Appleが「iPad Air (第3世代) の画面に何も表示されなくなる問題に対する修理プログラム」を開始。

Appleが「iPad Air (第3世代) の画面に何も表示されなくなる問題に対する修理プログラム」を開始。ipad

Appleが一部の「iPad Air (第3世代) 」において、特定の状況下で画面が真っ黒になって何も表示されなくなり元に戻らなくなる可能性があるとの事で、修理プログラムを開始しています。

この問題が確認されているのは、2019年3月〜10月に製造された「iPad Air (第3世代) 」です。該当する場合は、AppleまたはApple正規サービスプロバイダにて無償修理するとの事なので、「iPad Air (第3世代) 」を使用中の方は確認しておきましょう。

スポンサーリンク

「iPad Air (第3世代) の画面に何も表示されなくなる問題に対する修理プログラム」の詳細

「iPad Air (第3世代) の画面に何も表示されなくなる問題に対する修理プログラム」の詳細は以下の通り。

 

不具合について

特定の状況下で、一部の「iPad Air (第3世代) 」の画面が真っ黒になって何も表示されなくなり、元に戻らなくなる可能性があることが判明。真っ黒になる前に画面が一瞬ちらついたり光ったりすることがある。

 

該当する「iPad Air (第3世代) 」

■2019年3月〜10月に製造されたiPad Air (第3世代) 

 

無償修理方法

プログラムの対象となるiPad Air (第3世代) については、AppleまたはApple正規サービスプロバイダにて無償修理を行ってくれます。

修理手続き
■Apple 正規サービスプロバイダ:こちらからお近くの正規サービスプロバイダをお探しください。
■Apple Store 直営店:あらかじめこちらからご予約ください。

※不明な点がある場合や、サポートが必要な場合は、Appleサポートへお問い合わせください。

可能な場合は、修理に出す前に iCloud またはコンピュータに iPad をバックアップしておいてください。iPad を修理に出す前の準備についての詳細は、以下のリンク先でご確認を。

注:画面のひび割れなど、修理に支障をきたす損傷がある場合は、そちらを先に修理する必要があります。場合によっては別途修理料金がかかることがあるので、ご注意を。

 

コメント