください。また、Windows管理者は、グループポリシーをインストールして設定することで、企業で管理されているデバイスの問題を解決することもできます。

詳細は以下の通り。

スポンサーリンク

Outlookの検索で最近のメールが検索されないことがある

■概要
KB5007253以降の更新プログラムをインストールすると、Outlookデスクトップアプリの検索結果に最近のメールが表示されなくなることがあります。この問題は、PSTまたはOSTファイルにローカルに保存されている電子メールに関連しています。この問題は、POPおよびIMAPアカウント、Microsoft ExchangeおよびMicrosoft 365ホストアカウントに影響を与える可能性があります。Outlookアプリのデフォルト検索がサーバー検索に設定されている場合、この問題は詳細検索にのみ影響します。

■回避策:
この問題を軽減するには、Windows デスクトップ検索を無効にして、Outlook に組み込まれている検索を使用するようにします。手順については、Windows Updateで「KB5008212」をインストール後、Outlook 検索に最近の電子メールが表示されないを参照してください。

■解決策:
この問題は、既知の問題のロールバック (KIR) を使用して解決されます。コンシューマー向けデバイスおよび非管理下のビジネス向けデバイスに解決策が自動的に反映されるまで、最大で 24 時間かかる場合があります。Windowsデバイスを再起動すると、解決策がより早くデバイスに適用される場合があります。影響を受ける更新プログラムをインストールしてこの問題が発生した企業向け管理デバイスの場合は、特別なグループ ポリシーをインストールして設定することで解決できます。

※重要:Windows のバージョンに対して正しいグループ ポリシーを使用していることを確認してください。

Group Policy:
 
■影響を受けるプラットフォーム:
  • Client: Windows 11, version 21H2; Windows 10, version 21H2; Windows 10, version 21H1; Windows 10, version 20H2; Windows 10, version 1809; Windows 10 Enterprise LTSC 2019
  • Server: Windows Server, version 20H2; Windows Server, version 1809; Windows Server 2019

コメント