Apple WWDC 2022まとめ:iOS16/iPadOS16/watchOS9/macOS Ventura/M2搭載MacBook Air&Proが発表に

スポンサーリンク
Apple WWDC 2022まとめ:iOS16/iPadOS16/watchOS9/macOS Ventura/M2搭載MacBook Air&Proが発表にApple Tips

本日開催されたAppleのWWDC 2022 世界開発者会議にて、様々な情報が公開されました。

新OSのiOS16/iPadOS16/watchOS9/macOS Venturaをはじめ、事前に噂のあったM2搭載MacBook Air&MacBooke Pro 13インチも発表に。

本日は概要をまとめておくので、良かったら参考にどうぞ。

スポンサーリンク
  1. WWDC 2022 世界開発者会議が開催
  2. iOS16:ロック画面が大幅進化!
    1. パーソナライズされたロック画面の体験
    2. メッセージのアップデート:送信後の削除が可能に
    3. 「テキスト認識表示」と「画像を調べる」の機能強化
    4. 次世代のCarPlay
    5. その他のアップデート
  3. iPadOS16:マルチタスキングの進化に注目
    1. メッセージで共有し、つながる新しい方法
    2. 新しい共同作業アプリケーションでのリアルタイム共同作業スペース
    3. 天気アプリケーションがiPadに登場
    4. ステージマネージャと外部ディスプレイのフルサポートによるパワフルなマルチタスキング
  4. watchOS9:4つの新しい文字盤追加やワークアウトアプリのアップデートなど
    1. 4つの新しい文字盤が追加
    2. ワークアウトアプリケーションのアップデート
    3. すぐに走り出せるように
    4. スイミングの機能強化
    5. 睡眠に関する詳しい情報
    6. これまでにない心房細動履歴
    7. 服薬に関する機能強化
    8. プライバシーの強化
    9. watchOS 9のその他のアップデート
  5. macOS Ventura:新機能「ステージマネージャ」やiPhoneをMacでウェブカメラとして使用できる「連係カメラ」など
    1. ステージマネージャ:複数のアプリケーションとウインドウで作業するための新しい方法
    2. 連係カメラでiPhoneをウェブカメラとして使えるように
    3. FaceTimeでもHandoffが利用可能に
    4. その他の新機能
  6. M2搭載MacBook Air&MacBook Pro 13インチが発表
    1. MacBook Airは完全刷新!まさかの「M2」搭載で魅力的に
    2. M2搭載の13インチMacBook Proは微妙な立ち位置?

WWDC 2022 世界開発者会議が開催

本日開催されたWWDC 2022 世界開発者会議の内容は、上記の動画で確認できます。時間がある方はじっくり視聴してみると良いでしょう。

 

iOS16:ロック画面が大幅進化!

iOS16:ロック画面が大幅進化!

iOS16での最大の進化は、なんといってもロック画面が自由にカスタマイズできるようになることでしょう。Androidでは既に利用可能だった機能もありますが、やっとiPhoneでもロック画面がより便利に使えるようになりそうです。

パーソナライズされたロック画面の体験

パーソナライズされたロック画面の体験

iOS 16で、ロック画面がより自分らしく、美しく、便利になりました。新しいマルチレイヤーエフェクトにより、写真の被写体がロック画面で時間の手前に巧みに配置され、奥行きが感じられるようになります。日付と時間の表示も、表現力豊かなフォントスタイルと色を選択して変更できます。

ロック画面では、Apple Watchのコンプリケーションからインスピレーションを得たウィジェットが採用され、今後予定されているカレンダーのイベント、天気、バッテリー残量、アラーム、時間帯、アクティビティリングの進捗などの様々な情報を一目で簡単にチェックできます。

メッセージのアップデート:送信後の削除が可能に

ユーザーは、送ったばかりのメッセージを編集または取り消したり、最近削除したメッセージを復元したり、後で対応できるように会話を未読にすることができます。さらに、SharePlayがメッセージでも使えるようになり、メッセージでチャットしながら、映画や曲などのコンテンツを同期した状態で視聴したり、再生コントロールを共有したりして楽しめます。

