Appleが「WWDC 2020」を6月22日よりオンラインで開催すると発表!iOS 14の発表は間違いなし!隠し玉もあるかも?

Appleが「WWDC 2020」を6月22日よりオンラインで開催すると発表!iOS 14の発表は間違いなし!隠し玉もあるかも?Apple Tips

Appleが2020年度の世界開発者会議「WWDC 2020」を6月22日よりオンラインで開催すると発表しました。

これにより、今年度の「WWDC」には、Apple Developerアプリケーションと Apple Developerウェブサイトを通じ、すべての開発者が無料で参加できることとなります。例年であれば参加を希望しても大人気のため、抽選に外れて参加できない方も多かったようです。現地の興奮を直に感じられないという点はやや残念ですが、ある意味画期的な変革の年となるかもしれませんね。

Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ‧シラーは「WWDC20」についてこう述べています。

「WWDC20は、2300万人以上の開発者を擁するAppleのグローバルの開発者コミュニティが6月の1週間に、かつてない方法で集結してAppleプラットフォームの未来について学ぶ、過去最大のイベントになることが見込まれます。グローバルの開発者コミュニティの皆さんと6月にオンラインでお会いし、開発者の皆さんがこれまで以上に素晴らしいアプリケーションやサービスを作り出すのを支援するべく、私たちがこれまで取り組んできた新しいツールのすべてをお伝えするのが待ち切れない思いです。WWDC20の詳細については、このエキサイティングなイベントの開催日に近付く中で徐々にお知らせしていこうと思います」

基本的に「WWDC」は新しいツールの発表の場であり、新型デバイスの発表は最近かなり控えめになっています。そのため、iOS 14をはじめとする【iOS、iPadOS、macOS、tvOS、watchOS】の最新バージョンのお披露目は間違いないでしょうが、新型デバイス/ハードウェアの発表はあまり無いものと予想されます。

それでも、ついつい隠し玉が発表されないか気にはなりますけどね。

現時点ではまだ日程の詳細は判明していませんが、Appleファンが期待するような新しい発表は大体初日に行われるので、皆さんも6月22日は是非楽しみにしておきましょう!

なお、現在「Swift Student Challenge」が開催されています。参加資格は13歳以上の学生であること。日本時間の5月18日15時59分まで作品の募集が受付中なので、学生さんで気になる方はぜひ応募してみましょう。優秀作品には他では入手できないWWDC20ジャケットとピンバッジのセットが進呈されるそうですよ。

詳細は以下の公式ページからご確認を。

 

Apple Tips
スポンサーリンク
スポンサーリンク
enjoypclifeをフォローする
enjoypclife.net

コメント