Windows 11にオプションパッチ「KB5014668」が配信開始。検索ハイライトの導入やWi-Fiホットスポット機能の不具合などが改善。必要に応じてインストールを

スポンサーリンク
Windows 11にオプションパッチ「KB5014668」が配信開始。検索ハイライトの導入やWi-Fiホットスポット機能の不具合などが改善。必要に応じてインストールをWindows 11

Microsoftは、Windows 11を実行しているPC向けに、追加のオプションパッチ(通称“C”パッチ)「KB5014668」の配信を開始しました。

今回のオプションパッチ「KB5014668」では、検索ハイライトの導入やXAudio APIを使用して効果音を再生すると特定のゲームが動作しなくなる問題、デバイスを再起動すると一部のオーディオデバイスにBluetoothが再接続できなくなる問題、Microsoft Surface Dial のカスタマイズ設定ページが機能しなくなる問題などへの対処をはじめ、「設定」アプリの「Your Phone」アプリの名称が「Phone Link」に変更、および既知の不具合である「Wi-Fiホットスポット機能でインターネット接続ができなるくなる問題」も修正されています。

なお、あくまでも「KB5014668」はセキュリティ修正を含まない定例外のオプションパッチであり、特に問題が発生していない場合は無理にインストールする必要はありません。必要に応じてインストール作業を行ってください。

スポンサーリンク

Windows 11:「KB5014668」のアップデート内容

Windows 11の「KB5014668」には、セキュリティ以外の各種品質改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

  • New! セキュリティイベント4262とWinRMイベント91に、着信したWindowsリモート管理(WinRM)接続のIPアドレス監査が追加されました。これは、リモート PowerShell 接続のソース IP アドレスとマシン名のログに失敗する問題を解決します。
  • New! サーバー メッセージ ブロック (SMB) リダイレクタ (RDR) 固有のパブリック ファイル システム コントロール (FSCTL) コード FSCTL_LMR_QUERY_INFO が追加されました。
  • New! SMB クライアントと SMB サーバーの暗号スイートオーダーを PowerShell を使用して構成できるようにした。
  • New! サーチハイライトの導入:
    ■検索ハイライトは、祝日、記念日、その他の教育的な瞬間など、その日その日で特別な、注目すべき興味深い瞬間を、世界とあなたの地域の両方で提示します。タスクバーの検索アイコンをクリックまたはタップすると、検索ハイライトを見ることができます。
    ■企業ユーザーには、検索ハイライトに組織の最新情報が表示され、人物、ファイル、その他の情報が提案される予定です。
    ■検索ハイライトは、今後数週間にわたって Windows 11 のユーザーに提供されます。マイクロソフトは段階的かつ慎重なアプローチをとっており、今後数か月をかけて徐々に利用可能となる予定です。グループ構成については、「グループ構成:Windowsでのハイライトの検索」を参照してください。
  • New! Windows クライアントとサーバーの Lightweight Directory Access Protocol (LDAP) 実装における Transport Layer Security (TLS) 1.3 のサポートを追加しました。
  • Windows 11 (オリジナルリリース) へのアップグレードが失敗する可能性のある競合状態の問題に対処します。
  • PowerShellで日本語の文字が正しく表示されない問題に対応。
  • Cloud Clipboard サービスに影響し、一定期間操作が行われないとマシン間の同期ができなくなる問題に対処します。
  • Sandboxの実行開始後にWindowsSandboxの起動画面を非表示にできない問題に対処します。
  • エンドユーザー定義文字 (EUDC) を無効にすると、日本語のシステムロケールを持つデバイスが動作しなくなる問題に対応します。
  • InternetExplorerModeEnableSavePageAsグループポリシーを有効にします。詳しくは、「Microsoft Edgeブラウザポリシー文書」を参照してください。
  • ユニバーサルプリントの操作中にネットワークプロキシーを使用する機能を提供します。
  • DirectX 12(DX12)を使用するゲームで、連続したビデオクリップの再生に失敗する可能性がある問題に対処しました。
  • XAudio APIを使用して効果音を再生すると、特定のゲームが動作しなくなる問題に対処しています。
  • Microsoft Root Certification ProgramのメンバーであるRoot Certification Authorityへの証明書チェーンに影響する一部の問題に対処しています。これらの証明書については、証明書チェーンのステータスが「この証明書は、その認証機関によって取り消された」となることがあります。
  • WebDAV(Web-based Distributed Authoring and Versioning)接続でEFS(Encrypted File System)ファイルが使用できない問題に対処しています。
  • ドメインコントローラーがシステムイベントログにKDC(Key Distribution Center)イベント21を不正に書き込む問題に対処しました。これは、KDCが鍵信頼シナリオ(Windows Hello for Businessおよびデバイス認証)の自己署名証明書を使用したKerberos Public Key Cryptography for Initial Authentication(PKINIT)認証要求の処理に成功したときに発生します。
  • デバイスを再起動すると、一部のオーディオデバイスにBluetoothが再接続できなくなる問題に対応しました。
  • Active Directory Lightweight Directory Service(AD LDS)がuserProxyオブジェクトのパスワードをリセットするときに発生する問題に対処します。他人のパスワードをリセットしようとしたときに、単純なバインドを使って認証されていると、パスワードのリセットに失敗します。その場合 “00000005: SvcErr: DSID-03380C23, problem 5003 (WILL_NOT_PERFORM), data 0”のようなエラーが表示されます。
  • 外部信頼を使用したMicrosoft NTLM認証に失敗する問題に対処します。この問題は、2022年1月11日以降のWindows Updateを含むドメインコントローラーが認証要求をサービスし、ルートドメイン内になく、グローバルカタログの役割を保持していない場合に発生します。影響を受ける操作では、次のエラーが記録されることがあります。
    ■セキュリティデータベースが開始されていません。
    ■ドメインがセキュリティ操作を実行するのに不適切な状態であった。
    ■0xc00000dd (STATUS_INVALID_DOMAIN_STATE)。
  • 組み込みのAdministratorsグループを変更すると、LocalUsersAndGroups構成サービスプロバイダ(CSP)ポリシーが失敗する問題が修正されました。この問題は、置き換え操作を実行するときに、ローカルのAdministratorアカウントがメンバーシップリストに指定されていない場合に発生します。
  • 不正なXML入力によりDeviceEnroller.exeでエラーが発生する可能性がある問題に対処しました。これにより、デバイスを再起動するかXMLを修正するまで、CSPがデバイスに配信されなくなります。
  • アプリケーションをインストールしたときにネットワーク接続がない場合、Windows 11(オリジナルリリース)が動作しなくなる可能性がある問題に対処しています。
  • Windowsターミナルをアンインストールした後にスタートボタンを右クリック(Win+X)すると、スタートメニューにWindows PowerShellが表示されるように更新します。
  • 「設定」ページで「Your Phone」アプリの名前を「Phone Link」に変更します。
  • Microsoft Surface Dial のカスタマイズ設定ページが機能しなくなる問題に対処します。
  • Wi-Fi ホットスポット機能を使用できなくなる可能性のある既知の問題に対処しています。ホットスポット機能を使用しようとすると、クライアントデバイスが接続した後に、ホストデバイスがインターネットへの接続を失う場合があります。