「テキスト認識表示」と「画像を調べる」の機能強化

「テキスト認識表示」と「画像を調べる」の機能強化

「テキスト認識表示」は、デバイス上の知能を使ってiOS全体で画像の中のテキストを認識し、この機能がビデオにまで広がりました。ユーザーは、あらゆるフレームでビデオを一時停止して、テキストを操作できます。また、「テキスト認識表示」に、ユーザーがすばやく通貨を変換したりテキストを翻訳したりできる機能も加わります。

次世代のCarPlay

次世代のCarPlay

CarPlayは、人々が車を操作する方法を根本から変えました。そして、次世代のCarPlayは、車のハードウェアと緊密に統合することで、さらにその先を行きます。CarPlayは、車内にある複数の画面にコンテンツを提供できるようになり、統一されて一貫性のある体験を作り出します。車との緊密な統合により、ユーザーはラジオのコントロールや空調の変更などをCarPlayから直接行えるようになります。

また、CarPlayは車のデータを利用して、速度、燃料の残量、気温などを計器類にシームレスに表示します。ユーザーは、様々な計器類のデザインを選択して、運転体験をパーソナライズできます。また、ウィジェットへの対応が拡大され、天気やミュージックなどの情報を車のダッシュボードで一目で確認できるようになります。次世代のCarPlayに関する詳細情報は、今後発表される予定です。対応車種については、来年後半に発表が開始されます。

その他のアップデート

  • 接続中のWi-Fiネットワークのパスワードが表示可能に
  • Safariに、友達や家族とウェブサイトのコレクションを共有するための共有タブグループが加わり、シームレスにタブを追加してほかの人が何を見ているのかを確認できるように
  • パスキーによってSafariでのブラウズがさらに安全になります。パスキーは固有のデジタルキーで、使いやすく、より安全で、ウェブサーバには決して保存されず、デバイス上に保持されるので、データの漏えいでハッカーが盗んだり、ユーザーを騙して共有させたりすることはできません。
  • Appleマップに、複数の経由地を持つ経路が導入
  • ファミリー共有に、はじめから適切なペアレンタルコントロールを設定して子どものアカウントを設定するためのより簡単な方法を提供
  • Siriに、アプリケーションがダウンロードされたらすぐにショートカットを実行する機能が追加され、事前の設定が不要に
  • ホームアプリケーションが大幅アップデート。スマートホームの接続規格である「Matter」に今年秋の提供開始後に対応し、幅広いスマートホームアクセサリが様々なプラットフォーム間でシームレスに連係できるように
  • すべてのiPhoneユーザーが、Apple Watchを持っていなくても、フィットネスアプリケーションを使ってフィットネスの目標を追跡し、達成できるように
  • ヘルスケアアプリケーションに「服薬」が加わり、ユーザーは服薬リストを便利に作成および管理したり、スケジュールとリマインダーを作成したり、薬、ビタミン、サプリメントの服用を記録できるように
  • Game Centerではダッシュボードのデザインが刷新され、Game Centerのゲームでの友達のアクティビティや達成状況が一か所に表示されるようになり、プレイヤーがゲームに飛び入り参加したり、友達と競い合うことが簡単に
  • パーソナライズされた空間オーディオにより、より高い精度で臨場感あふれるリスニング体験が可能に
  • 新しいプライバシーツールであるセーフティチェックの提供。他者に許可したすべてのアクセス権をすばやく削除することで、同居するパートナーや親密なパートナーからの暴力によって身の安全が危険にさらされている人にとって役立ちます。

より詳細な情報は以下でチェックを。

 

iPadOS16:マルチタスキングの進化に注目

iPadOS16:マルチタスキングの進化に注目

iPadOS16でも様々な機能が追加されますが、個人的に注目しているのはマルチタスキングの進化。また、何気に天気アプリの大幅進化も嬉しいポイントですね。

メッセージで共有し、つながる新しい方法

メッセージの新しい機能により、ファイル、Keynote、Numbers、Pages、メモ、リマインダー、Safari、他社製アプリケーションで、共同作業を始めたり共有コンテンツを管理するのがさらに簡単に

