MicrosoftがArmベースデバイス向けに緊急パッチを配信開始、VPN接続やMicrosoft Teams、OneDrive、Outlookなどが利用できなくなる不具合を解消

スポンサーリンク
MicrosoftがArmベースデバイス向けに緊急パッチを配信開始、VPN接続やMicrosoft Teams、OneDrive、Outlookなどが利用できなくなる不具合を解消Microsoft Tips

2022年6月15日にマイクロソフトが配信した6月の月例セキュリティ更新プログラムを適用したArmベースのデバイスにおいて、Azure Active Directory(AAD)および Microsoft 365 サービスにサインインできない不具合が発生していましたが、この不具合は定例外(OOB)の緊急パッチで対処されました。

なお、このパッチは対象となるArmベースのデバイスにのみ配信される為、一般的なIntelやAMD CPUを搭載しているPCには配信されません。このパッチは現在までのセキュリティ修正をすべて含んだ「累積的」なパッチとなっているので、現在Armベースのデバイスを利用しているユーザーは速やかに適用しておきましょう。

スポンサーリンク

Azure Active Directory および Microsoft 365 サービスにサインインできない場合がある

■ステータス:解決済み(開設日: 2022-06-17, 09:56 PT / 最終更新日 2022-06-20, 14:00 PT)

■概要:
Windows Armベースのデバイスに KB5014699 / KB5014697 をインストールした後、Azure Active Directory (AAD) を使用してサインインできない場合があります。また、Azure Active Directory を使用してサインインするアプリやサービスも影響を受ける可能性があります。影響を受ける可能性のあるシナリオは、VPN 接続、Microsoft Teams、OneDrive、および Outlook です。

注:この問題は、Arm プロセッサを使用している Windows デバイスにのみ影響します。

■回避策:
この問題を軽減するには、OneDrive、Microsoft Teams、Outlook.com など、影響を受けるアプリケーションの Web バージョンを使用することができます。

■対処状況:
この問題は、2022 年 6 月 20 日にリリースされた帯域外のセキュリティ更新プログラム KB5016138 で解決されました。この更新プログラムは、Arm ベースの Windows デバイスにのみ提供されます。この更新プログラムは、AMD または Intel CPU を使用する x86 ベースまたは x64 ベースのデバイスには必要ないため、これらのアーキテクチャでは使用できません。Windows Update、Windows Update for Business、Windows Server Update Services (WSUS)、および Microsoft Update Catalog を介して利用可能です。累積的な更新プログラムであるため、インストール前に以前の更新プログラムを適用する必要はありません。更新プログラムが自動的にインストールされる前にインストールしたい場合は、[更新プログラムのチェック]を実行する必要があります。KB5016138 のスタンドアロン パッケージを取得するには、Microsoft Update カタログで検索してください。

■影響を受けるプラットフォーム

  • Client: Windows 11, version 21H2; Windows 10, version 21H2; Windows 10, version 21H1; Windows 10, version 20H2
  • Server: None

コメント