Windows 11:Microsoftが帯域外の緊急パッチ「KB5008295」を配信開始。Snipping ToolやIME、タッチキーボードなどが正常に動作しない問題に対処

スポンサーリンク
Windows 11:Microsoftが帯域外の緊急パッチ「KB5008295」を配信開始。Snipping ToolやIME、タッチキーボードなどが正常に動作しない問題に対処Microsoft Tips

Microsoftは、Windows 11を実行しているPC向けに、帯域外の緊急パッチ「KB5008295」の配信を開始しました。

今回の緊急パッチ「KB5008295」では、2021年10月31日に失効したマイクロソフトのデジタル証明書が原因でおこるSnipping Toolやタッチキーボード、IMEが正常に動作しない不具合を改善します。また、Sモードでスタートメニューや設定アプリが正常に開かないという既知の問題にも対処しています。

「KB5008295」はMicrosoftが緊急に対処した重要なパッチです。Windows 11ユーザーは速やかに適用しておきましょう。

スポンサーリンク

「KB5008295」のアップデート内容

「KB5008295」の更新には、以下の品質向上が含まれています。主な変更点は以下のとおりです。

■一部のユーザーが特定の Windows 組み込みアプリまたは組み込みアプリの一部を開いたり使用したりできなくなる可能性がある既知の問題に対処します。この問題は、2021年10月31日に失効したマイクロソフトのデジタル証明書が原因で発生します。この問題は、以下のものに影響する可能性があります。

  • Snipping Tool
  • タッチ キーボード、音声入力、絵文字パネル
  • Input Method Editor ユーザー インターフェイス (IME UI)
  • 「はじめに」アプリと「ヒント」アプリ

■スタートメニューや設定アプリが正常に開かないという既知の問題に対処します(Sモードのみ)。

※「KB5008295」をインストールしてもOSのビルド番号は変わりません。この更新プログラムがインストールされていることを確認するには、[設定] > [WindowsUpdate ] > [更新履歴] から確認してください。

 

「KB5008295」の既知の不具合

「KB5008295」には既知の不具合はありません。今後不具合情報が入れば追記いたします。

 

Windows 11:「KB5008295」のインストール方法

Windows 11向けの緊急パッチ「KB5008295」のインストール方法は以下の通りです。

  • Windows Update:自動的にダウンロードおよびインストールされます。
  • Microsoft Update Catalogから更新プログラムをダウンロード
  • Windows Server Update Services (WSUS):
    このアップデートは、製品と分類を以下のように設定すると、WSUSと自動的に同期します。
    ■製品:Windows 11(Product: Windows 11)
    ■分類:セキュリティ更新プログラム(Classification: Security Updates)

コメント