新しい共同作業アプリケーションでのリアルタイム共同作業スペース

柔軟なキャンバスを備えたパワフルな新しい共同作業アプリケーションを使うと、レイアウトやページサイズを気にすることなく、ユーザーは表示、共有、共同作業のすべてを一か所で行うことができます。また、Apple Pencilに完全対応しています。

天気アプリケーションがiPadに登場

天気アプリケーションがiPadに登場

驚くほど美しいディスプレイを最大限に活用するようデザインされた天気アプリケーションが、美しいアニメーションを備えてiPadに登場します。

ステージマネージャと外部ディスプレイのフルサポートによるパワフルなマルチタスキング

ステージマネージャと外部ディスプレイのフルサポートによるパワフルなマルチタスキング

ステージマネージャは、アプリケーションとウインドウを自動的に整理し、タスク間の切り替えをすばやく簡単にできるようにする、まったく新しいマルチタスキング体験です。iPadでは初めて、ユーザーは重なり合う異なるサイズのウインドウを単一のビューで作成したり、横からウインドウをドラッグ&ドロップしたり、Dockからアプリケーションを開いてアプリケーションのグループを作成できるようになり、さらに高速で柔軟なマルチタスキングが可能になります。ユーザーが作業中のアプリケーションのウインドウは中央に目立つように表示され、開いているほかのアプリケーションやウインドウは最新の順に左側に配置されます。

より詳細な情報は以下でチェックを。

 

watchOS9:4つの新しい文字盤追加やワークアウトアプリのアップデートなど

watchOS9:4つの新しい文字盤追加やワークアウトアプリのアップデートなど

watchOS9では、4つの新しい文字盤追加やワークアウトアプリのアップデート、睡眠記録や心房細動履歴のアップデートなどがあります。また、Apple Watch Series 7にはQWERTY配列のキーボードに日本語が追加されます。

4つの新しい文字盤が追加

Apple Watchの体験は、自分らしいスタイルを表現する機会を提供しながら、コンプリケーションを通じて適切な情報を一目で確認できる、文字盤から始まります。watchOS 9には、中国文化、イスラム文化、ヘブライ文化などの多くの文化圏で使用されているグレゴリオ暦と太陰暦の関係を表現した「ルナー」、アーティストJoi Fulton氏とのコラボレーションによって生まれたApple Watchだけのダイナミックなアート作品「プレイタイム」、クラシックでDigital Crownを回すとスタイルが変化するタイポグラフィが強調された文字盤「メトロポリタン」、完全に生まれ変わり、新しい星図と現在の雲のデータを表示したオリジナル文字盤「アストロノミー」の4つの新しい文字盤が追加されています。

ワークアウトアプリケーションのアップデート

ワークアウトアプリケーションのアップデート

Apple Watchで最も人気の高いアプリケーションの1つであるワークアウトアプリケーションがアップデートされ、パフォーマンスの測定のためのより詳しい指標と新しいトレーニング体験がユーザーのフィットネス目標の達成をサポートします。

お馴染みのセッション中の表示は、Digital Crownを回して読みやすいワークアウト表示を切り替え、ユーザーはさまざまなトレーニングスタイルの重要な指標を確認できるようになります。「心拍数範囲」は、手動で作成することも、パーソナライズされたヘルスケアのデータを使って自動的に計算することもでき、ワークアウトの強度のモニタリングに役立ちます。インターバルトレーニングはどのようなトレーニング計画でも重要な役割を占めています。

watchOS 9ではワークアウトアプリケーションにカスタムワークアウトが追加され、運動と休憩のインターバルを含む構造化されたワークアウトを作成できるようになります。ペース、パワー、心拍数、ケイデンスなどの新しい通知を追加し、ワークアウト全体を通じてユーザーをガイドします。