以前の更新プログラムをインストールした場合、このパッケージに含まれる新しい更新プログラムのみがデバイスにダウンロードおよびインストールされます。

 

「KB5014668」の既知の不具合

「KB5014668」には以下の既知の不具合が確認されています。

一部の.NET Framework 3.5アプリで問題が発生する可能性あり

■不具合の内容:
この更新プログラムをインストールすると、一部の .NET Framework 3.5 アプリケーションで問題が発生したり、開くことができなくなる場合があります。影響を受けるアプリは、Windows Communication Foundation (WCF) や Windows Workflow (WWF) コンポーネントなど、.NET Framework 3.5 の特定のオプション コンポーネントが使用されています。

■回避策:
この問題は、Windows の機能で .NET Framework 3.5 および Windows Communication Foundation を再度有効にすることによって軽減できます。手順については、「コントロールパネルで.NET Framework 3.5を有効にする」を参照してください。

上級ユーザーまたはIT管理者は、昇格したコマンドプロンプト(管理者として実行)を使用して、次のコマンドを実行することにより、プログラム的にこの操作を行うことができます。

dism /online /enable-feature /featurename:netfx3 /all
dism /online /enable-feature /featurename:WCF-HTTP-Activation
dism /online /enable-feature /featurename:WCF-NonHTTP-Activation

 

Windows 11:「KB5014668」のインストール方法

Windows 11向けのオプションパッチ「KB5014668」のインストール方法は以下の通りです。
※あくまでも“オプションパッチ”のため、必要に応じてインストール作業を行ってください。

  • Windows Updateの「更新プログラムのチェック」から入手
  • Microsoft Update Catalogから更新プログラムをダウンロード

 

「Windows Update」から入手する場合は、以下の通り作業してください。

まずは「設定」アプリを開き、最下段の「Windows Update」を開きます。

表示されている「2022-06 x64 ベース システム用 Windows 11 の累積更新プログラム (KB5014668)が利用可能です。」の下にある【ダウンロードしてインストール】をクリックします。表示されない場合は【更新プログラムのチェック】をクリックしてください。

Windows 11:「KB5014668」のインストール方法

コメント