すぐに走り出せるように

すぐに走り出せるように

Apple Watchはランナーにとってすでにパワフルなツールとなっており、watchOS 9では、ユーザーがどれだけ効率的に走れているかを記録するのに役立つさらに多くのデータと機能を追加します。「歩幅の長さ」「接地時間」「上下動」などの新しい「ランニングフォーム指標」のすべてを指標としてワークアウト表示に追加することができます。これらの指標はフィットネスアプリケーションの概要とヘルスケアアプリケーションに表示されるため、ユーザーは長期的な傾向を確認してパターンを把握することができます。

スイミングの機能強化

プールスイミングワークアウトの新しいストロークタイプとしてキックボードが検知されるようになります。ユーザーがキックボードを使って泳いでいる時、Apple Watchはセンサーフュージョンを用いて自動的に認識し、ワークアウトの概要ではストロークタイプと泳いだ距離が分類されます。スイマーは、プールの端から端まで泳ぎ終えるのにかかったストローク数と秒数を合わせたSWOLFスコアによって泳ぎの効率を記録し、ワークアウトの概要で各セットの平均SWOLFを確認することができます。

睡眠に関する詳しい情報

watchOS 9では睡眠記録に睡眠ステージが加わり、さらに詳しい情報が提供されます。Apple Watchは加速度センサーと心拍数センサーからの信号を使って、ユーザーがレム睡眠、コア睡眠、深い睡眠の状態にあることを検知します。ユーザーはApple Watchの睡眠アプリケーションで睡眠ステージのデータを確認したり、iPhoneのヘルスケアアプリケーションのグラフで睡眠時間などの詳細な情報や、心拍数や呼吸数などの追加の指標を確認することができます。

これまでにない心房細動履歴

これまでにない心房細動履歴

watchOS 9では、心房細動と診断されたユーザーは、FDA認可の心房細動履歴機能2を有効にし、心拍リズムに心房細動の兆候が現れたおおよその頻度などの重要情報にアクセスすることで、健康状態についてより詳しい情報を得ることができます。また、毎週届く通知によって頻度を把握したり、ヘルスケアアプリケーションで、心房細動に影響を及ぼす可能性がある睡眠、アルコール摂取量、運動などの生活習慣関連因子を含む詳細な履歴を確認したりできるようになります。

ユーザーは心房細動に関する自身の詳細な履歴と生活習慣関連因子の情報が記載されたPDFをダウンロードして医師や医療従事者と簡単に共有し、より詳しい情報に基づいた会話に役立てることができます。

服薬に関する機能強化

服薬

Apple WatchとiPhoneの新しい服薬の体験では、ユーザーが服薬リストを作成し、服用スケジュールとリマインダーを設定し、薬の情報をヘルスケアアプリケーションで確認することによって、薬、ビタミン、サプリメントの管理と記録ができるようになります。Apple Watchの服薬アプリケーションによって、ユーザーは薬の服用を便利に目立たず、いつでもどこでも簡単に記録できるようになります。

プライバシーの強化

プライバシーは、Appleのすべての機能にわたる設計と開発の基礎にある理念です。ユーザーのiPhoneがパスコードや、Touch ID、またはFace IDでロックされている場合、ヘルスケアアプリケーションにある健康とフィットネスのデータは、メディカルIDを除いてすべて暗号化されます。iCloudにバックアップされたヘルスケアアプリケーションのデータはすべて、送受信中もAppleのサーバ上で保存されている時も暗号化されます。

watchOS 9のその他のアップデート

  • 常に情報とつながっていられることは、Apple Watchの体験のパワフルな要素の1つです。watchOS 9では通知の再設計により、Apple Watchの使用中は新しい細いバナーで通知が表示され、目を引きながらも集中を妨げない形で表示されるようになります。
  • ファミリー共有設定がホームアプリケーションに対応し、HomePodスピーカーやスマートホームのアクセサリを操作するメンバーとして子どもを招待できるようになります。Appleウォレットで自宅の鍵やホテルの鍵を使うこともできます。
  • Apple Watchの新しいクイックアクションでは、ダブルピンチジェスチャーを使って、電話の応答や終了、写真の撮影、再生中アプリケーションでのメディアの再生や一時停止、ワークアウトの開始、一時停止、再開など、さらにたくさんのことができます。これは、上肢に障がいのあるユーザーがディスプレイをタップしなくてもピンチやクレンチのようなジェスチャーでApple Watchを操作するための方法である、Apple WatchのAssistiveTouchで使われる革新的なテクノロジーを基盤としています。
  • ペアリングしたiPhoneからApple Watchを遠隔で操作できるようにするApple Watchのミラーリングにより、身体機能に障がいのある方々にとってApple Watchがこれまでに以上に使いやすくなります。
  • Apple Watch Series 7のQWERTY配列のキーボードに日本語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語(ブラジル)、スペイン語(メキシコ、スペイン、中南米)のサポートが追加されます。
  • 再設計されたDockでは、使用中のアプリケーションがほかのアプリケーションよりも優先的に表示され、より簡単にすばやくそのアプリケーションに戻れるようになります。
  • リマインダーアプリケーションでは、日付と時刻、場所、タグ、メモなどの主要な詳細情報を追加したり編集したりできるようになります。
  • アップデートされたカレンダーアプリケーションでは、Apple Watchから直接新しいイベントを作成できるため、生産性を維持できます。アップデートされた「リスト」「日」「月」の表示に加え、はじめて「週」表示にアクセスできるようになったことで、より多くの方法でカレンダーのイベントをスクロールできるようになります。
  • 「心拍数回復」は、心血管系の健康状態のバロメーターとして役立つフィットネス指標です。Apple Watchでは、屋外ウォーキング、ランニング、ハイキングワークアウトで、強度がピークに達していなくても、「心拍数回復」の推定値が表示されるようになります。この指標はヘルスケアアプリケーションで長期にわたって追跡できます。
  • 新しいAPIにより、CallKitと共有シートへの対応、Photos pickerへのアクセス、またwatchOSのアプリケーションとApple TVの統合が可能になり、デベロッパはクラス最高のサードパーティアプリケーションを開発できるようになります。

より詳細な情報は以下でチェックを。

 

macOS Ventura:新機能「ステージマネージャ」やiPhoneをMacでウェブカメラとして使用できる「連係カメラ」など

macOS Ventura:新機能「ステージマネージャ」やiPhoneをMacでウェブカメラとして使用できる「連係カメラ」など

macOS Venturaでは、アプリケーションとウインドウをシームレスに切り替えながら目の前のタスクに集中するためのまったく新しい方法「ステージマネージャ」が追加されたり、iPhoneをMacでウェブカメラとして使用できる「連係カメラ」機能が追加されます。また、HandoffをFaceTimeでも使えるようになり、ユーザーはiPhoneやiPadで開始したFaceTime通話をスムーズにMacに引き継げるようになるとのこと。

ますますiPhoneとMacの連携が強化されている印象ですね。

ステージマネージャ:複数のアプリケーションとウインドウで作業するための新しい方法

ステージマネージャ:複数のアプリケーションとウインドウで作業するための新しい方法

ステージマネージャは開いているアプリケーションとウインドウを自動的に整理して、ユーザーが作業に集中しながらも、一目ですべてのものを確認できるようにします。ユーザーが作業している現在のウインドウは中央に目立つように表示され、ほかの開いているウインドウは左側に表示されるので、タスクをすばやく簡単に切り替えられます。ユーザーは、複数のアプリケーションを必要とする特定のタスクやプロジェクトで作業する際に、ウインドウをグループ化することもできます。さらに、ステージマネージャは、Mission ControlやSpacesなど、macOSのその他のウインドウ管理ツールと連係して機能し、ユーザーは1回クリックするだけで簡単に自分のデスクトップに移動できます。

連係カメラでiPhoneをウェブカメラとして使えるように

連係カメラでiPhoneをウェブカメラとして使えるように

連係カメラでは、Macのお客様がiPhoneをウェブカメラとして使えるようになり、ウェブカメラでこれまで不可能だった新機能が実現します。パワフルな連係機能により、近くにiPhoneがある場合、iPhoneのスリープ解除や選択をしなくても、MacはiPhoneのカメラを自動的に認識して使うことができます。また、iPhoneがワイヤレスでMacに接続できるので柔軟性が向上します。連係カメラは、センターフレーム、ポートレートモード、背景を暗くしてユーザーの顔を美しく照らすエフェクトである新しいスタジオ照明など、革新的な機能をすべてのMacコンピュータにもたらします。さらに、連係カメラはiPhoneの超広角カメラを利用して、ユーザーの顔とデスクを上から見たところを同時に表示するデスクビューを実現します。この機能は、DIYビデオを作成したりFaceTimeでスケッチを見せたりする場合のほか、幅広い用途に最適です。

FaceTimeでもHandoffが利用可能に

HandoffをFaceTimeでも使えるようになり、ユーザーは1台のAppleデバイスで開始したFaceTime通話を、近くにある別のAppleデバイスにシームレスに転送できます。ユーザーは、iPhoneやiPadでFaceTime通話をしてから、1回クリックするだけでMacにその通話を移動したり、Macで通話を開始し、外出しながら通話を続ける必要がある場合にiPhoneやiPadに切り替えたりできます。

その他の新機能

  • デバイス上の知能を使ってシステム全体の画像の中のテキストを認識する「テキスト認識表示」が、一時停止したビデオフレーム内のテキストと、韓国語と日本語のテキストにも対応します。ユーザーは画像から対象物を抜き出して別のアプリケーションに配置することもできます。また、「画像を調べる」の認識機能は、動物、鳥、昆虫、彫像、その他のランドマークに拡張します。
  • iPhoneの天気アプリケーションと時計アプリケーションが、ユーザーがよく知る人気のiPhoneの機能すべてを搭載してMac向けに最適化されました。
  • 新しいアクセシビリティツールとして、すべての音声コンテンツのためのライブキャプション、VoiceOverユーザーが校正を行うのをサポートするテキストチェッカーなどが含まれます。
  • システム設定はシステム環境設定の新しい名前で、より操作しやすい新しいすっきりとしたデザインになり、iPhoneやiPadのユーザーはすぐに使いこなせます。
  • 再起動しなくても簡単にセキュリティを最新の状態に維持する「スピーディーなセキュリティ対応」など、Macの攻撃への耐性をさらに高める新しいツールが搭載され、macOSのセキュリティがさらに強化されました。

より詳細な情報は以下でチェックを。

 

M2搭載MacBook Air&MacBook Pro 13インチが発表

M2搭載MacBook Air&MacBook Pro 13インチが発表に

最後に、M2搭載のMacBook AirとMacBook Pro 13インチモデルが発表になったのでご紹介しておきます。

事前の情報では「M2」は発表されないのでは?という噂もありましたが、ふたを開けてみるとしっかり発表されました。

第2世代の5ナノメートルテクノロジーを使用して構築されたM2は、18パーセント高速になったCPU、35パーセントパワフルになったGPU、40パーセント高速になったNeural Engineを搭載し、M1の業界をリードするワット当たりのパフォーマンスをさらに高めています。また、M1と比べて50パーセント高いメモリ帯域幅と、最大24GBの高速ユニファイドメモリも備えています。

 

MacBook Airは完全刷新!まさかの「M2」搭載で魅力的に

MacBook Airは完全刷新!まさかの「M2」搭載で魅力的に。

新しいMacBook Airは、どのアングルから見てもきわめて薄い、まったく新しいデザインになっています。薄さはわずか11.3ミリ、重さはたった1.24キロで、驚くほど頑丈に感じ、長く使えるように設計されている、耐久性が高い全てアルミニウムのユニボディ筐体を採用。

そしてM2の電力効率により、MacBook Airのすべての能力が静かなファンレス設計に組み込まれています。さらにMacBook Airのカラーラインナップは、従来のシルバーとスペースグレイに加えて、ミッドナイトとスターライトが追加。全4色展開となっています。

MacBook Airのカラーラインナップ

MagSafeが復活、3.5mmオーディオジャックあり

MagSafeが復活

以前から噂は出ていましたが、新しいMacBook AirにはMagSafeが復活しています。専用の充電ポートによって簡単に接続でき、接続時に充電ケーブルが誤って引っ張られた場合でもすばやく外れてMacBook Airを保護します。また、MacBook Airはさまざまなアクセサリを接続できる2つのThunderboltポートと、ハイインピーダンスヘッドフォン対応の3.5mmオーディオジャックを搭載しているほか、Magic Keyboardは、Touch ID搭載のフルハイトのファンクションキー配列や感圧タッチトラックパッドを搭載しています。

新しい13.6インチのLiquid Retinaディスプレイ

新しいMacBook Airで採用されている美しい13.6インチのLiquid Retinaディスプレイは、左右に拡大し、上部はメニューバーのスペースを作るためカメラの周囲まで拡大しました。その結果、外枠がはるかに細くなってディスプレイがさらに広くなり、細部まで鮮やかにコンテンツを見られるようユーザーにより大きな画面領域を提供します。500ニトの輝度でこれまでより25パーセント明るくなっただけでなく、新しいディスプレイは10億色に対応するため、写真や動画を驚くほど鮮やかに映し出します。

1080p FaceTime HDカメラと4スピーカーサウンドシステム

MacBook Airは、より大きなイメージセンサーとさらに効率の良いピクセルを備えた新しい1080p FaceTime HDカメラを搭載し、解像度や、明るさが足りない場面での性能が前世代の2倍になっています。M2の先進的な画像信号プロセッサの処理能力と組み合わせて、ビデオ通話でユーザーの姿を美しく映し出します。

また、MacBook Airは4スピーカーサウンドシステムも搭載しています。3マイクアレイは先進的なビームフォーミングアルゴリズムを用いてクリアな音声を捉え、スピーカーは素晴らしいステレオサウンドと鮮明な声を生み出します。MacBook Airはドルビーアトモスによる音楽や映画のための没入感のある空間オーディオにも対応します。

M2搭載の13インチMacBook Proは微妙な立ち位置?

M2搭載の13インチMacBook Proは微妙な立ち位置?

13インチMacBook Proにも「M2」が搭載されましたが、デザインは従来型のPro 13を踏襲しており、また最新のMacBook Pro14/16インチモデルからはなくなったタッチパネルキーボード「Touch Bar」も搭載されているなど、なんとも微妙なマイナーアップデートのようになっています。これならフルアップデートされた「MacBook Air」を買うか、「MacBook Pro14/16」を購入したほうが良いかもしれません。Appleの広報ページにも専用ページが用意されていないあたりで若干お察しかも…。

  • より高速な8コアCPUと10コアGPUにより、Affinity PhotoなどのアプリケーションでRAW画像を扱う場合、前世代より約40パーセント高速で8、Appleシリコンを搭載していないモデルからアップグレードするユーザーには最大で3.4倍高速です。
  • 「Baldur’s Gate 3」のようなグラフィックを駆使するゲームのプレイも、前世代の13インチMacBook Proより約40パーセント高速で10、Appleシリコンを搭載していないモデルからアップグレードするお客様には最大3.3倍高速です。
  • アクティブクーリングシステムにより、13インチMacBook Proは、プロ向けのパフォーマンスを持続できるよう設計されています。
  • M2のおかげで、13インチMacBook Proは最大24GBのユニファイドメモリにも対応し、50パーセント増えたメモリ帯域幅と併せて、マルチタスクや大容量のアセットでの作業が非常に滑らかです。
  • M2のメディアエンジンでのProResエンコード/デコードに対応しているため、ユーザーは4KのProResビデオでは最大11のストリームを、8KのProResビデオでは最大2つのストリームを再生できます。また、これまでの約3倍の速さでビデオプロジェクトをProResに変換できます。
  • 13インチMacBook Proは、驚異的なバッテリー駆動時間を提供し、最大20時間のビデオ再生が可能です。

コメント